So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影5日目(六)ガンダムの世界? ブログトップ

ガンダムの世界?(21ー終)今を生きる 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

P1010058.jpg

 今の時代を伝える「新しい方法論」が必要。

 そのひとつがハリウッド撮影

 これだって決して新しい手法ではない。今回、挑戦するさまざまな技法のひとつ。

 それと両極端の「表現」も近い日に実践するが、今という時代に相応しい感性を持った「方法論」で描いてこそ・・。

 鋭い感覚のアンテナを持つ若い世代に、「感動」が届くのだ。

 大切なのはスタッフが「やりやすい撮影」ではなく、今の時代を反映し、若い人に「ダイレクトに伝わる」作品を作ること。

 そう考えている!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(20)大切なこと 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2476368

 長々と書いたが、言わんとするのはこういうことだ。

 僕の映画のテーマ。

 子供たちに忘れている、大切なことを伝えること」

 言葉による説教ではなく、映画として、エンタテイメントとして、ワクワクし、ハラハラして、笑い、涙を流し、感動することで伝えたい。

 そのためには、「新しい伝え方」「感受性豊かな表現」が必要。

 それに映画というのは、時代の反映。

 古くさい手垢の着いた表現では、今の時代を表現仕切れない・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 

ガンダムの世界?(19)オールドタイプ 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2685863

 僕が20前後の頃。日本映画は昔からの「古くさい手法」と「時代遅れの感覚」で作り続けていた。

 そこから感じるものは何もなく、独りよがりの映画にしか見えなかった・・。

 年老いたオールドタイプの映画監督たち。感性を疑った・・。

 この辺の構図。「ガンダム」の世界にとても似ているので、好例として上げた。

 古い価値観で愚かな行為を繰り広げる大人たち。その犠牲になっていく子供たち。

 時代を切り開いて行く「ニュータイプ」は、決して大人からは生まれて来ない。

 単なるロボット・アニを超えた現実的な構図。そこにあった。

 僕が若かった頃の日本映画と同じこと。やっていてはいけない! それでは大切なこと。次世代には伝えられないのだ!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 

ガンダムの世界?(18)若さ故の・・? 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

P1030091.jpg

 「感動した・・」「泣けた!」

 若い人たちがそう言う作品、往々にして50歳以上の世代はこう言う。

 「何だこれは? 訳が分からない。こんなもの映画じゃない! 」

 今回の作品『ストロベリーフィールズ』。若い人たちに感動してもらいたい映画。

 ということは、年老いた世代に褒められてはいけない。

 これもまた今回の「映画撮影の方法論」と同じ構図。

 「新しい形の映画作り」に、「ベテランの大人たち」が戸惑う。だが、「経験のない若い子たち」は問題なく受け入れる。

 ここにひとつの「答え」があると思える・・。
 


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(17)否定は成功 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2678793

 
 今回の映画ストロベリーフィールズ

 完成したあと。映画業界で50歳以上のおじさんが、見て・・。

 「なかなか、いい映画だった。よくがんばって撮っている!」

 そう言われたら失敗作。彼らが評価したということは・・。

 「古い価値観」と「古い論理」と「古い方法論」で作られているということだ。

 だから、理解され、評価されたということ。

 それは同時に、10代、20代の若い人たちは「絶対に受け入れられない!」ということに繋がる・・・。

 
(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(16)シャアの言葉 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

P1030109.jpg

 「地球の重力に、魂を引かれた人々・・」

 『Zガンダム』でシャアが何度も言う台詞。

 ガンダムの生みの親・富野由悠季監督の代弁をしているように感じる。

 「過去の価値観に囚われて、新しい時代に見合ったことのできない人たち」

 それを差しているようだ。

 話は大きく逸れたが、その構図は映画作りでも同じ。

 そんな中で、今回、密かに考えていることがある・・。


 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 

ガンダムの世界?(15)時代の風 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2685902

 「過去の経験」や「記憶」、彼の中で絶対的なものとなっている。

 新しいものを受け入れられない。

 この辺。とても興味深い。

 昔なら大人は偉く。子供は大人に学ばなければならなかった。

 それが現代では、大人は「過去の価値観」から離れられず、時代に遅れて行く。

 「経験」や「知識」のない子供たちが、「時代の風」を感じて大人が出来ないことをやってしまう。

 これも『機動戦士ガンダム』の世界と同じに見える・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(14)クロサワ式 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

チャイニーズシアターs.jpg

 次に、ベテランスタッフが言う「黒澤明だってやらない!」との指摘。

 それも大間違い。限りなくハリウッド式に限りなく近いのが黒澤明監督のやり方。

 複数のカメラで、何回も同じ芝居を撮るのがクロサワ式。

 どうも、そのベテランのスタッフは日本式の、必要なところだけを撮影する方式から離れられないようだ。

 最後には「ここは日本だ! 日本式でやるのが当然だ!」とまで言い出す。

 理屈ではなく、とにかく「俺が経験していないことは嫌だ!」ということのだ。

 ベテラン助監督が、そんなふう拒否反応を持ってしまう。

 結局、彼にチーフをお願いするのは控えた。

 そんな意味でも今回は、ベテランも戸惑うむずかしい撮影現場なのだ・・。

  
 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 

ガンダムの世界?(13)黒澤明だって 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

カーク.png

 で、イチから説明。

 「たくさん撮ってベストを選ぶ」のが、ハリウッド式であることを話す。

 「そんなふうに撮るんなら、誰だって監督ができるんだよ! オレだって出来るよ! 黒澤明だって、そんな撮り方はしないぞ!」

 やっぱり、分かってない! まず、ハリウッド式でやるからと言って、誰もが監督できる訳ではない。

 そのベテラン助監督の発想はこんな感じ?

 「使いどころを決めて、撮影することがむずかしい」=>「それをしなくていいのなら、監督は誰でもできる」

 だが、使いどころを決める以外にも、監督の仕事は山ほどある。

 「ハリウッド式なら、誰でも監督ができる」というのなら、

 「ハリウッド監督は誰でも出来る」ということになる?

 若いころから、繰り返し行ってきた方法論以外のこと。なかなか把握できないようである・・・。


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 

ガンダムの世界?(12)理解不能 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

ワーゲンと青い空s.jpg


 こうして、必要なところだけを撮るのが日本式撮影

 なので「使いどころ」をはっきりさせる必要がある。
 
 だが、ハリウッド式は「使いどころ」はない。どこを使うか?は編集段階で決める。

 なのに「使いどころはどこだ?」というのは変な話。

 説明しても、こうだ。

 「それじゃ、撮影はできないだろ?」

 日本式撮影にどっぷりと浸かっているので、ハリウッド式が実感できないようだ・・・。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(11)使いどころ 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2685884

 解説すると「使いどころ」というのは、撮影している芝居の内、編集で使われる部分のことをさす。

 が、それは先にも説明した「日本式撮影」の発想。

 AさんとBさんの会話で例を上げたが、あれでいうとBさん側は全部撮影しない。

 Aさんの言葉に反応して、「ヘー」とか「そう」とかいう部分だけ撮影。

 でも、その台詞だけを言うのはやりにくい。Aさんにも少しだけ台詞を行ってもらう。

 Aさん「この間、アメリカへ行ってきたんだ」
 Bさん「へーー」

 この場合。「よーい。スタート」でAさんの台詞。そしてBさんが「ヘー」という。
 
 使いどころはBさんの台詞。Aさんの台詞は使わない。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 

ガンダムの世界?(10)ベテランからの反論 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

カーク.png

 今回の撮影前。ベテランの演出部と話した。

 僕は次の映画も「ハリウッド式撮影をする」と話す。

 芝居をいろんな方向から撮影して、編集で選ぶ。

 それによりハリウッド映画のようなテンポやリズムを出し、感動やスリルを盛り上げるという方法論。

 ところがベテランの演出部。反論する。

 「それじゃ使いどころが、分からないだよ!」


(つづく)
_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 

ガンダムの世界?(9)脳細胞 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]


2685863

 25歳を超えて、どんどん死んで行く脳細胞。

 アルコールを飲むと、2倍3倍の脳細胞が死んで行く。

 そんな大人がファミコンを理解し、使いこなすのは難しい。記憶力も吸収力もある子供には叶わないのである。

 それと、もうひとつ。

 大人の場合。過去の記憶が邪魔をして、新しいものを受け入れるのを妨げるということがある。

 以前、ベテランの映画スタッフと飲んだときの話だが・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 

ガンダムの世界?(8)経験値 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

10408535.jpg

 「昭和40年代には大人に勝てなかった子供が、なぜ、今の時代は勝つことが出来るのか?」

 あえて問うてみたが、答えは簡単。

 昭和40年代。野球、徒競走、剣玉、将棋・・全て大人たちが、幼い日にやって来たこと。

 つまり「経験」がある。だから、「経験値」の少ない子供に勝てた。

 それが現代、ファミコンテレビゲーム。昔はなかった。当然、経験値がない。

 子供も大人も、スタート地点は同じ。

 そこからの学習能力が問われる。その場合、脳の吸収力が高い子供に、大人は勝てないのである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(7)アムロ・レイ 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

P1030108.jpg

 「今の時代。子供が大人に勝てるんだ・・・」

 そう痛感した。

 これって「機動戦士ガンダム」の世界だ。あのドラマの設定。

 未来世界。戦争兵器であるモビル・スーツ(人が乗り込んで操縦するロボットのことです)。大人より、子供の方がより上手く操縦できる。

 少年であるアムロが操るガンダム。

 大人たちのモビルスーツを蹴散らして行くという展開。

 正規の軍人たちが、少年のアムロ・レイに勝てないのである。

 友人の親子を見ていると、まさに「ガンダム」の世界が現実となったのだと感じる。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 

ガンダムの世界?(6)ストリートファイター 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

1852418

 父親である友人。小学生子供と、「ストリートファイター」というファミコンゲームをしていた。
 
 ところが、何度もやっても、友人は息子に勝てない。

 息子はもの凄いテクニックでコントローラーを操り、父親側のキャラを倒してしまう。

 「パパ。悔しかったら、次は勝ってみろ!」

 と息子に言われるが、

 「もう、あいつには勝てないんだよ・・・」

 と降参。

 戦うためのキャラを操縦する技術。父親より、息子の方が遥かに上なのである。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(5)昭和40年代 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

 
プロパンガス.jpg

 少し話が逸れるが、続けて読んでほしい。

 僕が子供の頃。昭和40年代。

 あらゆることで、子供は大人に勝てなかった。

 走っても、難しい算数の計算をしても、漢字を書いても、将棋をしても、

 剣玉をしても、ゲームをしても、徒競走をしても、野球をしても、大人には勝てなかった。

 だから、大人を尊敬し、「大人って凄い!」と感じたのだ。

 ところが、最近は違う。結婚し、子供がいる友人の家に遊びに行く。

 意外な光景を見た・・。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(4)ベテランの弱点 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

2685864

 そう考えて現場を見ていると、ベテランほど戸惑いが大きい。

 もちろん、仕事の上では力を発揮してくれているのだが、困惑が見える。

 それに対して、若いスタッフ。ほとんど戸惑いを感じていない。

 「今回は、こんなスタイル撮影なんだ!」

 と単純に理解しているようだ。
 
 非常に興味深い。通常なら、経験豊富なベテランが仕事をガンガンこなす。

 新人は戸惑い、先輩たちに叱咤激励され、がんばる。

 至らないが、努力する。というのが昔からの構図。

 それが今回は反対・・。

 経験のない新人が元気で、ベテランが戸惑っている・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(3)過去の経験 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

ハリウッド2.jpg

 例えば左側通行の日本。そこでずっと車を運転していた人。

 アメリカに行き右側通行で運転すると、戸惑いがある。

 交通法規も日米の違いがある。同じように撮影も日米の違いに戸惑った。

 つまり、日本での運転経験があるから、アメリカでは運転しにくい。

 むしろ、日本での運転経験がない方が、アメリカでは運転しやすい。

 日本の交通法規を熟知しているが故に、それが邪魔になり運転し辛い。

 そんな状況なのだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(2)経験がない 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

コロシアムs.jpg

 理由のひとつ、

 「ハリウッド撮影を実際に、経験したことがない」

 勉強はしているので、理屈では分かっている。でも、現場に立つと実感できなくて対応し切れないのだろう。

 2つ目の理由は、「過去の経験」

 日本式撮影を熟知している。それに囚われてしまい、ハリウッド式を実践できない。

 理屈では分かっているが、体が着いていかない・・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 

ガンダムの世界?(1)戸惑いの理由 2005/9/21 [撮影5日目(六)ガンダムの世界?]

レイダースショー1ーS.jpg

 いちご娘たちの意外な反応で、考えた。

 映画人たち。「踊る!大捜査線」ではないが、上の人たち努力しない。

 「映画は会議室でなく、現場で作ってんだ!」

 といいたくなるほど、会議室でパソコンを叩いている人たち。努力しない。
 
 それに対して現場で働くスタッフ、努力家が多い。

 新しい「機材」や「海外の情報」も常にチェック勉強している。

 当然、「ハリウッド撮影」とは何か?も理解している。

 なのに、戸惑いが見えた。

 理由を考える・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
撮影5日目(六)ガンダムの世界? ブログトップ