So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影3日目(四)天神崎 ブログトップ

天神崎の夕陽は顔を出すのか?(7−終) 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]


 同時に、「この天神崎の夕陽の美しさを写したい!」という気持ち。

 アメリカ、南カルフォルニア大学留学時代、サンタモニカの夕陽。

 キーウェスとの夕陽。

 ハワイの夕陽。

 そのどれにも負けない、美しさがあるのが天神崎の夕陽である。(写真下)

10367276.jpg

 わが古里にこんな素晴らしい風景があること。数年前まで知らなかった。

 誰が見ても感動するだろう。

 木造校舎が美しい東陽中学と共に、この天神崎の夕陽があるからこそ、「ストロベリーフィールズ」は古里で撮りたいと思ったほど。

 その美しくも悲しい、素晴らしい夕陽の前で、

 芳賀優里亜、佐津川愛美、谷村美月の3人に演じてほしい。

 何とか、本物の夕陽の前で芝居させたい!


(つづく)

天神崎アルバム=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/116510


_m_T-OTA.png







nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(6) 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

夕陽が隠れた海.jpg

 しかし、スタッフが夏美(佐津川愛美)とマキ(谷村美月)を呼びに行っている間に、

 雲が出て、太陽を隠してしまう。

 そして夕陽は、二度と顔を出す事はなかった。

 残念。撮影当日もこうなるかもしれない。

 撮影で最も悩まされるのが、天候なのである・・。

 だが、理沙の夕陽のシーン。とても大切。

 今回の映画ストロベリーフィールズ」の最大の見せ場のひとつ。

シナリオ3.jpg

 真っ赤な夕陽を背景に、理沙(芳賀優里亜)がこの世を去って行く。という劇的な場面。

 夕陽が出なければ、成立しない。

 単に美しい夕焼けのバックが必要というだけでなく、理沙の願いがそこに託されているのだ・・・。


 (つづく)

_m_T-OTA.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(5) 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

 突然、天神崎の夕陽が顔を出す!

夕陽の顔.jpg

 今から撮影できるかも!

 が、誰もそんな想定はしていない。俳優だって心の準備ができていない。

 なので、芝居はできないまでも、夕陽を見ている夏美、マキの後ろ姿だけでも撮影しておけないか?と考えた。

 急遽、スタッフに佐津川愛美、谷村美月の2人を呼びに行ってもらう!

 しかし・・・・。

天神崎 夕方前6.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(4) 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

天神崎 夕方前5.jpg

 果たして今回の「ストロベリーフィールズ」ロケ。

 数日後の「夕陽の別れ」シーン。どうなるのか?

 それも奇麗な夕陽が出ればいい!ということではない。

 最初は曇っていて、最後の最後に美しい夕陽が出るというのがベスト。

 最初から夕陽が出ていては、撮影できない。

 黒澤監督以上に過酷な要求かもしれない・・・。確率は極めて低い。

 どうするか? スタッフとも考えていたのだけど。

 曇りの日と夕陽の出る日と、2日に分けて撮影するのはどうか?

 そんなことを考えていると、その日。曇っていた天神崎。

 空を見ると、夕陽が出そうだった!

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(3)黒澤明の場合 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

夕方前 ミラー.jpg

 「影武者」でも、そんなことがあったと聞く。

 スタッフ、朝早くから準備。

 俳優はカツラや衣裳を着け、鎧や刀を持つ。何百人ものエキストラもスタンバイ。

 カメラ照明も用意、準備完了は午後。それから夕陽の時間まで現場で待機。

 でも、雲が出て夕陽が出ないと、その日は撮影中止!

 夕陽が出ても、黒澤監督が気に入らないとダメ。

 そんなことで、毎日、朝から準備して、夕陽の撮影に備える。結局、1週間以上待ったらしい。

 その費用たるは大変。エキストラのギャラ。

 俳優スタッフの宿泊費。食費。なのに、撮影は進まない。毎日、もの凄い額が出て行く。

 そんなことを通常の映画ではできない。まして、低予算映画では絶対に不可能なのだ・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(2)編集と合成はダメ 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

天神崎 夕方前3.jpg

 ただ、映画はこんな方法論がある。

 夕陽は夕陽だけ。俳優は俳優だけで撮影

 あとで編集すると、俳優が夕陽を見ているように見える。

 しかし、俳優と夕陽が一緒に入った絵がないと、やはりぎこちない。感動が薄れる。

 もちろん。俳優と夕陽を合成するという手もある。

 が、技術が進んだ現在でもどこか不自然に感じる。

 これも、感動が薄れる・・・。

 だから、一番いいのは本当の夕陽の前で芝居をすることなのだ。

 巨匠・黒澤明監督。最高の夕陽、何日も待ったらしい・・。


(つづく)
_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

果たして、天神崎の夕陽は顔を出すのか?(1)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]


 映画「ストロベリーフィールズ」ロケ。3日目。

天神崎 昼.jpg

 車の事故シーンを撮ったのが、ここ天神崎。

 撮影を終えたときは、夕方になっていた・・。

天神崎 看板.jpg天神崎 夕方前.jpg
天神崎 夕方前4.jpg

 次は高山寺に移動して、ナイター(夜間撮影)。少し時間がある。

 撮影終了後。海岸を歩いてみた。

11095284.jpg

 僕が好きな古里の風景のひとつ。特に夕方がいい。

 理沙(芳賀優里亜)の夕陽の別れシーン、この場所でロケする。

天神崎 夕方前2.jpg

 ただ、心配なのは、撮影のときに夕陽が出るかどうか?

 都合良く、美しい夕陽が見られるかどうか?分からない。

 むしろ、ダメだったときのことを考えて、準備の必要があるだろう。

(つづく)

11131986.jpg


天神崎の撮影風景。「ストロベリー」アルバムに追加。ここをクリック!=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/141809

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(13)歌う気満々 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

湾岸道路2ーs.jpg

 と、谷村美月を見ると・・・・

 両手を開いて前に出し、満面の笑顔。すぐに手拍子ができるように、準備をしていた。

 「マキ、マキ!  その手、何?  歌は途中から!」

 「ああ、そうかあ・・」

 美月さん。もう、歌う気満々!

 「ようーい、スタート」の声と共に、「♪この頃、流行の~」と歌う気だったようだ。
 
 谷村のそんな気持ちは、完成した本編でも確認できるはず。

 白黒の8ミリ映画のシーン。

 マキは本当に嬉しそうに手を叩きながら、歌っている。

 いつも、クールで冷めたマキが本当に嬉しそう。

 物語の中では、友達のいなかったマキ。

 それが何人ものクラスメートが応援に来てくれるということで、はしゃいでいるというシーン。

 だが、演技を越えて、谷村美月自身が嬉しそうに歌っている。

 素敵なシーンになりそうだ!

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(12)段取り 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲンと谷村.jpg

 まず、芝居の流れを確認するために、車を止めたまま説明をした。

 「最初は皆、夏美(佐津川愛美)のカメラに向って手を振ったり、

 鉄男(波岡一喜)が撮ってくれたポラロイド写真を見せたりする。

記念写真ーs.jpg

 理沙(芳賀優里亜)だけ、ふて腐れている・・。

 それが、誰からともなしに歌い始め、修学旅行状態になる・・。

 そのあとにサングラス取り出して、美香(東亜優)がみんなにかける!

古本サングラスーs.jpg
ワーゲン、湾岸ーs.jpg

 最後に何やら話をしているときに、正面からトラックが来て衝突。

トラックーs.jpg

画像が乱れる!」

 と、流れを説明。で・・・。

 「みんな、いいね? 今、説明した流れであれば、あとは自由にいろんなことをやっていいからね?」

 と、マキ(谷村美月)を見ると・・・・。


(つづく)

_m_T-OTA.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(11)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

キューティーハニー題.jpg

 「キューティハニー」が放送されたのも、昭和40年代。

10408427.jpg10402378.jpg

 今回の映画ストロベリーフィールズ」の背景と同じ。

 ノープロブレム。

 おもしろかったのは、いざ撮影というとき。

 前回にも紹介したが、ワーゲンに佐津川愛美や谷村美月ら俳優が乗り、

記念写真ーs.jpg

 田辺のデニーロが運転した。

 古本運転ーs.jpg

 スタッフはカメラマンだけが同乗。撮影する。

 湾岸道路2ーs.jpg

 僕(監督)は乗れない。

CA240094_2.jpg

 なので、まず、芝居の流れを確認。

 車を止めたまま、いちご娘。たちに説明をした!

 谷村の足.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(10)キューティハニー三世代? 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

キューティーハニー題.jpg

 しかし、凄いなあ。

 僕(1961年生まれ)が小学生の頃に流行った歌。

 3世代くらい下の谷村美月たちが、同じ歌を歌えるなんて・・・・・驚き!

 44歳と15歳だよ!

 東亜優に至っては14歳。僕との年齢差、30歳!

 なのに、東も歌える。

 僕も歌詞を見ずに歌える!

 それだけでなく、エンディングの「夜霧のハニー」だって歌える!(自慢にはならない)

 ということで、いちご娘。たちは「キューティハニー」を歌うことになる。

(つづく)

_m_T-OTA.png


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(9)何でキューティハニー? 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲンと谷村.jpg

 なぜ、15歳。中学生の谷村美月。

 僕が子供の頃に見ていたアニメ

 「キューティハニー」の主題歌が歌えるのか?

 聞いてみた。

 「最近、倖田來未さんの歌でヒットしたんです・・映画の主題歌ですよ」

キューティハニーs.jpg

 「ああ、佐藤江梨子が主演した映画の『キューティハニー』かあ! そう言えばアニメ版と同じ歌だったよなあ!」

 「へーー」

 「僕も歌えるよ!」

 「・・・・・・・・」

 谷村。意外な顔をしていた・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(8)あのキューティハニー?? 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲン修理中s.jpg

 「キュティー・ハニーって・・・あのキューティ・ハニー?」

 僕が驚いたように言うと、助監督のセカンド君が答える。

 「ええ、他にはないと思いますけど・・」

 「あれは、僕が子供の頃に流行ったアニメ主題歌だろ?」

 「僕は生まれてないので、見てませんけど・・」

 セカンド君。貫禄あるけど、実は若い・・。

 「何で、あの子らがハニーを知ってるの?」

 「さあぁ・・」

 ということで、撮影前。谷村美月に直接聞いた・・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(7)キューティ・ハニー? 2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

塔の上から.jpg

 「『学園天国』は知ってますけど・・・歌詞がちょっと自信ないんです」

 そう言ったのは、谷村美月だった。

 そこは完全主義者の谷やん。確実に歌えるものを!と思ったのだろう。

 そのあともいくつか歌のタイトルが上がり、ようやく全員一致で歌えるものが見つかる。

 撮影前に助監督さん、やって来て僕に報告してくれた・・。

 「監督。決まりました! 歌は『キューティ・ハニー』になりました」

 「キューティ・ハニーって・・・あのキューティ・ハニー?」

(つづく)

 事故シーン。「ストロベリー」アルバムに追加=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/141809

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(6)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

足場 天神崎s.jpg

 「学園天国」 !

 それを聞いたときに、え? あの「学園天国」?

 「ヘイーヘイ、ヘイ、ヘイ、へイー?」の? 懐かしい!

 もともと、僕が子供の頃に流行った歌。当時はフィンガー5が歌っていた。

 それが80年代後半。小泉今日子がカバーを出した。

 テレビドラマ「愛し合ってるかい?」の主題歌

 最近では、映画ウォーターボーイズ」の主題歌になった。

 これなら古本役の垣内さんだって、一緒に歌える! いい!

 ところが・・・。

 (つづく)

9938366.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(5)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

天神崎 塔上から.jpg

 音としては使わないので、著作権は関係ないので何でもOKだ。

 最近流行の歌が、次々に上がる。 

 が、佐津川愛美と芳賀優里亜が知っていても、あとの2人が知らない歌だったり。

 谷村美月が「これなら大丈夫!」といっても、別の誰かがよく知らない。

 ということが続く。そんな中で、ある曲が提案される・・。


(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(4)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

小さな事故Bーs.jpg

 車内で歌う様子は、白黒の8ミリ映画のシーンにも登場するもの。

 非常に重要。歌声はオフにして、歌っている様子だけを見せる。

 だが、楽しそうな雰囲気を見せないとならない。

 それにはいちご娘たちが本当によく知っている歌でないと、ダメだろう。

 30分くらいで慌てて覚えた歌では、戸惑いが出てしまう。

 助監督さんが撮影前に佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優を集めた。

 「歌詞カードなしで、歌える歌は何?」と聞いた・・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(3)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

湾岸道路2ーs.jpg

 当初、僕の趣味で尾崎豊の「17歳の地図」を歌ってもらおうと思っていた。

 いや、趣味というばかりはなく、今回の映画「ストロベリーフィールズ」では大人に理解されない子供たちの思いを描く。

 俳優たちには、事前に「卒業」や「15の夜」も聞いてもらっている。

 大阪で行った立ち稽古では、谷村美月や東亜優には直接、「卒業」を聞いてもらい話をした。

 そんなこともあるので、車の中の歌は「17歳の地図」にした。

 演出部、歌の入ったCDと、歌詞を俳優たちに渡している。

 ところが当日。俳優たち。誰もそのことを把握していなかった・・。

 連絡が上手く行ってなかったようだ。

 そこで、急遽、歌を決めることになる。

 4人とも知っている歌で、歌詞カードを見なくても歌えるもの。

 んーーーーー何があるのか? それはとっても意外な歌となった!


(つづく)

 事故シーン。「ストロベリー」アルバムに追加=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/141809

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(2)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲン、湾岸ーs.jpg

 先日の日記でも紹介したが、車内に監督(僕)はいない。

 基本コンセプトだけ決めて、演技はほとんどアドリブ。

 特に楽しそうなのは、歌のシーン。

 皆、手を叩きながら、何やら歌を歌っている。

 映画では歌声はオフにして、音楽がかかる。

 観客には何を歌っているかは分からない。

 が、本当は何を歌っているのだろう? 

 映画を見ても分からないので、答えを明かしておく。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

車の中でマキたちが歌う歌は?(1)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲンs.jpg

 先に「田辺のデニーロ・奮闘篇」で語ったが、自動車事故に至る車内のシーン。

 本編では、事故後に発見される8ミリフィルムで、その様子を詳しく描いている。

 あのシーン。夏美(佐津川愛美)や美香(東亜優)が修学旅行のバスの中のように、はしゃいている。

 特にマキ(谷村美月)は楽しそう。理沙(芳賀優里亜)だけがふて腐れているが、それもいい味。

 まるでドキュメンタリーのようで、少女たちの楽しさが伝わる。

 が、まさにそれを狙ったのだ!

 ここも先に書いたニューシネマ演出である。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(6−終)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

塔の上から.jpg

 この足場の上から見た風景(写真上)。

 かなり高い位置から、撮ったことが分かるだろう。

 映画を見るとほとんどの人。こんな高い所から、「車の走行シーン」が撮られたとは気付かないはずだ。

  CA240099_2.jpg

 だが、足場を作るには材料を用意、それを組む機材もいる。

 熟練した作業員さんを雇い、足場を組んでもらう必要がある。

 作業には時間もかかる。費用も高額。簡単にできることではない。

 高い位置から撮るというだけで、大ごとになるのだ。

 が、事故シーンは非常に重要。どうしても撮る必要がある。

 協力してくれたのが、地元支援者の方々。

 機材はもちろん。熟練の作業員を動員。

 ビルの3階建てくらいの高さがある足場を、組んでくれたのである。

 お陰で無事に撮影。スタッフ一同と共に、感謝しています。

(つづく)

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(5)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

足場 天神崎s.jpg 

 では、なぜ、高い位置から撮る必要があったのか?

 これは逆説的に考えると、分かりやすい。

 あの足場を組まずに撮影したとしたら・・と考えてみる。

 海側から見ると道路は高いところにあり、ガードレールも邪魔。走る車が見えにくい。

ワーゲン、湾岸ーs.jpg

 夏美の乗ったワーゲンなのか? その他の車なのか? 

 判断が付きにくい。おまけに美しい映像が撮れない。

 だが、高い位置から狙えば、多くの問題がクリアーされる。

トラックーs.jpg

 その上、反対側から走って来るトラックも、分かりやすく撮ることが出来る。

 さまざまな理由から、高い位置からの撮影が不可欠だったのだ。

(つづく)

_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(4)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

 前回の答え・・・・下の写真。この大きな足場。

海岸の塔?.jpg

 そう。この上に昇り、先の場面を撮影したのである。

 だから、道路より低い位置にもかかわらず、映画では下のような映像が撮れるのだ。

ワーゲン、湾岸ーs.jpg

 では、なぜ、高い位置から撮る必要があったのか?

 CA240098_2.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(3)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

 カメラがある場所。

 岩場が広がっていて、道路よりかなり低い位置にある。

湾岸道路と海2/図.jpg

 その手前は海。高い建物も山も何もない。

 となると、先の写真はどうやって撮影したのか?

 ワーゲン、湾岸ーs図のコピー.jpg

(つづく)


_m_T-OTA.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(2)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

 完成した映画で、このシーンを見た観客。こう思うだろう。

 「ああ、この車に夏美たちが乗ってるのか。道路を走っているんだ…」

 多分、それだけ。どのように撮影したか?など気にならない。

 逆に映画というのは、そんな部分を気にされるようではダメ。

 だが、少し解説したい。下写真、映画のカメラと同じ地点から撮影されたスチール。

ワーゲン、湾岸ーs図のコピー.jpg

 犯罪事件で証拠写真を検証するように、よく見ると気付くことがあるはず。

 道の路面。写っているのが、分かる。

 車の屋根、面の部分も少し見えている。

 つまり、この写真は高い所から撮られたもの。

 車と同じ高さから、あるいは車より低い位置から撮影すると、このような写真は撮れない。

 天神崎の地形をご存知の方は、もう気付いたはず。

(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

事故のシーン(1)2005/9/19 [撮影3日目(四)天神崎]

ワーゲン、湾岸ーs.jpg

 車内シーンの次、本日の撮影。
 
 まず、写真を見てほしい。ワーゲンが走っている。

 これはマキが出場するインターハイの会場に、夏美(佐津川愛美)たちが、車で向う場面。

 ロケ場所は、天神崎に面した狭い道路。

(写真下。広角レンズで撮影のため。広く見えるが、車1台がやっと)

湾岸道路3.jpg

 そこに反対側から来た大きなトラック。正面衝突する! 

トラックーs.jpg

 乗っていたマキ(谷村美月)たちは、命を落とす。 そういう場面である。


(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影3日目(四)天神崎 ブログトップ