So-net無料ブログ作成
撮影2日目(五)美香の家 ブログトップ

狭い部屋での撮影では・・(5ー終) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

 このときは、東亜優の前にある押し入れの中(!)に陣取った。

 美香の部屋でーs.jpg

 (写真上、一番奥にいる人物が東、机を挟み、その前にあるのが押し入れ)

 ほんの少しだけ隙間を開けて、そこから東を見つめる。

 押し入れの中は暗いので、外からは見えない。
 
 それでいて、夏美も、マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)の表情も見える。

 カメラの正面にいながら写らない。絶好の場所。

 しかし、9月とはいえ、紀南の街。南国。未だに真夏の暑さ・・。

 押し入れの中はサウナ状態! 東の長台詞を聞いている内に酸欠状態。

 ときどき、意識が途切れそうになる。

 で、次のテイクに行く前に、襖を開けて何度も深呼吸。そして本番。

 そんな感じで、撮影を進めた。

(つづく)

nice!(0) 
共通テーマ:映画

狭い部屋での撮影は・・(4) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

カメラマンと写真立てs−2.jpg

 撮影中、カメラマンさんはカメラをまわす。自分が写ってしまうことはない。

 録音部さん、その後に立ち、マイクを突き出すのでOK。

 しかし、部屋が本当に狭いので、安全地帯はごくわずか。

 それに3人といえども、大の大人がいることで、東にプレッシャーを与えてはいけない。

 といっても、僕まで隣の部屋に行くと指示もできない。

 そこで考えた場所がある。

 東亜優扮する美香は机に向かい、夏美(佐津川愛美)たちに背を向けて台詞を言う。

 目の前は押し入れ。カメラは夏美たちの後ろ。

 本来、監督もカメラの後ろに立つ。

 が、今回はとてもいい場所を見つけた・・。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

狭い部屋での撮影は・・(3) [撮影2日目(五)美香の家]

ラジオ.jpg

 なのに、襖が締められる。申し訳ない・・・。

 が、このシーンでは、14歳の東亜優の気持ち。一番大切にしたかった。

 多少、技術的な問題があるよりも、

 東がプレッシャーなく、

 より良い芝居をしやすい環境を作ること。

 重要だと考えた。

 そのため本番中、スタッフはとなりの部屋で待機状態。

 カメラマン。マイクを持った録音助手さん。

 そして僕だけが部屋に入り、あとは隣の部屋にいてもらう・・。

(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

狭い部屋での撮影は・・(2) [撮影2日目(五)美香の家]

机の上.jpg

 この部屋では14歳の新人・東亜優がメインで芝居する。

 長台詞、気持ちが籠らないといけない場面。

 もの凄い集中力がいる。

 そんなシーンで多くのスタッフが、見つめていては、非常にやりにくい。

 だから、本番時は襖を締めてもらった。

 しかし、スタッフは本番中も、俳優の動きや演技を見るのが仕事。

 照明部は俳優が動くことでライトから外れて、影ができないか見る。

 録音部は長い竿に付けたマイクを振り、台詞を録音。

 メイクさんは芝居中に髪が乱れたり、化粧が落ちたら、次のテイクの前に直さねばならない。

 その他、さまざまな点を、スタッフは見つめるのである。

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

狭い部屋での撮影は・・(1) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

美香の家/カメラ位置(上ーs.jpg

 ただ、狭い部屋での撮影が大変なのは、スタッフがいる場所である。

 撮影中にカメラから写る範囲に、いてはいけないのが鉄則。

 当然、カメラより、後ろにいなければならない。

 が、狭い部屋なので、カメラの後ろがないことがある。

 後ろが壁とか、襖とか・・。

 ラジオ.jpg

 なので、今回は隣の部屋。

 図でいうと右側が別の部屋になっていて、襖で仕切られている。

 そこにスタッフはいてもらうことにした。

 リハのとき襖を開けて芝居を見てもらう。が、撮影が始まると襖を締める。

 カメラ位置によっては、襖が写らないときもある。が、あえて締めてもらった。

 というのは・・。

(つづく)


 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋/カメラ位置(4ー終) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

美香の家/カメラ位置ーs.jpg

 狭い部屋でも、カメラを置くける場所はたくさんある。

 その中から「物語を見せるのに最も相応しい場所」を選んで置き、効率のいい撮り方をする。

 日本映画。狭い部屋の撮影では、1カ所から全てを撮ろうとすることが多い。

 カメラの移動が面倒だから。カメラが動くと当然、照明も変わり時間がかかるからだ。

 なので、動かしてもせいぜい2〜3カ所。

 でも、そうすると物語の世界観が狭くなり、見ていて窮屈なものになりがち。

 部屋の中こそ、いろんな位置から撮影すること大切なのだが・・。

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋/カメラ位置(3) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

美香の家/カメラ位置(上ーs.jpg

 カメラ位置Bから撮ったのが下写真。
美香の部屋でーs.jpg

 カメラ位置Fが以下。
 夏美イン美香の部屋.jpg

 
(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋/カメラ位置(2) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

美香の家/カメラ位置(上ーs.jpg

 上の図。カメラマークAの位置から撮ったのが、下の写真。

 襖2のコピーs.jpg

 カメラマークH。「写真」とかかれている下にあるタンスの位置、窓際に変更した。

 それも合わせてHも、移動。

 で、カメラマンさん。窓外から撮影。以下の写真の位置になる。

 カメラマンと写真立てs−2.jpg

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋/カメラ位置(1) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

 以前に東陽中学の教室撮影のとき、紹介したカメラ位置の図。

 美香の部屋ロケでも作った。

 複雑に何度もカメラ位置を変えるので、現場に行ってから混乱しないように事前に図にしておく。

 ただ、部屋に行ってから、タンスの位置を変えた。

 撮影時のカメラ位置は、多少違う。

 この図だとカメラマンさんは窓から落ちそうになりながら、撮影する必要はなかった。

美香の家/カメラ位置ーs.jpg

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋シーンの撮影(下)2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

机の上.jpg 

 東亜優。見せ場のひとつ。

 美香の告白シーン。新人で、映画初体験なのに長台詞。

 大阪でもリハーサルした場面にいよいよ挑む。

 机に向かい、夏美(佐津川愛美)たちに背を向け、切々と自分の思いを語る美香。

 それを立ったまま聞き続けるマキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)。

美香の部屋でーs.jpg

 まるで舞台の1場面のようなむずかしい芝居。動きがないので、台詞で聞かせねばならない。
 
 14歳の東亜優。何度もNGを出しながらも、がんばった・・・。

 さて、このあともまだ重要なシーンが続く。

 美香の家から移動。今度はマキ(谷村美月)の家での撮影だ!

(つづく)

9938366.jpg
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の部屋シーン撮影(上) 2005/9/18 [撮影2日目(五)美香の家]

襖2のコピーs.jpg

 写真上。美香の部屋を撮影するために借りた場所。

 部屋の入り口となる障子。

 ここを開けて、美香(東亜優)を先頭に、夏美(佐津川愛美)、マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)が入って来る。

 物語の中、この4人。もし、事故に遭わず。或いは夏美以外の子たちも生き残っていれば。

 互いに家族の話をしたり、相手の部屋を訪ねたり、自分の悩みを打ち明けたりすることはなかったであろう4人。

 3人が死んだことで、幽霊となり、この世に帰って来たことで初めて、互いの悲しみを知り、共振を始めるという場面のひとつ。

 そんな大切なシーン。新人で、14歳、映画初出演の東亜優。

 演じる美香が、告白する場面を撮影する。

(つづく)

9938366.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影2日目(五)美香の家 ブログトップ