So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影5日目(三)夏美の家 ブログトップ

照明について/外と室内(終)2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]


 あの『ゴッドファーザーPARTⅡ』の名場面。

 テカテカにライトを当てて撮影したら、どうなるか?

 単なるギャング映画。安物のB級作品に見えてしまう。

 ハリウッド映画の「豪華なセット」や「高額な費用がかかる特撮」は真似できない。

 が、「光と影」なら日本映画でも、実践できるはずだ。

 そんな訳で、夏美の家。

 昼間というのに照明機材を使い、微妙な光と影の表現に拘った。

 カメラマンと照明部のお陰で,見事それは成功。

 完成が楽しみである。

2577175


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png







nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(9) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]


 ゴッドファーザーPARTⅡ」で、特に素晴らしい場面。

 ロバート・デ・ニーロ扮する、若き日のビトー・コルレオーネが町の顔を役を殺しに行くところ。

 屋根づたいに尾行。先回りして、顔役が自宅に戻るのを待ち伏せ

 入り口前の電球を緩めて、あたりを暗くする。

 帰って来た顔役は「・・・?」と思い電球を触る。ふぁと光る電球。

 と、その光が隠れていたデ・ニーロを闇から浮かび上がらせる。

 照明をシナリオ時から、考えて書いたのではないか?

 という、光と影を見事に見せた場面だった。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(8) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]



 実は暗くするより、明るい方が簡単。

 そしてテレビで見るとき、明るい部屋で見ると、暗い画面は見辛い。

 「暗くて見えない!」というクレーム電話が必ず局にかかってくる。

 という理由もある。

 でも、映画は影と光の芸術。テカテカに明るいと情緒を失ってしまう。

 それを今回の『ストロベリーフィールズ』、映画的にしたい。

 目標は高い(?)その種の名作『ゴッドファーザーPARTⅡ』

 光と影、本当に見事。特に素晴らしいのは、あのシーン・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(7) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020336.jpg

 この撮影法。ハリウッド映画では多様される。

 人物にテカテカに光を当てない。明るく撮らない。影がある、暗めの撮影をする。

 それに対して日本のドラマ。特にテレビドラマは、テカテカにライトを当てる。

 本当に明るく撮ってしまう。人物に全く影がないくらいに明るい。

 どこかの国(?)の国営放送のドラマの感じ。

 その影響か、映画でも明るすぎる画面。よく見かける。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(6) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]


2577174

 さらに、室内より、外を明るく撮影した。

 というのは、夏美も将来があるとは言え、現在は悲しい事件のまっただ中。

 決してハッピーな状態ではない。

 それを表現するには、外の明るさより室内を暗く撮ることで、

 微妙に夏美が闇の中にいる感じ、を出しているのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(5) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020337.jpg

 撮影現場を説明する。

 まず、昼間の撮影なのにライトを室内に持ち込む。

 もちろん、外からの光があるので、本来は照明なしでも撮影できる。

 でも、持ち込む。そして、夏美たちにうっすらと光を当てる。

 カメラの方は露出を調整、外の庭にある緑も写り、それでいて室内の夏美たちも暗く潰れないようにする。

 室内を明るくすることで、外の明るさに近づけて、両方が写るようにしたのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(4) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]

夏美と背景s.jpg

 室内で人物を撮影、窓外が明るいとどうなるか?

 スチール写真の撮影で、同じような経験をした人はいるはず。
 
 人物は影のようになり、窓外が明るく写ってしまう。

 露出を変えて、室内に合わせて撮影すると、人物は明るく映るが窓外は白く飛んでしまい真っ白になる。

 なのに、夏美の家のシーン。夏美たちはしっかりと映りながら、外の緑も美しく写っている。

 これはどういうことか? 通常の撮影では、どちらかが犠牲になる。

 ここでカメラマン照明部の力。発揮されたのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(3) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]


2577174

 いちご娘たちのシーンも同じ。

 母や姉(三船美佳)と対峙したときは、外が見える位置に移動。背景によって10代の輝きを表現した。

 「うん。そこまでは分かったけど。だから、何?」

 と思うだろう。考えてほしい。夏美たちが手前にいて、うしろに庭が見える。

 おかしくはないだろうか?

 カメラに詳しい人ならすぐに分かると思う。いや、ポケットカメラでも撮ったことがあれば思い出すだろう。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(2) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]


 今回のシーン。

 完成した映画を見ても、ほとんどの人は気づかないだろう。

 「ただ、普通に写っていただけじゃん?」

 とか思うはずだが、少しカメラに詳しい人が見ると・・

 「昼間なのに手間かけて、やってるなあ〜」

 と分かるはず。そこにはカメラマン照明部の努力が隠されている。

 夏美の家。先に説明したように、人物が座る背景によって役柄を表現している。

 将来ある夏美(佐津川愛美)は、背景が抜け緑溢れる庭が見える。

 それに対して、暗く沈んだ母親(吉行由実)は壁や襖を背にしているので詰まった感じになる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

照明について/外と室内(1) 2005/9/21  [撮影5日目(三)夏美の家]

 
「夏美の家」の撮影

 かなり専門的な話を書いた。読んでいて「意味分からない!」という人もいたかもしれない。

 でも、もう少しだけ続ける。この日記の意味は、いかにキャスト&スタッフががんばったか?という記録。

 しっかりと、書いておきたい。

 これまでに説明したのは、「演出」と「演技」そして「撮影」について。

 今度は「撮影」と「照明」について書く。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


タグ:照明
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(終) 2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020255.jpg

 それら重要な表現。いろいろと詰まったのが、このシーン。

 それを目線だけの演技で、三船美佳と谷村美月は表現した!

 さすが天才女優と天才少女!

 その2人に火花が散るのが、見えるようだった。

 この一連。非常に濃い芝居を撮影することができた。満足!

 ここで昼休み。弁当の時間である。あとは午後から。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(12)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020200.jpgP1020198.jpg

 「何で、幽霊になったオレたちが見えるんだ? 」

 マキ(谷村美月)は表情ではなく、そんな目つきで春美を見つめる。

 この表現も凄い・・。さすが天才少女だ!

 それに反応して、視線を逸らす春美。

 「幽霊か・・・でも、私には関係ない・・」

 これも台詞はないが、そういう顔で目を逸らせる。

 この部分が映画の中で、ずっとあとに登場するシーンに関連してくる。

 昨夜、撮影した父親(小西博之)の場面である。

 そう。春美もまた妹の夏美と同じで、幽霊を見ることができる。

 だが、帰宅してすぐに気づかず、この段階で気づいたことから、夏美ほどよくは見えていないことを表現する。

 注意して見ると見えるという程度。

 そのことを知ったマキ。その事実があとで、大いに影響するのである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(11)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020339.jpg

 大げさ表現すれば簡単だが、目付きだけでそれを表現する。

 ただ、奇麗なだけの女優には絶対にできない芝居。この場面を演じきれる人ということで、何年も悩んだのだ。

 それを期待通り、三船さんは演じ切る。

 「よし! さすがだ!」

 と満足。できると思っていた。が、さらに感動したのは、その芝居に応えた谷村美月の演技であった。

 「マキたち。幽霊になって帰っていたのね・・」

 という目つきで、見つめる春美。その視線に気づくのがマキだ。
 
 「あれ、夏美姉さん。オレたちのこと見えるのか?」

 が、この部分も台詞はない。ここも目だけで演じるのである。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(10)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]


 泣き崩れる夏美(佐津川愛美)。ふて腐れる姉・春美(三船美佳)。

 そんな春美がふと、マキ(谷村美月)たちに目をやる。

春美と水.jpg

 幽霊になったマキたちが、一部始終を見ていた。

 だが、夏美以外には、マキたちが見えない設定。

 なのに、春美はマキたちを見つめる。しかし、台詞では表現しない。

 「えっ。誰かそこにいるの?」

 といえば分かりやすいが、そんな説明的な台詞はない。

 春美はマキたちの方を見て、「え?」という目つきをする。

 表情ではない。目だけでそれを表現する。

 そして表情を変えずに「幽霊になって戻って来たんだ・・」という感じで目を逸らせる。

 この芝居、本当に難しい・・。


(つづく)


_m_T-OTA.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(9)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]


 そのためには、厳しい「家族問題」を見据える必要がある。

 そんなドラマを三船美佳、吉行由実という演技派女優

 さらには、佐津川愛美という十代の新星。見事に演じてくれていた。

 このあとも、とても重要な場面が続く。

(シナリオ)

2577175

母・冬美(吉行由実)「(泣いている)」

美香(東亜優)「・・・」
理沙(芳賀優里亜)「・・・(納得した顔で、髪を掻き上げる)」
マキ(谷村美月)「・・・・(夏美の姿に驚く)・・・・・」

春美(三船美佳)「(顔を上げて、部屋の隅にいるマキの方を向く。
  えっ?という顔。続いて理沙、美香・・を見る。ぼんやりと幽
  霊の三人が見えているかのようだ・・)」

マキ「・・・(春美と目が合う。見えるの? という顔)・・・?」

春美「・・・・・・(目を逸らす)・・・」

夏美(佐津川愛美)「・・・(気づかずに泣いている)・・・」

**************************


(つづく)


_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(8)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]


 でも、それは僕の意図でもある。

 「ファンタジー」といっても、「絵空事で、あり得ない話」ということではない。

 「ファンタジー」というカテゴリーではあるが、親子を友達関係を見つめ直す作品を作ることがテーマ。

(シナリオ)

母・冬美(吉行由実)「夏美もやめて!(と泣き出す)」
夏美(佐津川愛美)「・・・(うなだれる)・・・」
母・冬美「死んだ。死なない。なんて、もうたくさん。(と夫の
写真を手に取って泣く)」

2577175

春美(三船美佳)「・・・・死ぬ気もないくせに・・」

夏美「(春美を睨んで)友達が死んだの! みんな十七歳だった
  のよ。でも、お姉ちゃんは生きてる。生きているんだから・・
(泣き出す)」

美香(東亜優)「・・・・・・」
夏美「しっかりしてよ! (泣きじゃくる)私だって大変なの。
  余裕ないの・・・・・」
春美「(うっとうしそうな顔)」

*****************************

 前にも書いたが、「ストロベリーフィールズ」というこの作品は、僕が書いた小説「救世主ケイン」があって初めて生まれた映画である。

 「ケイン」は社会派ミステリーで、過酷な現実の中の友情を描いた。

 そこで見つけた「あまりにも悲しい」時代の真実。

 「その中でいかに生きて行くか?」

 を問うことで生まれたのが、今回の「ストロベリー」である。


(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(7)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

2604681

 しかし、姉(三船美佳)に対する行動ではなく。自身を傷つけるという行為。

 佐津川の芝居。こちらも「哀れさ」と「悲しみ」が溢れる。

 「がんばっていきまっしょい!」では、お嬢様・姫を演じていたが、今回の夏美は虐められ、孤独な役。

 それを見事、こなしている。

 このシーン。血が飛び散ったり、殴り合ったり、物が壊れたりはしない。

 せいぜい、写真を破くだけ。なのに、見ているだけで、凄惨な感じが溢れた。

 とても、「青春ファンタジー」を撮っているとは思えない。

「積み木くずし」か「おしん」といっても分からない重い空気が流れる。

 崩壊する家族。

P1020239.JPG

 それは女優たちの力で。

 演技派VS新人女優の火花が散った・・いや、引火して燃え上がったのだ。

 期待通り!

(つづく)


_m_T-OTA.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(6)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

母、泣く.jpg

 暴走する春美を止めようとする、母・冬美。演じるは吉行由実。

 こちらもいい。娘2人を前にして、何も親らしいことができない母。

 「哀れ」というしかない。

 さ、ここで見ているだけだった夏美が参加する。

(シナリオ)

母・冬美(吉行由実)「ダメ!(と、止めようとする)」
夏美(佐津川愛美)「お姉ちゃんやめて!」
春美(三船美佳)「(次々にアルバムから剥がして破り、投げ捨てる)」      
母・冬美「やめなさい!(止める)」

春美「(取り乱して、写真を次々に破き投げる。紙吹雪が舞う)」 
 
破れた写真.jpg

   それを見詰めるマキ(谷村美月)たち。

夏美叫ぶ.jpg

夏美「お姉ちゃん。私が死ねばよかったのよね? 私がいなけれ
  ばいいんだよね? 私、死ぬよ。今、すぐに死ぬよ!」

      夏美、テーブルの上にあるナイフを手に取り、腕の
      血管を切ろうとする。

ナイフ持つ手.jpgP1020130.JPG

*******************************

 この佐津川の芝居。凄かった。

 いじめ続けられた妹が、追いつめられてとうとう反撃を開始したのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(5)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

P1020339.jpg

 そこまで夏美を憎む、春美の思いとは何か?

 そんな疑問も投げかける。後日、説明されるのだが、その春美を三船美佳が演じる。

 2577176

 例によって本番3秒前まで、冗談を言っていたのに、「よーい、スタート!」で狂気の春美に成り切る。

 リハーサルでは投げたアルバムが、照明スタンドに当たる。あわや転倒というほど熱が入っていた。

 ただ、無茶をするだけではない。哀れさと悲しみがそこにある。

 凄い。この感じ。なかなか出せるものではない。

 やはり、三船美佳以外にできない芝居である。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(4)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

姉 春美の悲しみ.jpg

(シナリオ)
母と春美s.jpg

春美「(コップを受け取り水を飲む)何で、夏美だけ死ななかった
  のよ・・ほんとムカツくわ・・」母・冬美「何バカなこと言っての?」
春美「(と、コップを壁に投げつける)」

マキ(谷村美月)・美香(東亜優)「!!!!!」
理沙(芳賀優里亜)「(夏美を見る)」
夏美「・・・・・・・・」        
春美「(隅に置かれたアルバムを開き、写真を剥がし手に取り、
   ニタリと笑う)この頃は可愛かったのにね・・・」

2604686

 ***************************

 帰宅した姉は、水を飲んだコップを投げつける。
 
 さらにアルバムを取り出す。そう、昨日撮影した部分。夏美が帰宅したときに、母が見ていた家族アルバムである。

 そのページを開き、姉は幼き日の夏美の写真を剥がし、破くのである。

 これは単に物を壊すとか、春美の異常性を表現するだけではない。
 
 「家族そのものを壊してしまおう」「過去なんて葬ってしまいたい!」という思いの表現。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(3)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]

母と春美.jpg

 それによって、生まれて来るものがあり、物語を展開させて行くのだ。

 そのために、夏美の姉と母の物語。リアルに描かねばならない。

 だからこそ、お願いした演技派女優2人の芝居が始まる。

 シナリオをもう一度、掲載。撮影の模様と演出意図を説明して行こう。
 
(シナリオ)
 
     春美(三船美佳)、母・冬美(吉行由実)に肩を抱かれ
     て入って来る。少し酔っている。松葉杖を置く。

母・冬美「春美。もう、仕方ないわね・・(と、玄関に寝かす)」
春美「・・・・・・」
夏美(佐津川愛美)「・・・」

母・冬美「水飲む?(台所へ行き、水をコップに入れてくる)」
春美「(コップを受け取り水を飲む)何で、夏美だけ死ななかった
  のよ・・ほんとムカツくわ・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(2)2005/9/21 [撮影5日目(三)夏美の家]


 マキの家では、家族の問題を知る。

 アル中のオヤジ。家出した母親。

 そして今回は、夏美の家族。

2604692

 落ち込んだり、取り乱すしかできない母親(吉行由実)。

 歪んで妹を憎悪する姉(三船美佳)。

 そんな家族の中で、生きている夏美(佐津川愛美)の悲しみを知る。

 こうして「美香の家」「マキの家」「夏美の家」を順に訪ねることで、

 それぞれが「悲しい現実」を抱えていることを観客に紹介。

 同時に、いちご娘が、互いの「悲しみ」を知るという流れである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影5日目(三)夏美の家 ブログトップ