So-net無料ブログ作成
撮影初日(六)教室Ⅰ ブログトップ

午前中の撮影は終了!(1)カメラマンの力 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]


 本日、午前中の撮影は無事終了。昼ご飯となる。

 それにしても、まあ、あれだけのカット数を、

 よく午前中だけで取り終えたものだ。

 俳優には同じ芝居を何度もしてもらい、カメラ位置を変えてそれを何回も撮る。

20050917.jpg

 通常なら1回で終わる撮影を繰り返す。当然、撮影時間も2倍3倍となる。

 ハリウッド式撮影はクオリティが高い作品が作れるが、時間がかかるのが弱点。

 でも、それを半日で終えることができたのは、自分でも少々驚き。

 ただ、理由は僕の段取りのよさではない。

 まず、カメラマンの三本木さんが撮影プランを、完璧に把握してくれていたこと。

 そしてどのショットも素早く、正確に、美しく! 撮影してくれたからである。


(つづく)



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影中に監督が考える事/俳優編(11) 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 今回、僕は、その種の圧力を一切拒否した。

 「本当にこの人だ!」という俳優しか選んでいない。嫌がらせを受けても、甘い言葉を囁かれても、全部拒否した。

 そのせいで、もの凄く敵が増えた。恨まれもした。いや、嫌がらせは今も続いている・・。

落書きm.jpg

 だが、「ストロベリーフィールズ」は遺作だと思ってかかっている。次回作は考えていない。願いは2つだけ・・・・。

 「映画を見た観客が涙を流し、感動する素晴らしい作品にすること」

 「故郷を舞台にした、美しい映画を作ること」

 作品への愛がない人たちと、末永く仲良くつき合うのが目的ではない。


(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影中に監督が考える事/俳優編(8)地元俳優陣 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]


 様子を見ていると、取り巻きグループがかなり緊張している。

 が、それでも芝居はしっかりしていた。

 何もいわなくても、他の俳優の台詞や芝居に対してのリアクションがある。微妙な表情も見せる。なかなかだ。

 厳しく言えば、演技に固いところがあるが、大きな問題はない。そこで、目を別の地元俳優さんへ向けた。

教師3人1.jpg

 鮭山先生役の泉清さん。

 毎年、弁慶祭で行う芝居に出てらっしゃるというので、人前で芝居をすることに関してのプレッシャーは大きくないと思えた。

 なのに、泉さんもやはり演技が固い。

 取り巻きグループと同じで、カメラを向けられての演技で緊張しているのか?

 そうではないだろう。理由を考えた・・。

 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影中に監督が考える事/俳優編(6) 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 芝居をするだけでも大変。なのに、カメラを向けられ、ライトを当てられて、多くの強面のスタッフに囲まれて、

 また隣には、テレビで見たことのある女優がいる状況。そこで、演技をするのは本当に大変。

撮影風景初日2.jpg

 理沙の取り巻き役。ラン、スー、ミキ、ミー、ケイの5人組。とても心配だった。

 だから、超殺人的スケジュールの中、東京<=>田辺を深夜バスを使い、0泊2日で往復してまで事前に稽古をしたのだ。

 取り巻きグループには台詞がある。表情やリアクションも大切。タイミングを間違えると、他の俳優さんがどんないい演技をしても、一緒に映っている彼女らのためにNGとなる。

 そうなると、また最初からやり直し。そんなことが度重なると、撮影にもの凄く時間がかかる。それはスケジュールにも、製作費にも影響する。

 映画撮影では、1人のミスや失敗がとんでもないことになる。

 そして何より、せっかくの機会。皆にいい芝居をしてもらいたい。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影中に監督が考える事/俳優編(4)並木史郎さんの実力 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 しかし、今回の「ストロベリーフィールズ」に出て頂いた並木史郎さん。

 そのハリウッド式での撮影にも、完璧に応えてくれた。

教師3人1.jpg

 台詞を一度も間違えず、同じテンポで、同じトーンで、同じスピードで、そして同じ音レベルで、繰り返し芝居。

 伊藤裕子さんも同様。このシーンでの物語進行役は先生たち。それを演じる俳優さんたちが、何もいわなくても高いレベルの演技をしてくれること。とてもありがたい。

 野球でいえば・・・確実なヒットを打ち、累に出る事。

 そうしておいてメインどころである若い10代の俳優たちに、ヒットを打たせて得点させてくれるのだ。

 監督である僕は、その若手に時間と労力をかけることができる。

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の活躍!(5)不安解消! 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

東陽中学校ー桑原 176s.jpg

 それは東亜優が本物の女優の資質を、持っていることの証。

 素顔は頼りなげで、すぐ壊れてしまいそう。だが、演じているときは、そんな繊細な東を全く感じさせなかった。

 映画初出演とは思えない。抱えていた不安が全て消し飛ぶ。

 天才少女・谷村美月と相対しても負けていない。

 やはり、東亜優。僕が感じた通りに本物だと思えた! よし、いよいよ、本番。

 どんどんと、撮って行くぞ!

(つづく)

 
タグ:東亜優
nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の活躍(4)VS天才少女! 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 谷村美月。15才とは思えないパワーと迫力。

 日本映画界に登場した、久々の天才少女。そのずば抜けた力を買って、マキ役を頼んだ。

机2.jpg

 芝居とはいえ谷村が暴れるのを止めるのは、覚悟が必要。

 が、東亜優もまた、完全に美香になりきり、学級委員である義務感と、クラスメートであるマキに対する思いで、躊躇なく、止める。

 東の目。もの凄い力があった。いや、東亜優ではなく、それは美香の目。この先の物語で夏美やマキ、そして理沙。

 数奇な運命で行動を共にする4人のリーダーとなる、力強い目であった・・・。

 
(つづく)


「ストロベリーフィールズ」写真館/美香の想い出ー> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/frpztj0hzemngch7czik


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の活躍(3)VS谷村美月 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 素顔の東はおとなしく、どこか頼りなく、放って置くと心配。

 美香役は17才だが、本人はまだ14才。

教室^うしろからss.jpg

 なのに、演技を始めると学級委員でしっかりもののマキ、そのものだった。

 あの燃えるような演技をする、谷村美月に突進して行く。

 演技とは言え、覚悟してかからねば入って行けない。

 実際、襟首を掴まれる男子生徒役。マジで顔が引きつっている。

 「この子、演技じゃねえなあ!」

 と言う感じ。画面で見ていると分からないが、役に入り込んで演じる俳優というのは怖いものがある。


(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の活躍!(2)美香VSマキ 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 男子生徒の襟首を掴む、マキ役の谷村美月。もの凄い迫力だ。

マキVS男子s.jpg

 東亜優が演じる学級委員の美香。マキの肩を掴む。

 「マキ、やめなさいよ! 」

 谷村が応える。「うるせえんだよ!」エキストラの方々から、拍手が起きた、あの迫力演技を続ける。東がひるまず切り返す。

 「また、問題になるわよ!」

 以前起こした事件を思い出し、躊躇するマキ。 

 そこで助監督、教室前方のドアを開ける。ガラガラ。先生が来た合図。谷村は「覚えてろよ!」と捨て台詞。

 東は大きな声で「起立!」。

 マキを取り囲んでいた生徒たちは席に戻り、席にいた生徒は起立。席に戻る谷村を見つめ、東も席に戻る。

 「カット!」

 なかなか、いい感じだ! 東の演技力を心配していたが、なかなかのもの。


(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の活躍!(1)マキを止めろ! 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 いよいよ、東亜優演じる学級委員・美香が登場。

 男子生徒の襟首を掴むマキ(谷村美月)を止める場面だ。まずはテスト。

 「よーい、スタート!」

 東演じる美香は教壇近くの席。予習をしていると、後ろが騒がしい。

美香イン教室 中.jpg

 マキが叫んでいる。また、始まった・・・美香は立ち上がり、教室後方へ。

 男子生徒の襟首を掴む、マキ役の谷村。その肩を掴で言う。

 「マキ、やめなさいよ! 」

(つづく)


「ストロベリーフィールズ」写真館/美香の想い出ー> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/frpztj0hzemngch7czik


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の登場場面。 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 さて、東亜優が登場するのは、学級委員である美香・登場のシーンでもある。

 物語と撮影がシンクロするのは、新人俳優にとってはやりやすいはず。

 設定はこう。まだ、先生が来ない教室。生徒たちは騒いでいる。そんな中、真面目で優等生な美香は一人、すでに席に着いて授業の予習をしていた。

 すると、後方から騒がしい怒号。それをはやし立てる生徒の声。「また、マキだ・・」と気づいた美香は、立ち上がる。

 教室の後ろ。男子2人(地元・田辺高校の生徒さんのエキストラ出演!)の襟首を掴み、詰め寄るマキ(谷村美月)。美香は間に割って入りそれを止める。

教室ー後ろ2s.jpg

 そんなシーンである。

 マキ役の谷村が男性生徒の襟首を掴むシーンまでは、すでに撮影している。美香がそこに割って入るところから撮影だ!

 絵コンテでその場面を見てみよう。

(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の初演技!(下)浜崎あゆみの歌  2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 オーディションのときに聞いた、東亜優への質問。

入道雲ーs.jpg

 ーー好きな歌は何?

 「浜崎あゆみさんの『A SONG FOR  XXX』です」

 その答えにこの子だ!と感じた。その歌こそ、美香役のテーマソングだった。

 浜崎あゆみが歌う、その歌詞に描かれた少女の思いこそが、美香だった。

 その歌に共感し、感動した東亜優には、美香の気持ちが分かるはず!

 演技ではなく、その思いを表現することが、学級委員の美香を演じることに繋がるはず。

 期待と不安が交差する中、いよいよ、東亜優の演技が始まる!

(つづく)
タグ:東亜優
nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の初演技!(中)不運・・ 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 撮影前にみんなでシナリオを読む「本読み」を行った。

 だが、そのとき参加したのは他の3人だけ。東亜優は別の仕事で遅れて、到着したのは全て終わってからだった・・。

 シナリオ新2.jpg

 演技経験のない東に「芝居とは何か?」を感じてもらおうと、大阪でもリハーサルを行った。

 和歌山の中学校に通っているので、東京まで来るのが難しいからだ。

 だが、そのときも時間もなく、話をしただけで、立ち稽古まで行かなかった。

 なぜか、東にはそんなことが続く。不安が増す・・・。

 ただ、今回の「ストロベリーフィールズ」で期待するのは、ベテランの演技ではなく、新鮮な10代の感性。

 東亜優ならきっと、それを表現してくれるに違いない。

 思い出すのは、あの日のことだ・・・。

(つづく)




「ストロベリーフィールズ」写真館/美香の想い出ー> http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/frpztj0hzemngch7czik



タグ:東亜優
nice!(0) 
共通テーマ:映画

東亜優の初演技!(上)演技派の中で・・ 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 教室シーン。後半戦。いよいよ、4人のメインキャラの最後の1人、学級委員役の東亜優の登場だ。

目標ーs.jpg

 ロケ地である田辺市からも、近い町。和歌山県橋本市出身。現在、中学2年生。14才。いちご4人娘の最年少である。

 東には「素晴らしい可能性」と「中くらいの不安」を感じている。

 まず、不安の方だが、衣装合わせのとき、マンージャーさんに聞いた。映画はもちろん初出演。ドラマとしても、演技はほとんど初めてだという。

 レッスン等は受けているというが、どこまで出来るの心配ではあった。

 オーディションのときも、台詞には今一息「思い」が籠らなかった。何度もやり直してもらったので、東は「絶対に私は不合格だ・・」と思ったらしい。

 それでも合格にしたのは、ある閃きが感じられたからなのだが、それはあとで書く。

 さらに共演の佐津川愛美、谷村美月は新人ながら、なかなかの演技派。芳賀優里亜に至っては子役時代から活躍するベテラン!

 その中で一人だけ、台詞棒読みでは全てが壊れてしまう。

 おまけに東はとても重要な役。こけると物語自体が、全て崩れる可能性もある・・・。

(つづく)

タグ:東亜優
nice!(0) 
共通テーマ:映画

本日のスケジュール。確認。 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 本日のスケジュール表。

 教室シーン後半戦は4行目の「教室 3」というところからだ。

9-17m.jpg

 教室シーンとしては後半だが、撮影時代はまだまだ序盤。これからである!

(つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

教室シーン後半 見取り図(下) 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 この種の図、撮影時に必ず作るものではない。

 が、ハリウッド式撮影をするので、かなり複雑なカメラ位置になる。

撮影風景初日2.jpg

 それをスタッフに伝えるためと、効率的に撮影を進めるために書いた。

 ここまで細かいと、覚えきれずに・・。

 「あれ? あのショットは撮ったかな?」

 と思うこともある。

 日本映画式の「必要なカットしか撮らない」方法なら、図にしなくても十分に覚えていられる。

 が、ハリウッド式はかなり複雑、時間も労力も必要!

 だが、編集時。その力を発揮する。

 さて、撮影再開だ!

(つづく)


「ストロベリー」写真館。今回はマキの想い出アルバム=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/3qzuo8bgxej5p9ejhcem



nice!(1) 
共通テーマ:映画

教室シーン/後半戦・取り図(上)2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 以下の写真が「教室シーン」後半のカメラ位置を表した図。

 教室を真上から見ている感じだと思って、見てほしい。

初日カメラ.jpg

 写真上の「黒板」が黒板。その前に(京)とあるのが伊藤裕子さん演じる京子先生。あとは以下の通り。

 (長)ー>長塚先生役の並木史郎さん。

 (サケ)ー>鮭山先生役の地元俳優・泉清さん。

 (と)ー>生徒。

 (夏)ー>夏美役の佐津川愛美。

 (理)理沙=>芳賀優里亜、

 (マ)マキ=>谷村美月、

 (美)美香=>東亜優。

 あとA、B、C・・・と書かれた長四角(シャンプーの容器の形)はカメラ位置。キャップのような部分がレンズ。

 A、B、C順に撮影。前半はすでに撮り終えているので、先生たちが登場し、美香がマキを止める場面からである・・。

(つづく)


『ストロベリーフィールズ」写真館/理沙の夕陽=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/drqwwqtjstl7cmcmvsnt



nice!(0) 
共通テーマ:映画

教室シーン/後半戦 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 かなり長い横道に逸れたが、撮影に話を戻す。

 教室シーン後半。ここからは主人公・夏美役の佐津川愛美。谷村美月。芳賀優里亜。東亜優に加えて先生たちも登場する。

2年3組ーs.png

 並木史郎、伊藤裕子。そして地元オーディションで出会った泉清さん。もちろん、地元の10代、現役女子高生の取り巻きグループもいる。

 それぞれのアップを撮るので、もの凄い数のショットを撮影することになる。

 同じ演技を何度もしてもらい、いろんな角度から撮影する。

 それがハリウッド式撮影。

 以前のブログで紹介したが、カメラ位置を記した図を見てほしい。

(つづく)

『ストロベリーフィールズ」写真館/理沙の夕陽=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/drqwwqtjstl7cmcmvsnt
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(8ー終)青春の輝き 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 大切なこと。

 佐津川愛美や谷村美月という素晴らしい俳優たちに、制約を与えないこと。

 大人のルールを押し付けず、生き生きと輝けるような状況を作り、演じさせることだ。

取り巻きも振り向く.jpg 

 そのためには、カメラや編集のために芝居を分断してはいけない。

 自由に伸び伸びと 芝居をさせる。頭から最後まで一気に演じられるようにすること。

 だから、複数のカメラを使い、一気に撮影するハリウッド方式が必要。

 スケジュールを消化することより、編集でリズムを作ることより、このことが一番重要だった。

 それがハリウッド方式を取り入れた、最大の理由。

 その思いに、いちご娘たちは応えてくれるはず。さあ、初日撮影の後半戦だ!

(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(7)キラキラとした表情 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 CGに代わる魅力とは何か? と考えた・・・。

 それは、主人公たちのキラキラとした表情。

 小劇場の俳優たちと同じような、一生懸命さ。

 本物の10代が、悲しみや喜びを表現すること・・。

夏美ー渡り廊下.jpg

 少女たちの表情が、見る者の心を打つ。感動に繋がると思えた。

 それをカメラで捉えるには、どうするか? 

 佐津川愛美、谷村美月。芳賀優里亜、東亜優。

 そんな素晴らしい少女たちに、制約を与えないことだと思える。

 
(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(6)デジタルにはない魅力 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 その意味でわが故郷・田辺は、アナログの街。

 だから、癒される。効率だけで作られてはいないが、人間的な建物や道が心に染みる。

 屋敷町の風景に、天神崎の夕日に、東陽中学の校舎に惹かれる。

東陽中学Bーs.jpg

 それが理由。

 だったら、田辺で撮る映画はデジタルなCGを使ってはいけない。

 死神の章でも、そのことを詳しく書いた。

 デジタルで描いた死神ではダメ。それは今回の映画「ストロベリーフィールズ」を象徴している。アナログの魅力を全面に出す必要がある。

 では、そして映画の中で表現できる、アナログな魅力は何か?と考えた・・・。

 (つづく)




『ストロベリーフィールズ」写真館/理沙の夕陽=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/drqwwqtjstl7cmcmvsnt


nice!(1) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(5)アナログは暖かい 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 CDもデジタルなので、音楽を聴くと、音質がいい。

 が、アナログのレコードをプレーヤーで聴くのは、CDにはない趣きがある。

 昔の8ミリフィルムを見るには、映写機やスクリーンが必要。

映写機.jpg

 フィルムをまわす音もうるさい。けど、ビデオで撮った映像を見るのとは違う、味わいがあった。

 時代はアナログを必要とし、癒しを求めているのだと思える。  

 これは「田辺で映画を撮りたい!」と思った理由にも繋がる。

 例えれば、東京はデジタルの街。機能的で便利で効率的。

 でも、人は安らげない。時間がかかり、不便で、機能的でなくても、暖かみや優しさを求めるものだと思う。

 そう考えると・・。

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(4)アナログの魅力? 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 
 あまりにも機械化され、デジタル化された便利な生活。

 逆にアナログ的なものに、魅力を感じるのではないか? 

唐組旗.jpg

 名もなき若い俳優たち。「芝居が好きなんだ!」という思いで舞台に上がる。

 常にテレビに出ている職業俳優とは違う、迫力と熱さがある。

 決してうまくないが、真剣、ひたむき、彼らが舞台で泣いたり、笑ったり、叫んだりする芝居。

 機械で作られたものではできない表現。暖かみや強さが、心を動かす。

 今の時代。デジタルよりアナログの方が、魅力的なのではないか?

 
(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(3)小劇場の魅力 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 デジタルというのはどんなイメージも、形にできる凄い技術。

 だが、何か暖かみとか人間味がない。冷たい機械的な感じがする。

 そしてあまりものデジタル映像の反乱に、観客は食傷気味ではないか?
 
 僕はよく芝居を見に行くのだけど、100億円のアメリカ映画の超大作より、最近は小劇場の芝居の方が感動することが多い。

 あるいは小さな劇団から出発して、大きくなったキャラメル・ボックス、劇団・新感線。

 今も紅テントを張って芝居を続ける唐組。彼らの芝居の方が数倍大きな感動がある。

唐組08.jpg
 
 CGでリアルに描かれた天変地異やUFOの来襲、洪水、隕石の激突、宇宙人の襲撃は、迫力がありドラマも盛り上がる。

 比べて、舞台に作られた決して豪華とはいえないセットで、一般の人は名前も知らない俳優たちが演じる芝居なのに、そちらの方が感動するのか?

(つづく)



「ストロベリー」写真館/学校Ⅲ=>
http://pht.so-net.ne.jp/photo/albums/invited/nltegnafnkrdpv6mareg



nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(2)CGを使わない理由 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 というのも、最近はCG全盛。

 アメリカ映画は「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリーポッター」のように、コンピューター・グラフィックスで巨大な城や怪物を描く。

10601960.jpg

 もの凄い迫力で観客を魅了する。でも、膨大な費用がかかる。

 日本でもCM等はCGを多様しているが、映画ではまだまだ部分的にしか使えない。

 なのに皆、何かというとCG、CGと言う。

 けど、これだけデジタルが溢れると、観客はちょっとやそっとでは驚かなくなる。

 現在、上映中の「宇宙戦争」や「エピソード3」の凄い映像を見ると、日本映画で下手にCGを使ったらと情けなく見えるだけだと思える・・・。


(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新・撮影について(1)ハリウッド式撮影の意味? 2005/9/17 [撮影初日(六)教室Ⅰ]

 そんなハリウッド方式。

 今回の「ストロベリー」の現場で、どんな威力を発揮するのか? 

 先に書いたように、撮影が早く進められるとか、編集でリズムやテンポを作れる。が、最も重要なことは別にある。

 通常の映画の高校生役。20歳を過ぎた女優がセーラー服を着て、10代の女の子を演じさせることが多い。

 今回も関係者から、その年代の女優を入れるべきだと強く言われた。

チョーク.jpg

 高いレベルの演技ができる10代は、非常に少ないからだ。 20代に女子高生をやらせるのが常道だ!というスタッフさえいた。

 しかし、今回は本物の高校生にこだわった。「20代がいい!」という意見を完全拒否、本物の10代のみを考えた。

 最終的には「ストロベリーフィールズ」の主人公4人は、17歳、15歳、17歳、14歳を選んだ。

 そんな佐津川愛美も、谷村美月も、芳賀優里亜も、東亜優も、皆、繊細な感覚と輝く感性を持っている。

 それを大切にしたかった。それこそが最大の魅力になると感じた・・。


(つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影初日(六)教室Ⅰ ブログトップ