So-net無料ブログ作成
撮影初日(五)聖林式? ブログトップ

続・撮影について(8ー終)ハリウッド映画に挑戦! 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 例え16ミリカメラでも、2台借りればレンタル料は倍。

 しかし、デジタルカメラは個人で買えるような額。レンタルしなくても、個人で持っている人が多い。

 また、フィルム代、現像費、が必要ない。それでいて高画質。最終的にフィルムに変換することもできる!

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」では、かなりのシーンを2台のカメラで同時まわす予定だ。

11537070.jpg

 夏美役の佐津川愛美と、マキの谷村美月を同時に捉える。

 理沙役の芳賀と美香役の東が、別々の場所で演じるのを一気に撮影する。

 センスとリズムで勝負。

 今回は従来の日本映画とは違った、新しい感覚の作品となるはずだ!

(つづく)


『ストロベリー』写真館/海ー>http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/2vjybaut3zfxdvghuby9



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(7)デジタルカメラの威力! 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 「デジタル・カメラを使えなければ、仕事がない!」

 そう言われるように、なっていく。

10672073.jpg

 10年以上フィルムを勉強し、携わってきた人が、デジタルの勉強を1からスタートさせる。

 が、古い体質を引きずる映画界には、未だに言う。

 「デジタルなんて駄目だ。映画はフィルムだ!」

 が、古い価値観はどんどん崩れて行った。それでもすがりつく人もいる。

 ただ、さまざまな面から考えれば、デジタルは非常に強い味方。それは長年の僕の思いが実現されることでもある。

 100億円の製作費がなくてもデジタルカメラを使えば、ハリウッド方式を実践できるのだ。  

 今回の「ストロベリーフィールズ」。

 ハリウッドのような巨額の予算どころか、日本映画としても低予算。

 多くの人の支援で作る手作り映画だが、デジタル・カメラを使えばハリウッド方式を実践できるのである!


(つづく)





nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(6)デジタル革命! 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 デジタルカメラは個人で買える値段のものでも、テレビ放送が可能な画質。

 それが、どんどん進化した!

 ソニーのVX1000。VX2000。PDー150。パナソニックのDVX−100、ー100A、キャノンのXL−1。

11020723.jpg

 次々のハイクオリティで、実践的なカメラが発売された。 

 電気屋さんで売っているDVミニのテープ。それで撮影したものでも、フィルムに変換すれば、映画館でもかけられるようになった! もの凄い進歩だ!

 最近のVシネマはほとんど、そのカメラで撮られている。

 深夜番組でも同じ状況。単にカメラが安く経済性があるというだけでなく、小型で機動性があり、高性能なのでである。

 その革新は、撮影を仕事とする人たちを激震させた!

(つづく)
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(5)進歩なき日本映画 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 が、ビデオ・カメラで撮った作品。

 フィルムに変換することができないので、映画館では上映されない。

 そのため、90年代になっても日本映画は1台のカメラで撮影。おまけに物価高騰。さらに時間と費用の節減を、考えねばならなかった。

10161027.jpg

 だから、テレビドラマではしない安易な撮影をする。

 テーブルを挟んで会話をするシーンを真横から延々と撮る。美しい絵にはならないが、撮影は簡単。早く済むからだ。

 同じようなシーンでもハリウッド映画やテレビドラマなら、俳優たちがどんな顔をして会話しているか見せる。

 画面の切り返しで、テンポやリズムを作る。なのに、日本映画はまるで舞台演劇を撮影したかのような単調なものが多い。

 テレビもアメリカ映画もどんどん進歩しているのに、日本映画は数十年前と同じ。当然、観客が離れる。業界自体が情熱をなくして行く。  

 もちろん、他にもさまざまな理由があるが、貧しさからスタートした発想に縛られて新しい表現を模索しなかったからだ。  

 ところが、近年になって衝撃が起こる。デジタル・カメラの登場だ!

(つづく)

写真館ー>夏美の学校Ⅰ http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/eo3wtk1wuotjgwsgtx2y

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(4)テレビドラマの躍進! 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 つまり映画界より先にテレビの世界が、ハリウッド方式を採用したのだ。

 80年代後半。フィルムで撮っていたテレビドラマは、「水戸黄門」のような時代劇だけ。

 90年代に入ると、時代劇さえもビデオ撮影。そのころからテレビ・ドラマが変わってくる。

11229037.jpg

 バンバン画面が変わり、テンポやリズムがあるドラマが出てきた。

 昔のようにドラマの中でも、テーブルの手間だけを空けて、食事をする不自然なものはなくなる。

(その位置から撮影すれば、家族の顔が全部捉えられて撮影が簡単。当時のドラマは皆、そんな撮り方をしていた)

 テレビドラマのレベルはどんどん高くなる。

 技術も、センスも、スピード感もあり、おしゃれでドラマティックなトレンディ・ドラマというものも誕生する!

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(3)ビデオの革新! 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 まず、ビデオの進歩。

 先にも説明したように、日本では高価なムービーカメラを何台も使っての撮影は不可能。

 でも、ビデオ・カメラだと話は違う。フィルムの撮影と違い、現像代もプリント代もいらない。

 ビル.jpg

 カメラ自体も小さくて、安価。撮影で複数のカメラを使うことができるようになった。

 採用したのがテレビ界。もともとはテレビドラマも、フィルムで撮影されていた。

 が、効率を重視。分刻みで仕事をする人気タレントを使うので、早撮りが必要。

 映画的な撮影をするより、複数のカメラで一気に撮った方が早いと考える。ビデオを大々的に導入した。

 それはハリウッド式撮影と同じ発想。

 ドラマ作りが大きく変化する!

(つづく)


「ストロベリーフィールズ」写真館/小道具アルバム=> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/nlkvors3cy1pssvfcokd




nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(2)テレビが映画を変える? 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 そんな日本映画界。常に厳しい環境と、直面して来た。

 古くはテレビの登場。入場料を払って映画館に行かなくても、家でドラマが見られるようになった。映画人口が激減した・・・。

10408427.jpg

 70年代は外国映画に押されて洋高邦低と言われ、日本映画を見ない人が激増した。

 80年代は映画より、テレビドラマでも高額の製作費のかかった作品が登場。古くさい日本映画より、おもしろいといわれる。

 そんな時代になっても映画の現場では、昔ながらの撮影方法。カメラ1台で、最低限必要な部分だけを撮影。新しい方法論や挑戦をすることもなかった。

 高額な製作費が必要だからと・・世界に誇る巨匠にも、映画を撮らせない。

黒澤.jpg

 業界は作品レベルを上げる努力より、入場料を上げることで映画人口の激減を凌いで来た。

 が、外の世界では、大きな変革が続く・・・。


 (つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・撮影について(1)努力する若手監督たち 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]


 そんな状況の日本映画界だが、努力する若手監督たちもいる。

 昔の邦画はストーリー展開も遅く、編集もダラダラしていた。それを覆すような作品。少しずつで出て来た。

9979614.jpg

 その前に、一般的な古いタイプの監督。撮影するときの思考を紹介。

 撮影前に、編集を考える。

 「このシーンはAさんのアップ。ここはBさん。3番目のカットで2人共画面に入れる」

 と決めて撮影する。 カメラも1台しかないし、フィルムももったいないので使うカットしか撮らない。

 編集でリズムを作るとか、スピード感を出すとかより(その手の発想を持つ監督も少ない)、撮影効率や経済性が優先させる。

 そうやって、よくあるフツーーの日本映画が完成する。

10134307.jpg

 が、若手監督の中には、いろんな挑戦をし、新しいスタイルを、自分なりの方法論を試す人たちがいる。

 1つのシーンを1台のカメラで、何度も撮る。

 複数のカメラがあれば2回で済むところを、1台のカメラで撮る。それは時間と労力をかけて、ハリウッド方式に迫ろうというやり方。

 それによって、テンポとスピード感が出る。今まで映画とは違うものができる。

 だが、古い映画人たちは批判する。

 「あの監督は計算ができないから、あんなふうに何度も撮るんだ。頭が悪いんだよなあ! どうしようもねえ・・・」

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(10)ハリウッド映画のような日本映画 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 実際問題。日本の映画界は、ハリウッドに比べると貧しい。

 それを認めずに「カメラ1台で節約して撮るのが映画だ!」と無理矢理に正当化することに何のメリットがあるのか?

10472650.jpg

 「戦というのは刀で戦うものだ。鉄砲なんて邪道だ!」という戦国時代のサムライのようなメンタリティと思える。

 実際、あの時代も鉄砲を活用した織田信長が、世の中を変えて行った。

 日本映画界も古い方法論に囚われずに、何か新しい挑戦をするべきではないか?と、僕は長い間、考えてきた。  

 さらにアメリカ映画を見て育った世代として、古くからの日本映画感覚の作品ではないものを作りたい・・・。

 ハリウッド映画のようなスピード感やテンポ、センスのある映画。

 要は編集。そのためには撮影方式が重要。 しかしカメラは1台。

 業界には「計算して1台で撮れ!」という発想が蔓延している。また、経済問題があって、何台ものカメラは使えるのは黒澤明監督くらいだった。

 が、何か別の方法論があるはずだ。長年、考えていた・・・。

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(9)経済格差? 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]


 そんなふうに日本映画の撮影法が貧しくなった理由は、経済格差にある。

 ハリウッド映画がよく使うパナビジョン・カメラ。レンタル料が超高額! 

 それを長期間借りるともの凄い額! 安いカメラだって、2台借りれば倍の料金。

11246287.png

 フィルムの量も、2台で回せば倍。3台なら3倍。

 さらに現像費も、プリント代も全部倍々となり、製作費がどんどん上がる。

 100億円単位で映画を作るハリウッドなら問題なくても、昔から貧しく作ってきた日本映画では高嶺の花。

 たまにある大作映画なら、Bカメラというのがつくことがあるが、基本的に日本映画はカメラが1台。 同じシーンを別角度から、同時に撮ることができない。

 日本映画のカメラ1台で、最低必要限のものだけを撮影をするスタイルは、ハリウッドのように高額な製作費がないことで、生まれてきたものなのである。

 それがベストと思い選んだ手法ではない。どう正当化しても、貧しい故ということ・・。

 (つづく)

「ストロベリーフィールズ」写真館/学校シリーズー> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/eo3wtk1wuotjgwsgtx2y



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(8)頭の固い人々 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 映画界では、今もこう思う人が多い。

 「映画はカメラが1台で十分。完成形を想像、計算して撮る。無駄なものは撮らない。それこそが正当な映画撮影である」

 その発想。歪んでいると感じていた。

9946742.jpg

 貧しくて2台のカメラが2台使えないのではない。1台で十分だと言う意味。

 経済性だけでなく、心まで貧しくなっているような気がする。

 金がなくて腹一杯メシを食えないのに、強がって「俺は腹へってないから、食べたくない」と言っているような状態。

 いや、それならまだ本音は、メシを食いたいのだ。

 が、先のような撮影法をする映画人たちは、予算が少ないので仕方がなくしているのではなく、「これこそが正当派で、伝統的な日本映画の撮影法なんだ」と信じ込んでいる。

 致命的な気がする・・。

(つづく)

 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(7)演技のし易さ 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 そして一番大切なのは、俳優の演技のし易さである。

 長台詞で次第に気持ちが盛り上がり、最後には涙を流すシーンがあったとする。

 これは一気に演じないと難しい。途中まで撮影して、次に別の角度から涙を流すところ撮ってとか言われても俳優は演じにくい。

  気持ちというのは繋がっていて、涙というのはすぐに出るものではない。

風景撮り.jpg

 また、泣いて目が赤くなったあとに、それ以前のシーンを演じろと言われても、腫れが引くまでは無理。  

 そんなときも複数のカメラがあれば、その演技を頭から最後まで捉えることができる。俳優も演じ易いし、いい芝居ができる。

 複数のカメラでの撮影には以上のような利点があり、ハリウッドではそれを常識として映画作りをしている。

 ところが、日本では基本的にカメラは1台。なぜか? そこには映画人がどうすることもできない大きな壁があった。

(つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(6)危険な撮影 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 編集時に動きが、繋がらなくなるのだ。

 1回目は右にいた人が、2回目では微妙に左に? 現場では気づかないがフィルムを繋ぐと、その人が瞬間移動していることさえある。

10159640.jpg

 これも複数のカメラで撮っておけば、同じ演技を撮っているので、繋がらないということは絶対にない。

 さらに、難しい演技とか危険な演技で2回、3回撮れないものもある。

 滝壺に高いところから飛び込むシーンとか、燃え盛る家に入るシーンとか本当に危険なことをする演技。

 これらも複数のカメラで撮っておけば、迫力あるシーンを1度で押さえられる。

 そして一番大切なのは、俳優の演技のし易さである!

(つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(5)爆破シーンでの利点? 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 が、それだと1つのシーンにつき、7回も撮影せねばならない。

 台詞を間違えてNGを出すこともあるから、当然7回以上となり、もの凄い時間がかかる。

 でも、カメラを2台使っていれば、同じことを3回することで、6回分が撮れて効率的。3台で撮ればもっと早い。

10939361.jpg10939361.jpg

 撮影時間が短縮される。それがハリウッドの撮影方式だ。時間の節約ばかりではない。

 例えば爆発のシーンとかだと、1回爆発をさせるために大量の火薬が必要。危険だし、費用もかかる。

 そんなときも数台のカメラで撮影しておけば、1度の撮影でいろんなカットが撮れる。

 経済的。カメラ1台で撮るより編集時により、迫力のある爆破シーンになる。

 3番目の理由は、俳優の演技。やはり、何度も同じ演技をしていると微妙に違って来る。

 特にアクションは動きが激しいので、そのたびに動きやスピードが違ってしまうことが多い。

(つづく)

関連記事?=>http://ameblo.jp/4609/entry-10115325500.html#cbox



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(4)「スタンド・バイ・ミー」 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 そして編集で、一番いいカットを選んで繋いで行く。

 それによりテンポやリズムを作る。 スピード感や圧迫感など、さまざまな表現もできる。

入道雲ーs.jpg

 例えば、アメリカ映画「スタンド・バイ・ミー」

 登場する4人の男の子(そういえば「ストロベリー」は女の子版「スタンドバイミー」かも?時代も60年代で、仲間の話!)が隠れ家で会話するシーンがある。

 何度、撮ったか数えてみた。

 まず、4人の子役が、1人ずつ写ったカット。(それだけで4回)

 それ以外に、3人が同じ画面に入ったカット、

 2人だけが入ったカット。

  4人とも入ったカットがある。

 全て合わせると、そのシーンは最低でも頭から最後まで通しで、7回は撮影していることになる。

 それだけのカットがあるからリズムがあり、テンポがある。4人の子役たちの表情も全部見せることができる。

(つづく)

「ストロベリーフィールズ」写真館=> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/ppttz15pr9nj5zh4vrhi




nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(3)ハリウッド式撮影 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 それがハリウッド式になると、こうだ。

10601960.jpg

 各カットをいろんな角度から何度も撮影する。右から左から、アップ、ワイド、ロングと何ショットも撮る。

 例えば、喫茶店に入って来る主人公の部分。

 店内全体を写して、引き絵で撮影。次にドアを開けて入って来る主人公をアップで撮影。

 さらに、手持ちカメラで主人公が入って来るのを撮影。

 そして、彼女の肩越しに入り口から入って来る主人公を撮影・・・。

 と、さまざまな角度、場所、サイズで何度も撮影をする。

 こうして撮っておくと、いろんな種類のカットができる。ここが日本映画と違うところ。

 編集では何種類もあるカットの中から、一番ベストなものを選び、繋いで行く。 これにより、いろんなパターンの編集が可能になる。

 日本映画の完成形は1つだが、ハリウッド式だと無数の可能性が作り出せる。

(つづく)

nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(2)日本映画の場合 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 こんなシナリオがあったとする・・。

11008290.jpg

_________________________
 主人公・義男。喫茶店に入って来る。
 すでに席に着いている彼女を見つけて、その前に座る。
 黙って紙袋を渡す。
 彼女、不思議な顔をするが、開けると誕生日プレゼント。笑顔。
 義男も笑顔。ふと窓外を見ると大きな入道雲。
__________________________

 これを監督が「カット割り」といって、何回に分けて撮影するかを決める。

 例えば1行づつ5つに分け、5カットとする。それぞれを以下のように撮影。

 「全体の引き絵」「主人公のアップ」「切り返して相手役のアップ」「主人公のアップ」「入道雲」

 この場合。最初と最後のカットは続けて撮れるので、4つのショットで撮影は済む。

 この場合。編集はNG抜きをして、物語の展開順にOKカットを繋いで行くと完成。でも、ひとつのパターンしか編集はできない。

 これが日本映画の伝統的な撮り方。

 それがハリウッド式になると、こうだ・・・。

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影について(1)ハリウッド式の撮影 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 
 簡単にいうと、太田組方式というのは、「ハリウッド式撮影」と「アメリカン・ニューシネマ式撮影」の混合だ。

11031476.jpg

 と書くと、もの凄いことだと思えるかもしれない。

 それに今回は低予算作品。「高額な製作で作られるハリウッド式ができるのか?」と疑問に思うだろう。

 が、可能。巨額な製作費も必要ない。そこでハリウッド式撮影法とは何かを紹介しよう。

 と思ったが、その前にまず、日本式の撮影法から説明し比較した方が分かりやすい。

 日本映画の伝統的な撮り方は、必要な部分のみ撮影する。

 基本は台詞をしゃべる俳優を撮り、聞いている相手役の顔は「うん」「そうだね」とか台詞で応える部分のみを撮影。

 それに対して、ハリウッド式は1つのシーンをいろんな角度から何度も撮影する。

 台詞があろうが、なかろうが撮る。同じ演技をいろんなサイズで撮る。

 具体的に書こう。こんなシナリオがあったとする・・。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」で実践する撮影法とは?(下) 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 では、太田組式撮影法とは何か?

20050917.jpg

 映画監督というのは、それぞれに独特の手法を持っている。

 それによって、人が真似をできない独自のスタイルを作り出す。

 黒澤明監督なら、望遠レンズとパンフォーカスで撮られた厚みのある画面。

 小津安二郎監督なら、フィックスしたカメラで描く日本の美。

 単にカメラや技術のことだけではない。

 伊丹十三監督は、俳優の芝居に対して事細かな指示を出す。台詞も全て正確にいわなければならない。

 それに対して俳優にはアドリブを要求。現場で台詞をバンバン変えて行く監督もいる。

 さまさまな監督がいる中、僕のやり方はこうだ。

(つづく) 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」で実践する撮影法(中) 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 それでなくても教室シーン。その他、大勢も撮らねばならない。

撮影風景初日2.jpg

 でも、それによって佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優ら、本物の10代の感性を逃さず捉えたいのだ。

 僕が要求した部分だけを捉えるのではなく、全てを捉えた中から、予期しないきらめきを選び出すのである。

 以前にも書いたが、単にカメラの前で演技するのではなく、少女たちの成長そのものを捉えようという発想。

 また、あの4人は、素晴らしい素質と実力を持っている。僕が期待していないものも出てくるだろう。

 それを従来の映画的な論法に押し込めては、それを引き出せないと考えた。

 では、そのためにはどうすればいいのか?

 そこで生きてくるのが、太田組式の撮影法である!

(つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」で実践する撮影法(上) 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 先の説明で分かってもらえたと思うが、教室のシーンというのは本当に大変。

 時間も労力もかかる。


 が、今回の「ストロベリーフィールズ」では、もっと大変な撮影をしようと考えている。

10672073.jpg

 いちご娘たち4人に関して、主役である佐津川愛美はもちろん。他の3人。谷村美月、芳賀優里亜、東亜優の演技、全てを通しで撮るつもりだ。

 というのは、通常なら主人公である夏美を中心に撮り、他の3人はそのリアクションだけを撮影する。

 でも、今回は4人全員が主人公という話。だから、4人とも全て撮る。相手の話を聞いているだけのシーンでも、全て撮影しようと考えた。

 えーーどういうこと? と言われそうだが、説明する。


(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影が大変な場所(5ー終)時をかける少女 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 それを実践している青春映画がある。大林宣彦監督の「時をかける少女」だ。

 最初の教室シーンは、もの凄い数のカットで構成されている。

 原田知世、尾美としのり、深町君(?)、他。メインキャラは全てアップで撮影。根岸季衣の先生もしっかり捉えられている。

時かけ.jpg

 細かいカットの連続なのに、何度見ても流れるように自然に見える。編集が気にならない。隠れた名シーンだ。

 が、この撮影も大変だったはず。カメラとライトを何十回も動かして撮っているからだ。

 数秒のカットに、1時間くらいかけて撮影しているかもしれない。

 その証拠によく見ると、ドラマ進行中に生徒たちの影位置や長さが変わって行く。撮影中に日が傾いて行ったのである。

 でも、そんな時間と労力をかけたからこそ、あの作品は名作となり、今も心に残る。

 「ストロベリーフィールズ」でも、そんな丁寧な撮影を目指したい。

 が、それには時間とお金が必要。「時かけ」は角川映画! 当時の値段で1億円! こちらは手作り映画・・。

 時間をかけている訳にはいかない・・。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影が大変な場所(4)クラスの雰囲気 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 そんなことがあるので、教室シーンの撮影は大変。

 日本映画の場合。主人公と数人だけをアップで撮り、「他の生徒は広い画面に映っているだけ」というような撮り方をしがち。

 その方が短時間で、簡単に撮れるからだ。

10214680.jpg

 しかし、それではクラスの雰囲気や学校らしさが出ない。

 また、今回の「ストロベリーフィールズ」では、夏美、マキ、理沙、美香という4人の主人公の気持ちを表現する。

 夏美を撮るだけでは、それはでない。また、4人だけでなく、クラスメートの表情も捉えることで、夏美たちの立場が浮き彫りにされる。

 さらに先生たちの表情を追う。それにより世界観が出て、テーマがさらに鮮明になってくる。

 これを面倒だから、時間がかかるから。と怠ると、上っ面だけの青春物語になってしまう。

(つづく)

nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影が大変な場所(3)金八先生?   2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 撮影がむずかしい場所のひとつ。それが教室。

10891410.jpg

 なぜなら、まず、生徒役だけで30人以上が出演する。

 人数が多いのが問題ではない。それなら、野球場やコンサートの撮影の方が人数は多い。

 例えば「野球場」の場面で、主人公と恋人が試合を見に行くという設定だとすると、撮影すべきポイントが決まる。

 「主人公と彼女」「グランドの試合」「観客」

 この3つのポイントを押さえればOK。メインは主人公と恋人。

 観客は「たくさんいる」「盛り上がっている」、「グランド」も同じ。何が進行しているか? が伝わればOK。両者共に状況説明。

 会場を借りたり、エキストラの誘導は大変だが、撮影自体は意外に難しいものではない。

 これが学校のシーンだと、面倒だ。カメラで狙うべき人物は、「主人公」「親友」「いじめっこ」「先生」「学級委員」

 どんな設定でも、5〜6以上のポイントが必要になる。

 例えば「金八先生」の説教シーンを思い出してほしい。生徒が発言するたびに、その生徒を撮影している。

 テレビドラマは複数のカメラで、一気に撮影。時間もそれほどはかからない。が、映画の場合はカメラが1台が基本。

 生徒を1人撮影するごとに、カメラも照明も全部セッティングし直す。そのために膨大な時間がかかるのである。


(つづく)

「ストロベリーフィールズ」写真館へ=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影が大変な場所(2)スタジアム? 2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 分かり辛いので少々説明。映画の撮影で、むずかしい場所といえば・・。

 例えば、人通りの多い商店街。新宿や渋谷等の撮影。撮影をしていると、必ず振り返って見る人がいる。

 そんな人が写り込んでしまうと、非常に不自然な絵になる。

人通り.jpg

 アメリカだとニューヨークのブロードウェイ通りだろうが、LAのハリウッド・ブルーバード(写真下)だろうが、通行止めにできる。

 そこに大量のエキストラを呼んで撮影するので、スタローンだろうが、シュワルツネッガーだろうが、一目見て有名俳優だと分かる人でも、誰も振り返って見ない。

 11247148.png

 が、残念ながら日本では、歌舞伎町や渋谷のセンター街を通行止めにしての撮影許可はでない。隠れて撮影しても、通行人は気づいてカメラを見てしまう。或いはサインを求めて来たりする。

 だから、ビルの上から望遠レンズで狙って、人ゴミの中の俳優を撮影したりせねばならない。

 また、電車の中の撮影。これは時間が限られているから。途中で電車をストップできないし、少し戻して、もう一度スタートもできない。

 なので、これらの場所での撮影はお金も時間もかかる。低予算映画ではなるべく避けて通る撮影場所だ。

 同じような意味で撮影が大変な場所。いや、或る意味で球場やコンサート会場よりも大変なのが教室だ・・。

(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影が大変な場所(1)教室?   2005/9/17 [撮影初日(五)聖林式?]

 さて、教室シーン後半戦のシナリオ。読んでどう思っただろうか?

教室^うしろから.jpg

 「フツーの教室シーンじゃん? 銃撃戦がある訳でも、アクションがある訳でもないし、簡単に撮れるんじゃないの?」

 と思ったら、映画ファンの域。

 「これは大変だなあ〜。かなり入り組んだ厳しい撮影になりそうだなあ・・」

 と感じたら、かなりなプロ!

 実は教室の撮影というのは、なかなか大変。

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」の教室シーンが難しいというより、もともと教室のシーンは面倒で大変というのがある。

 分かり辛いので少々説明。映画の撮影で、むずかしい場所といえば・・。

 
(つづく)

 「ストロベリーフィールズ」写真館へ=> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/gglvzwuyzplnqkgbxobw
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影初日(五)聖林式? ブログトップ