So-net無料ブログ作成
検索選択
第二三章 最終準備篇Ⅲ ブログトップ

時間があればコンテ書き!  2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 ここ数日は時間さえあれば、コンテ書き。

11583507.jpg

 A4の用紙1枚書くのに、1時間はかかる。

 が、スタッフにイメージを伝えるのに必要。

 他にもいろいろと問題があり、対処せねばならないが、コンテも書かねばならない。

 クランクインまで1週間。膨大な量のコンテが必要なのに、間に合うのか?

 本日分。何枚か紹介する。

(つづく)


映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間! 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

演出について(15)「A SONG FOR XX」2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

扇が浜.jpg

 音楽歌詞イメージを膨らませる。

 シナリオは活字からイメージする。

 共通部分があり、若い俳優たちには伝わりやすい。

 東亜優には浜崎あゆみの「A SONG FOR XX」の歌詞が美香の気持ちだと伝える。
 
 でも、もっといろんな面からアプローチしたい。

 それでなくても、僕が作るドラマの世界観は理解されにくい。

 ジャンルでいえば「青春ファンタジー」なのだが、言葉通りに取ると「あれ?」と思うだろう。


(つづく)

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

演出について(14)宿題CDリスト 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]


 尾崎豊/15の夜、17才の地図、卒業、forget-me-not、街路樹、永遠の胸。

 小田和正/伝えたいことがあるんだ。 

 長渕剛/CAPTAIN OF THE SHIP

 浜崎あゆみ/A SONG FOR・・・。 

 カーペンターズ/青春の輝き。

  砂3.png

 よく聴くと、4人の気持ちを表すテーマソングにもなっている。

 マキは「15の夜」

 理沙はご存知「キラキラ

 美香は「A SONG FOR・・・」、

 聴いているうちに「これは私の歌だあ!」と気づいてもらえるはずだ。
 
 話はそれるが、驚いたことがある。歌のことを伝える前。東亜優に最初、会ったのときだ。

 一番好きな曲は何?と聞くと・・。

 「あゆ(浜崎あゆみ)の『A SONG FOR・・・』です!」

 という。
 
 あの歌が好きだということは、歌詞と何らかの同体験があり、共感があると思えた。

 美香の気持ちは絶対に分かるはず! そう思って質問すると、美香そのもの思いを抱いていた。それが東起用の決め手となる。
 
 ないものを求めて無理に演じさせるより、俳優が持つ資質や経験、個性を引き出す方が素晴らしい演技に繋がるからだ・・・。

(つづく)


映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!

nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(13)宿題CD?(2006/08/30) [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 さらに俳優には感想文を書いてもらう。

 どれだけ世界観を理解してくれているか?も分かる。

11008287.jpg

 そのレベルに合わせて稽古ができるし、別のアプローチも考えられる。

 この辺、映画というより、舞台演劇の発想に近いかもしれない。そして感想文から、他にもいろんなことが分かってくる! 例えば俳優の個性や実力。

 あと、ビデオだけでなく、宿題CDというのもある。

 新人の東亜優のように、これまで演劇経験がほとんどない上に、中学生の場合。理屈や言葉で伝えるより、一番馴染みがある歌がいいと思える。
 
 芳賀優里亜演じる理沙の気持ちを伝えるのも、言葉や映像ではなく音楽こそが相応しいと思え、小田和正の「キラキラ」を聴いてもらおうと思っている。 

 他にも俳優たちに、いろんな歌を聴いてもらっている!紹介しよう。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!

nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(12)宿題ビデオ・リスト 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 「小さな恋のメロディ」「ET」「冒険者たち」「リトルロマンス」

 「フィールド・オブ・ドリームス」「今を生きる」

 「刑事ジョンブック/目撃者」「素晴らしき哉!人生」「天国から来たチャンピオン」

 「時をかける少女」「生きる」

 アニメ映画クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲」

ビデオから5.png


 テレビドラマ「特捜最前線ー殉職/地図を描く女」「木枯し紋次郎/峠に哭いた甲州路」、

 劇団・キャラメルボックスの「ブリザードミュージック
 
 劇団・新感線の「髑髏城の七人」

 そして、僕が学生時代に作った自主映画「バイバイ・ミルキーウェイ」

10646868.jpg
 
 さらに特定の俳優とスタッフには「ロード・オブ・ザ・リング」「赤ひげ」「野良犬」「砂の器」「ロボコップ」「おもいでの夏」等を見てもらった。

 タイトルだけ見ると「何じゃこれは!」と思えるが、出来上がった作品を見れば、「ああ、そういうことか!」と感じてもらえるはずだ!


(つづく)


*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(11)「小さな恋のメロディ」? 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 一見、今回の「ストロベリーフィールズ」とは、全然タイプの違う映画

 テイストを伝えるために、たくさん見てもらう。

11018473.jpg

 それほど今回の作品は、従来のカテゴリーには嵌りにくい。

 特に、年配のスタッフは理解しにくかったようだ。が、彼らも俳優と同じように膨大な数の宿題ビデオを見て研究。がんばってくれている。
 
 ただ、全ての作品を見て、全てを理解してもらう必要はない。どれかのビデオで「ああ、そうか!」と思ってくれれば、そこから『ストロベリーフィールズ』の世界に入って行ける。

 ちなみに今回の宿題ビデオのタイトル。紹介する。


(つづく)


*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(10)作品のテイストとは? 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 俳優に伝えなければならないことはまだある。一番難しいのは作品のテイスト

 特に今回の「ストロベリーフィールズ」は伝えにくい。

11018477.jpg

 簡単にジャンル分けすれば「青春ファンタジー」。「青春」の方は誰にでも伝わるが「ファンタジー」の部分が理解されにくい。

  「ロード・オブ・ザ・リング」だって同じファンタジーだ。でも、明らかに別もの。

 「ハリーポッター」だって、「オズの魔法使い」だって同じジャンル。けど、全然違う。「ストロベリー」は限りなく現実に近い物語。

 なのに、死神や幽霊が登場する。と言ってホラーではない。

 若い人たちはその種の漫画やドラマをよく見ているので、理解する。が、大人たちはかなり苦戦している。

 料理の味と同じで、それを言葉では説明しにくい。何かを食べてもらって「これに近い味!」というしかないのだ。

 それを明確に伝えないと俳優たちも、演技の質を決められない・・。

(つづく)



*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!

(つづく) 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(9)役柄と役割の違い? [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

11018484.jpg

 他の作品でいうと鉄男は、劇団・新感線の舞台「髑髏城の七人」の橋本じゅんの存在に近い。

 彼の演技を参考にしてほしいとかではなく、物語における存在意味を感じてほしいのだ。

 ちなみに登場人物というのは全てに存在意味があり、役割がある。無意味なキャラは存在しない。必ず、意味がある。

 もし、意味のない人物が登場しているなら、それはシナリオが駄目だといえる。

 そんな鉄男はコメディリリーフに終わらない、さらなる「役割」も・・。黒澤映画生きる」の小田切みき(女性?)と同じ役割も担っている!

 鉄男は単なるコメディリリーフではなく、主人公の夏美(佐津川愛美)に大切なことを伝える存在でもある。ここが「生きる」の小田切みきと同じ役割。

 あのウサギのシーン(?)。それと同じ意味を持たせたい・・・。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(8)赤ひげ  2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

11018406.jpg

 ちなみに、三船美佳さん用のスペシャル宿題ビデオは・・・

 「赤ひげ」。黒澤明監督、三船敏郎・主演の名作。

 「たぶん、何度も見ていると思うけど・・」

 と父上の出ているビデオを渡すと笑っていた。彼女が演じた春美は、同作品で狂女を演じた香川京子がベースのひとつである。

 もちろん、同じようにやってほしいというのではなく、あくまでも方向性を示すためのもの。

 三船さんはそれを理解。いつも独自の表現で素晴らしい演技を考えてくれる。また、俳優にとって自分の役は理解できても、相手役が分からないとイメージが掴みにくいもの。

 特に今回はユニークな登場人物が多い。なのでビデオを見ることで「ああ、死神はこういうイメージなんだ!」「春美はこういう人か」と伝える。

 そして役柄だけではなく、役割を伝えることも大切。えっ、役割? 役柄じゃないの? と思うかもしれない。説明しよう!

 「役柄」というのはキャラクター。波岡一喜君演じる鉄男でいうと、「元不良で喧嘩っぱやいが、親分肌で面倒見がいい。行動的でまっすぐ」というのが役柄。

 で、「役割」というのは、その人物が物語の上でどんな意味を持っているか?ということ。鉄男だと、まず、コメディリリーフ。

 日本的にいえば狂言回し。悲しくなりがちな物語に、ときどき笑いを起こすというのが「役割」だ。

 (つづく)


映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!







nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(7)宿題ビデオの意味  2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 そして、「作品で描こうとしているものは何か?」を伝える。

 太田組ではその羅針盤として宿題ビデオを渡す。言葉を尽くして作品の世界観やスタイルを俳優に説明するよりも、映画を見てもらった方が遥かに深く伝わる。

11018484.jpg

 それらビデオを今回は何と10数本も渡した。テープ代だけでもバカにならないので、僕が持っていたビデオ300本を潰してダビングした。

 その時間だけも膨大。部屋にいるときは、常に2台のデッキが稼働。寝る前にも必ずビデオをスタートさせる。単純に考えても、テープ300本のダビングには600時間!はかかる。

 こちらも大変だが、見る俳優の方も大変。もの凄い時間と労力が必要。いつも音を上げる俳優がいる。

 が、三船美佳さんは、本日の衣装合わせで会ったときもこう言ってくれた。

 「太田監督の作品に出ると毎回、たくさんビデオがもらえるので嬉しい! 今回は何かな?と楽しみにしているんですよ!」

 ま、そんなことを言ってくれるのは、以前にも仕事でご一緒した三船美佳さんだけで、他の俳優たちはかなり四苦八苦したはず! 

 でも、それが太田組式演出の第1歩だ!

(つづく)



*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(6)監督ー俳優。互いを知ること 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

砂8.gif

 なので僕は俳優が決まると、彼らに自分のプロフィールを渡すことにしている。

 生年月日、出身地、学歴、作品歴、仕事歴等が書かれている。

 それを見れば、和歌山県出身で、自主映画をした経験があり、アメリカ留学、そして脚本家としてスタート。

 ホラーから「モーニング娘。」まで、いろいろと手がけていることが分かってもらえる。
 
 そして、作品の代表的なものを収録したビデオも渡す。それにより、僕が作る作品傾向を伝える。

 次に、出演してくれる俳優さんたちの、作品を徹底的に見る。そうやって互いを知ることで、ようやくスタートラインに着けるのだと考える。
 
 こうしてコミュニケーションがスタート。ようやく作品についてのアプローチが始まる。

 まず、俳優さんにはドラマの方向性を伝える。

 簡単にいうと、東に向かって走るのか? 西なのか? いや、北北西なのか?を分かってもらうこと。 それが伝わらなければ皆が同じ方向に進んで行けない・・。

(つづく)



*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(5)俳優のプロフィール 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 俳優はオーディションのときに、名前、生年月日、身長&体重、3サイズ、芸歴、特技、趣味などを書いたプロフィールを出す。

10877177.jpg

 それによって、監督とスタッフは情報を得る。

 ところが監督は、履歴書も何も渡さない。

 有名監督なら、皆知っているだろうが、無名、新人、中堅の場合、俳優側は何のインフォメーションもない。

 これから一緒に仕事をしていくというのに、これでいいのだろうか? と考えた事がある。

 互いを知ってこそ、いい作品作りができるのだ。
 
(つづく)



映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!






nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(4)山本五十六 2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 主人公の山本五十六長官をリアルに演じさせるために、こんなことをしたという。

 主演の俳優が控え室からスタジオまで移動するときも、わずかな距離なのに車で送り迎え。
到着すれば赤いじゅうたんを車から入り口まで敷いて、海軍のラッパを鳴らす。

 スタッフ全員が作業をやめて立ち上がり、彼に向って敬礼させたという。毎日、それを繰り返す。

 が、同じ撮影所で仕事をしていた黒澤組以外のスタッフは(いや、彼のスタッフでさえも)「バカじゃないか!?」と思ったらしい。

 でも、それが俳優を山本五十六長官そのものにするための黒澤式の演出であり、その方法論で数々の名作を作り上げたのである。

 そんなふうに巨匠たちは様々な方法を試しみる。

 僕の場合はどうか? とても巨匠たちには及ばないが、いつも一番最初にするのはこれだ・・・。

 (つづく)



映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!
nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(3)「トラトラトラ」2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 撮影現場で、監督がメガホンを使い、

 「もっと、激しく叫んで!」

 と、怒鳴るのが演出だと思われがち。

 だが、それはボクシングの試合で言うところのあれ。

 「ジャブ!ジャブ! 右にまわって!」

 と、セコンドが叫ぶようなもの。 それで根本的な違いがでる訳ではない。本当の演出は撮影以前に始まる。

 印象的なエピソードが多いので、もうひとつ黒澤明監督の話をしたい。

 残念ながら途中で降板することになった日米合作映画、真珠湾奇襲を描いた「トラ!トラ!トラ!」。あのときも凄かったらしい・・。



 (つづく)



*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!





nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(2)フリードキン監督の場合  2005/9/9 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]


 「エクソシスト」「フレンチ・コネクション」のウイリアム・フリードキン監督。

 僕の留学時代。南カルフォルニア大学・映画科の授業で、お会いしたことがある。(写真下が校舎。1987年に入学した)

ボバード-s.jpg

 フリードキン監督は、元々ドキュメンタリーの仕事をしていた。なので、リアリティを重要視!

 以前にも書いた話だが、牧師の役には「牧神が演じられる俳優」を探すのではなく、「演技のできる牧師」を探す。
 
 また「フレンチ・・」のときは、主演のG・ハックマンにイライラした演技をさせるために、わざと「お前は本当に下手クソな役者だ!」と毎日罵倒した。

 だから現場でハックマンは常に爆発寸前!!冷静に演技ができない。

 でも、それがあの暴走刑事ポパイのリアル感となり、彼はアカデミー主演男優賞を授賞した。そんなふうに監督たちは、さまざまな方法で俳優の力を引き出して行くのだ。
 
 僕自身はそんなにユニークな方法論は持ってないと思っているが、毎回撮影では、凄く戸惑うスタッフがいる。
 どうも、かなり型破りなことをしていたようだ。日本映画の常識からも逸脱しているらしい(!)

 でも、完成した作品を見ると、いつもスタッフは「その演出が大きな効果を上げている」と指摘してくれる。

 一体、通常の映画と何が違うのか? その辺を紹介する!


(つづく)



*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出について(1)黒澤明監督の場合 2005/9/9 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]


 衣裳合わせの話から少しそれる。が、すぐに戻るので、読んでほしい。

黒澤.jpg

 ある女優の卵、こんなこと言っていた。

 「以前に、日本アカデミー賞の授賞式をテレビで見たときに思ったんですけど、同じ俳優でも監督が違うと、全然演技もイメージも変わるんですね?」

 放送では同じ俳優の別の作品が続けて紹介されたので、違いがよく分かったらしい。

 もちろん、俳優本人が違いを出していることも多いが、監督によってその俳優が良くなったり、駄目だったりすることは多い。

 プロ野球と同じで万年最下位のチームが、新監督の元では優勝したりもする。

 つまり、監督という人たちは選手や俳優本人が「気づかぬ能力」や「魅力」を引き出すのが仕事なのである。が、その方法論は多種多様だ。

 例えば、黒澤明監督は徹底したリハーサルを行う。撮影の何カ月も前から刀や鎧を付け、本番さながらに稽古。

 刀や鎧の重さ、時代劇の衣装の着心地。さまざまなところから、体で当時の侍の感覚をつかませ、役に入って行けるようにするのだ。

 そんなふうに巨匠たちは、さまざまな方法論を持っている。他の監督のやり方も紹介してみよう・・・・。

 (つづく)



映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!


タグ:黒澤明
nice!(0) 
共通テーマ:映画

衣装合わせ/2日目  2005/9/10 [第二三章 最終準備篇Ⅲ]

 衣装表3.jpg

 本日は、以下の俳優さんの衣装合わせ。

 長塚先生役・・・・・並木史郎

 京子先生役・・・・・伊藤裕子

 夏美の母・・・・・・吉行由実

 マキの母・・・・・・水沢有美

 マキの父・・・・・・飯島大介

 夏美の父・・・・・・小西博之

 死神・・・・・・・・奈佐健臣

 春美・・・・・・・・三船美佳

 昨日と同じように、衣裳を決め、その後、役作りについて打ち合わせをする。

 地元・中田食品さんから頂いた梅干を用意。宿題ビデオも大量に持ち込む。場所は昨日と同じ、五反田にある衣裳部の会社である・・。

 (つづく)



映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと1週間!

 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
第二三章 最終準備篇Ⅲ ブログトップ