So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影3日目(三)排水口 ブログトップ

本日の撮影。写真で紹介(5ー終)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]


 ポラロイドの記念写真。そして、宣伝用の仲のいいスチール写真も撮影した。

鉄男とカメラ.jpg

記念写真撮影中.jpg

記念写真ーs.jpg


いちご娘.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 

本日の撮影。写真で紹介(4)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]


マキ(谷村美月)を大会に送り出す場面も撮影した。

DSC_2140.jpg

マキ おー.jpg

CA240089_2.jpg

CA240088_2.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 

本日の撮影。写真で紹介(3)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

排水口ロケ.jpg

CA240091_2.jpg

写真/演出部のサード君

サード君.jpg

カメラマン.jpg

谷村 撮影風景.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png




nice!(0) 

本日の撮影。写真で紹介(1)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]


 その他。ここ会津川の排水口がある河原で、撮影したシーン。

 写真で紹介しておく。下1番の写真。ストーンズのTシャツを着たのが監督(私)。

 インディ・ジョーンズも被るステットソンの帽子。ロック系のTシャツ。破れたGパン(夏は風通しよく涼しい)が撮影時のトレードマーク。

 CA240094_2.jpg

撮影風景6.jpg

CA240096_2.jpg

撮影風景4.jpg

(つづく)

_m_T-OTA.png




nice!(0) 

死神さん、初登場!(7ー終) 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

死神 撮影.jpg

 奈佐健臣さん、演じる死神のシーン。

 撮影がスタートする。

 「銀河鉄道999」というアニメーションのオープニングでこんなナレーションがある。

 「今、万感の思いを込めて、汽笛がなる・・」

 それでいうと、僕の気持ちはこうだ。

 「今、万感の思いを込めて、死神が土手に立つ・・」

 本当に長い長い月日を経て、死神が登場。その撮影に辿り着いた・・。

 本日は、マキ(谷村美月)を送る夏美(佐津川愛美)が、ふと見ると「土手の上に変な人がいる・・」と気づく場面。

 何もせず、そこに立っているだけのシーンだ。

 それだけの場面。だが、死神の異様な感じが漂い、嬉しくなる。

 業界で働く35歳以上のほとんどの男性が、イメージできなかった死神。

 それが今、姿を現し、圧倒的な存在感を放出。

 死神さんの活躍は、数日後からだ!

 (つづく)

_m_T-OTA.png





nice!(0) 

死神さん、初登場!(6) 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

 死神役の奈佐健臣さん。

 あの状況劇場、出身の俳優だ。紅(あか)テントとして有名な劇団。

赤テント.jpg

 現在は「唐組」と名前を変えているが、今も凄いパワー。

 僕も大好きで、ここ数年、公演は全て見ている。実はこの撮影の直前にあった公演も見ている。

赤テントの客.jpg

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」の舞台、昭和40年代に設立された劇団。

 多くの有名俳優を排出している。

 そこで活躍していた奈佐健臣さんが、今回、死神を演じてくれる!

 多くの候補者と会ったが、彼がピカイチだった。奈佐さんでなければ死神に魂を吹き込むはできない。そう思えた。

 状況劇場という修羅場で活躍してきた奈佐さんなら、演じてもらえると感じた。

 カメラ、照明、衣裳、そして俳優・奈佐健臣。その全てがひとつになり、死神が誕生するのだ。

(つづく)

 奈佐さんとの出会い。詳しくは=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-02-08-4

_m_T-OTA.png



nice!(0) 

死神さん、初登場!(5)衣裳部の格闘 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

死神6ーsjpg.jpg

 土手の上に立つ死神を見て、そんな格闘の日々を思い出す。

 いや、それだけではない。

 衣裳部さんにもかなりムリを言った。貸衣装ではなく、衣裳を製作してもらった。

 何度も確認して、生地から選んで、作ってもらった。

 詳しくはこちら=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-03-30-11

 そして、これも=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-04-27-1

 その衣裳を着て、死神役の奈佐さん。土手の上に到着した・・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 

死神さん、初登場!(4)分からない人たち 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

10739712.jpg

 想像力がないとしか言いようがないのだが、本当に分からないようだ。

 僕が考えた「死神を成立させる方法論」を話しても、まるでイメージできない・・。

 関係者でもそんな人がいた。最初は「分かる!分かる!問題ない」と言っていたのに

 製作がスタートすると、「死神が分からん」とか言い出す。

 そんな人たちにも、分かるように。また、自分の方法論が通用することを確認するためにテスト撮影をした。

 カメラマンさんにも同行してもらい、自腹でロケ地・田辺市へ。

 この会津川の河原でも、稲荷でも、天神崎でもテスト撮影。

10735148.jpg10735887.jpg10740049.jpg

 地元旅館・平の家さんの若旦那に、僕が作った手製の衣裳着てもらい協力して頂いた。

 そんな日々も、思い出す・・。

(つづく)

 (以前に詳しく書いているので、ぜひ、そちらも読んでほしい)

 こちらー>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2007-12-21-2



nice!(0) 

死神さん、初登場!(3)アナログで 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

10735817.jpg

 営業中。シナリオを読んだ業界関係者の多く、こう言った。

 「死神はCG(コンピューターグラフィックス)でやるんでしょう?」

 そんなつもりはなかった。予算の問題ではない。CGで死神を描いては物語が壊れてしまう。

 デジタル全盛の時代だが、あえてアナログの死神を創造することに意味があるのだ。

 また「CGでしょう?」というのならまだしも、こういう人が多かった。

 「シナリオを読んでも、死神のイメージが分からないだよなあ〜」

 その全員が35歳以上の男性だった・・。

(つづく)

_m_T-OTA.png


nice!(0) 

死神さん、初登場!(2)テスト撮影の想い出 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

空s.jpg

 実は昨年、まだ、奈佐さんが死神役に決まる以前から、

 いや、映画の製作が決まらない段階から。何度も何度も、死神のテスト撮影をしてきた。

 というのは、死神という架空の存在をいかにして、現実の中に登場させてリアリティを持たせるか?が非常に難しいと思われたからだ。

 少し前に見た等身大の怪物が出てくる日本映画。「どう見てもぬいぐるみでしょう?」という出来。

 予算のない作品というのは分かる。言いたいのは、ぬいぐるみは分かっていても、もう少し考えて撮る!ということ。

 作り手が「予算ないし。ぬいぐるみしか使えないだろう!」と開き直って作っていたのが感じられ、許せなかった。

 で、そんなふうにはしたくない。予算なくても、いろいろと方法はあるはず。昨年の冬。テスト撮影をした。いかにして、死神を映像化するか?

 それもここ、会津川の河原でテストした・・・。

(つづく)

 _m_T-OTA.png



nice!(0) 

死神さん、初登場!(1)来たぁー! 2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

死神6ーsjpg.jpg

 古本さんに引き続き、出演するのは・・。

 奈佐健臣さん。ついに、死神さんの登場!

 土手の上で待っていると、500メートルほど先。衣裳部に連れられて来る死神さんが見える。

 それだけで、異様な空気が漂っている。

 「わーーーーーー来たぁ〜〜〜〜〜」

 という感じ。いい! 嬉しくなる!

 この日、どれくらい待ったことか!

(つづく)



nice!(0) 

古本さんの車?(下)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

古本さんと車.jpg

 現在、発売されている型とは違う、昔のタイプ。

 映画を見ていても、それに気づかない人も多いかもしれない。

 が、車好きならすぐに分かる。

 「あれ? これ昭和40年代にはなかった車じゃん! いい加減!」

 とか思われると、それだけで物語に入ってもらえない。

 映画は隅々、細かなところまで大切に描かねばならない。

 製作部さん。感謝です!

 ちなみに、よく見るとナンバープレートも、当時のスタイルになっている。

 こちらは演出部サード君のお仕事。皆、細かいところまで、がんばってくれている。

(つづく)

_m_T-OTA.png



nice!(0) 

古本さんの車?(上)2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

ワーゲンs.jpg

 写真上、古本さんの車。

 製作部が町中を捜索。借りて来てくれたもの。

 今回の映画ストロベリーフィールズ」。時代設定は昭和40年代。

 そこに最新型の車が登場するのはマズい。

 といっても、40年近く前の車。今も乗っている人、ほとんどいない。

 で、モデルチェンジが少なく、当時の形を偲ばせる車を探してくれた。

 製作部が目をつけたのは、ワーゲン。

 当時の型に限りなく近いものを探して探して、見つけたのがこれ!

 
(つづく)

_m_T-OTA.png
nice!(0) 

用務員・古本さん再登場。2005/9/19 [撮影3日目(三)排水口]

古本と車ーs.jpg

 用務員の古本さん。

 マキ(谷村美月)たちを会場まで連れて行くのが仕事。

 いつも、嫌々仕事をする男という設定だが、与えられたことはする。

 演じるは地元の垣内剛さん。今回もなかなかいい味を出してくれた。

 この場面は「お待たせしました!」の台詞一言だが、本日は後半で重要なシーンが待っている。

 
 (つづく)

 田辺のデニーロこと垣内さん。
 詳しくは=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-01-16-1

_m_T-OTA.png


nice!(0) 

あの人の出番! 2005/9/18 [撮影3日目(三)排水口]


 そして、あの人の登場だ。

 土手の上から、一部始終を見ていた人。

古本さんと車.jpg

 そう、お待たせしました。

 地元オーディションで用務員・古本役を勝ち取った垣内剛さん。

古本さんs.jpg

 長らく待って頂いたが、ようやく出番である。

古本ーs.jpg

(つづく)

 
nice!(0) 

想い出のポラロイド 2005/9/18 [撮影3日目(三)排水口]


 もうひとつのノスタルジー小道具。ポラロイド・カメラ

 今でもまだ使われているので、若い人でも知っているかもしれないが、

 写したその場で、紙に焼かれた写真が出て来るカメラ。

 ネガがないので焼き増しはできないが、その場で写真を見ることができる。

 物語としては、鉄男(波岡一喜)が仲がよくない4人に何かきっかけを作ろうと、ポラで記念写真を撮る。

 ちなみに鉄男は、いちご4人娘を全て幼いころから知っている設定。

 この場面は、シナリオ通り。そして定番の撮影をする。

 ポラロイドカメラを構える鉄男。

鉄男とカメラ.jpg

 ポーズをとるいちご娘たち。

記念写真撮影中.jpg

 出来上がった写真。その写真が物語では重要な小道具となり、全編を貫く。

 そのために、撮影後、スタッフが同じカメラで何枚も撮影しておく。

 破ったりもするので、たくさん必要なのだ。

(つづく)

_m_T-OTA.png




nice!(0) 

この男の正体は? 2005/9/18 [撮影3日目(三)排水口]

古本さんと車.jpg

 俳優と地元の若者たちが一体となり、撮影しているとき。

 土手の上から、その一部始終を見つめる謎の男。

 一体、何者なのだろうか・・・・? 

(つづく)

_m_T-OTA.png
nice!(0) 
撮影3日目(三)排水口 ブログトップ