So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影4日目(一)高山寺 ブログトップ

朝日との戦い(5)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

廊下d.jpg

 朝日が雲に隠れるのを、待つ余裕もない。

 そんなことをしていたら、あとあとの撮影時間がなくなる。

 隠れるのではなく、完全に太陽をシャッターアウトせねばならない場面。

 やばい・・・と思っていると、照明部さん登場!

 大きな暗幕を用意。それを広げて朝日を遮ってくれた。

 その間に撮影。

 いちご娘たちは、そつなくこなした。

 このあとも、高山寺の旧本堂で撮影を続ける!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



タグ:照明
nice!(1) 
共通テーマ:映画

朝日との戦い(4)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 廊下c.jpg

 映画の演出というのは、天気さえも「表現」として使う。

 よくあるパターンで説明すると、何か重大な告白をするとき。

 外が嵐になり、雷が鳴る・・・ような手を使う。

 この廊下のシーンではどんよりとした天気で、太陽が出ていないことが肝心。

 通常撮影は「太陽待ち」というのがあり、太陽が雲から出るのを待ったりする。

 でも、今回は逆だ。太陽が出てはいけない!

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

朝日との戦い(3)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 4人を引き絵で撮影し始めた頃。太陽が昇って来た。

 写真下に書いた方向から太陽光が差し込む。

朝日と廊下2.jpg

 まずい!

 なぜ、まずいか?というと、

 ここは夏美(佐津川愛美)たちが途方に暮れるシーン。

 先に説明したように立ち位置も、それを表現。

 なのに太陽の光が差して来ると、希望があるような絵になってしまう・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

朝日との戦い(2)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 まず、マキ(谷村美月)が砂時計を見つめるシーンから!

2519270

 ここで死神にもらった砂時計は、縦にしても横にしても、砂が落ち続けることを表現。

 もちろん。本物の砂時計はそうはいかない。

 で、あとでカメラの方を横にして、砂時計を撮影する予定。

 4人それぞれのアップを撮ったあと。引き絵の撮影。

廊下&カチンコss.jpg

 このとき、思いもしなかった事態となる!

 
(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

朝日との戦い(1)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]


 朝一番は高山寺・旧本堂の廊下を撮影

 いちご娘たち。一列に並んで座る。

廊下b.jpg

 スタッフは庭に出て、廊下を見つめる。観客席から舞台を見つめているようだ。

 (って、それを狙ったのだけど!)

 この場面の時間は早朝。夜明けから陽が昇り始める前くらいの時間。

 段取りをし、準備をし、リハをし、本番。

 まず、マキ(谷村美月ー写真右端)が砂時計を見つめるシーンからだ。

 
(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(7ー終)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486633

 実は、この世にいられる時間が少ない順に、奥から並んでいる。

 一番早く死神に連れて行かれるのが、美香(東亜優)。一番奥。

 二番目が理沙(芳賀優里亜)。奥から二番目。

 三番目がマキ(谷村美月)。奥から三番目。

 この世に残る夏美(佐津川愛美)は、一番前。

 さらに縁側から足を出し、地に着けている。

 映画を1度見ただけでは分からないが、繰り返し見たとき「ああ、そうなのか・・」と分かるような表現ではある。

 が、観客が例え気づかなくても、細かな意味ある表現を積み重ねることが物語と世界観を作り上げ、感動に繋がるのである。

 台詞や表情。音楽や編集と共に「立ち位置」もまた、観客にさまざまなものを伝える。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(6)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]


立ち位置.jpg

 皆が固まって座ると、仲がよく見える。でも、このシーンは仲が悪い頃。

 で、それぞれが距離を置き、前に後ろに右に左に座ってもらった。

 美香(東亜優)は一番奥。

 理沙(芳賀優里亜)は奥から二番目で、一番左。敵対視するマキとは一番遠いに位置。

 マキ(谷村美月)は奥から三番目。一番右。

 夏美(佐津川愛美)は一番手前。主役であることも伝わる。

 これで、それぞれの「関係性」も「心理」も表現できる。

 あと、もうひとつ、表現していることがある。それは・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png
 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(5)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

高山寺、縁側.jpg

 立つ位置だけでなく、どのように並ぶか?も大切。

 輪になるもありだし、横一列もあり。縦一列もあるし、バラバラというのもある。

 リアリティも大切だが、映画なので美しさも大切。

 そこで演劇的な手法を使い、いちご娘たちには横一列に並んでもらう。

 ただ、見た目奇麗なだけでもいけない。物語の設定も伝えることが大事。

 この場面では、まだ四人とも仲が悪い。

 それを台詞や動きだけではなく、並び方でも伝えることが必要なのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(4)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 そこで夏美(佐津川愛美)には、一番手前に座ってもらう。 
 
 映像になると(写真下)、一番地面に近いところに夏美がいる。

 そして、地に足を着けている。

 あとの3人は、夏美より上にいるという感じ。

立ち位置2.jpg

 これによって夏美はまだ生きているが、他の3人(谷村美月、芳賀優里亜、東亜優)は天国へ近づいている感を狙う。

 気づかない観客もいるだろう。でも、無意識に感じる人も多い。

 そんな積み重ねが、観客にいろんなことを感じさせるのだ・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(3)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 俳優の立ち位置を決めるとき、芝居のしやすさだけではダメ。

 それぞれの役を象徴している必要がある。

 ダイレクトに伝わらなくても、感じてもらうことが大切。

 その意味で今回のキャラを考えると、夏美(佐津川愛美)はまだ生きている。

2486635

 あとの3人は幽霊。

 そして、観客の視点となり、中心人物も夏美。それを出す必要がある。

 
 (つづく)
 
_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(2)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

高山寺、縁側.jpg

 シナリオを読んで、分かることはいろいろある。

 が、一番動きで大きいのは、マキ(谷村美月)と理沙(芳賀優里亜)が言い争う事。

 マキは立ち上がり、理沙に向かおうとする。

 それを止めるのは美香(東亜優)。ここがポイント

 もし、マキと理沙が隣通しに座っていたら、すぐにつかみ合いになる。

 芝居の段取りとして、その前に美香がマキを静止する必要がある。

_m_T-OTA-f299e.png

 となると、マキと理沙は離れて座る方がいい。

 その間に美香がいることで、以上の芝居がやりやすくなるはずだ。

 つまり・・・。理沙ー美香ーマキ。という並び方。
 
 これで3人までの位置が決まる。

 では、夏美(佐津川愛美)はどこにいるべきか?

(つづく)





nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の決め方(1)/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 
 本日、撮影するシーン。

 シナリオでもう一度、読み直してほしい。

シナリオ1.jpg

 この文章を読んで、四人の登場人物をどう並べるのか? 一番芝居がしやすいか? 考えてほしい。

 登場人物ー>夏美(佐津川愛美)、マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)、美香(東亜優)

理沙「幽霊の出場は禁止じゃないの?」

マキ「うるせぇんだよ!(と立ち上がろうとする)」

美香「(マキを止め)理沙。あなたはやり残したこと何かないの?」

理沙「・・・・人生に未練なんてないからね・・」

美香「理沙! 気取っている場合じゃないでしょう?」

理沙「学級員ぶっているけど一番最初にいなくなるのは、美香。
  あなたよ!  今日の午後にはいなくなるのよ!」

美香「・・・・・・・・・・・」

夏美「どこか行きたいところある?」

 以上のやり取り。誰が誰の隣にいると、話がしやすいか? また、それぞれの関係性が分かるか? いろんな側面から考えてみてほしい。

 この場面の舞台は、下の写真

高山寺、縁側.jpg

(つづく)
_m_T-OTA-f299e.png


タグ:立ち位置
nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の意味(下)2005・9・20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486632

 立ち位置によって、映画の中で表現できること。

 1、見た目の美しさ。

 2、俳優たちが芝居をしやすい位置。

 3、立っている位置によって、それぞれのキャラが分かること。

 4、キャラクターたちが置かれた環境も、見ていて分かること。

 いろんなことを「立ち位置」で、伝えることができるし、伝えねばならない。

(今回の撮影では俳優は座っているが、ま、立ち位置と表現する)

 シナリオを読んだあと、映画を見ると、かなり印象が違うことがある。

 演技や俳優の持ち味。音楽。等がシナリオを読んでは分からないから・・ということもある。

 が、この「立ち位置」というのも、大きな情報を伝えるからである。


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち位置の意味(上) 2005・9・20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486633

 本日、最初の撮影。幽霊になってこの世に戻ってきたマキ(谷村美月)たち。

 本当に「自分たちが死んだこと」を確認。

 途方に暮れる場面から。

 ロケ場所は、高山時の旧本道。廊下。

 シナリオでは特に指定していないので、その場で俳優たちの立ち位置を決めねばならない。

 が、何でもいいから、並べればいいというものではない。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png



タグ:立ち位置
nice!(0) 
共通テーマ:映画

本日の備考(下)衣裳・メイク部 2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]


 スケジュール表にある。

 「メイク先発 6時半」の書き込み。

 これはスタッフが全員揃って出発出する前に、衣裳メイク部が先発隊として別の車で先に出るという意味。

 早めに行って、俳優さんのメイク!

 撮影が準備が出来ているのに、メイク待ち!にならないように、早目に出てもらう。

 これもありがたい話。

 メイク、衣裳部は、早起きして、皆より先に出発。

メイクさんたち.jpg

 他のみんなが朝ご飯を食べる頃には、もう仕事にかかっている。

IMG_1966_1.jpg

 映画の画面には登場しないが、作品を支える大切なパートである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

本日の備考(上)朝食の時間 2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

9/20備考.jpg

 いつものように、最後は「備考」の欄。

 朝食は午前5時半。その時間には用意されているという意味。

 皆、起床時間が違うので、揃って食べる事はない。

 先にも紹介したように、日替わりで和食洋食が用意される。

和食.jpg

 本日は和食。おにぎりが2個とたくあん、梅干(この町は梅の名産地!)唐揚げ一個。卵焼き一切れ。

 朝なのでそんなに食べれない。これで十分だ!


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


タグ:ロケ弁
nice!(0) 
共通テーマ:映画

制作部の仕事(下)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486647


 その辺を計算して、いつどこで、誰を送って行くか? 或いは向かえに行くか?

 も長年のカンと緻密な計算でやっている。

 また、俳優の衣裳はどこで着替えてもらうか? メイクはどこでするか?

 などなど、撮影以外の部分でも映画撮影は大変。

 そのひとつが停滞すると、全てが止まってしまう。

 本日は俳優の人数も多く、時間もバラバラ。

 大忙しの1日になりそうだ。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

制作部の仕事(上)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486646
写真上。本日も撮影させてもらう高山寺)

 演出部が段取りをした予定を、遂行するのが製作部。

 決められた時間に車で、ホテルへ迎えに行く。そして終了すれば、俳優たちをホテルへ送る。

 といっても、製作部の人数は限られている。

 今回は5人ほどだが、送り迎え以外にも仕事は山ほどある。

 俳優を送って行ったことで、現場の手が足りなくなることもある。

 渋滞の時間帯で、車が動かなくなることもある。

 人でが足りず、次の段取りが出来なくなることもある。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出部の仕事(下)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

2486670 

 それならホテルを出る時間、遅くした方がいい。

 しかし、撮影が予定よりも早く進んだ場合。俳優さんが来ていないことでストップしてしまう・・・。

 その辺を演出部は計算、想定して予定を立てる。

  以前やっていた自主映画。その辺も全て、監督の僕がやっていた。

 現場での演出だけでも頭がいっぱいなのに、その辺まで考えると脳がスキャナーズする。

 プロの現場は、その辺を全て演出部がやってくれる。

 監督は演出だけを考えればいい。本当にプロの現場はありがたい!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

演出部の仕事(上)2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

9/20B.jpg

 本日。多くの俳優さんが出演する。

 全員が同時に出ることはないが、そのために誰が何時にどこで出演し、誰が何時に宿に帰るか?

 など、いわゆる「出し入れ」が大変。

 その管理、演出部が行う。

 チーフがスケジュールを立てて、セカンドが出番前に俳優を呼びに行く。

 そのために、撮影現場の側で待っていられる場所も確保する。それは製作部が見つける。

 あまり早い時間に呼んで、長時間待ってもらうと疲れてしまう。

 

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

本日撮影する場面 2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]

 昨日に続いて、高山寺ロケ。

2486648

 そのあとに、夏美の家に移動する。

 以下の表を見てもらえれば分かるが、本日は小西博之さんが出演。

 僕と同じ、地元出身。町の誰もが知っている人気者。

 いよいよ、出演して頂く!

 さらに、三船美佳さん。そして吉行由実さんも登場。

 楽しくなりそうだ。

9/20予定A.j

(つづく)

<img src=


nice!(0) 
共通テーマ:映画

スケジュール表/2005/9/20 [撮影4日目(一)高山寺]


 さて、いよいよ撮影4日目。

 まずは、いつものようにスケジュール表から見てほしい!

9月20日予定s.jpg

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影4日目(一)高山寺 ブログトップ