So-net無料ブログ作成
撮影5日目(四)夏美の家 ブログトップ

合成イメージ紹介 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

 スチール写真をもとに、パソコンで簡単なイメージを作ってみた。

 色や透明度はかなりよくないが、だいたいの感じは伝わる。

 ただ、こんな写真を載せると、

 「かなり、ちゃちだな?」

 とかいう人がいる。

 これはあくまでも、位置関係や上がりをイメージするためのもの。完成はもっとレベルが高い。

 そう断っても必ず、これが完成品だと思い込み、批判する人がでる。

 だから、もう一度、書く。

 「これはスチール写真を合成したもので、実際の完成品とは違う」

 先に説明した方法論、ビジュアルで紹介しただけのものだ。 

 ま、実は一般の映画ファンの方が、その辺の理解は早い。

 むしろ業界のおじさんたちの方が頭が固く、その種のことでよく揉める。

 「これは、あくまでもイメージですよ!」

 合成1.jpg合成2.jpg合成3.jpg

(つづく)

 
タグ:合成カット
nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、合成カット(下)スターウォーズ式 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

USF3-S.jpg

 出来上がった2つのカット。
 
 それを専門のスタジオで合成する。

 まだ、今は撮影中なので、その上がりは見られない。

 この手法。簡単にいうと「スターウォーズ」のエピソードⅣと同じ。

 当時はCGとかは、まだまだ普及しておらず、

 模型で作ったXウイング・ファイター、ブルースクリーンの前に置いて撮影。

 あとで、流れて行く背景を合成して、飛んでいる場面を撮影した。

 しかし、エピソードⅣは1977年。

 今から30年近く前。CG全盛の時代に、かなり古いやり方。でも、その手法を使うことで、安く簡単に特撮ができる。

 (写真上、「帝国の逆襲」のTAーTAウォーカーのまわりを飛ぶ、戦闘機もブルースクリーン合成)


 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、合成カット(中)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

 ただ、墓場シーンとは少し違う。

 基本的には、同じ場所で2度撮って編集時に合成するが、

 今回はまず、ケーキだけを撮影。

 そして前回と違うのは、テーブルの上にブルーの布を敷く。ケーキはなし。(写真下)

青バック.jpg

 その布の上で、美香(東亜優)の手がケーキを掴もうとするカットを撮影。

手 青バック.jpg

 こうしておくと、あとでそのブルーの部分だけを奇麗に抜くことができる。

 そこの部分にはテーブルとケーキが合成され、

 美香の手がケーキを通り抜ける、という映像ができるのである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、合成カット(上)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

コンテ/美香のケーキ1部.jpg

 先に紹介した絵コンテ。

 説明。テーブルの上に置かれたケーキ。

 それを美香(東亜優)が取ろうとして、手を伸ばす。

 が、幽霊なので、手がケーキをすり抜けるという場面である。

 これをどう撮影するか?

 コンテだけでは分かりにくい。

 簡単にいうと、先に撮影した墓場のシーンと同じ方法論である。

 ここ=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2009-01-17-10

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

タグ:合成カット
nice!(0) 
共通テーマ:映画

絵コンテ/美香のケーキ 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]


 美香のケーキシーン。絵コンテを紹介。

 説明はのちほど。

コンテ/美香のケーキs.jpg

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ここも立ち位置が肝心 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2577226

 さて、撮影だ。

 サード君が用意したケーキ、テーブルの上に並べられる。

 それを囲む、美香(東亜優)、夏美(佐津川愛美)、マキ(谷村美月)。

 理沙(芳賀優里亜)だけは相変わらず、離れた場所にいる。

 登場人物は皆、座っているが、例によって「立ち位置」。

 これも先の設定を守っている。

 夏美だけが、緑が輝く庭を背にして(将来があることを表現)いるのに対して、
 
 あとの3人は壁や襖を背景にして、詰まった感じを出している。

 意識して見る人は少ないだろうが、無意識に夏美は輝いている印象を受ける。

 他の3人、何か暗さを感じるはず。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

 
 
タグ:立ち位置
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ケーキという小道具(下)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2589823

 夏美(佐津川愛美)たち。みんな、それぞれに違う。

 でも、いちごによって共通点あること。表現している。

 後日の撮影で、理沙(芳賀優里亜)もまた、いちごが好きなことが分かる。

 つまり、ケーキを食べようとする場面は、

 単に「思い残したことをする」

 というシーンではなく、自分たちの共通点を見つけ、共感していくことを表現する場面でもある。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

ケーキという小道具(中)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

IMG_2020.JPG

 一応、昔ながらのタイプのケーキを選んだ。

 あの頃はミルフィーユとか、なかったはず。

 そして、どのケーキにもいちごが乗っている。

 そう。夏美(佐津川愛美)だけでない。

 美香(東亜優)も、いちごが好きなのである。

 「単なる偶然」という表現ではなく、大切な意味があった・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ケーキという小道具(上)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2589822

 このシーンで使うケーキも、小道具のひとつ。

 小道具担当は、演出のサード君。

 このケーキを探すために、駅前から天神崎に近いケーキ屋(不二屋です)まで歩いて行ってくれた。

 いくら歩いても、到着せず、1回目は途中で諦めたという。

 2回目は、僕と一緒に車で。

 そこで、どのケーキにするか?を決めて、撮影の前日に買いに行ってくれた。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ケーキの話/今どきの十代(17ー終)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

11479412.jpg

 親兄弟ではなく、友達と過ごすという子が多かった。

 「両親には、会わなくてもいいの?」

 と聞くと・・。

 「あっ、一応、会いに行く。それから友達と過ごす・・」

 つまり、十代にとって一番、自分を理解してくれるのは友達なのだ。

 なのに、その友達との絆。

 プリクラ。メールのやり取り。そしてカラオケに一緒に行くことで、「絆」を繋いでいるのが、今の子供たち。

 あまりにも悲しい・・・それでいいのか?

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」のテーマがそこにある。

 天国に行く前に、ケーキを食べることしか思いつかない少女たち。

 その子らの「悲しい青春」を正面から見据え。大切なことを伝える映画にしたい!

 そんな取材時のエピソードから生まれたのが、これから撮影する美香(東亜優)のケーキ・シーンなのである。

(つづく)

 
 _m_T-OTA-f299e.png



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキの話/今どきの十代(16)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

11479391.jpg

 40代のおじさんたち。同じ質問。「48時間で死んでしまうとしたら、どうするか?」をすると、こうだった。

 「今、やりかけている仕事を終わらせたい」

 「家族と一緒に、過ごしたい」

 あまり時間がかからず、答えが返ってきた。

 なのに、十代の子たち。なかなか、答えが見つからない。

 淋しい話だ。死ぬ前にすることが、何かが問題ではない。

 今、真剣にやっていることがないから、答えられない。そのことが問題なのだ。
 
 貴重な十代という時間を、少女たちは夢中になることがなく過ごしているということ。

 だが、時間をかけて、ほとんどの十代が同じ答えをする。

 「死ぬまでの時間。友達と一緒に過ごしたい・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキの話/今どきの十代(15)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

11479388.jpg

 「天国へ行く前に、ケーキを食べるのが十代だ」

 それを伝えるのが、この場面の意味ではない。

 そんなことしか思いつかない、淋しい人生を送っているのが十代ということ。

 「もし、あと48時間で死んじゃうとしたら、どうする?」

 シナリオを書く前。そんな質問、何人もの十代にしてみた。

 皆、すぐには答えられなかった。

 「これをやらないと死ねない!」「死ぬなら、これをしておきたい!」

 それがすぐに見つからない・・・。

 あまりにも、淋しい話だ・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(14)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

24293562321678

 10代を理解しようとしない大人に、子供たちの声は届かない・・。

 それを表現したのが、「幽霊」という設定。

 幽霊になったマキ(谷村美月)。父親(飯島大介)に会いに行くが、姿は見えない。叫んでも言葉は届かない。

 映画の中では、幽霊だからそうなる。

 だが、幽霊でなくても、生きているときから、マキの声は父には届いてなかったのだ。

 つまりマキの姿は、父親に見えていないのと同じ。

 それを象徴的に描くために、「幽霊」という設定を使った。

 そして、十代の「思い」を表現したのが、あのケーキである。


(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

タグ:幽霊
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(13)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

10134362.jpg

 それにしても、35歳以上の男性。

 人生経験もあり、思慮もあるはず・・・。

 なぜ、安易に一部のマスコミ情報を信じ込みのか?

 そして、全ての女子高生が「汚れた存在」のように思い込むのか?

 そこで気づいたのは、世代の断絶。

 同じ日本に住み、同じ町に住んでいても・・

 いや、家族で、毎日顔を合わせていても、父は子供たちのことが理解できないことが多い。

 子供が何を考え、何を求め、何をしたいのか? 親たちは知らない。

 それどころか、先のおじさん発言からすると、十代を歪めて捉えている。

 理解し合える訳がない。

 そこに今回の映画「ストロベリーフィールズ」のテーマ。見えて来る・・。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(12)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

下駄箱1-S.gif

 で、分かって来たのこと。

 今時の十代。もちろん、僕らの十代とは違うところはたくさんある。

 でも、悩み、傷つきながら、前へ進もうとする姿は同じだった。

 親の言動に不満を持ち、友達に共感を求め、答えを探し続けている。

 そんな子たちをモデルに、今回の登場人物を作った。

 十代、二十代の女の子たち。シナリオを読んでもらう。

 「泣きました!」「感動しました!」

 と言ってくれた。

 四十代のおじさんたちに、読んでもらう。

 「今時の女子高生はこんなじゃない! もっと、汚れて不純な存在だ・・・」

 ズレているのは、おじさんの方なのは明らか、

 理解し合えない溝ができるのも、当然なのだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(11)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

トローじゃん.jpg

 おじさん。さらに反論する。

 「猫被ってたんだよ! あいつらは演技がうまいからな?」

 どうしても、女子高生は汚れて歪んでなくてはいけないらしい。

 そういう彼も当然、十代との接点はない。

 南カルフォルニア大学映画科、留学時代。アメリカ人でこう言う奴がいた。

 「日本には、今もサムライがいる! 皆、刀を持っている」

 現代の日本を説明しても、こうだ。

 「映画で見た。東京にはいなくても、地方を探せばまだいるはずだ!」

 彼もまた、日本人との接点はない。過去に何本かの日本映画で見ただけ。

 知人のおじさん。そのレベルかもしれない。

 映画やテレビ等の映像による影響力、とても強いということなのか? 或いは人は思い込むものなのか?
 

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(10)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

9960663.jpg

 ほとんどの十代。

 いろんなことに悩み、傷つきながら、生きようとしていた。

 僕らが十代だった頃より、むしろ健気にさえ思えた。

 そこで気づく。

 マスコミ報道の過激な女子高生は、極々一部の存在ではないか?

 そう言うと、あるおじさん(といっても僕と歳は変らないが)。

 こう反論した。

 「お前の教えていた演劇学校の子たちが、特別なんだよ!」

 でも、いくつもの学校で教えた。

 今回の映画のために、演劇を志さない女子高生も取材。

 マスコミがよく取り上げるタイプの過激な子は、ほとんどいなかった。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(9)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

10589381.jpg

 実は、ここ5年ほど、演劇学校で教えていた。

 小学生から、中学、高校、そして20代〜30代まで。

 過半数が女の子。いくつもの学校で教えた。

 学校帰り、セーラー服やブレザーの制服姿で来る子もいた。

 その頃までは僕も、先に紹介したおじさんと同類。

 「今時の子は自分が子供だった頃より、スレている」

 「現実的で、夢を追ったりせず、すぐに諦め、無難に生きようとしている」

 と考えてた。

 大人になると、十代の女の子との接点がない。

 マスコミ報道で、情報を聞くことが中心となる。

 それらはやはり、過激な脚色がされている。

 「見た目、おとなしい子ほど、とんでもないことをしている」

 とか疑心暗鬼になる記事も多い。

 だが、実際に女子高生たちと接してみると、ワイドショーで取り上げられているような子たちは、ほとんどいないことに気づいた・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(8)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

P1010443.JPG

 答えは簡単。中年男性の情報源は限られている。

 サラリーマンは忙しくて、なかなかテレビは見られない。

 情報収集はもっぱら、週刊誌やスポーツ新聞。

 男性なら分かると思うが、その手の記事は非常に誇張が多い。

 「それは酷いなあ。世の中、ここまで来たか・・」

 というセンセーショナルな書き方をする。その方が興味を惹き、売れるからだ。

 特に女子高生関係の記事になると、かなり過激に書かれる。

 もちろん、本当に過激な事件もある。が、一部の話だったりする。

 それを雑誌やスポーツ紙では、全ての女子高生が堕落しているかのような書き方をしがち。

 多くの中年男性は、それを鵜呑みにしているようなのだ・・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(7)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

IMG_5127_1.jpg

 では、おじさんたちが思う「今どきの女子高生」イメージはどうなのか?

 アトランダムにあげてもらった・・。

 「援助交際をしている」「ルーズソックスを履いている」「化け物のような化粧をしている」

 「金のことしか考えない」「楽して生きようとしている」「いい加減」「無責任」「無気力」「ルーズ」「何も考えていない」

 それが現代(注・2001年頃の話)の女子高生イメージらしい。

 日常で10代と接する事がないのに、なぜか、具体的なイメージを明確に持っている。

 では、そのイメージ・・・・どこで作られたのか? 

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(6)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2476351

 時代がいつであろうと、人が天国に行かねばならない状況になれば・・。

 いろんなことに、気づくはず。

 親のことを心配したり、友達に感謝したりするだろう。
 
 でも、おじさんたちは否定。

 「今時、そんな純粋な子はいない!」

 でも、それは「純粋」だからということではなく、死を目前にしたときに人は、本質に気づくということなのだ。

 それを、彼らは理解できていない。

 とにかく、中年男性たちの意見を総合すると・・・・、

 「いまどきの子は、不順で歪んでいる。死が目の前に迫っても、自己中心的で、人の迷惑を顧みない行動を取るはずだ!」

 ということになる・・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(5)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

IMG_2014.JPG

 ケーキのシーン以外でも、同じ批判があった。

 シナリオを読んだ多くの中年男性。口を揃えてこう言う。

 「今時、こんな純粋な子はいない!」

 「この物語では10代の共感は、得られないだろう・・」

 これも変な意見だった。

 まず、「今時、こんな純粋な子はいない」というが、今回の映画は現代が舞台ではない。昭和40年代の地方を舞台にした作品だ。

 「今時・・いない」

 という指摘は変。分かりやすくいうと時代劇を見て、

 「今時、日本に侍はいない」

 というのと同じである。でも、シナリオを読んでくれた人。そこまで常識のない人ではない。

 なのに、なぜ、そんないい方をしたのか? 理由があった。 

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(4)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

IMG_2012.JPG

 このことから、分かること。

 「おじさんたちは、女子高生の気持ちを理解した気になっている」

 ということ。もし、理解していないのなら、こういうはず。

 「最近の子は死ぬと分かっていて、何をしていいか分からず、ケーキを食べたいなんていうのかなあ・・?」

 そんな「懐疑的な意見」になっただろう。なのに彼らは・・・。

 「人間はそんなもんじゃないよ。物語にリアリティないんじゃないか?」

 と否定する。「女子高生はそんなことをしない!」という確固たる思いがあるのだ・・・・?????

 でも、変なのは、シナリオを読んでもらったおじさんたち。

 皆35歳以上。娘が女子高生という人はいない。

 職場が中学、高校という人もいない。

 10代の女の子と触れ合う機会は、まるでない人たち。

 なんで、そこまで言い切れる自信があるのか?

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(3)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2589822

 それに対して、おじさんたちはこう言う・・。

 「死ぬと分かってケーキ食うか? 人間はそんなもんじゃないよ。物語にリアリティないんじゃないか?」

 この反応から、いろんなことが分かった。

 まず、おじさんはシナリオの感想をいっているつもりだが、外れている。

 「天国に行く前にケーキを食べたい!」という女子高生にリアリティがないと批判する。

 が、先の若い女性たちの意見から考えると、おじさんたちが女子高生の気持ちが分かってないだけなのだ。なのに・・・

 「そんなこと女子高生はしない。もっと別のことをやるはずだ!」

 そう言うのだ・・・。

(つづく)
_m_T-OTA-f299e.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(2)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2589824

 このケーキシーン。

 シナリオの段階から10代、20代の女の子に評版だった。

 「48時間で死んでしまうと分かったても、何をしていいか?

分からないと思う。きっと、最後にケーキ食べたいとか思いそう。

 美香の気持ち。凄く分かる・・・」

 そんな声が多かった。それに対して、おじさんたちはこう言った・・。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香のケーキ/今どきの十代(1)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

2589823

 さて、本日の後半戦。いよいよ、いちごケーキが登場する。

 クランクイン前にケーキ屋へ行き、チェッくしたあれである。

 その日のブログ=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-15-3

 前日から用意したケーキを並べて、準備。

 美香(東亜優)の思いを叶えるシーンの撮影だ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

タグ:小道具
nice!(1) 
共通テーマ:映画

続・演技派女優VSいちご娘たち(1)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

 話は戻るが、いちご娘VS演技派女優たちの撮影。後半戦。

 その部分の物語はこうだ。視点は夏美(佐津川愛美)。

2554068

 観客はそこから姉(三船美佳)と母(吉行由実)の行動を見つめる。

母と春美.jpg

 同時に、マキ(谷村美月)、美香(東亜優)、理沙(芳賀優里亜)が夏美家族の秘密を知るという場面でもある。

2577174

 これは先に撮影した「美香の家」「マキの家」の部分に相当するもの。

 美香は学級委員で成績も優秀。でも、自分の存在に悩み、孤立。

 それを夏美たちは知った・・・。

 そして・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ弁 カレーライス篇?(下) 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

カレーと監督s.jpg

 カレーライスに、いちごケーキ。豪華版!

 リラックスしていたら、スチールさんが、写真を撮ってくれた。

 いつもは怖い顔で写っているけど。めずらしく笑顔(?)


 (つづく)


_m_T-OTA-f299e.png


タグ:ロケ弁
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ弁 カレーライス篇?(中) 2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

モーニングカレーs.jpg

 映画撮影では必ず、1度はカレーライスが出る。

 (写真はドラマ「太陽娘と海」のときに食べた、手作りカレーライス。この背景にも感動的な物語がある。

 作ってくれたのは*ー****。なのだが、それはもうひとつのブログでいずれ!)

 というのも、どんな美味しいロケ弁でも、毎日食べると飽きるからだ。

 たまには、手作りのものが食べたくなる。

 といって、手の込んだものを調理するのは大変。

 制作部もいろいろと仕事がある。そんなときカレーライスは便利。

 あまり手間がかからず、大量に作ることができる。

 「おお、今日はカレーか!」

 と、スタッフにも好評。皆、喜んでくれる。

 本日は東亜優の誕生日だし、

 バースデーケーキのお裾分けで、デザートもある!

2589827

 (つづく)

「ストロベリー」写真館/夏美の家=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/144754

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ弁/カレーライス篇?(上)2005/9/21 [撮影5日目(四)夏美の家]

カレー.jpg

 撮影中はロケ弁といって、弁当屋さんが作った弁当が配られる。

 が、本日の昼食はスペシャルだ!

 夏美の家の庭で作ったカレーライス。

 制作部が鍋やコンロを持ち込んで作ってくれた。

 ミニサラダ付きである。

カレースタッフ.jpg

(つづく)

「ストロベリー」写真館/夏美の家=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/144754

_m_T-OTA-f299e.png

 
タグ:ロケ弁
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影5日目(四)夏美の家 ブログトップ