So-net無料ブログ作成
撮影6日目(六)路地 ブログトップ

「河原」が「路地」撮影になった理由(11ー終)ここだ! 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

CA241008 

 それを三本木カメラマンに話す。
 
 「うん。なるほど・・いいかもしれませんね?」

 次に田辺ロケハンに行ったとき、早々に試してみた。

 実際にカメラを構え、手持ちで歩く。

2968435

 フレームの両側の壁が、前から後ろへ。

 これはマキのいなくなる「山」でも、理沙が消える「海」でも撮れない映像。

 「よし、コレで行こう!」

 こうして、シナリオに書かれてあった「河原」場面

 「路地」に変更することにした!

 (つづく)

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(10)スピード感 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]


CA241015

 人の目は「何かが前から、後ろへ動いていく」ことで、スピード感を感じる。

 だだっ広い河原で撮影すると、

 死神が美香(東亜優)を連れて行く場面でも、左右には何も写らない。

 当然、スピード感は出ない。去って行くという感じだけ。

 だが、狭い路地で撮影すれば、2人の左右に建物の壁が写る。

 死神が美香を引っ張って行くと、その壁が前から後ろへ移動。

 スピード感が出る。狭い空間、突き進んで行く感じが出る!

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(9)ルーカスのアイディア 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

 監督のジョージルーカス。

 こんなアイディアを考える。

 主人公のルークが乗るXウイングファイター、デススターの溝を飛ばせた。

 そのことで、スピード感を出そう。

 宇宙空間を飛んでも、早さの比較ができず、スピード感がでないが、

 溝を跳ぶと、壁面がもの凄いスピードで後ろへ去って行く。

 車を運転するとき、高速道路で100キロ出しても、早くは感じないが、

 狭い道で、40キロ出すともの凄いスピード感を感じるのと同じ。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(8)スターウォズ再び 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2953003

 また、「スターウォーズ」を例に出す

 「エピソード4」のクライマックスは、デススター攻撃。

 主人公ルーク・スカイウォーカーが操縦するXウイングファイター、

 もし、宇宙空間から攻撃する設定にすると、

今までの戦争映画と同じ、

 でも、監督のジョージ・ルーカスは面白いことを考えた!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(7)臨場感 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

CA241025

 屋敷町の路地。車も通れない。人がすれ違うだけでギリギリ。

 両側は古い家。

 その場所で美香(東亜優)は、死神に連れて行かれる・・。

 懐かしくも、美しい場所。

 そこで撮影すれば、古い壁や家の側面も写る。

 臨場感が出る。

 それだけでなく、もうひとつメリットがある! 

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(6)そして 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2953002

 で、しばらく考えた。

 マキ(谷村美月)や理沙(芳賀優里亜)の別れの場面。それらと差別化できて、迫力がある。

 リアリティのある「悲しい場面」にするには、どこで撮影すべきか?

 海ではなく、山ではなく・・。

 そう考えていて、屋敷町の「路地」を思い出した。

 別れの場面というと、大きな広い道をイメージしがち。

 でも、逆に狭くて古い通りが悲しく、哀愁が漂うのではないか?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(5)何も写らない? 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2953001

 ロケハンで河原を見た、三本木カメラマン曰く。

 「河原はだだっ広く、延々と草原が続き、その横を川が流れている。

 そこで俳優をバストショットで撮影すると、まわりに何も写らない。

 川や草原は低い位置にある。河原ということも分かりにくい」

 なるほど、その通りだ。

 俳優の後ろ。背景に何かが写るから臨場感が増す。

 河原では、空しか見えない!

 

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(4)死神博士? 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]


2953000

 『仮面ライダー』のアクションシーン。

 石切り場とか、広場とか、必ず広い場所で撮影する。

 邪魔なものがなく、ぶつかったりして怪我しないように、

 そして、撮影がしやすいからだ。

 美香のシーン。同じように広い場所で撮ると、どうなるか?

 死神が怪人(あるいは死神博士?)に見えて、少女をさらって行くという、

「仮面ライダー」の一場面のように、見えてしまわないだろうか?

 リアリティを失ってしまわないか?

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(3)仮面ライダー? 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

会津川

 その方法論に従い、

 美香(東亜優)は「河原」で死神に、連れ去られるというのを設定。

 「会津川の河原がいいかな・・」

 とロケハン。カメラマンの三本木さんに、同行してもらったとき。

 こう言われる。

 「河原は広くて撮影しやすいし、自然もいっぱいある。でも、ここで芝居をすると『仮面ライダー』のような感じになりそうなのが不安」

 言えてる・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由(2)スターウォーズの場合 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

USF3-S.jpg

 「3人とも自然の中にしたい」との思いからである。

 映画的に考えると、同じような場所で3回。

 「死神」シーンを撮るのはよくない。

 「スターウォーズ」も、その辺を考えていた。

 エピソード4は「砂漠」の惑星・タトゥーインが舞台。

 エピソード5は「氷」の惑星・ホス。

 エピソード6は「森」の惑星エンドア。

 と、見た目に違いを出していた。

 それによって、印象が違ってくる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「河原」が「路地」撮影になった理由 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

CA241007

 この路地。大好きな場所。

 でも、実は今回の映画「ストロベリーフィールズ」で使う予定はなかった。

 「いいんだけど・・・どのシーンでも使えないなあ」

 そう思っていた。

 美香(東亜優)が死神(奈佐健臣)に連れて行かれるシーン。

 本来は別の設定だった。

 マキ(谷村美月)が山。理沙(芳賀優里亜)は海。

 なので、美香は川と考えていた。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

見つけた路地(下) 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

CA241018

CA241006

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

見つけた路地(上)2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]


 そんなふうにして見つけたのが、次のロケ地。

 屋敷町にある路地である。

 まず、写真で紹介する。

CA241025

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(8)大いに関係ある! 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

1877950

 映画以外のことも聞く。

 何人兄弟か? 好きな食べ物は?

 いろんな面を知ることで、その俳優のことが理解でき、好きになる。

 魅力も引き出せるようになるのだ。俳優も町も同じ。

 「美しい風景」を探すだけのロケハンというのは、

 見た目がかっこいいだけの俳優と・・。

 中身も過去も、何も知らないで仕事をするのと同じ。

 相手のことを知ってこそ。いい仕事ができる。

 知り、把握し、好きなること。俳優でもロケ地でも大切。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(7)そんなの関係ない? 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2486624

 「映画の撮影をするのに、歴史や食べ物は関係ないんじゃないの?」

 そんなことを言う人もいるだろう。

 その映画に「町の歴史」や「地元の食べ物」が出てくる訳でもない。

 でも、大切なことなのだ。

 俳優と仕事をするとき、監督はその人のプロフィールを確認する。

 何歳で、何県生まれで、いくつでデビューして、どんな作品に出演したか?

 その作品も見る。それだけでなく会って話をする。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(6)人 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]


2753747

 それから、その町に住む人たちと語らう。

 若い人と話す。お年寄りと話す。子供たちと話す。

 市役所の人。先生。お坊さん。お店の人。

 いろんな人と話すことで、そこがどんな町なのか?

 よく分かる。

 昔話を聞く。最近の話を聞く。由緒あるお寺の言い伝えを聞く。

 歴史を聞く。景気を聞く。

 そこから町の問題点。成り立ち。町の成長が分かる。

 町を歩いただけでは分からない、奥行きが見えて来る。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(5)食べ物 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

CA240784

 町を歩く以外にも、大切なことがある。

 町の人たちが、食べているものを食べる。

 町の名産品を食べる。

 町のうまいものを食べる。

 そこには必ず、町の歴史がある。

 町の「性格」や「思い」が詰まっている。

 それを知ると、さらに町が好きなる。

 好きな町で映画を撮れば、必ず素敵な作品になる。

(つづく)


 梅干で俳優たちに地元を伝える?=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-01-28-2

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(4)僕のやり方 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2753745

 まず、町を歩く。徹底的に歩く。

 撮影場所を探すのが基本だが、それにとどまらずあちこち歩く。

 ロケに必要のない場所でも、いろんな所を訪れる。

 晴れの日。雨の日。曇りの日。いろんな天気に歩く。

 朝、昼、夜。いろんな時間帯に歩く。

 町のいろんな面が、いろんな表情が見えて来る。

 発見がある。興味が湧く。そんな町が好きになる。

 それが映画を撮る上で、大切なものとなる。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(3)町を知ること 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

2753759

 ロケハンは、「撮影に相応しい」「美しいだけの場所」を探すだけではいけない!

 まず、その町を好きになること。その町を知ること。

 そして、その町を愛することができないと、本当に美しい風景を撮ることはできない。

 今回のロケ地・田辺市は僕の古里。だから、愛情はある。

 だが、住んでいたのは4歳まで。その後、夏休みごとに戻って来たが、

 町を把握しているとは、言いがたい。

 だから、まず、もう1度、町を知ることから始めた!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(2)2回だけ? 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

IMG_0392

 そんな「ロケハン」。大きな問題がある。

 監督がロケ地を訪れる機会、非常に少ないこと。

 「制作部の探した場所をロケハンで見に行くとき」

 「撮影で現地を訪れるとき」

 下手したら2回しかない!

 それも酷いときは、朝撮るシーンの場所に夜連れて行かれて、

 「朝来るといいんですよ! でも、今日の夜には東京に戻るので朝見せる時間がなのが残念です・・・」

 と制作部に言われることさえある。

 そんなことで、ロケ地決めていいのか?

 昔から、感じていた・・・。

(つづく)

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンの意味(1)通常の場合 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]

屋敷町のネコ

 これから向かう屋敷町の路地。

 ここも、僕が大好きな場所だ。

 美香(東亜優)が死神に連れて行かれる重要なシーンを撮影。

 その素敵な場所との出会い。まずは紹介する。

 映画は撮影の前に「ロケハン」といって、撮影する場所を探す作業がある。

 通常は映画製作が決まり、スタッフが雇われてから、制作部がまず現地に行く。

 シナリオを読み、それに相応しい場所を探す。

 そこで見つけた候補。監督がロケハンに来たときに紹介。

 監督自身が決定する。というものである。

 でも、これではダメだと思うんだ・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

本日のスケジュール確認 2005/9/22 [撮影6日目(六)路地]


 まず、これからの撮影スケジュールを確認する。

 撮影シーン.jpg

 一番上、#S22 「排水口のある河原」は終えたばかりの場面。
 
 二番目、#S26 「狭い道」がこれから撮影するもの。

 三番目、#S24 「浜辺」は朝一番に撮影した。

 四番目はナイター(夜間撮影)なので、上記が終わったから。

 本来は上から順に撮影するが、満潮の影響で3番から撮影。1番に行き、2番へと進む。

 スタッフはロケバスで移動。

 #S26「狭い道」を撮影する屋敷町に向かう!

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(六)路地 ブログトップ