So-net無料ブログ作成
検索選択
第十六章キャスティング激動篇 ブログトップ

映画「ストロベリーフィールズ」決定キャスト紹介続報 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 映画ストロベリーフィールズ」のいちご四人娘らメインキャラ、以外の登場人物を紹介。

この面々をクランクインまでに探し、決定せねばならない。


夏美の母・・・夫に死なれたショックを今も引きずる。


夏美の父・・・病気で数年前に死去。


マキの父・・・飯島大介! 11131986.jpg


マキの母・・・・夫に愛想をつかし家出。行方不明。


京子先生・・・生徒に理解はあるが、長塚先生に逆らえない若手教師


長塚先生・・・・厳格な教師。学年主任。


死神・・・・・奈佐健臣

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(終)10年目の約束 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 マキ、夏美、理沙、美香。春美。鉄男と、メインキャラが次々に決まる。いよいよ、まわりのキャラクターを決める。

 オーディションもスタート。飯島さんには出演依頼。小川Pも彼のことはよく知っていた。

 「マキのオヤジは飯島さんですか! ぴったりですねえ」

 だって、彼をモデルに書いたのだから。小川Pは先方に連絡。後日、快諾の返事をもらう。

 こうしてベテラン俳優・飯島大介さんに出演して頂くこととなった。今も思い出す、あの日の言葉。

飯島.jpg

 「じゃあ次に撮るときには声をかけてよ。俺も出してほしい!」

 それから10年が経つ。長い長い月日を超えて、ようやくその約束を果たすことができそうだ・・・。

<つづく>

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(7)そして今年・・。 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 それが今年2005年の夏のこと。つい先日のことだ。

 その後、必死に走り回り、さまざまな人々の支援といろんな犠牲の上に、製作は再開された。

 だが、予定していた製作費は集まらず、そのしわ寄せがシナリオに来た。

 いくつのかのキャラクターを削り、エピソードをカットした。そのせいで飯島大介さんに出て頂くシーンも減らさざるを得なかった。

11008284.jpg

 役者にとっては1行の台詞をカットされるだけでも、ショック。大切なものを奪われる思い。

 飯島さん。すみません。何度も、謝りながら台詞を削った。

 やがて、キャスティングが始まる・・・。

 

<つづく>

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(6)止めたら映画は死んでしまう! 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 どんなことをしても続けろ! 映画は生き物だ。生まれようとしているときに、止めたら死んでしまう。

 二度とできないぞ! 全部終わってしまうぞ! 5年もがんばってきたんだろう? ここを乗り切れば必ず撮影できる! 

11479214.jpg

 だから、がんばれ! 俺は何もできないけど、こんなことをいうしかできないけど、諦めないでくれ。

 もし、十分な予算が集まらなければ、俺はノーギャラでいい、飯も自前で行く。がんばろう・・・がんばってくれ!」

 飯島さんは2時間あまり、励まし続けてくれた。途中、何度も涙が零れた。彼のまるで、こう言っているようだった。

 「映画は生まれてくるお前の娘だ。絶対に助けろ! 死なせてはいけない。その命を奪っちゃ行けない。

 映画をあきらめることは、娘を殺すことだ。どんなことをしても、娘の命を救うんだ! 生まれて来ようとする命を、殺してはいけない!」
 
 そんなふうに聞こえ、さらに涙が零れた・・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(5)諦めちゃいけない! 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 飯島さんからの電話。きっと、こういう内容だと思った。

 「残念だけど、業界ではよくあることだ。必ず、また、チャンスがあるから、しょげないで、前向きに行こう。

 しばらくは映画のことを忘れて、また、別の機会にがんばればいい。応援しているから!」

9927810.jpg

 ところが、全然違った。飯島さんは絞り出すような声で、こう言う。

 「太田さん。諦めちゃだめだ。ここで、諦めちゃダメだ。映画というのは勢いがある。今、中断したら本当に潰れてしまう。

 また、別の機会に・・なんて思ったら永遠に出来ない。いいか? 続けるんだ。ストップしちゃけいない。

 どんなことをしても止めてはいけない。太田さんが諦めたら、この映画は終わるんだ。絶対に諦めてはいけない!」

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(4)何年でも待っている 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 ベテラン俳優の飯島大介さんはこう言う。

 「そうか・・・大変だったなあ・・・この世界、こんな映画が撮りたい!とか、みんな言うんだけど、そのための努力をしない。すぐに諦めてしまう。

10134362.jpg

 つい先日語っていた夢を、すぐに忘れてしまう。でも、太田さんは何年もかけて、その『ストロベリーフィールズ』という映画を形にしようとがんばっている。 本当に凄いことだよ。

 製作費出すことはできないけど、俳優じゃ最古参だから、スタッフでも会社でも、いろんな奴を知ってる。たいがいの会社は分かる。

 名前を聞けば、そいつがうさん臭い奴か? まじめな奴かも分かる。そんな応援しかできないけど、応援している。何年でも待っている。だから、がんばってほしい」

 そういって握手をしてくれた。

 その数ヶ月後、話は一気に進み出す。製作費は集まり、撮影開始も決まる。よし、飯島さんに正式な依頼だ!

 ところが、クランクインの直前にある会社が、製作費を出さないと言い出したのである。また、ここまで来て中止か・・。そんなとき、飯島さんから電話が掛かって来た・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!




nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(3)理解されないシナリオ 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 そんな飯島さん。舞台が終わると、笑顔で迎えてくれた。握手を求められた。そんな飯島さんにビールを御馳走になり、これまでの話をした・・。

9980227.jpg

 飯島さんに、これまでの経緯を説明した。

 「さまざまな会社を訪ね、投資をお願いしたんですけど、心よい返事がもらえません。

 幽霊で出て来るファンタジーというストーリーも理解されなくて、『これはホラーか?』と言う人さえあります。

 僕の故郷・和歌山県の田辺市で撮るということについても、『そんな誰も知らない田舎町でロケしても見に来る人はいないよ」という批判をされることが多く、企画に乗ってもらえません。

 ようやく、投資すると言ってくれた会社が出て来たんですが、2年ほどで無神経なことを言い出して投げ出してしまいました・・・。

 またゼロからスタートです・・・。でも、必ず、形にします。映画にします。だから、待っていてほしいです・・」

 そうお話した。それを聞いた飯島さんはこういう・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(2)大島渚監督の作品に出た人 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 巨匠・大島渚監督等の名作に出演する、ベテラン俳優の飯島大介さん。僕のような超無名の新人監督の出演依頼を、本気で捉えてくれていた。

 「出てもらえますか?」とお願いしても、忘れられても仕方ない年月が経っている。でも、毎年、年賀状には僕が作ろうとする映画「ストロベリーフィールズ」のことが書かれていた。

10300544.jpg

 だが、なかなか、正式に依頼するまでには至らず、気付くと何年も経っている。大きな映像関係の会社が手を上げ、製作費を出す!と言ってくれたこともある。

 今年の夏こそは!と思ったが、その会社も途中で約束を保護にし投げ出してしまった。

 昨年、飯島さんから封書が届く、久しぶりに小さな舞台に出演するので、ぜひ見てほしいというお知らせ。六本木の劇場を訪ねる。

 飯島さんは若い舞台俳優たちに交じって、渋いいい味を出していた。

 が、前回お会いしたときから、何年も経つせいか? 髪が真っ白。マキのオヤジというより、祖父という感じ。年賀状の文面がジョークではなかったような気がする。

 そんな飯島さん。舞台が終わると、笑顔で迎えてくれた。握手を求められた。そんな飯島さんにビールを御馳走になり、これまでの話をした・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

nice!(0) 

飯島大介さんからの手紙(1)年賀状の文面 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]


 「僕が監督する初めての劇場映画『ストロベリーフィールズ』。メインキャラの一人であるマキ。そのオヤジ役、頼んでもいいですか?」

 ベテラン俳優の飯島大介さんに、そうお願いしたのは撮影の5年前。2000年のこと。

 依頼というより、「僕みたいな新人監督の作品に出てくれますか?」ということを聞いただけだが、彼は「出演OK!」という返事をくれる。

 それが嬉しくて、今年こそ!と思い、製作費集めに走り回っていた・・・。

10302647.jpg

  飯島さんは毎年、年賀状をくれた・・。

 「映画の方はどうですか? 楽しみにしています!」

 そう書いて来てくれた。 その後は、こんな文章。

 「早く依頼してくれないと、死んじゃうよ」

 「仕事は生きているうちに!」

 飯島さんらしい、ユーモアと応援だった・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

      祝・アクセス数10万件突破!  

 おかげさまで、このブログ「太田隆文監督の映画日記」は昨夜でアクセス数10万件を突破しました。ありがとうございます。また、引き続きよろしくお願いいたします。

タグ:飯島大介
nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(終)自主映画かもしれません。2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 その後、飯島さんとは交流が続き、毎年、年賀状を頂く。

 2001年。僕は「ストロベリーフィールズ」のシナリオにかかる。

 マキのオヤジってどんな人だろうと考えていて、思い出したのがハリウッド作品のオーディション。目の当たりにした飯島大介さんのこと。

 そのイメージで、マキのオヤジのキャラを作った。

11008284.jpg

 製作費集めで、あちこちの映画会社に営業し始めた頃。1度、飯島さんにお手紙を出した。

 「今、考えている作品があるのですが、出演してもらうことは可能でしょうか? メジャーな作品ではなく、まだお金も集まっていません。
  もしかしたら自主映画になるかもしれません。でも、飯島さんに出て頂きたい役があるのです」
 
 冗談だとは思うが、いつかは自主映画でも出ると言ってくれた方。もしかしたら・・と思いお手紙した。

 と、すぐに御返事をくれた。ハガキいっぱいに筆文字で書かれている。飯島さんの演技を思い出す力強いものだ。
 
 「喜んで出せてもらいます。いつでも言ってください!」
 
 当時、僕は監督デビューしていたとは言え、まだまだ新人の頃。そんな僕に2つ返事でOKをくれた。凄く嬉しい。

 だが、その後、正式に依頼するまでには、何年もの月日が必要となる・・・。


<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



         祝・アクセス数10万件突破!    おかげさまで、このブログ「太田隆文監督の映画日記」は昨夜でアクセス数10万件を突破しました。ありがとうございます。また、引き続きよろしくお願いいたします。
nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(5)自主映画だって出る! 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 数日後、日本側の制作会社で残りのオーディションの準備。合格した俳優のマネージャーさんが、次々にシナリオを取りに来る。
 
外人シナリオ.jpg

 飯島さんは、ご自身で来社。先輩が紹介してくれる。

 「太田君といって、アメリカ大学映画勉強をして、今は自主映画をやってるんですよ!」


 でも、もう、その頃は脚本家デビューを目指して自主映画はやっていなかった。けど、その俳優さんはこう言ってくれる。

 「ほーーー、じゃあ次に撮るときには声をかけてよ。俺も出してほしい!」

 「自主映画ですよ?」

 「分かってる。まじめにやってる作品なら何だって出たいよ!」

 プロの俳優さんがそんなこと言うのはめずらしい。自主映画というのは皆、ノーギャラで参加する趣味の延長のようなものだ。

  冗談だと解釈したが、プロが「出たい」と言ってくれるのは光栄。飯島大介という俳優さんのことが強く印象に残っただった・・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!

       *             *        *

    祝・アクセス数10万件突破!

 おかげさまで、このブログ「太田隆文監督の映画日記」は昨夜でアクセス数10万件を突破しました。ありがとうございます。また、引き続きよろしくお願いいたします。

nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(4)有名俳優殺到のオーディション 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 1995年暮れ。ハリウッド大作「GAIJIN/外人」のオーディションには、驚くくらいに有名俳優が数多く押し掛けた。

 人気時代劇の主役のあの俳優さん、2時間ドラマで活躍しているあの人、CMでおなじみのあのアイドル、ホームドラマでいつも見るあの女優さん。

 名脇役で有名なあのベテラン俳優、刑事ドラマで渋い演技を見せるあの男優さん、僕が子供の頃に憧れたたヒーロー役のあの人まで! 次々にやってた。

 日本の俳優で来ていないのは誰か?というくらいの凄さ。

 いつも仕事が終わり自宅に帰ってテレビをつけると、その日来られた俳優さんたちがドラマに出ていた。

10372405.jpg
 
 「わーーーー、この人。今日会ったよ!」

 とか不思議な感覚。ドラマ中にCMが流れると、またまた、その日に来た方々が登場! そのくらいの有名俳優殺到、オーディションである。

 ある日の選考。門番の堅物侍を選ぶ。50代の男性俳優が挑む!

 最初はもの静かだったが、演技が始まると怖い位の迫力で押して来る。カメラをまわしている僕も吹き飛ばされそうだ。座っていた椅子から立ち上がり演技する。

 シモノー監督、満足そうに頷く。その俳優さんは合格。ハリウッド作品に出演が決まった。

 それがベテラン俳優・飯島大介さんである!

<つづく>

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(3)ハリウッド・オーディション 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 ハリウッド作品「GAIJIN/外人」のオーディション風景はこんな感じ。

10642717.jpg

 会場は全日空ホテルの高層階。スイートルームが会場。そこにに来た俳優さんたちは、シナリオのあるシーンをコピーしたものを渡される。指定された役を読む。

 監督はフランスアメリカ人イブ・シモノさん。彼はは直接に演技を見るより、ビデオカメラで撮った映像で画面写りを大切にするタイプ。

 俳優さんは所定位置のイスに座り、その前に固定されたビデオ・カメラを僕がまわす。隣に相手役の台詞を読む係の人。少し離れたところに監督が座りモニターを見詰める、という構図である。

 シモノー監督は俳優に背を向けて、テレビ画面を見るという形。アメリカ人プロデュサーたちも、同じく画面を見る。

 俳優と向かい合っているのは通訳と、相手役の台詞を読む人と、カメラをまわす僕の3人だけである・・・。
 

(つづく)


映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!


nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(2)「GAIJIN/外人」 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]

 ベテラン俳優・飯島大介さんと、最初にお会いしたのは1995年。もう10年前のことである。

 アメリカNBCの超大作ドラマ。「GAIJIN/外人」オーディションのときだった。
 
外人本.jpg

 「ブラックレイン」「ミスターベースボール」に続く、大々的な日本ロケをするハリッド作品ということで業界でも話題になった。数多くの有名スターがオーディションを受けに来た。
 
 会場は六本木近くの全日空ホテルのスィートルーム。何から何まで豪華づくしのオーディション。

 当時、僕は脚本家デビューも、監督デビューもしていない。雑誌ライターをやりながら、シナリオを書き続けていた。 そこに業界の先輩から1本の電話。
 
 「英語ができて、映画のことが分かっていて、ビデオカメラを回せる奴を探している」

 全部OKだ。僕のための仕事(!?)。

 こうして豪華絢爛なハリウッド作品のオーディション・スタッフとなる・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!



nice!(0) 

ベテラン俳優・飯島大介(1)ハリッド大作! 2005/9/6 [第十六章キャスティング激動篇]


 さて、次は柔道部でありながら、不良少女の高校生マキ(谷村美月)の父親役。

11479391.jpg

 実は今回の映画ストロベリーフィールズ」のシナリオ。書き始めた2001年から、イメージしていた俳優さんがいる。

 飯島大介さんだ!

 あの大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」「御法度」。

 テレビシリーズの「あぶない刑事」他、数多くの映画やドラマに出演されているベテラン俳優である。

 そんな飯島さんに、5年近く前にこう話している。

 「出演してもらいたい作品があるんです!」

 まだ、正式な依頼ではない。が、飯島さんをイメージしてマキのオヤジの役を書いていた。どうしても出てほしかった。

 その飯島さんとの出会いを語る・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと11日!


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
第十六章キャスティング激動篇 ブログトップ