So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(五)スチール ブログトップ

排水口ロケ2も終了! 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2901890

 こうして、無事に「排水口」の場面。2日目が終了

 でも、満潮のせいで撮影スケジュールは遅れている。

 がんばらないと、撮り残しが出てしまう。

 しかし、このあとはいよいよ、クライマックスパート1

 美香(東亜優)が死神に連れて行かれるシーンである。

 ここは大切な見せ場。丁寧に撮らねばならない。

 映画初体験・東亜優にとっても、最大の見せ場。芝居も難しい。

 スタッフは撤収。次のロケ地に向かう!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 「ストロベリー」写真館=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/images#t=排水口の場面



nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(14)いちご娘。たち 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]


 谷村美月と東亜優がレフ板持ちをして、

 佐津川愛美と芳賀優里亜のスチール撮影

 そして谷村と東の撮影のときは、

 佐津川と芳賀がレフ板を持った。

 何か仲良しグループの撮影のようで、微笑ましい。

 仲良く撮影したあと。

 いちご娘。たちは会津川の土手を仲良く帰って行った。

 (つづく)

会津川土手

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(13)可愛い笑顔 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

 自分の遺影写真。嬉しそうに見つめる谷村美月に声をかけた。

 「マキ! 写真撮ろうか?」

 すると、谷村は大喜び。

 「わーーー、撮って下さい!」

 で、遺影と谷村のツーショット写真を撮ったことがある。

マキと遺影

 今回、レフ板を持った谷村。そのときと同じ満面の笑顔。

 いつもの天才少女とは違う、無邪気な少年のよう。

 そんなときの谷村、とても可愛い

 そして普通の女の子が(いや、男の子でも)関心を示さないものでも、興味を持つところ。

 あの演技力の「秘密」。あるのかもしれない。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(12)お通夜のときも 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]


 お通夜のシーン撮影のときも、同じようなことがあった。

 谷村美月が凄く嬉しそうに、見つめていたものがある。

 祭壇に用意されたマキの遺影。つまり、谷村の遺影写真

 シロクロ写真に、黒いリボンがかかっている。

 マキの遺影

 それをニコニコと見ていた。

 あまりに嬉しそうなので、声をかけた。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(11)レフ板持ちたい? 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

IMG_2177

 「前から1度、やりたかったんです!」

 という谷村美月の台詞からすると、

 以前の現場でも、レフ板を使うスチール撮りがあったのだろう。

 それを見ていて、こう思ったのだ。

 「わーーーー面白そう。あのレフ板、持ってみたいなあ」

 しかし、女優で、15歳の子が、「レフ板を持ってみたい」というのも面白い。

 カメラ撮影してみたい!」

 なら、分かるが、「レフ板、持ってみたい」だ。

 でも、その辺が天才少女・谷村美月らしい!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(10)谷村、大喜び? 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

 スチールさん。

 撮影待ちで、そばにいたマキ役の谷村美月に声をかける。

 「これ(レフ板)。この位置で、持っててくれるかな?」

 谷村、困った顔をするかと思い気やとびきりの笑顔で、

 「わーーーーーー、これ1度やってみたかったんだぁ!」

 と大喜び。

 一緒に待っていた美香役の東亜優と共に、大きなレフ板を持ち上げた!

IMG_2177


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(9)ベテランの発想 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2925172

 ちょっとしたことで、リラック。

 コミニュケーションが出来て仲良くなれる。

 そうすれば、いい笑顔が撮れる。

 スチールさん。そこまで考えているのだろう。

 とっても、出来る人なのである!

 ただ、レフ板を持つのもむずかしい。

 ちょっとした角度で、光が当たったり、当たらなかったり。

 俳優側もこう思うかも?

 「私にできるかな・・? うまくできないと迷惑かけるし」

 でも、谷村美月の反応は違った。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(8)安心の笑顔 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2925175

 グラビア撮影でもカメラマン

 いろんなことを言いながら、シャッターを切る。

 「朝ご飯は何食べた?」「好きな色は何色?」

 それによって、コミニュケーション。

 撮られる側はリラックス。安心して、素敵な笑顔が見せられる。

 スチール撮影も同じだ。

 何かコミニュケーションがあると、緊張が解ける。

 スチールさん。

 そんなことも考えて、レフ板を持ってほしいと言ったのだろう。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(7)コミニュケーション 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2925174

 映画の世界に詳しい人なら、思うだろう。

 「え? 俳優に手伝ってもらうか?」

 確かに、撮影現場で俳優が何か手伝うといっても、スタッフは断る。

 俳優の仕事は芝居。それに集中してもらうためである。

 だが、スチール撮りというのは、単に俳優の写真を撮るだけではない。

 カメラマンは、俳優のコミニュケーションが大切。

 

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

 




 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(6)手が足りない! 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2901865

 ただ、レフ板は大きく、両手で支えなければならない。

 カメラも、両手が必要。

 スチールさんは1人。

 光を当てながら、撮影するのはむずかしい。

 どうするのだろう?

 スチールさん。撮影待ちでそばにいる俳優の方を向いた。

 マキ役の谷村美月に、声をかける。

 「これ(レフ板)。この位置で、持っててくれるかな?」

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(5)レフ板の使い方 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]


 より強い光が必要なときは、裏側の金の面。

 2925172

 立てかけたり、手で持ったりして光を反射。

29251742925175

 被写体に当てて撮影する。
 
(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(4)レフ板とは? 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]


 レフ板がどんなものか?ご紹介。

 以下の写真。これがケースに入った状態。

2925170

 この中に入っている。

 2925171


 取り出すとこんな感じ。

2925176

 広げるとこんな感じ。

 左にあるのは、僕の上履き。比較すると大きさが分かる。

2925173

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(3)レフ板 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2925170

 ポートレート写真を撮るとき。

 よく使うのがレフ板。

 大きな反射板。それを使って、俳優に光を当てる。

 すると、より美しく撮ることができる。

 照明部が撮影時に使う大きなレフ板があるが、

 スチールさんは、たたむと小さくなるレフ板を使っていた。

 
(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(2)ポートレート風 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]


 排水口のシーン終了後。

 スタッフが撤収している間、

 スチールさんは、いちご娘たちに声をかける。

 土手の上。フェンスの前で撮影を頼んだ。

 ポートレート風の写真を撮る。

 通常の撮影は、俳優が芝居をしている。カメラを見ない(写真下)。

2851476285129428661222889271

 が、ポートレート風は、カメラのレンズを見ている。

 パンフレットの俳優紹介等に、使われる写真である。 


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

スチール撮り(1)映画の一場面でない? 2005/9/22 [撮影6日目(五)スチール]

2901865

 先にも紹介したスチール・カメラマン

 映画の一場面を撮るだけではない。

 映画紹介の雑誌パンフレット等を見ると映画の一場面ではないが、

 明らかにロケ地で、役の衣装を着たまま写った写真がある。

 それもスチールさんの仕事。

 撮影に余裕があるとき、出番待ちや撮影終了時に

 撮影する。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(五)スチール ブログトップ