So-net無料ブログ作成
*シナリオ⑪夏美の家 ブログトップ

シナリオ・シーン25(5ー終)2005・9・21 [*シナリオ⑪夏美の家]


11636492.jpg

(シナリオ)

マキ(谷村美月)「・・・・・(頷く)・・・早く行こう!」

理沙(芳賀優里亜)「・・・私は行かない・・」

夏美(佐津川愛美)「理沙!」

理沙「(時計を見て)あと、四五分しかないわよ」

マキ「こんな奴は置いて行こうぜ!」

夏美「・・・・・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン25(4) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

2551241

美香(東亜優)「(首を振る)」

マキ(谷村美月)「その深町に告白しよう!今は・・社会人野球をしてたよな!」

夏美(佐津川愛美)「うん。きっと美香のこと。いつまでも覚えてくれるよ」

理沙(芳賀優里亜)「・・・・どうかな・・・男は信用できないからね・・」

マキ「美香。会いに行こう!」

夏美「会社は、ここからすぐ!」

マキ「そこで夏美が話せ。美香がずっと好きだったって伝える
  んだ!」

夏美「・・う・・うん・・・(頷く)」

美香「(嬉しそう)」

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン25(3) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]


2551243

マキ「美香。他に何かないのかよ! 食えないケーキを見てても
想い出にならないだろ?」

夏美「・・・・・・・・・・」

マキ「好きだった男とか、いなかったのか?」

美香「(考える)」

理沙「・・・いる訳ないでしょう?」

マキ「(後ろを振り返りながら)余計なこと言うな!」

美香「・・・一年の時、憧れていた男子がいたの・・・」

夏美「誰?」

         *
美香の声「野球部の深町君。ピッチャーの・・」
        グランドでボール投げる深町。応援する美香。
         *

マキ「付き合ってたのか?」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン25(2) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]


2551242

美香(東亜優)「・・・(ケーキを掴もうとするが、やはり取れない)」

夏美(佐津川愛美)「・・・・・・(悲しい)・・」

マキ(谷村美月)「夏美・・・・代わりに食べてやれよ・・・・」

夏美「・・・・うん」

美香「(イチゴのケーキを指差す)これ食べてみて?」

夏美「(頷いてフォークで、切って口へ放り込む)」

美香「どー、おいしい?」

夏美「(無理に笑おうとするが、泣きそうになる)」

美香「おいしくない?」

夏美「(首を振って、微笑む)・・」

美香「今度はこれ! (と別のケーキを指差す)」

夏美「(手掴みでケーキを食べる。口のまわりはクリームだらけ。
だんだん泣き顔になる)」

美香「・・・・・(泣けてくる)・・」

理沙(芳賀優里亜)「・・・・(髪を掻き上げる)・・・・」

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン25(1) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

2551240

(25)夏美の家・内/午後           高山寺分室   

        テーブルいっぱいに並べられたケーキ。全部イチ  
       ゴが乗っている。

美香(東亜優)「・・・・・・・(嬉しそうに見詰めている)・・・」

夏美(佐津川愛美)「美香もイチゴ、好きだったの?」

美香「(満面の笑顔で頷く)」

夏美「私も!」

マキ(谷村美月)「お前ら子供かよ!これが思い残したことかよ!」

美香「・・だって、太るの気にしてたから・・・」

マキ「くだらねえ!」

夏美「美香。食べて!」

美香「(ケーキを掴もうとするが、手が素通りする)」

夏美「!」

理沙(芳賀優里亜)「・・・・(微笑む)人生は残酷ね・・・・・・」

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン21(5)涙 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]


2542093

(シナリオ)

母・冬美(吉行由実)「(泣いている)」
美香(東亜優)「・・・」

理沙(芳賀優里亜)「・・・(納得した顔で、髪を掻き上げる)」
マキ(谷村美月)「・・・・(夏美の姿に驚く)・・・・・」

春美(三船美佳)「(顔を上げて、部屋の隅にいるマキの方を向く。
  えっ?という顔。続いて理沙、美香・・を見る。ぼんやりと幽
  霊の三人が見えているかのようだ・・)」

マキ「・・・(春美と目が合う。見えるの? という顔)・・・?」

春美「・・・・・・(目を逸らす)・・・」

夏美(佐津川愛美)「・・・(気づかずに泣いている)・・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン21(4) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

(シナリオ)

母・冬美(吉行由実)「夏美もやめて!(と泣き出す)」
夏美(佐津川愛美)「・・・(うなだれる)・・・」
母・冬美「死んだ。死なない。なんて、もうたくさん。(と夫の
写真を手に取って泣く)」

春美(三船美佳)「・・・・死ぬ気もないくせに・・」

2577176

夏美「(春美を睨んで)友達が死んだの! みんな十七歳だった
  のよ。でも、お姉ちゃんは生きてる。生きているんだから・・
(泣き出す)」

2577175

美香(東亜優)「・・・・・・」
夏美「しっかりしてよ! (泣きじゃくる)私だって大変なの。
  余裕ないの・・・・・」
春美「(うっとうしそうな顔)」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン21(3)ナイフ 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]



2577175

(シナリオ)

母・冬美(吉行由実)「ダメ!(と、止めようとする)」
夏美(佐津川愛美)「お姉ちゃんやめて!」
春美(三船美佳)「(次々にアルバムから剥がして破り、投げ捨てる)」      
母・冬美「やめなさい!(止める)」

春美「(取り乱して、写真を次々に破き投げる。紙吹雪が舞う)」     

   それを見詰めるマキ(谷村美月)たち。

夏美「お姉ちゃん。私が死ねばよかったのよね? 私がいなけれ
  ばいいんだよね? 私、死ぬよ。今、すぐに死ぬよ!」

      夏美、テーブルの上にあるナイフを手に取り、腕の
      血管を切ろうとする。

2589828

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン21(2) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

2577174

(シナリオ)
 
     春美(三船美佳)、母・冬美(吉行由実)に肩を抱かれ
     て入って来る。少し酔っている。松葉杖を置く。

母・冬美「春美。もう、仕方ないわね・・(と、玄関に寝かす)」
春美「・・・・・・」
夏美(佐津川愛美)「・・・」

母・冬美「水飲む?(台所へ行き、水をコップに入れてくる)」
春美「(カップを受け取り水を飲む)何で、夏美だけ死ななかった
  のよ・・ほんとムカツくわ・・」
母・冬美「何バカなこと言っての?」
春美「(と、カップを壁に投げつける)」

マキ(谷村美月)・美香(東亜優)「!!!!!」
理沙(芳賀優里亜)「(夏美を見る)」
夏美「・・・・・・・・」        
春美「(隅に置かれたアルバムを開き、写真を剥がし手に取り、
   ニタリと笑う)この頃は可愛かったのにね・・・」


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ紹介/シーン21(1) 2005/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

映画「ストロベリーフィールズ」シナリオ

2551241

(21)夏美の家・内 /正午         高山寺分室          
ちゃぶ台を囲む夏美(佐津川愛美)、マキ(谷村美月)、
美香(東亜優)。理沙(芳賀優里亜)だけは相変わらず、
距離を置いている。

マキ「(砂時計見る)このまま何もせず、あの世には行けないよ・・」
美香「・・・・マキには、誰か逢いたい人とかいないの?」
マキ「・・・・・・・」
夏美「・・・・・・・」

玄関の扉が開く音がして、誰かが入って来る。

夏美「お母さんだ!」
マキ「やばい! 隠れよう!」
美香「何言ってんの?」
マキ「・・・・・そうか・・」
理沙「(苦笑)」
夏美「(一人でいるんだ。ということを自覚して対応する準備)」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ 夏美の家(3)2002/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]

(シナリオ)

2542114

        ふと見ると、縁側に着物姿の姉・春美がいる。

夏美「(気を使いながら)お姉ちゃん・・・イチゴ・・・・」

春美「(地面にイチゴ。松葉杖で、上から叩いて潰している)」

夏美「やめてよ!(と、庭に降りて、無傷なイチゴを探す。が、
潰れたものや、泥だらけのもの・・・姉を見上げる)・・・」

春美「・・・(微笑んで、立ち上がり奥へ行く)・・・・・・・」

夏美「・・・・・・(泥だらけのイチゴを見詰める)・・」

       居間に飾られた父の遺影。
       見るからに優しい父親という感じ。

       春美、松葉杖で廊下を歩いて行く。足が一本しか
       見えない。杖で支えて進んで行く。

夏美「(箪笥の上に目を移す)」

        遺影横に家族四人で写した記念写真。姉も笑顔。


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ 夏美の家(2)2002/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]


(シナリオ)

2542092

夏美「そうやって、いつも仕事に遅れるんだから・・」

母・冬美「(時計見る)こんな時間。夏美こそ何やってたの?」

夏美「・・・会津川でカメラまわしてた・・・」

母・冬美「そんなことしても、成績上がらないでしょう? お姉
  ちゃんは勉強できたのにねぇ(縁側に向って)春美。行って
  来るからね?」

春美「(後姿で反応なし)」

母・冬美「鉄男さんがイチゴ持ってきてくれたから。宿題が終わ
  ってからよ!」

夏美「ほんと! どこ?(イチゴを探すが見つからない)」

2551261

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ 夏美の家(1)2002/9/21 [*シナリオ⑪夏美の家]


 本日、撮影するシーンのシナリオ。

 いつものように紹介する。

2551244

映画「ストロベリーフィールズ」シナリオ
       
(5)夏美の家下・坂 /午後          高山寺分室 

2551258
        
        夏美、帰ってくる。それを背後で見つめる人影。
        坂を上がり切ったところに古い日本家屋。

2551259

(6)夏美の家・内 /午後           高山寺分室  

2542092            
夏美「ただいまー(入って来る)」

        母親、居間でアルバムを見て涙ぐんでいる。
        辺りには8ミリカメラや三脚。映写機がある。

母・冬美「・・・・・・」

        色あせた白黒の写真。子供時代の夏美。8ミリカメラ
        を構える父・博史。風景写真など。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ/夏美の家  2005/9/20 [*シナリオ⑪夏美の家]


 そして今回、一番手で撮影するのは、回想。

 時間軸でいうと、物語の冒頭以前の部分。

 春美(三船美佳)と夏美(佐津川愛美)の父(小西博之)がまだ生きていた頃の場面。

 まずシナリオで紹介。

シナリオ1.jpg

映画「ストロベリーフィールズ」シナリオ

(35ーA)車内・朝                               

         *

      夜霧。春美(三船美佳)、坂を上がって家に戻って来る。

      家の前に立つ父・博史(小西博之)の幽霊。

      優しい笑顔。春美泣きそうになる。

春美の声「こう言われたの『夏美のことを頼む。あの子の面倒を
  見てやってほしい・・』って・・・。私はお父さんに褒めら
  たくて、一緒懸命勉強したのに・・・・・」

        父・博史と過ごした日々。

        茶の間で勉強していて父に褒められたこと。

        酒を飲み食事する父。8ミリカメラを回す父。

        縁側で一緒にスイカ食べたこと。

          *

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画
*シナリオ⑪夏美の家 ブログトップ