So-net無料ブログ作成
撮影6日目(二)排水口 ブログトップ

3回に分けて撮影する理由(下/2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

IMG_2172

 その間に夏美(佐津川愛美)たちは、さまざまな経験をする。

 「成長」や「心境の変化」がある。

 それを俳優たちにも、リアルに感じてほしい。

 スケジュール的に言えば、まとめ撮りの方が効率的なのだが、

 あえて3日、3回に分けて撮影する。

 その間に別の撮影があるので、俳優たちも、

 夏美たちと同じように、「成長」や「心境の変化」が持てるからだ。

 今回はその排水口、2回目の撮影。準備もできたし、撮影スタートだ。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


隠れた青春ファンタジーの傑作。
今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)

2866132285398828514742864695286612228661342866124


もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

本日、2009年06月02日(火) 25:00

2009年06月05日(金) 20:00
2009年06月15日(月) 27:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1
nice!(0) 
共通テーマ:映画

3回に分けて撮影する理由(上/2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

CA240115

 この場所。海に近いので、満潮になると水かさが増える。

 逆に、干潮になると、水が減り、排水口のまわりを歩き回れるようになる。

 ここでマキ(谷村美月)と理沙(芳賀優里亜)がケンカ別れするシーンを撮影する。

 実は、この場所で3つのシーン。撮ることになっている。

 通常の映画ならまとめて、全部同じ日に撮る。

 何度も同じ場所に来る手間が省け、経費も時間も節約できるからだ。

 だが、映画の中では、「シーン」と「シーン」の間で「日にち」が経過している・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ「シーン22/排水口」 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

映画「ストロベリーフィールズ」シナリオ

2678793

(22)排水口のある河原/午後          会津川           

        夏美たち四人、排気口の上に座っている。事故
        の日の集合場所。

夏美(佐津川愛美)「・・・・・・・・・」

マキ(谷村美月)「夏美はおとなしいし、平凡な家の子かと思ってた・・・」

理沙(芳賀優里亜)「でも、血のつながった姉妹なのにあれじゃね」

美香(東亜優)「そんないい方は、よくないよ」

理沙「私の家は、何も問題ないから・・」

マキ「(掴みかかる)てめえ。気に食わねえなあ!」

美香「やめなさいよ! 時間ないんだから何かしよう!」

夏美「・・・・・・・」

美香「私たちが生まれた町。もう一度、見ておきたい・・」


(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・15/撮影 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2866158

 でも、撮影を終えると、物語の少女たちはいなくなる。

 残るのは映像として、記録された姿だけなのだ。 

 映画作りとは、「想い出」の記録なのかもしれない・・。

 そんなこと、しばらく考えていた。

 その間に、川の水がどんどん引いてきた。さあ、撮影再開だ!

 いちご娘たち4人の人生。カメラを通して、記録する。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・14/物語と同じこと 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2866157

 夏美も、マキも、理沙も、美香も、今、みんなそこにいて、

 呼吸をして、泣いたり、笑ったりしながら、存在しているのだ。

 そう考えていて、あることに気づく。

 この映画は48時間だけ、幽霊となって帰って来た少女たちの物語。

 撮影も同じ。3週間だけ夏美、マキ、理沙、美香が、

 現実の中で、俳優たちの体を借りて現れる。

 泣いたり、笑ったり、ケンカしたりして、人生を生きる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・13/感激! 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]


DSC_0344

 今日。マキと理沙がケンカするシーンを撮影する。

 5年。5年前から考えていたことが、現実に。

 その感激で、涙が溢れそうになる。

 排水口のそばに、佐津川や谷村がいる。それだけで、泣きそうになる。

 芳賀や東が立っているだけで、胸がいっぱいになる。

 ずっと、ずっと、想像の中にしかいなかった子たちが、そこにいる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・12/現実になる 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

 P1010439_1

 撮影2日目だったので、僕も緊張。

 その事実。受け止める余裕がなかった。

 それが今、撮影6日目を迎え、余裕が生まれてせいか?

 改めて、その事実を感じる。

 土手から見下ろす排水口。その場所で夏美やマキが走り回る姿。

 何度イメージし、何度、夢見たことだろう。

 それが今、現実となっている・・・。

2866155


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・11/夏美と出会う 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864686

 それが、ようやく、ようやく、5年がかりで撮影に辿り着いた。

 そして先日、この大好きな場所で1回目の撮影。

 イメージの中にしかなかった夏美やマキ。

 実態を持って、すぐそこにいた・・。

 佐津川愛美が、夏美として現れた。

 谷村美月が体操服を着て、マキとして立っていた。

 芳賀優里亜がクールな理沙として、存在していた。

 学級委員の美香は、東亜優となった。

 夏美たちは実態を持ち、声を出し、動き回った・・。

243718424507642836492283642228364362836437

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・10/夏美たちの姿 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864684

 でも、ロケハン時。僕の中では、夏美たち4人の姿。

 どんな顔をし、どんな声をしているのか?

 イメージはあるが、まだ明確ではない。

 とりあえず、テレビドラマのキャラ。はて嵌めて考えた。

 マキのイメージは、「金八先生」に出ていた頃の上戸彩?

 夏美のイメージを同じ、「金八先生」の杉田かほる? それとも伊藤つかさ?

 理沙のイメージは、三原順子・・?

 排水口で、そんなことを想像。でも、そこには誰もいない。

 そう、物語の中で、大人たちがマキや理沙の姿が見えないように、

 僕にもまだ、夏美たちの姿。おぼろげにしか、見えていなかった・・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・9/夏美たちの思い出 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

 2864693

 映画では紹介しないが、

 この排水口は夏美たち、一人一人の想い出がある設定。

 子供の頃、ここでよく遊んだ。

 淋しいときに、ここで泣いた。

 学校の帰り道に、毎日ここを通る・・。

 その場所に、仲の悪い4人が集まる。

 ポラロイドで、記念写真を撮る。

 そこから全てが始まる。孤独だった夏美。友達ができた。

 そして映画のエンディングも、この場所・・。

 3人の友達ができた夏美。ここでまた、1人になる・・。


(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・8/製作費も集まってなかった頃 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

CA240122_2 

 そしてこの排水口。一人佇み、考えた・・。

「ここで夏美が8ミリカメラをまわす・・・美香がしゃもじでマキにインタビューする・・・・」

 「いつもは怒ってばかりのマキが、嬉しそう・・・鉄男が記念写真を撮ろうと提案する・・・」

 「理沙がふて腐れる・・・・美香が連れに行く・・・・そして記念撮影」

 何度も何度も、この場所で考えた・・・。

 製作費。まだ集まっていない頃。

 多くの人、こう言っていた。

 「今からロケハンなんてやって、ギャラが出る訳でもなし。

 製作費が集らなかったら、無駄足になるんだぞ! やめた方がいいんじゃない?」

 でも、全てが整ってからスタートしたのでは遅いんだ。

 素晴らしい映画を作るには、月日が必要。

 この排水口に通い続けた・・・。

(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・7/愛着 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864683

 何度も訪ねると、その場所のことがよく分かるだけでなく、

 愛着も湧く。作品にも愛情が籠る。

 排水口とも、仲良くなれる。

 「おーい! また、来たぞぉ〜。元気かあ?」

 優しく迎えてくれるようになる。

 「また、来たのか? 本当のここで撮影するのか? もっと、新しくて素敵な場所があるだろう?」

 「いや、ここがいんだ! 今日も頼むぞ!」

 そして1人佇み。考える。

 
(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・6/春夏秋冬 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864694

 通常の映画のロケハン。そんなふうにバタバタと済ませる。

 経費と時間。なるべく少なくしようとする。

 でも、それでは撮影する町。詳しく知ることはできない。

 町を知り、把握して、好きになってこそ、

 その「魅力」。引き出すことができるのだ。

 だから、今回の「ストロベリーフィールズ」

 先にも書いた通り、5年前からロケハン。

 まだ、製作費が1円も集まってない時期から始めている。

 もちろん自腹。でも、何度も同じ場所を訪ねることができる。

 春、夏、秋、冬・・。

 朝、昼、夕方、夜・・。

 同じ場所でも、それぞれに顔が違う。その魅力。引き出したい。

 この排水口も、そうだった。

 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・5/通常のロケハン 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864682

 通常の映画製作。

 製作がスタートしてからしか、ロケハンには行けない。

 (つまり、経費がでないから・・スタッフは自腹を切ってまで仕事はしない)

 そしてギャラが出るようになる撮影の数週間前に、制作部がロケ地を見つけて来る。それを監督が確認に行く。

 でも、ロケハンは2〜3日。急ぎ足でまわる。

 「昼」に撮影する場所、「朝」見せられることもある。

 時間の制限があるからだ。近い場所から行ったりする。

 「夜」撮影する場所に、「昼」連れて行かれることもある。

 「監督。ここは夜来ると、凄くいいんですよ! 夜、来たかったんですけど、時間がないんです、すみません!」

 制作部がそんな説明をする。でも、それでいい映画が出来る訳がない。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い4/素晴らしい映画を作るため 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864695

 この場所。カメラマンの三本木さんとも、何度も打ち合わせした。

 「三本木さん。ここから撮ると、どうかな?」
 
 「・・・・そこだと、夏美たちはしっかり写りますけど、排水口が何だ分からなくなりますね・・」

 「そうだなあ・・・」

 そんなことをいいながら、数時間。

 製作費も集まっていない段階で、カメラマンと打ち合わせ。

 ギャラも、交通費も出ない・・・。

 それでも三本木さん。東京から遥か和歌山県まで。何度もつき合ってくれた・・。

 そして、この排水口のある撮影現場で打ち合わせをした・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い3/カメラマンの応援 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864696


 マキと理沙が、ケンカするシーン。

 そう、今日これから撮影する場面。

 「どんなカット割りに、すべきか?」 

 何年も前から、何度もここに来て考えた・・。

 この排水口のどこに、カメラを置くべきか?

 「ここなら***な感じ? 反対なら背景に**が入る?」

 そんなことを考えながら、1時間以上もこの場所にいた・・・。


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

隠れた青春ファンタジーの傑作。
今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)

285147825419882529149254198528510412851282


もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

2009年06月02日(火) 25:00

2009年06月05日(金) 20:00
2009年06月15日(月) 27:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い2/1人でロケハン 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2864681

 あるときは、この「ストロベリーフィールズ」のシナリオを持って、1人でこの場所を訪ねた。

 2678791

 物語通りに、主人公たちと同じ動きをしてみる。

 夏美がどこに立ち、8ミリカメラをまわすのか?

 インターハイ出発の日。マキはどちらからやってきて、

 どこから、河原に降りるのか?

 理沙はどうか?

 美香はどうか?

 4人が記念写真を撮るのは、どこか?

 どの場所でポラの撮影すると、この場所らしさが出るか?

 1人でそんなこと。何時間も考えた。

 この映画の製作が決まる、何年も前のことだ・・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

5年間の思い・1/ロケハン 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

IMG_2194

 排水口を見つめながら、考えた・・。 

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」。企画してから5年。

 何度、この排水口に通っただろう・・。

 1年目、1人で何度も何度も訪れた。

4年目からは、カメラマンの三本木さん。何度も同行してくれた。

 今年、プレロケハンで撮影部、照明部技師と訪ねた。

 ここまでが自腹。

 そしてようやく撮影直前、メインロケハンで主要スタッフと共に訪ねた。

 そのあとも、また、自費で1人で訪れる。

 30回? 40回? 50回?

 もう、思い出せないほど何度も、この場所を訪ねている・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、排水口へ4/写真 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]


 その排水口の写真。

 すでに何回もお見せしているが、

 大好きな場所なので、 もう1度まとめて紹介する。

春の土手

IMG_2191

IMG_2192

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、排水口へ3/昭和40年代 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

NDulzsp8cKLzDymAGn1yHdre1mDBnruHStvEHPzVhZ3ZCDJXJPsMO2*izYEB5DUDyDETWhfhTPJpChvfnXvYVrUHjVsFtnj5i5-LJqlkc5o-.jpeg

 昭和40年代。空き地には、巨大な下水道管が積まれていた。

 当時のドラマ「ウルトラQ」や「ウルトラマン」を見直すと、

 子供が遊んでいる空き地。ほとんどと言っていいくらいに、それが積まれている。

 この会津川の排水口は、それを思い出させるのか?

 とても、懐かしい感じがある。

 地元の方に聞くと、その排水口の中に入り遊んだという。

 そんな記憶がその場所に、染み付いているせいかもしれない。

 昭和40年代の想い出と、哀愁と、子供時代の記憶。

 そこに溢れている・・。

(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、排水口へ2/最も好きな場所 2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]


 会津川に沿った道路。ガソリンスタンド前に、ロケバスは到着。

 一番に飛び降りて、土手を上がる階段を登る!

 そこから、撮影場所の排水口が見えた。

2779044

 かなり水が引いている。

 準備をしている内に川底へも、降りられるようになるだろう。

 ホッとして、その場から河原を見つめていた・・・。

 この場所。子供の頃に、よく遊んだ場所ではない。

 5年前に今回の映画「ストロベリーフィールズ」のロケハンを始めてから見つけた場所。

 だのに、とても懐かしく感じる。

 木造校舎の東陽中学と並ぶ、田辺市で最も好きな場所・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


隠れた青春ファンタジーの傑作。
今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)

2851283285104128512942851297285129828540342853988


もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

2009年06月02日(火) 25:00
2009年06月05日(金) 20:00
2009年06月15日(月) 27:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1



nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、排水口へ1/2005/9/22 [撮影6日目(二)排水口]

2836213

 制作部から連絡!

満潮だった会津川の排水口の水位。下がってきたらしい。

 撤収して、そちらに向かう。

 ロケバスで移動。途中は、そわそわ。

 「どのくらい水が引けているのだろう?」
 
 かなり引かないと、撮影はできない。

 そして、このシーンを撮影しないと、次ぎには進めない。

 次・・・そう、それは、美香との別れのシーン。

 東亜優。

2828936

 全て演じ終えてから、一番むずかしい別離のシーンに挑ませたい。

 それが本人も一番やりやすく、気持ちが入るはずだ!

(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
 
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(二)排水口 ブログトップ