So-net無料ブログ作成
撮影4日目(五)夏美の家 ブログトップ
前の30件 | -

父と娘の別れ場面(4)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

父.jpg

 台詞はないが、小西博之さんはこう呟く。

 「元気でな・・」
 
 娘・春美役の三船美佳さん。それに答えるように言う。

 「お父さん・・・・」

 そして、さっきのカットで泣いたばかりなのに、また涙をこぼす・・。

 三船さんは背中しか写っていない。が、小西さんの名演技。いや、演技を超えた演技に胸打たれて、それに応えてしまったのだ。

 見ている方も同じ気持ちだ。その小西さんの笑顔。

 本当にこの世を去り、二度と戻らぬ父親の優しさ溢れる顔。

 小西博之さんでなければ出来ない。素晴らしい笑顔だった・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

父と娘の別れ場面(3)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]


2541988

 カメラがまわった。

 再び、娘の春美役。三船美佳さんが階段を上がって来て父(小西博之)を見つける。

 見つめ合う。このカット。カメラは小西さん向き。

 小西さん。何ともいえない表情で三船さんを見つめる。

 それはもう、あの世に行かねばならない男が、残した娘を見つめているという以外にない、優しく、切ない顔だった・・。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

父と娘の別れ場面(2)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

P1020129.jpg

 小西さん。先ほどまでの顔とは違う。

 「欽ちゃん」番組のような場面とは全く違う、厳しい顔で家の前に立つ。

 台詞はひとつもない。動きもない。

 ただ、立ったまま、娘役の三船さんと見つめ会うだけ。

 むずかしい芝居である。
 
 リハーサルをせずに、いきなり本番。

 小西さんの希望通りに、何の演出もしないで本番だ。

 小西さんから数メートル離れて三船さんが立つ。カメラはその後ろ。

 僕はいつもとは違い、小さな声でこう言う。

 「はい。本番・・・よーい。スタート・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

父と娘の別れ場面(1)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

P1020128.jpg

 日が暮れて、いよいよ父(小西博之)と娘の別れの場面の撮影。

 まず、長女の春美(三船美佳)が実家に帰ってくるところから。

 階段をとぼとぼと春美が上がる。このときはまだ事故の前なので洋服。そして両足で歩く。

 階段を上がり切ると、目の前にいる父に気づく。

 これは映画の最後の方で明らかになるのだが、幽霊を見る能力は夏美(佐津川愛美)だけではなく、姉の春美も持っている。

 父が死に、幽霊になって帰ってきたことを理解。

 だが、すでに時間が来ていて、消えて行く父。

 春美は泣きながら、父を見送る。

 まず、春美側を撮影。三船さん。問題なくこなす。

 では、カメラを切り返して、父役の小西さんの芝居である。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(6ー終) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

1839458

 小西博之さんの熱い思い、胸に突き刺さった。

 古里を思う気持ち。僕も強いものがある。

 いや、それ以上に熱い、小西さんの思いを感じた。

 そんな大変だった背景も知らずに、出演をお願いしていた。

 でも、今回お願いした役。

 小西さん以上に、演じれる人はいないだろう。

 役への思いも、映画と舞台となる古里への思いも、小西さん以上の人はいない。

 全て一任。演じてもらうことにした。

 そして、その撮影の日が訪れたのである。

(つづく)

小西博之さんについて=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-03-08-8

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(5) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

2476352

 小西博之さんの話、続く。

 「で、お願いがあります・・。

 依頼してもらった役・・。娘たちのこと、故郷のことを思いながら死んで行く父親の役。

 ひとつ間違えたら、僕もそうなってました。

 だから、この父親の気持ち。もの凄く分かります。

 今、生きていることの素晴らしさ感じています。

 だから・・・・・そんな気持ちで・・この役・・・演じたいんです・・・」


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(4) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

P1010058.jpg

 東京での打ち合わせのとき、小西さんはこう言った。

 「監督。僕は本当に、死んでたかもしれない。

 田辺に戻ったとき。本当に最後かもしれんと思ってたんです。

 でも、手術はうまく行った。そして仕事に復帰したとたんに来たのが、今回の『ストロベリーフィールズ』の出演依頼。

 うれしかったですよ。

 生きて田辺に帰れるだけでなく、復帰最初の仕事が古里の仕事。

 ほんまにうれしいです! 

 で、お願いがあります・・・」

1882212

(つづく)

小西博之さんについて=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-03-08-8

_m_T-OTA-f299e.png 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(3) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

東京 ビルBW.jpg

 小西博之さん。手術を受けた。

 幸い、何の問題もなく、手術は成功。

 胸にハート型の傷跡が残ったという。

 でも、全てうまく行った。回復も順調だった。

 そんなときに来た出演依頼。

 それが故郷・田辺を舞台にした映画だった。

1832696

 そう、それが今回の「ストロベリーフィールズ」だったのである。

2551241


 (つづく)


_m_T-OTA-f299e.png 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(2) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

建物BW2.jpg

 「昨年から、体の調子がよくない・・・」

 そう感じた小西博之さんは、病院で検査を受ける。

 病名は「肝臓ガン」。大きな手術を受けねばならない状態だった・・。

 手術は2月。その直前、小西さんは故郷・田辺に戻った。

IMG_1437.jpg

でも、手術のことは誰にも告げていない。

 家族と会い、友人と語らった・・。

10357727.jpg

 そして、懐かしい風景の中を歩き考えた。

10334319.jpg

 「ああ、もう、二度とこの景色を見ることもないのかもしれん。これが最後かもしれん・・」

1846863

 そう思ったが結局、誰にも言わずに東京に帰った。

東京 ビルBW.jpg

 故郷の人々のこと。青春時代を過ごした町のこと。それらを胸に。

 手術を受けたのである・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

父・博史を演じる小西博之さん(1) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

2530818

 そんな父親役を演じてくれるのが、俳優の小西博之さん。

 ロケ地である、ここ田辺の出身。

1882212

 「田辺の作品ならぜひ!」と、特別出演してくれる。

 そんな彼は少し前に大きな手術をした。

 生死に関わる大きなものだった。

 撮影前。小西さんとお会いしたとき、そのときの話をしてくれた・・。

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」にも関係する、胸打つ話だった・・。

(つづく)


小西博之さんの記事=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-03-08-8

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

父と娘の別れ(下)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

夜の階段BW−s.jpg

 マキ(谷村美月)たちと同じように、48時間だけ幽霊になって戻っていたのだ。

 父・博史(小西博之)が限りある時間でやろうとしたこと。

 東京から駆けつけるはずの娘・春美(三船美佳)に会うこと。

 そのために、どこにも行かず、ひたすら自宅で待った。

 だが、タイムリミットが近づく。天国へ行かねばならない・・。

 日が暮れて、辺りが暗くなったとき。春美が帰って来た。

 わずかな時間だが、娘との再会・・。

 だが、その直後に消えて行く父。涙で見送る春美・・。

 その場面を撮影する!
 
(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

父と娘の別れ(上)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

夜の階段s.jpg

 いよいよ、本日のクライマックス。

 その場面を説明する。

 娘・春美(三船美佳)と父・博史(小西博之)の再会シーン。

 設定はこうだ。春美は東京の大学で勉強していた頃。

 父は入院。体調が急変する。時代は昭和40年代。春美の下宿には電話はない。
 
 母(吉行由実)が電報を打つ。

 急いで帰るが、父の死に際には間に合わなかった。

 1人、先に実家に戻る。そこに待っていたのは幽霊になった父だった・・。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏の想い出(下)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]


 そのスイカの1個。

 先に撮影した場面。マキの家での花火大会で使った。

IMG_5710.JPG

 鉄男(波岡一喜)やマキ(谷村美月)がスイカを食べた。

E88AB1E781ABEFBC92.jpg

 今回撮影する夏美の家でも、家族でスイカを食べるシーンを撮る。

 あのL時型の縁側で、春美(三船美佳)と父(小西博之)がスイカを食べる。

bMSqzRl2hpyfLDyEb4*rc80aHWB2-0AOKJQ7i2TGuXHwtWbo2BOW3Qv8ckHcXipWZYh-4GGCiW2ZSogfA2fWEg--.jpeg

 遠い日の夏。想い出の撮影・・。

スイカBW.jpg

 撮影は続く・・。 


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏の想い出(中)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

 縁側で食べたスイカ。特に思い出に残る。

 だから、スイカには拘りたかった。映画の中で登場させたかった。

 撮影直前の日記で紹介した冷蔵庫の写真。覚えているだろうか?

スイカ.jpg

 中に大きなスイカが2つ入っていた。

 美術部さんが用意してくれたもの。

 差し入れと間違えて、誰かが食べないように注意書きまでしてあった。

冷蔵庫.jpg

 そのスイカを使った撮影・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏の想い出(上)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

1878781

 「日本の夏」というと、何を思い出すだろう?

 入道雲、海、スイカ、かとりせんこう、花火、夏祭り、蝉の声・・・。

 その全てがここ田辺にある。

 いや、本当はどこの町にもあるのだけど、僕の場合。それが全て田辺に重なる。

1832696

 残念ながら僕は、田辺で小、中、高校と過ごすことはできなかったが、

 この町を去ったあとも、学校が夏休みになると田辺に戻った。

 そして毎日、海水浴や虫取りに行った。

 花火大会、祭、カブトムシ穫り・・。

 そんな想い出があるだけに、今回の「ストロベリーフィールズ」も夏であることに拘った。

 それに「夏」というのが、井上陽水の歌「少年時代」ではないが、

 子供時代の思い出として、一番印象的なものがあるような気がする。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」という物語(下)夏美の淋しさ 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

 夏美(佐津川愛美)の友達は、父(小西博之)の残した8ミリカメラだけ。

夏美と校舎.jpg

 青空に広がる雲を撮るのだけが楽しみ。

入道雲.jpg

2554068

 あの白黒の家族写真。幸せだった最後の日となった・・。

 写真のように家族が寄り添い、笑顔を見せることはもう二度とないのだ。

夏美の家族 BWーs.jpg

 そんな淋しい夏美。やっとマキ(谷村美月)たち友達ができる。

 だが、その子たちは48時間で、天国に行かねばならなかった・・・。.

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」。

 ジャンルでいえば、青春ファンタジー。だが、別の面から見ると、悲しい家族の物語でもある。


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」という物語(中)崩壊した家族 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

1835979

 まず、病気で父・博史(小西博之)が死去。

 姉・春美(三船美佳)は急遽、帰郷するが死に目には会えなかった。

 その春美が東京で事故。片足を失い実家に戻って来る。

 それ以後、ふさぎ込んで、妹の夏美(佐津川愛美)に何かと辛く当たる。

 母・冬美(吉行由実)は夫が死んだことで、大きなショックを受けた。

 まるで抜け殻のようになり、昔のアルバムを繰り返し見つめる毎日。

 そんな母を悲しげに見る夏美。

 姉は執拗に夏美をいじめる。

 夏美は友達がいない。夏美は家でも、学校でも1人ぼっちだった・・。

 (つづく)


夏美の家族 BWーs.jpg


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」という物語(上)家族写真 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

夏美の家族 BWーs.jpg

 先に撮った夏美の家族写真。

 それを白黒にして、焼き付けると出来上がり。

 明日の撮影で小道具として使う。しかし、この1枚の白黒写真。とてもせつない。

 左から次女・夏美(佐津川愛美)高校生。

 母・冬美(吉行由実)。父・博史(小西博之)。長女・春美(三船美佳)大学生。

 春美が大学の休みで実家に帰ったときに、撮影した記念写真。

 もっとも幸せだった時期である。同時に、家族が崩壊していく間際の写真となる・・・。

 
(つづく)


 _m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

コニタンと8ミリカメラ!(下)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

2541973

 時代は、昭和40年代。

 まだビデオカメラはなく、動画を撮るなら8ミリ・カメラである。

 議員の扇千景がまだ若い頃、8ミリのCMをやっていた時代。

 「マガジン、ポン! フジカシングルエ〜イト!」というやつ。

 買ったばかりの8ミリ映写機やカメラの新製品等を見て、はしゃぐ父。のシーンを撮る。

1839011183901218390131880532

 設定は春美がカメラをまわし、父が新製品を自慢するという形。

 春美はカメラのこちら側にいるので登場せず、小西さんにはカメラ目線で演じてもらう。

 これもなかなか、面白いシーンになった。

P1020167.jpg

(つづく)

小西博之さんの記事=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-03-08-8


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

コニタンと8ミリカメラ!(上)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

2541985

  ここ田辺市の出身で一番有名な俳優と言えば、もちろんコニタンこと小西博之さん!

 今回、映画に特別出演してくれている。

 主人公・夏美(佐津川愛美)の父親役で、豪快かつ感動的な演技が続く。

 回想シーン。春美(三船美佳)との絡み以外にも撮影。

 小西さんが演じる父・博史は8ミリマニアという設定。

 それゆえ次女の夏美(佐津川愛美)もまた8ミリカメラを愛し、学校の行き帰りにも撮影する。

 

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「踊る!さんま御殿」VS「週刊欽曜日」(下)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

春美と父1.jpg

 でも、2人とも心得ていて、映画なので、本当のコントになってはいけない。

 ギリギリのところで、リアリティを持たせて演じている。

 とはいえ、見ていておもしろい。スタッフも笑いをこらえるので必死。

 僕もおもしろいのでカットをかけずに見ていると、2人とも延々とアドリブで芝居を続ける。

 シナリオもなく、台詞もないのに、本当に凄い。

 父と娘の爆笑トークがようやく終わり、小西さん襖を開けて退場していく。

 「カット!」といおうと思ったら、小西さん再び登場。

 「そうそう。春美。あの話だけど・・」と芝居を続ける。

 もう、完全に欽ちゃん番組を見ているようだ。

 そんな感じで、「勉強」「食事」等の設定を撮影した。


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

「踊る!さんま御殿」VS「週刊欽曜日」(上)2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

 さて、回想シーンの撮影開始。

 三船美佳扮する春美。在りし日の父(小西博之)を思い出す場面で使われる想い出部分だ。

 シナリオに書かれている、いくつかの設定。

 それをお二人に、アドリブでやってもらう。

 例えば「勉強する春美。声をかける父」という設定なら、部屋で辞書を引く春美に父が声をかけて会話が始まるといった具合。

春美と父2.jpg

 これがかなり面白かった。

 まず、小西さん。欽ちゃんのお笑い番組で活躍していた人。アドリブもお笑いも得意!

 そして三船さん。こちらも女優のみならず、タレント活動で「踊る!さんま御殿」等で活躍。あの明石家さんまを絶句させた人。お笑いもお手のもの。

 いや、お笑いをするのではないが、まるでコントのような寸劇が続く。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(7ー終)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2542111

 演劇学校生徒の話をした。

 「イカれた監督」と書いているので、「三船美佳さんって大胆ね!」と言ってたと。

 すると、三船さん。飛び上がる。

 「えーーー、ホントですか! 私、そんなこと書いてましたか!」
 と驚く。いえ、いえ、「イカれた」ではなく、「いかした」だったと話すと、

 三船さんも安心。

 「そうですよねぇ〜。監督のことイカれたなんて、絶対に書かないと思いましたよ!」

 でも、本当はイカれた監督ですから・・・。

 そんな三船さんが「ストロベリー」で見せてくれた演技、

 前回以上に驚愕した!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(6)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2543183


 三船美佳さんに、こう話した。
 
 「三船さん!そう言えば、ホラーの撮影でご一緒したとき。

 ブログに僕のこと、書いてくれたの覚えてます?」

 が、三船さん。完全に、そのことを忘れていた。

 「えーーーーー、そんなこと書きました?

  私・・・何て書いてました? 何か失礼なこと書いてませんでした?」
 
 大女優が凄く恐縮する。で、笑ってもらおうと思い・・、

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(5)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

 ホラードラマの撮影のこと。

 三船美佳さんがブログに書いてくれた話を御本人にした。

 夏美の家でのスチール撮影のとき。

2541971

 部屋に飾ってある家族写真を撮ったときだ。

 夏美役の佐津川愛美さん、お父さん役の小西博之さん、お母さん役の吉行由実さんと共に、家の縁側に集まって撮影。

 それは鉄男(波岡一喜さん)が8ミリ映画を見せるシーンで、床の間に置かれていることになる。

 その準備時間。三船さんとお話した。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(4)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2542112

 三船さんのブログ見たら、こう書かれていた。

 「太田さんという、いかした監督」

 そうだろうなあ! いくら事実でも、あの気配りの三船美佳さんが

 「イカれた監督!」

 とは書かないだろう。 演劇学校の生徒が僕のことを

 「イカれた監督!」

 と思っていたから、そんなふうに読んでしまったのだ。

 でも、話としては面白い!

 なので先日の撮影で、その話を三船さん本人にしてみた。

 これが傑作!


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(3)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2543185

 では、何と書いていたのか? 生徒の話は続く。
 
 「私、ビックリしちゃった! 

 三船さんって可愛いのに、もの凄く大胆ですね? 

 『いかれた監督とお仕事した』って、書いてありましたよ!

 でも、或る意味では正解。太田監督はやはり変わってますからね?」
 
 確かに! 当たりではある。

 そう思いながら、僕もブログを見た!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(2)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2547467

 僕にとって、もの凄く印象的な撮影だった。

 出演してくれた三船美佳さんは、どう感じていたのだろうか?

 興味があった。生徒の話は続く。

 「で、読んでいると、太田監督のこととも書いてありましたよ!」
 
 えっ? マジ? 

 何か細かくて、うるさい監督だと書かれたか?

 いや、三船さんってものすごく気が付き、気配りをする子。

 例えそう思っても、ブログに書いたりはしない。

 何が書かれているのか? 

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

イカれた監督?(1)2005/9/21 [撮影4日目(五)夏美の家]

2543184

 先に書いたホラードラマ撮影後。

 初めてお仕事した三船美佳さんについて、その後も考えた。

 あの天才的な演技。カンの良さはずば抜けている。

 日本を代表する国際スター・三船敏郎さんのお嬢さん。

 そのことは、僕もよーく知っている。

 やはり天才の娘は、天才なのだろう…。

 と、考え続けていた。

 そんなとき、僕が教えていた演劇学校の女の子からこんな話を聞く。
 
 「三船美佳さん。ブログやってるんで読んでたら、太田監督が担当したホラードラマの撮影があったって書いてましたよ〜!」
 
 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

まずは家族写真の撮影?(下) 2005/9/20 [撮影4日目(五)夏美の家]

P1020239.JPG

 これ実は「劇用写真」と呼ばれる写真の撮影。

 宣伝使うスチール写真ではなく、

 「映画の中で使う小道具」としての写真を撮影するのだ。

 明日から行われる夏美の家の撮影で、部屋に飾られている家族写真。

 映画というのは、芝居撮るばかりではない。

 こんなふうに撮影に使う写真も、撮影中に撮ることがある。

(つづく)

 2541971

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の30件 | - 撮影4日目(五)夏美の家 ブログトップ