So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影5日目(七)成長するキャラ ブログトップ

俳優の意思を超え、役は動き出す!(24)想定外の面白さ 2001/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2685884

 通常、監督というのは、脇役が主役を超えてしまうと、俳優を押さえて本来の物語に戻そうとする。

 なのに、黒澤明という監督は暴走を押さえずに、さらに助長するところがある。

 でも、その方が映画は面白くなる。

 例え物語が違う方向に行っても、面白いこと。盛り上がること大切。

 シナリオ通り、計算通りの作品ができることより、ずっとずっとエキサイティングな映画になる。

 僕も、そんなところがある。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(23)志村喬 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030081.jpg

 黒澤明監督の「スキャンダル

 主役は新進画家を演じる三船敏郎。

 なのに志村喬演じる蛭田。その悪徳弁護士がもの凄くよかった!

 途中から登場する志村喬が、全部持って行ってしまう。

 主役の三船は脇役に追いやられ、志村喬の独演会となる!

 余談だが、「酔いどれ天使」で主役を奪われたリベンジ

 「今度はワシが主役を食ってやる!」

 と志村が燃えたのも一因かも。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(22)三船敏郎 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030082.jpg

 実はあの作品。

 撮影中から三船敏郎がもの凄くよくて、監督である黒澤明がそっちに話を進めてしまったのだ。

 つまり、三船=松永というヤクザのあまりに魅力的で、暴走。

 黒澤監督はそれを引き戻そうとはせず、さらに暴走させたのが「酔いどれ天使」なのである。

 監督の気持ちもよく分かる。完成した作品を見ても、あのギラギラしたヤクザ松永。

 粗暴でありながら、哀れで、とても人間的。

 医者の話より、そちらの話を見たくなってしまう。

 「酔いどれ天使」の反対パターンがある。

 同じトリオで作られた映画スキャンダル」だ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(21)酔いどれ天使 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030080.jpg

 映画「酔いどれ天使」。

 映画ファンなら必ず見ている名作。「何が印象的だった?」と見た人に聞く。

 「三船敏郎のヤクザ役。松永がよかった。ギラギラしていて凄い!」

 という感想が必ず出る。

 三船敏郎は今回の「ストロベリーフィールズ」に出てもらっている、三船美佳さんのお父さん

 さすが世界のミフネ!

 と思うが、思い出してほしい。あの映画の主役、実は志村喬。彼が演じる医者の物語なのだ。

 タイトルだって「酔いどれ天使」アル中の医者を天使に例えた題名

 だのに、戦後を舞台にした、三船敏郎が主人公のヤクザ映画のような印象が残る!

(つづく)

今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)
今回は日本映画専門チャンネル
2009年05月13日(水) 22:00
2009年05月17日(日) 25:00
2009年05月20日(水) 12:00 

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(20)描き直す 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

11440582.jpg


 永井豪さんは、その漫画のその部分からのコミック化を封印。

 出版しなかったという・・・。

 数年後に、そこから書き直し、改めて連載した。

 現在、コミックとして発売されているのは、ある巻からは描き直した話である。

 ただ、個人的には描き直す以前の、キャラ暴走版の方が面白かった。

 作家が「思うように」話を進めるより、キャラが「暴走」した方が物語としては面白くなることが多いと思う。

 黒澤明監督も、同じことを経験している。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(19)バイオレンス・ジャック 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]


 漫画で、作家がキャラクターを止められなくなる話。他にもある。

 永井豪の漫画「バイオレンスジャック」

 この作品でも、主人公の1人が作者の手を離れて暴走。

 「自分の考えていた物語と、違う方向に行ってしまった・・・」

 と漫画家は話す。

 小説でも、シナリオでもそういうことがたまにある!

 キャラが一人歩きする。暴走する。

 そんなバカなと思われるかもしれないが、物語を作ったことのある人なら実感できるだろう。

 それが分かる人は、かなり力のあるといえる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(18)矢吹丈 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2685905

 連載当時、漫画家のちばさんが矢吹丈を描いていたというより、ちばさんが描かされていたという状態だったとさえ思える。

 俳優も同じだ。

 先のマキの話。谷村美月がマキをこう演じようではない。マキ自身が独立してしまい、谷村の意思を超えていたのだ。

 今回でいうと理沙。芳賀がいくら押さえようとしても、理沙の思いは止められないのである。

 ジョーとマキ&理沙の話、共通するものがある。

 本人の意思を超えてキャラクターが動き出す。

 それはちばてつやという作家が、谷村美月や芳賀優里亜という役者がいかに凄い力があるか?という意味でもある。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(17)あしたのジョー 2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030079.jpg

 漫画「あしたのジョー」。ボクシング漫画の名作。

 あの漫画の中、矢吹丈の顔がどんどん変わって行く。

 作家が意識して「成長を描いている」というのもあるだろうが、それよりむしろジョーが漫画内で成長しているのだ。

 同じ作家のちばてつやの他の漫画を見れば分かるが、あそこまで顔が変るキャラクターはないだろう。

 ちばてつやさん。あるインタビューでこうが言う。

 「今、あのときのジョーの顔を描いてくれと言われても、もう描くことはできない」

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(16)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030096.jpg

 谷村美月=マキに続き、芳賀優里亜=理沙も、シナリオに書かれた以上にキャラが成長していたのである。

 1日にそれが2度もあるなんて、奇跡の撮影である。

 芳賀優里亜。恐るべし! 演技というレベルを超えている。

 役というのは、俳優が演じるもの。

 でも、 ときには本人でさえコントロールできなくなるほど、成長する!

 理沙はまさにそういう状態。少し分かりにいくので、例を上げる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(15)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

11424076.jpg

 「この主役の2人。本当に、出来ているんじゃないか?」

 ある映画で、そんな恋人同士を演じた俳優たちがいた。

 撮影後、2人は結婚・・・なるほどと思った。

 仲の良さ。何もしなくても出る。それを知っているので芳賀たちは「まだ、仲良くしてはいけない」と言ったのだ。

 17歳とは思えぬ、凄い子たちである!

 そこまでしているのに、理沙=芳賀から「友情ビーム」を感じる。

 これはもう理沙が成長し、マキや夏美、美香に対する友情が育ってしまっているということだ!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(14)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2753774

 「みんな仲が悪い設定だから、まだ、仲良くなっちゃいけない」

 撮影以外では、距離を置いているという。

 それを佐津川(愛美)や芳賀(優里亜)が言っていた。

 「分かっているね・・・」

 嬉しく思えた。それはとても大切なことなのだ。

 例えば、恋人同士、夫婦、親友と関係だと、会話をしていないのに、見た目にそれが分かったりする経験はないだろうか?

 見えない「何か」を第三者が感じる。

 それを映画の仲で表現するのは、もの凄くむずかしい。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(13)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

 見た目、芳賀はシナリオ通りの演技をしている。

P1030085.jpg

 だが、目に見えない友情が溢れてしまったのである。

 谷村美月といい、芳賀優里亜といい、若いのになかなかの女優たちだ。

 通常、若い女優たちは、まず、現場の同世代と仲良くなろうとする。

 学校の新学期のようなもの。撮影よりも、仲間とうまくやることを優先する子も多い。

 でも、いちご娘たちは違う・・。こんなことを言っていた。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(12)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2577175257717626046922604682


 そして、今日。夏美の荒んだ家庭を直視する。

 「何であんたが死ななかったのよ!」

 なじる姉(三船美佳)。悲しみに暮れるだけの母(吉行由実)。

 そんな夏美(佐津川愛美)の家庭を見つめた理沙(芳賀優里亜)。

 僕がシナリオに描いた以上のもの、感じ取ってしまったのである。

 でも、芳賀さん。自分の意識の中で、こう思う。

 「まだ、早い。まだ、友情を感じちゃいけない」

 なのに、芳賀の意思を超えて、理沙がマキや夏美たちにシンパシーを感じてしまう。

 その「思い」が目に見えない形で、放出されていたのだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(11)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

入り口s.jpg

 マキの悲しい現実を体感した理沙は、

 シナリオ通りに、その悲しみを撥ね付けることができなかった。

 虐めていたマキの哀れさを知り、他人事ではなくなったのである。

 これは理沙が受け継いだ芳賀さんの「優しさ」から来るもの。

 本来の理沙なら、マキの悲しみを否定しただろう。

 でも、芳賀の中では・・いや、芳賀=理沙の中で・・。

 「こんな哀れなマキを、私はイジメていたんだ・・」

 と過酷な現実を目の前に反省し、同情したのである・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(10)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2429358

 シナリオでは、それでも理沙は心を開かない。友情を持とうとしない。

 だが、理沙はシナリオの上に、存在するだけではない。

 芳賀優里亜という素敵な女優さんの「体」と「人生」を借りて、この世に誕生した存在なのだ。

 マキというキャラがより「過激」で「暴走」する心優しき少女になったのも、谷村美月という女優さんの「情熱」「思い」が反映されたから。

 同じく、理沙も芳賀さんの「人生」や「性格」を受け継いでいる。

 そんな「芳賀優里亜」=「理沙」が、僕が作った「青い炎の理沙」を成長させていたのだ・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(9)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2321678242935824293562429359

 理沙(芳賀優里亜)は見つめた。

 マキ(谷村美月)の暴力親父(飯島大介)を見た。

 いつも強がっているマキが、叫び、涙を流していた。

 夏美(佐津川愛美)が聞く。

 「なぜ、マキは柔道を始めたの?」

 美香(東亜優)が答えられずにいる。そう、以前、理沙がマキをいじめていた。

 おまけに、母が家出。

 「男を作って逃げた」

 そう噂された。学校では理沙がいい触れ回る。

 そんな逆境に負けないために、マキは柔道を始めたのだ。

 そんな事実。理沙は知ったのだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(8)2001/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2604682

 理沙を演じる芳賀優里亜。

 「まだ、友情を表現するシーンじゃない・・・」

 そう思って、必死に思いを押さえている。

 でも、理沙の方がどんどん成長して行く。

 そう。先に書いたのマキ=谷村美月と同じ。

 芳賀自身の意思で、もう理沙は押さえられない存在となっていたのだ。

 始まりは、やはり・・・あのマキの家だろう・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(7)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2429357

 なのに、「友情」を感じる。

 といって台詞をしゃべるとき、芳賀(写真一番後ろ)が友情を感じる言い方をするということではない。

 マキ(谷村美月)や夏美(佐津川愛美)に、友情ある態度を取る訳でもない。

 芝居の上では、冷たい理沙。孤立している理沙。他人を拒否する理沙を完璧に演じているのだ。

 2429358

 でも、理沙が「友情ビーム」を発していると思えてならない。

 「僕の思い過ごしかもしれない・・」

 マキの家のシーンでは、そう思えた。

 が、本日のシーンではより強い「友情ビーム」を感じる。

 それで理由が分かった!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(6)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

マキの家 4人.jpg

 そう、マキ(谷村美月)の家を4人が訪れるシーンの撮影から、

 理沙(芳賀優里亜)が他の3人に対して、友情を持ち始めたこと。感じていた。

 でも、このシーン。いや、本日のシーンも、理沙は他の子たちに友情を感じている設定ではない。

 マキや夏美(佐津川愛美)の悲しい現実は見た。共感する部分が多々ある。

 熱い思いを持つマキは、そこで心を開く。

 だが、青い炎・理沙はまだ心を開かない。

 事実、美香(東亜優)の憧れの先輩に会いに行くときも同行しない。

 シナリオ的にはまだ、「友情」を表現する場面ではないのだ・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(5)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

2604682

 「なぜ、友情を感じるのか?」

 何度か説明した「立ち位置」。

 1人だけ離れて座っていることで、孤立感を出している。

 離れているのに、台詞でも美香のことを案じてない。

 なのに、理沙(芳賀優里亜)が友情を発しているような気がする。

 実は、今日に始まったことではない。

 先日の撮影。そう、あのときからである・・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(4)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030085.jpg

 本日、撮影しているケーキシーン。

 夏美(佐津川愛美)らは テーブルを囲む。最初に天国に行く美香(東亜優)のために何かできないか? 考える。

 ケンカっぱやいマキ(谷村美月)さえも、心を開き美香のことを考える。

 3人は少しずつ、仲良くなって来ていた。

 なのに、理沙(芳賀優里亜)だけは少し離れたところで、壁に持たれて距離を置いている。
 
 そのシーンの撮影。

 見た目は、理沙が皆に背を向ける態度。

 なのに、 なぜか、夏美やマキ、美香に対する友情を感じているように見えるのだ・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(3)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030077.jpg

 いちご娘の1人。理沙。17歳。高校生

 成績はクラスで1番。でも、取り巻きを操る影番。

 演じるは芳賀優里亜。

 そんな理沙。交通事故で死に、幽霊になってからも、マキ(谷村美月)や美香(東亜優)ら他の子たちと一線を引き仲良くならない。

 それぞれに48時間後には、天国に行かねばならない。なのに、理沙は実家に戻り、両親に会おうともしない。

 全ての人間関係。「拒否」している。

 その理沙に大きな異変が起きていた・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(2)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

P1030085.jpg

 今回は経験ある人ほど、大変な撮影

 過去の経験がプラスにならず、むしろ戸惑いの元となる。

 新人は疑問を感じないが、ベテランほど分からなくなる。

 理沙を演じる芳賀優里亜、子役時代から活躍している。

 心配になった・・・。

 撮影当初、戸惑っていたようにも見えた。

 「どこを撮っているか?分からない・・」

 と困惑していたのかもしれない。が、数日後には変化がある。

 芳賀さん。 戸惑うどころか、いちご娘4人の中で最も早く役を掴み、

 大きな成長を見せるのである!

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

タグ:芳賀優里亜
nice!(0) 
共通テーマ:映画

俳優の意思を超え、役は動き出す!(1)2005/9/21 [撮影5日目(七)成長するキャラ]

 2685882

 そう考えていて心配になった子が、一人いた。

 他のいちご娘3人と違い、芸歴が長い。

 子役時代から活躍。

 数多くのドラマや映画に出演している。

 日本映画の撮影に、慣れているはず。

 経験があることで、ハリウッド式撮影で戸惑ってはいないか?


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影5日目(七)成長するキャラ ブログトップ