So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(三)排水口 ブログトップ

古畑任三郎のつもりで推理・7/気づかない人も 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

2828960


 理沙(芳賀優里亜)の真意に、気づかないストレート派も・・・

 「えーーーー、理沙も*****だったのか・・・ムカつく女と思ったけど・・・そうじゃなかったんだ・・」

 と、驚きがある。

 理沙の抱える悲しい現実に打たれて、理沙が愛おしくなる。

 いずれの派も、ドラマの醍醐味を味わえる展開にしてある。

 それがこの部分の演出で、大切なところ。

 その芝居。芳賀優里亜と谷村美月はちゃんと理解し、見事に演じてくれた!
 
 さらに撮影は続く!

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・6 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

2828940

 以上、鋭い観客は古畑任三郎のように

 「何かある!」

 と、理沙(芳賀優里亜)の台詞から気づいてドラマ展開を期待する。

 が、反対に理沙の言葉をストーレートに取って、

 「嫌な女だな! ムカつく!」

 と思う観客もいる。

 あとのシーンで真相が解明されたとき、古畑派は・・・

「やっぱり、そうか! 理沙はそんな秘密を抱えていたんだ!」

 と、ミステリー小説を読んで、犯人を当てたときのような感動がある。

 そして、ストレート派は・・。
 
 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png








nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・5/結論 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]


 「理沙(芳賀優里亜)はプライドが高い・・・素直に『私の家族も同じ。血が繋がっている姉妹なのに…』とは言えなかったのではないでしょうか?

 では、その理沙の家庭では、一体、何が起こっていたのか?

 答えはもうお分かりですね? 古畑任三郎でした・・・」

 と、気づいてもらえる仕掛けである。

 その謎解きは、次の「彷徨い」シーンで映像のみで行われる。

      IMG_0376

 さらにそのあとの「お寺」のシーンで、鉄男(波岡一喜)によって理沙が抱える「悲しみ」が解明される。

       DSC_2105

 そこまでは「ムカつく女」と思えていた理沙が、哀れで仕方がなくなるという展開なのだ。

 そんな伏線を張ったのが、このシーンであり、理沙の台詞。

 谷村美月と芳賀優里亜。そんな部分もしっかり押さえながら芝居を進める。

      2828960

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・4/理沙の言葉 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]


 古畑任三郎となった観客は、こう結論する。

 「理沙(芳賀優里亜)の行動と言葉が逆なんです・・・。

       2851476

 自分の家族を拒否しながら、夏美(佐津川愛美)の家族を批判する。

 おかしくないですかねえ?

 これらの言動から考えると、理沙の家族にも何か問題があります・・。

       赤別荘

 だとすると、なぜ、夏美の家族を批判したか?

 もしかすると、あの発言。はい。

 『血の繋がった姉妹なのに、あれじゃね・・』

 という言葉は、批判ではなく、共感だったんじゃないでしょうか?」

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・3 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]


 観客は古畑任三郎のように、さらにこう考えるだろう。

 「さらに思い出せば、理沙(芳賀優里亜)たちがこの世に戻って来たとき、すぐにお通夜の会場に行きました。そこで引っかかることがありました・・。

 マキ(谷村美月)が自分の遺影を見ていると、夏美(佐津川愛美)と美香(東亜優)が部屋に、戻ってきますね。

      葬式

 たぶん、美香の両親に会いに行ったんでしょう。でも、理沙は一緒に行かずに、部屋で座っているんです。

 夏美は『理沙の両親も来ていたよ』と言いました。

 でも、理沙はその言葉を無視。会いに行こうとはしません。

        2851476

 家にも戻ろうとしない。両親に会おうともしない。

 なのに『血のつながった姉妹なのに、あれじゃね・・』と、他人の家族を批判する発言。

 ん〜〜〜、何か、理由がありそうですねぇ?」

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・2 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]


 鋭い観客。古畑任三郎のように、考える。(このあとの記述は古畑さんの声を想像して、お読み頂けると楽しいです)

「ん〜〜〜〜〜〜〜なぜ、理沙(芳賀優里亜)は、あんな言い方をしたんでしょうか? 

 よほど家族の仲がいいから、夏美(佐津川愛美)の家庭をバカにしたということでしょうか?」

       2851476

 「ああ、それとですねえ・・。思い出すことがあるんですよぉ。

 マキ(谷村美月)の家に行く途中。夏美(佐津川愛美)と美香(東亜優)が、家に戻ることを勧めました。

マキの家への道 マキ、戻る

 なのに、理沙は『時間の無駄だから・・』と拒否してました。

 48時間しか、この世にいられないんですよ。なのに、なぜ、理沙は家族に会おうとしないんでしょうか?

 ここのところが引っかかるんです・・」

 
 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png






nice!(0) 
共通テーマ:映画

古畑任三郎のつもりで推理・1 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

        2828960

 さて、このあたりのシーン。観客はマキ(谷村美月)視点で物語を見ている。

 マキと共に夏美(佐津川愛美)の家に行き、家族の修羅場を目撃。

       2577175

 だから、同じ家族問題を抱えるマキが、夏美に共感する気持ちも理解できる。

        2866137

 逆に「でも、血のつながった姉妹なのに、あれじゃね」という理沙(芳賀優里亜)の言葉は許せない。

        2828940

 マキと同じようにムカッとくる! 他の言い方はないのか? と憤りを感じる。

 でも、ちょっと鋭い観客。古畑任三郎のように考える!


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・12/マキと理沙 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

2828940

 理沙(芳賀優里亜)「私の家は、何も問題ないから・・」

 そう冷たく言い放つ。

 その言葉にマキ(谷村美月)、ムカッと来る。

 当初は夏美(佐津川愛美)のことを何とも思ってなかった。

 が、絆のないバラバラの家族を見て、マキ自身の家族がダブったのだ。

 夏美の家は父が死んだことで、バラバラになった。マキの家は母が家出したことで、バラバラになる。

 人に突っかかってばかりいるマキも、夏美の気持ちが理解できた。

 それを安易に批判する、理沙は許せない。

 マキ(谷村美月)「(掴みかかる)てめえ。気に食わねえなあ!」

 美香、学級委員らしく、2人のそばへ行き。止める

 美香(東亜優)「やめなさいよ! 時間ないんだから何かしよう!」

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・11/マキと美香 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

マキと美香

(22)排水口のある河原/午後          会津川           

        夏美たち四人、排気口の上に座っている。事故
        の日の集合場所。

 夏美(佐津川愛美)「・・・・・・・・・」

 離れた場所で包帯をとって、途方に暮れる夏美(佐津川愛美)の後ろ。

 マキたちがいる。

 夏美の家で目撃した修羅場について、話を始める。

マキ(谷村美月)「夏美はおとなしいし、平凡な家の子かと思ってた・・・」

それに対して、冷たく言い放つ理沙。

理沙(芳賀優里亜)「でも、血のつながった姉妹なのに、あれじゃね」

 ムッとするマキ。それを察知して、美香が注意する。

美香(東亜優)「そんないい方は、よくないよ」

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(1) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・10/シーンの頭 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

夏美at排気口s.jpg

 このシーン。佐津川愛美演じる夏美が、包帯を取る芝居から始まる。

 先に四人の立場を表現するために、夏美が前面。幽霊のマキたちが後ろという立ち位置であることを説明した。

 が、そればかりではない。演出的なことだけを優先すると、物語としておかしくなる。

 夏美が離れたところにいるのは、前のシーンが影響している。

 先に撮影したシーン21。

 夏美の家。マキたちを前に修羅場を演じた。

2828939

 実の姉・春美(三船美佳)に「何で、夏美だけ死ななかったのよ・・」と面と向って言われた。

2840692

 逆上した夏美はナイフを手に取り、手首を切ろうとして母に止められた。
2604681


 そのことがあるので、気恥ずかしく。マキたちから離れて立っているのである。

 では、この場面。写真を使い、順に説明していこう。



(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・9/監督とカメラマン 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

2889330

 しかし、疲れた・・などと言ってられない。

 撮影スタートだ。

 写真。右端が監督の僕。

 そのとなりが撮影助手。

 そして名カメラマンの三本木さん。

 左端。いつもがんばる!演出部のサード君。

 撮影を始める!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・8/疲労度 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]


 撮影中は毎晩、隠れて指圧に行っている。

 それでも疲労度に、回復度が追いつかない。

 その話=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2009-05-01-10

 でも、先の写真。疲れではなく、単に難しい顔をしているのかもしれない。

 撮影中の他の写真と、比較してみる。

(クランクインの日)

監督 元気.jpg

(撮影4日目)

 カレーと監督s.jpg


(撮影6日目・本日)

 監督疲労s.jpg
 
 疲労度がどんどん進行しているように思える・・。ヤバい・・。

 でも、休む訳にも、倒れる訳にも行かないのだ・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・7 酷い顔 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

疲れた監督.jpg

 先にも書いたが、このところの疲労感が酷い・・。

 1年以上前から、休んでない。

 監督業だけでなく、今回はプロデュサーとして、脚本家として走り回って来た。

 おまけに撮影直前、2度も大きな事件が起きる。

 その解決にも全力で、当たらなければならなかった。

 そんなことだからいつも病院に行くと、必ずこう言われる。

 過労です。しばらくは休養しない。でないと、冗談ではなく過労死するよ!」

 今回もすでに、同じ状態だった・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・6/監督の写真 2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

DSC_0931

 スチールさんが撮ってくれた僕の写真

 この日はジャネットジャクソンコンサートツアーで買ったTシャツ

 手にしているのは、いつものステットソンの帽子

 インディジョーンズが被っている奴だ。

 でも、そんなことより、異常に疲れているように見える!

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・5/スチールマン/2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

IMG_2169

 写真上。撮影準備中の様子。

 その中で、右から三番目の男性。

 カメラを構え、夏美役の佐津川愛美を狙っている。

 この人はスチール担当のカメラマン

 映画の1場面と同じような写真を撮る。

 それらが映画のパンフレットに載る。

 宣伝用のスチール写真として使われる。

 映画本編の映像から、スチール写真を抜き出すのではなく、

 スチールマンさんが撮った写真を使うのだ。

 映画の一場面だけではなく、撮影風景を撮ることもある。

 この日、僕も写真を撮られた!

(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


隠れた青春ファンタジーの傑作。
今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)

2866124220079121968702200778243718425419732851476


もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

明日2009年06月05日(金) 20:00

2009年06月15日(月) 27:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1




 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・4/2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

DSC_0344

 写真。同じ排水口で、1回目に撮影したポラロイド写真。

 仲の悪い、ふぞろいの四人。

 でも、先の場面。マキの応援に行くために集まったときは、嫌々だが記念写真を撮った。

 四人が集まって、写真を撮った。

 それなのに、今は、また、バラバラに立っている。

DSC_0945

 その中の3人は、死んで幽霊になった。48時間の猶予しかない。

 それが過ぎると天国へ行かねばならないのに、まだバラバラなのだ。

 それを一目で伝えるための「立ち位置」。

 同じ排水口であるだけに、その差が明確に表現できるはずだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・3/2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

DSC_0945

 先の撮影現場。カメラフレームを通して俳優たちを見る。

 写真上のように見える。

 毎回、説明するように「立ち位置」によって、それぞれの役柄や関係を説明している。

 中央前面に立つのが夏美役の佐津川愛美。唯一、生きているキャラ。

 それが分かるように他の3人より前に立ってもらう。

 マキ(谷村美月)と理沙(芳賀優里亜)は仲が悪い設定。

 なので、理沙は左端。マキは右端と両極端にする。

 そして、いつも2人の間に入り、仲を取り持とうする学級委員の美香。

 演じるは東亜優、2人の間に立ってもらった。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

隠れた青春ファンタジーの傑作。
今年もCS放送で「ストロベリーフィールズ」放映!(3年連続)

2486641
28512832851477243718424507642528940248664224866352864685

もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

2009年06月05日(金) 20:00
2009年06月15日(月) 27:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1




nice!(2) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・2/2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

IMG_2170

 俳優たちに、立ち位置に立ってもらう(或いは座ってもらう)。

 佐津川愛美は排水口の前に立つ。

 谷村美月は排水口の横のコンクリートの上に座る。(体操服姿)

 芳賀優里亜と東亜優は、排水口の横に立ってもらう。

 カメラマンはそれをフレームで捉え、絵作り。

 小道具等があれば、演出部のサード君が渡す。(この日はグリーンTシャツ姿)

 昼間でも照明部の仕事もある。

 レフ板を用意。俳優の顔が影にならないように光を当てる。(写真左上)

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



 



nice!(1) 
共通テーマ:映画

写真で見る撮影現場・1/2005/9/22 [撮影6日目(三)排水口]

CA240120

 この排水口のシーン、現場スチールがたくさんある。

 それらを使って、撮影現場を紹介していく。

 水の引いた川にスタッフが集まる。

 まず、監督である僕。芝居の動きを説明。

 カメラ位置を決める。

 そうすると、一斉にスタッフが動き出す!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

青春ファンタジー「ストロベリーフィールズ」
本日6月3日(水)午前1時からCS日本映画チャンネルで放映!

1917650286612228512832851294


もう二度と会えない。夏の日のファンタジー

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
 
        波岡一喜、三船美佳

 監督&脚本・・・太田隆文

(今回は日本映画専門チャンネル)

本日2009年06月03日(水)午前1:00

日本映画専門チャンネル=>http://www.nihoneiga.com/prog/002164_000.html

「ストロベリーフィールズ」撮影日記=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-05-19-1





nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(三)排水口 ブログトップ