So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(七)美香との別れ ブログトップ

移動撮影(11)自転車? 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

P1010509

 ロケハンのとき。撮影部と制作部が話し合った結果。

 路地は狭くて、車は入れない。

 予算がないので移動車やステディ・カムもダメ。

 ということで、自転車バイクを用意してもらうことにした。

 それなら狭い路地でも走れる。

 カメラマンが後ろに乗り、誰かが前で運転する。

 その後ろを俳優たちが走る。

 そんな結論を出した。ところが・・。

(つづく)

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(10)車? 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2968457

 だが、映画撮影というのは様々な方法論がある。

 機材を使わなくても、移動撮影をする方法はある。

 車だ!

 車にカメラを乗せて走る。そのあとを俳優が走れば、安定した映像が撮れる。

 ま、これはよく使う手。

 だが、この方法も今回はダメ!

 夏美(佐津川愛美)やマキ(谷村美月)が走る道。

 狭過ぎて車が入れないのである!

 (つづく)

 この路地で撮影する=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/153524

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(9)夜、返却は無理? 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


2968458

 製作部は言う

 「でも、業者はこう言うんです。

 移動車とレール。タダで貸すけど、その日の夜には返してね?

 返してくれれば、別日はまたタダで貸せるから!」

 タダで貸している間に、金出して借りに来た人がいたら困るからだ。

 でも、無料ならありがたい・・・が、今回の撮影現場は和歌山県。

 夜、東京の機材屋に返却することはできない・・。

 抜け道も使えない・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(8)抜け道 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

(写真下・移動撮影をする路地)

2968456

 ただ、抜け道もある・・・と製作部は話す。

 予算の少ない映画のとき。機材レンタル屋に言って頼むんです。

 今回は本当に厳しい。でも、どうしても数日だけ移動車がいります。

 顔見知りの機材屋に頼めば、貸してくれることがあるんです。

 でも、向こうも商売。1週間貸しっ放しという訳にはいかない。

 
 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(7) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

いちご娘。イン墓場

 予算が厳しいので、移動撮影用の台車か、墓場の合成シーン(写真上)か、どちらかを選んでほしいんです。両方をやる予算ないんですよ・・」

 そう言われて、合成を選んだ。

 それがないとマキ(谷村美月)たちが幽霊であること。

 映像で見せることができない。

 という訳で、撮影現場に移動車はない・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(6) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

(写真下。移動撮影をする路地)

CA241007

 先に上げたのが、機材を使った移動撮影。

 しかし、今回の映画ストロベリーフィールズ」は製作費*億円という大作ではない。

 何と言っても、素人プロデュサーの僕自身が製作費を集めている。

  それら豪華機材、使うことはできない。

 クランクイン前にラインPからも、こう言われた・・。


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(5)クレーン 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

クレーンBWs.jpg

3、クレーン。クレーンの先端にカメラマンが乗り、アームごと動かして移動する。

 写真上は別の作品で使用したクレーン。

 左側先端にカメラを着け、カメラマンが乗る。

 クレーンごと移動すれば、前後左右にも動ける。

 これは中型。もっと小さいもの。大きいものもある。

 以上。移動撮影の主なものを上げた。さて・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(4)移動車とステディカム 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

CA241018

 1、移動車。レールを敷いて、カメラを乗せた台車を走らせる。

 2、ステディカム。特殊な機材をカメラマンの体に装備。走ってもブレが少ない映像が撮れる。

 原理は、そば屋のスクーターに着いたアレ。器からおつゆが溢れない・・と同じ発想。

 スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」で多様されている。

 
(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(3)いろんな手段 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

(写真下・移動撮影する路地)

IMG_1898

 移動撮影。大きく2つの方法がある。

 1、手持ちで移動する

 2、機材を使って移動する。

 1の手持ちは簡単だが、手ぶれが起こりやすい。

 早いスピードでの移動は、それが酷くなり画面が見辛くなる。

 そこで2、機材を使った移動がある。


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
 









nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(2) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2968484

 ロケハンでこの路地に来たとき。

 各パートは撮影での段取りを考えた。

 照明部なら、まずライトが必要かどうか?

 どの程度のライトがいるか? いくつ、どこに置けばいいか?

 電源はどうするか?

 或いは、レフ板だけで済むか? その辺を考える。

 「移動撮影」のある撮影部。

 どのような移動手段にするか? 考えた・・。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

移動撮影(1) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

CA241006

 撮影路地。ここを夏美(佐津川愛美)たちが死神から逃れるために走る。

 スタート地点。写真奥に白く飛びかけたところに見える、駐車場の前(車が数台置かれているのが見える)。

 そこから柵に沿って走り、家の前を通る。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優の3人がそのコースを走る。

 その撮影、カメラを固定して撮る方法もある。が、それではスピード感が出ない。

 カメラも動きながら撮る。移動撮影と言う。

 でも、移動に仕方が問題だ。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png





 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

さて、より細い路地へ! 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

カチンコとスタッフ

 旅館から海蔵寺への道、撮影を終えた。

 次は、その間にある駐車場角から延びる「路地」で撮影する。

 この路地こそ、僕が大好きな田辺の場所のひとつだ。

 スタッフ、キャストのテンションも上がっている。

 撮影はつづく!


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

繋げてみよう! 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


 この下り。両側から撮影した。

 それを編集すると、映画らしくなる。

 スチールを並べて、イメージしてみよう!

          *

 マキ、夏美、美香、走って来る。が、理沙はいない。

2963964

夏美(佐津川愛美)「こっちが近道!(何かに気づいて、立ち止まる)」

マキ(谷村美月)「・・・(何だよという顔をするが気づいて、立ち止まる)・・・」

美香(東亜優)「・・・(立ち止まる)」

2963967

死神「・・・(冷たい顔で、道を塞ぐように立っている)・・・・」

2776963

2963972

2980373

美香「ポケットから砂時計を出す。最後の砂が零れ落ちる」

2980372

2971518


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
        

nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神側の撮影(下)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

DSC_1041

 死神が立ち上がるカット。

 ここは夏美(佐津川愛美)たちの撮影とは違う方法論。

 通常は俳優の顔がはっきり分かるように撮影。

 逆光なら、レフ板で光を当てて明るく撮る。

 だが、死神は逆に暗く撮らねばならない。

 黒く沈んだ影のように撮る。露出を絞り、空を入れる。

 さらにあおり気味に撮って巨大感を出す。

 ここはホラー映画の手法である。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神側の撮影(上)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

カチンコと死神前

 夏美(佐津川愛美)側の撮影は、これでOK。

 次は反対側に立つ死神(奈佐健臣)側。

 急に死神が目の前に現れるというシーンだが、

 実は死神さん。地面にしゃがんでいる。

 「よーい、スタート!」という僕の声で立ち上がる。

 アナログやり方だが、映画では効果を発揮する。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の砂時計(下)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


 でも、別撮りすると、微妙に変な感じになりがち。

 光の具合が違う。背景が違う。

 「一般の観客はそこまで気にしない」と言う人も多いが、何か変な感じがする。

 また、その小物撮りに時間がかかり、

 結果、別日にスタッフを集め撮影てなことも多い。

 だから、その場で撮るのが一番。本人の手で、その場所で撮る。

2980337

 今回撮った映像。たぶん、以下のような感じになるはず。

 2971518

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の砂時計(中)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2980336

 写真上。美香(東亜優)が砂時計を見るシーンの撮影

 東の手に握られた砂時計。アップで撮っている。

 こういった物関係。

 時間がもったいないのであとで、撮影することが多い。

 似たような場所で、別の人に砂時計を持ってもらって撮る。

 そして現場では、俳優が中心のところを先に撮る・・。

 が・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香の砂時計(上)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


 3人のショットを終えたあと。

 今度は美香(東亜優)のアップ。

 2980373

 死神が迎えに来たのを知った美香が驚く顔。

 砂時計を確認する。

 最後の砂がこぼれ落ちる・・。

2980372

 そのシーンを撮影

 ここで「小物撮り」(?)が必要となる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神登場!(下) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

死神と対峙するマキたち

 死神と見つめ合う、3人。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優。

 いずれも超真剣な表情がいい。ここでカット!

 そして、美香(東亜優)のアップを撮影だ。

 美香「(ポケットから砂時計を出す。最後の砂が零れ落ちる)」

 この下りである。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神登場!(中) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


 佐津川愛美、谷村美月、東亜優の3女優

 少し手前からスタートして、決めた地点で止まり台詞。

 夏美(佐津川愛美)「こっちが近道!(何かに気づいて、立ち止まる)」

夏美「こっちが近道!」

マキ(谷村美月)「・・・(何だよという顔をするが気づいて、立ち止まる)・・・」

 美香(東亜優)「・・・(立ち止まる)」

DSC_1028

 皆、いい芝居だ! 映画になったときは、ここで反対側の死神が映るのだが、撮影では片側ずつ通して撮る。

 いちご娘たちの芝居が続く。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 





nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神登場!(上) 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2963935

 シナリオでは、このあと次の展開だ。

夏美(佐津川愛美)「こっちが近道!(何かに気づいて、立ち止まる)」

マキ(谷村美月)「・・・(何だよという顔をするが気づいて、立ち止まる)・・・」

美香(東亜優)「・・・(立ち止まる)」

死神(奈佐健臣)「・・・(冷たい顔で、道を塞ぐように立っている)・・・・」

 その撮影を続ける!

カチンコ

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(7)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]


 「よーい、スタート!」

 監督である僕、そう叫ぶ。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優、

 十代の女優たちが一斉に走って来る!

2963964

 それにしても、早い!

 東はスカートが足にまとわりついて走りにくそう。

 でも、他の2人に負けられないと真剣。

 佐津川、谷村はまるで陸上部。ほんとに早い!

 それを何度か繰り返して撮影。このカットはOK。

 さあ、続いてのカットに行くぞ! ここからドラマが始まる。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 





nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(6)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2971493

 リハーサルでは、演技の確認だけでなく、

 技術部も確認作業を行う。

 撮影部は走る夏美(佐津川愛美)たちを捉えきれるか?

 録音部は足音をしっかりと録音できるか?

 等を確認。
 
 マキ(谷村美月)たちが旅館の角に戻る。

 いよいよ、本番だ。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


 



nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(5)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2971501

 さて、本番。

 上写真。本番前のスタッフ。

 佐津川愛美たち、正面の角を曲がったところで待機。

 助監督のサード君、カチンコを用意。

 左側で長いマイクを持つのが、録音部さん。

 その手前左、コードを持つのは照明助手君。

 録音部。技師と助手と2人しかいないので、お手伝い。

 台詞はないカットだが、夏美たちの「足音」を拾わなければならない。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(4)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2971497

 まずは、リハーサル

 「よーい、スタート!」

 という僕の声で、佐津川愛美、谷村美月、東亜優の3人が走り出す。

2971964

 その早さ。もの凄かった。

 「短距離走か!?」という超スピード。

 「早く走れ!」と指示した訳ではない。

 でも、佐津川たちの思いは分かる。

 「美香の残り時間は少ない。早く、憧れの先輩に会わして上げたい」

 だから、力一杯走る。

 なるほど。それで行こう!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(3)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

 では、撮影の様子をシナリオと比べながら、紹介して行く。

 まずは、夏美(佐津川愛美)、マキ(谷村美月)、美香(東亜優)が、美香の憧れていた先輩に会いに行くところである。



(26)狭い通り/午後

        マキ、夏美、美香、走って来る。が、理沙はいない。
        走る。走る。走る!




 旅館の前の道(写真下)がスタート地点。

 佐津川愛美たち、角を曲がったところに待機。

 僕の「よーい! スタート!」の声で、こちらに向かって走って来る。

2971497


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 


 



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(2)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

紀伊国屋っっs.jpg

 まず、旅館写真上)前から夏美(佐津川愛美)たちが走る。

 途中で死神(奈佐健臣)が現れるので、駐車場の角を曲がる。

29684392968456

 駐車場を左に見ながら、柵の左横を走る!

 そういうシーンからだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

夏美たち、走る!(1)2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

紀之国屋ss.jpg

 一番手で撮影するのは、ここ! 

 下屋敷町にある旅館写真上奥)から、塾の前を通り

 海蔵寺(写真下)に続く道。

 海蔵寺s.jpg


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

次の撮影場所に到着! 2005/9/22 [撮影6日目(七)美香との別れ]

2968454

 次のロケ現場に到着。スタッフはバスを降りて準備開始。

 場所は屋敷町と、あおい通りの間に位置するエリア。

 その一角に、美香(東亜優)との別れ、撮影撮影する路地がある。

2968438

 五年ほど前に、ロケハンで町を歩き回っていて見つけた。

 観光で来ても、なかなか見つけられない場所。

 でも、なかなか、味のある素敵な路地。


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
  

nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(七)美香との別れ ブログトップ