So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影5日目(八)理沙の成長 ブログトップ

俳優の意思を超え、役は動き出す!(45ー終)明日 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

10127407.jpg

 そのシーン。タイムリミットが来て、美香(東亜優)が死神に連れ去られる。

 マキ(谷村美月)、夏美(佐津川愛美)、理沙(芳賀優里亜)は必死で止めようとするが、何もできず、涙で見送ることになる。

 美香を演じるは、東亜優14歳。

2577178

 いや、今日で15歳になった。中学2年生。

 明日はもの凄くむずかしい芝居。これをしくじると物語自体が盛り下がる。

 おまけに東は今回の「ストロベリーフィールズ」が初めての映画出演。

 東陽中学での撮影では、なかなかの芝居を見せてくれたが、

 明日は、どうだろうか? 

 東にとっても、スタッフにとっても、

 これまでで最も難しい、大切な撮影が始まる!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(44)クライマックス2への期待 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

 さて、そんな芳賀さん。

 数日後に、最大の見せ場が待っている。

 夏美(佐津川愛美)らとの別れのシーン。映画「ストロベリーフィールズ」における2つ目のクライマックスといえる。

 天神崎の美しい夕陽をバックに、死神に連れ去られる場面。

10131146.jpg

 女優・芳賀優里亜にとっても、今回の映画で最もむずかしい芝居になるだろう。
 
 その撮影での活躍も期待したい。だが、その前に、

 明日はいよいよ、物語のクライマックスの1つ目。

 「美香との別れ」シーンの撮影。

 今日撮影したケーキシーンの次の場面である!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(43)全身全霊 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2753753

 その結果、本人たちの意思を超えて、役自体が「成長」を始め、輝き出したのである。

 マキと理沙。もう、僕が作ったキャラクターではなく、生きて呼吸をし、存在している。

 自分の「意思」を持って行動している。「お仕事」感覚で芝居をしていては、絶対にあそこまでは行かない。

 それは谷村美月と、芳賀優里亜という10代の女優たちが、

 「役のことを真剣に考え続け、全身全霊で演じている」

 という証明でもある。それを超えたところにしか「役を成長させる」という展開は絶対にありえない。
 
 撮影後に皆を集め話をしたのは、その「姿勢と努力」に対する「評価」と「感謝」・・・。

 2人に、伝えておきたかったからだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihon-eiga.com/prog/002164_000.html
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(42)10代の女優 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

屋根屋根のコピーsのコピー.jpg

 それにしても、凄い1日だった・・。

 これまでにも僕は、10代の女優が多く出演する作品。何本も参加している。

 しかし、ほとんどの子たちは学生気分。部活のような乗り。

 休憩時間におしゃべりするのが楽しくて、その合間に撮影しているという感じ。

 おしゃべりに夢中になり、本番で台詞を忘れてしまうことも日常茶飯事。

 まじめにやる子たちでも、台詞を覚えるので精一杯だった。

 でも、今回のいちご娘たちは違う!

 それぞれの役を徹底して考え、悩み、葛藤し、戸惑いながらも、

 全身全霊で、演じ続けている!

 
 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png


<お知らせ>
 「ストロベリーフィールズ」理沙役でがんばってくれた
 芳賀優里亜さんが出演。舞台「櫻の園」
 2009/4/22/(水)~29/(水・祝)
 こどもの城 青山円形劇場 
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(41)予感 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

夏美の家/3人.jpg

 「マキをそんなふうに成長させたのは谷村(美月)。理沙を成長させたのは芳賀(優里亜)です。

2604682

 簡単に出来る事じゃない。僕も何本もドラマを作ってきたけど、初めて成長というものを見せてもらった。

 それによって映画が深くなり、奥行きができた。

 2人とも、本当に凄い。そして、ありがとう。明日からも頼むぞ!

 そういうと、谷村は照れたように微笑み。「へへへ」と小さく笑う。

 芳賀はそのときの芝居を思い出すように、真剣な顔になった。

 あとの2人。「私も負けない・・」という表情で頷く。

 この子たち。かなり凄い・・。その力を得て、とても素敵な映画になりそうな予感。

 いよいよ、明日は撮影6日目。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(40)マキと理沙 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

IMG_2014.JPG

 「谷村(美月)の意思を超えて、

 マキが『美香のために、何かしたい!』と思ったんだ。

 理沙(芳賀優里亜)も同じ。

 理沙は心を閉じているキャラなのに、心が開き始めていた。

 でも、その心を無理矢理、閉じてはいけないと思った。

 (芳賀の中で)シナリオに書かれた理沙というキャラクターを超えて成長、予定より早く、友情を感じた。

 その理沙の『思い』を大切にしたかった。

 だから『どちらで演じる?』と聞いた。理沙(=芳賀)が思う素直な気持ちで演じてほしかったんだ。

 結果。優しさが溢れる芝居になった。

 マキと理沙が、シナリオに書かれた役以上成長したことで、シナリオに書かれている以上素敵な芝居になった・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihon-eiga.com/prog/002164_000.html
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(39)いちご娘たちへ 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2685899

 「でも、そんなこと本当に少ない。ベテランの俳優が演じても、なかなかそこまで行かない。

 僕が参加した撮影でも、1度もそういうことはなかった・・。

 なのに、今日、君たちの内の2人が、大きな成長を見せてくれました。

 マキ(谷村美月)と、理沙(芳賀優里亜)です!!

 マキは最初、心を閉ざして、美香(東亜優)に優しく接することができなかった。

 なのにカメラを切り返したとたんに、優しさが溢れた。

 でも、マキ(谷村)は『同じように台詞をいいました』と言ったよね?

 そう。自分では同じつもりだった。

 けど、あのときはもう芝居ではなく、マキ自身が心を開いたということなんだ・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


<お知らせ>
 「ストロベリーフィールズ」理沙役でがんばってくれた
 芳賀優里亜さんが出演。舞台「櫻の園」
 2009/4/22/(水)~29/(水・祝)
 こどもの城 青山円形劇場 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(38)俳優たちへの話 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2551241

 「役というのは、シナリオライターが作り、それを監督が明確にし、俳優が自分なり理解。演じるもの。

 その上で、俳優は長い台詞を覚えねばならない・・。

 そして撮影中は『立ち位置』『動き方』など、いろんなことを指示される。

 でも、『台詞をちゃんと覚えられるか?』」『間違わずに台詞が言えるか?』そんなことで精一杯になることも多い。

 さまざまな問題を抱えながら「どこまでその役に近づけたか?」それを目標にがんばる。

 けど、ときどき、ほんのたまに、役に近づくだけではなく、その役に成り切り、役自体を成長させてしまう俳優がいる。

 シナリオに書かれている以上の個性を持ち、もの凄い魅力を発揮する。

 キャラクターが命を持って、動き出す!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(37)撮影後 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2547467

 撮影が終わると、通常、スタッフはあと片付けに入る。

 監督である僕は、明日の確認。ロケ地が同じであれば、カメラマンを呼んでその場所でカット割り等を相談する。

 でも、今日は違う。

 「夏美、マキ、理沙、美香! 全員集合!」

 すでに着替えが終わり、セーラー服ジャージから私服に着替えた4人。佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優が集まる。

 夏美の家の玄関

 「今日の撮影について、一言伝えておきます。

 今日、マキと理沙が大きな成長を見せてくれました。本人は気づいていないかもしれないので、話しておきたい・・・」

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihon-eiga.com/prog/002164_000.html


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(36)撮影 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

立ち上がる三人.jpg

 こうして「理沙が友情を感じ始めている」という設定に変更して撮影

 幽霊になった美香(東亜優)がケーキを食べられず、夏美(佐津川愛美)が代わりにケーキを食べ。

 マキ(谷村美月)が「他に何かないのかよ!」と問う。

 「憧れていた先輩がいたの・・」

 と、野球部の深町君への思いを告白。会いに行くことになる。

 が、理沙1人が拒否。あとの3人は、彼が働く工場へ向かう。

 そこまでを撮影した。しかし、その場面だけで、何と、谷村美月、芳賀優里亜の2人ものメイン女優が大きな「成長」を見せてくれた。

 僕としても初めての経験なので、戸惑う部分もあった。が、監督としてこんな嬉しいことはない!

 撮影終了後に4人を集めて、話をした。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(35)感性 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

       E8A1A3E8A385E4BC9AE3828FE3819B.jpg

 芳賀優里亜は、こう答えた。

「・・・友情って・・・いいですね・・」

 そんな芳賀の「感性」を受け継いで、理沙は成長したのだろう。

 僕が書き作り上げた「理沙」というキャラが、

 芳賀優里亜のいう子の「人生」と「感性」を得て、大きく成長した。

 それが、この数日の出来事だったのだ。

 よし決まりだ!  友情を感じる理沙で撮影する!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(34)本読みの想い出 2001/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

10169267.jpg

 撮影前。東京の衣裳会社。

 いちご娘3人で、台本を見ながら、それぞれの台詞を声を出して読んで行く「本読み」というのをやった。

 初めての「本読み」なのに、もの凄く盛り上がって、全員が泣きながら台詞を読み続けた。

 (詳しくは=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-04-09

 終わったときには、涙が溢れ、ボロボロに泣いていた。そのあと、一人一人に感想を聞いた。

 そのとき、芳賀はこう答えた・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihon-eiga.com/prog/002164_000.html


 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(33)理沙の言葉 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

P1030077.jpg

 その言葉は・・・

 女優・芳賀優里亜が、どちらの演技を選ぶか?」 

 という選択ではなかった。命を持ってそこに存在する理沙の気持ちだった。

 「生前。美香やマキには、辛く当たっていた。でも、今、償いをしたい・・」

 という理沙の言葉。

 「これ以上、我慢して、心を閉ざすことはできない。みんなへの友情を表現したい・・」

 芳賀が、いや、理沙からの、そんな言葉だった。

 思い出したことがある。クランクイン前に本読みをやったときのこと・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(32)理沙の心理 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2678793

 よく分からない人もいると思う。解説する。

 本来、シナリオ設定通りだとこうなる。

 理沙=>「美香が憧れていた先輩に会いに行くのに、同行したくない」

 でも、そのあとで、考え直して、美香を応援に行く。

 変更後。

 「本当はマキたちと一緒に行きたいけど、こんな自分が行ってどうなる・・・」

 と、自己嫌悪を感じる。でも、思い直して、

 「こんな自分でも、何か美香のためにしなければ・・」

2604682

 或いは本当は一緒に行きたい。でも、表面上、強がって見せてしまう。

 という心理に変更しようと考えたのだ。

 何より、もはや理沙はマキたちに友情を感じている。

 「一緒に行きたくない」という芝居はできない。

 だから、シナリオ通りの展開ではなく、理沙の「思い」に合わせて展開を変更するということだ。

 が、撮影現場では、あまりない展開である。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(31)理沙と芳賀 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2678789

 芳賀優里亜に、いや、理沙にこう話した。

 「理沙はすでにマキや美香に友情を感じている。

 マキの家のシーンからそう感じていた。

 ただ、シナリオ通りの芝居してもいいし、

 理沙は友情を感じているということで、芝居をしてもいい。

 自分が思う方で、やってくれればいい。

 それに合わせて、演出もカメラも決める・・・」

 そう言うと、芳賀(=理沙)は答える。

 「友情を感じている方で、やりたいです・・」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

そんな映画「ストロベリーフィールズ」
今年もCSで放映されます!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 




nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(30)理沙VS芳賀 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2604682

 今、女優・「芳賀優里亜」は自身が演じる役「理沙」と戦っていた。

 「シナリオ通りに演じなければならない。まだ、友情を感じてはいけない・・・」

 でも、理沙が反発する。

 「美香のために何かしたい。マキと共に美香を応援したい・・」

 でも、芳賀の中で成長した理沙は、もう押さえ切れないほどの存在になっていた。

 女優・芳賀優里亜の凄さである!

 それなら、成長した理沙が思う通りに演じてもらおう。

 「酔いどれ天使」しかり、「男はつらいよ」しかり、

 キャラクターの思いを聞き、それを叶えることが大事。

 そのことを芳賀優里亜本人(或いは理沙自身)に話した。


 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(29)理沙の成長 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

P1030085.jpg 

 これは凄いことになってきた!

 本来ならこの状況を・・.

 「芳賀さん。なかなか演技力があるなあ。座っているだけなのに友情を感じる!」

 と感じるか? 或いは・・。

 「まだ、友情を表現するシーンではないのに、なぜか、友情を感じる。まずいなあ・・」

 と解釈するか。でも、いずれにしても、何もしないのに「友情」を感じさせるというのは凄いこと。

 そもそも、俳優が役を把握して、台詞を覚え、演じるだけでも大変。

 なのにマキ役の谷村美月に続いて、

 芳賀優里亜もまた、理沙役に命を与え、成長させ てしまったのである!

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(28)理沙の成長 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

理沙イン夏美の家.jpg

 話を戻して、芳賀優里亜演じる理沙も、成長。

 そんなレベルまで、来てしまったのだ。

 演じている芳賀の意思も、監督である僕の指示でも止められないところまで来ていた。

 理沙は孤立。夏美たちと離れて座っているにも関わらず、その距離感は感じられない。

 敵意も見ない。むしろ「美香のために自分の何かしたい!」という思いが伝わって来るのである。

 理沙が命を持って、そこに存在しているようだった・・・。

(つづく)

そんな映画ストロベリーフィールズ
今年もCSで放映されます!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 


_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(27)寅さんは生きている 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

     2685880

「寅さんはどうしたいか?」「寅さんならどうするか?」

 山田洋次監督、そう考えたという。

 実在しない寅さんが、存在しているかのような発言。

 でも、本当に力ある俳優が演じるとき、

 ドラマの中のキャラも、命を持って生き始める!

 それを押さえつけて、本来の形に戻すより、

 キャラを自由にさせた方が、作品も面白くなる!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

ブログで撮影エピソード紹介中の映画「ストロベリーフィールズ」
今年もCSで放映されます!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(26)男はつらいよ 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

10927289.jpg

 役が成長、シナリオに書かれた以上の魅力を発揮。

 どんどん成長して行く。

 俳優自身。そして監督も、止められなくなる。

 役柄がもの凄い個性を持ち、1人歩きする。

 「男はつらいよ」の寅さんも、そんなキャラの1人。

 山田洋次監督は言う。

 「次の映画で、寅さんに何をさせようか?とは考えない・・」


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(25)役が成長 2005/9/21 [撮影5日目(八)理沙の成長]

2429356

 なので、谷村美月が泣かなくてもいいシーンで、泣いたり、叫んだりするのも、押さえたくなかった。

 「酔いどれ天使」の三船敏郎や「スキャンダル」の志村喬のように、書かれた役以上に魅力的になっていたからだ。むしろ・・。
 
 「おー、谷村、いいぞ! 行け行け!」

 とか思ってしまう。

 もちろん、物語はいきなりマックスになると、あとが盛り上がらないということもある。

 でも、その辺は演出でカバー。結果として、映画は面白くなると考えている。

 それらは皆、俳優が勘違いして演技したとか、暴走したというのではない。

 役が成長、シナリオに書かれた以上の魅力を持ち始めたということなのである!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihon-eiga.com/prog/002164_000.html



nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影5日目(八)理沙の成長 ブログトップ