So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影10日目 ブログトップ

理沙の夕陽シーン撮影(8 撮影開始! 2005年9月25日 [撮影10日目]

DSC_2824
 
 撮影を始めよう!カメラは手持ち。

 死神役の奈佐健臣 さんは黒い衣裳を身にまとい、芳賀の演じる理沙の腕を掴む。

 芳賀は慎重な顔。

 「これが理沙の最後のシーン・・」

 そんな思いがこみ上げる。

 「何か泣いちゃいそう・・・でも、理沙は泣いちゃいけないですよね?」

 そう言うと覚悟を決めたようだ。 僕は大声で叫ぶ。

 「よーい。スタート!」

 一斉に俳優とスタッフが動き出す。

 死神に連れられて行く理沙。それを捉えるカメラ。

 照明部はレフを持って着いて行く。僕は芳賀の表情を見つめながら、あとを追う。

 理沙の目線の先にはちゃんと、夏美とマキ、佐津川愛美と谷村美月が立っている。

(つづく)

nice!(0) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影(7 ありがとう 2005年9月25日 [撮影10日目]

10143939.jpg

 芳賀優里亜が提案するように

 「夏美とマキにお礼がいいたい」

 「ありがとう」と言いたい。

 ずっと冷たい壁を張り巡らせて、人を軽蔑して生きてきた理沙が、

 最後の最後、死んでから本当の友情を知り、

 その感謝を2人に伝える。

 とってもいい!

 セリフの最後は、それで行こう。

(つづく)

 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影(6 芳賀優里亜の思い 2005年9月25日 [撮影10日目]

DSC_2823

 以上。シナリオにある通り。

 本来のセリフは「マキに想い出を作らせて上げるのよ!」で終わっている。

 これに芳賀優里亜は「ありがとう」という台詞を加えたいというのだ。

 芳賀はすでに2週間に渡って理沙を演じ、成長させて来た。

 その結果、シナリオ以上に理沙は夏美たちと友情を深めることとなった。

 そんな理沙なら、最後にもっと言いたいことがあるはず。

 芳賀はかなり前からそれ を考えたに違いない。

 撮影当日に思いついたのではないだろう。


(つづく)

 

タグ:芳賀優里亜
nice!(1) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影(5 シナリオを確認 2005年9月25日 [撮影10日目]



 芳賀優里亜の提案。とてもいいと思える。

 シナリオのセリフを確認しよう。

死神「・・・・・・(マキを振り払う)」

マキ「(倒れる)わーーーー」

理沙「・・・・マキっ・・」

夏美「理沙!」

死神「(理沙を連れて歩き続ける)」

理沙「夏美。あなたがマキを守るのよ! マキに想い出を作らせ
  て上げるのよ!」

夏美「理沙―――!」

        死神、理沙を抱きかかえたまま消えて行く。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影(4 最後の言葉 2005年9月25日 [撮影10日目]

天神崎の雲

 芳賀優里亜は慎重に、言葉を選んで話を始める。

 「最後の最後だから、

 理沙は、夏美とマキにお礼をいいたいと思うんです。

 もちろん。理沙だから

 『ありがとうー!』

 って、手を振ったりはしないんですけど、

 呟くように

 『ありがとう・・』

 っていいたいんです・・」

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影(3 2005年9月25日 [撮影10日目]

IMG_0407


 撮影の準備をしている間。

 この場面を演じてもらう、理沙役の芳賀優里亜に話かけた。

 「理沙。いよいよ、君の一番の見せ場の撮だよ。

 ここで理沙はいなくなってしまう。もう、この世には帰って来ない。

 夏美とマキに見送られてあの世に行ってしまう。

 もし、台詞以外でいいたいことがあれば、言ってもいい。

 OKできるものと、出来ないものがあるけど、何かあれば聞かせてほしい」

 すると、芳賀は頷いた。

 「実は・・・言いたいことがあるんです・・・」


 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽シーン撮影1 2005年9月26日 [撮影10日目]

IMG_0412

 理沙の夕陽シーンの撮影

 本当に雲が出て太陽が見えない日を選んで撮影した。

 (ところが本当に理沙が連れて行かれるシーンを撮影したあとに、雲が切れて夕陽が出た!)

 理沙役の芳賀優里亜にとって、最もむずかしい場面。

 それでいて、一番の見せ場でもある。

 ロケ現場の天神崎で、いよいよ死神に連れて行かれるシーンの撮影

 その準備を始めた。

(つづく)


  




nice!(1) 
共通テーマ:映画

太陽が隠れた!天神崎へ急げ! [撮影10日目]


P1010479

 スタッフは急いで移動。

 天神崎へ。

 そして、ときどき数分間だけ太陽が顔を出したものの。

 最後まで、ほとんどが曇り空!!!

 映画ストロベリーフィールズ」の物語通りの天気だ!

 そして

 この日、芳賀優里亜も物凄い気合で理沙役を演じた・・。

 その一部始終を紹介する。


(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

理沙の夕陽の撮影は? 2005年9月26日 [撮影10日目]

DSC_2591.jpg


 最高のシーンが撮れたが不安はまだまだ続く、

 この日の午後からはクライマックスのNO2ともいえる、

 理沙のシーンを撮影せねばならない。

 ここは晴れていてはだめ。全てがおじゃん! 

 そう思っていると滑走路の撮影が終わるころから

 急に雲が出だして、太陽が隠れたのである!

(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

集合写真を撮影! 2005年9月26日 [撮影10日目]

DSC_2591.jpg

 全てが最高だった。

 もう、映画の神様ってホントにいるんじゃないか?という展開。

 「神様。ありがとーーー!」

 この日で撮影日数的には10日目で、全日程の半分が過ぎたことになる。

 ドラマ的にも半分以上のシーンを撮影。折り返し地点となった日だ。

 4人が全員揃って出演する最後のシーンの撮影を行った。

 それは美香役の東亜優の最後のシーンでもある。

 緑の草原を歩いて行く少女たち。

 風に吹かれるしゃぼん玉。

 最高に美しく、可愛いシーンとなった。

 でも、東亜優は今日で撮影終了。

 DSC_2595.jpg

 なんだか寂しくなる。

 「東!よくがんばったね。長い間、お疲れ様!」


 映画・飛行場2.jpg
 
 このあと、全員で集合写真


DSC_2628.jpg

 

 この場面では出番のない死神役の奈佐さんや、

 鮭山先生、古本さんらも駆けつけた

 滑走路の上で

 「はい。チーズ!」

 まだまだ、撮影は続くが

 主要キャストが全員揃うのは、この日が最後。

 東亜優には花束が贈られた。

 それらの写真は後日掲載。

 (つづく)


 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シャボン玉のシーンを撮影? 2005年9月26日 [撮影10日目]

DSC_2591.jpg

 また、それは同時に、佐津川愛美たちが4人で演じる最後のシーンでもあった。

 その悲しさをかみ締めながら、佐津川も、谷村も、芳賀も、そして東も演じた。

 もう、見ているだけで泣きそうになる見事なシーンとなる。

 それがどのシーンか?

 ヒントはシャボン玉。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「Gメン75」のオープニングシーン? 2005年9月26日 [撮影10日目]

映画・飛行場.jpg

 午前中は晴れのシーン。

 それは見事に晴れた。神様に感謝。

 その場面は唯一、田辺市以外のロケで、

 旧白浜空港の滑走路で撮影された。

 もう、「Gメン75」のオープニングシーンが撮れそうな場所! 

 この日は多くのギャラリーの方が来て撮影を見学。

 同時に美香役の東亜優の最後の出演シーンでもある。


 (つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2005年9月26日の撮影予定・備考欄 [撮影10日目]


 備考.jpg

 撮影予定表の備考欄。
 
 本日は、どの俳優さんを何時に出すか?

 つまり、それまでに撮影を終わらせて東京に帰らせる時間が書かれている。

 撮影隊はそれまでに、撮り終わらねばならない。

 さあ、「ストロベリーフィールズ」撮影10日目がスタートする!

 (つづく)



_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2005年9月26日の撮影予定・集合場所 [撮影10日目]

 俳優部が何時に、どこに集合するか?

 それを記した部分。

 場所.jpg


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2005年9月26日の撮影予定・出演者と出演シーン [撮影10日目]

 
 以下、本日の撮影スケジュールの拡大写真

 いつものように、誰がどのシーンに出演するか?

 明記されている。

 さて、この日はとても重要な場面の撮影がある。

 どのシーンか? 追って説明する。

 登場人物.jpg

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

天気に左右される場面を撮影!(下) 2005年9月26日 [撮影10日目]

夏の雲.jpg

 で、ないと、予定通りに撮影が終わらない

 延長するのに俳優が次の作品に行ってしまう。

 晴れのシーンなのに雨が降っていても

 撮らねばならないのだ。

 ただ、それをしてしまうと映画のレベルが数段下がり、

 映画「ストロベリーフィールズ」が崩壊してしまう可能性もある。

 晴れているのに「太陽が見えない」なんて言う台詞があると

 観客はしらけてしまい、全てが終わる。

 そんな不安を抱えながら、撮影当日を迎えた・・・。

nice!(0) 
共通テーマ:映画

天気に左右される場面を撮影!(上) 2005年9月26日 [撮影10日目]

台風1.JPG

 今日、9月26日

 とても重要なシーンの撮影

 お天気が非常に重要で、午前中は晴れでないといけない場面の撮影。

 午後は曇りでなければならないシーンの撮影。

 どちらも雨はNG。

 つまり、午前中は晴れで、午後から曇る、

 という超都合のいい天気でないと、成立しない撮影なのだ。

 しかし、撮影日数が限られている、

 そのシーンにふさわしくない天気でも、撮影をせねばならないことがある。

 晴れていても、曇の天気の場面を撮り、

 曇りでも、晴れの場面を撮らないといけないのだ・・・。

(つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影10日目 ブログトップ