So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(八)美香との別れ2 ブログトップ

手錠。足錠をした演技? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

DSC_1041

 死神役、顔が映らない。

 台詞もない。
 
 プロレスラーに手錠。足錠をして「リングに上がれ!」というようなもの。

 もの凄く芝居がし辛いはず。

 でも、死神役の奈佐健臣さん。体の動きひとつで死神の意思を表現。

 期待を超える活躍をしてくれている。

 さ、マキVS死神の戦いシーンだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神。演じるは奈佐健臣! 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

DSC_1146

 この死神役。演じているのは奈佐健臣さん。

 元・状況劇場の役者さん。

 唐十朗が主催。1960年代から活動。

 根津甚八、小林薫、佐野史郎、六平直政、等の実力派俳優を排出した劇団である。

 そんな一人。奈佐健臣さんもなかなか個性的だ。

 奈佐さんが死神役に決まるまでの話=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-02-08-4 

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神さんの衣装直し 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

DSC_1145

 戦いの前に死神さんの衣装直し。

 死神さんの姿。写真では初公開。

 撮影時も影のように暗く撮っているので、実態は映画内でも明確には見えない。

 でも、こんなふうに何枚も重ね着して、ベルト等で重装備。

 この夏の暑さの中。大変なのだ。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキVS死神の序章 2005/9/22  [撮影6日目(八)美香との別れ2]

CA241008

 路地を走って来たマキ(谷村美月)たち。その前に立ち塞がる死神。

 覚悟を決めたマキ。一歩前に出て、こう告げる。

マキ(谷村美月)「会いたい人が・・・その先にいるんだ・・・」

死神「・・・・(無言で近寄って来る)・・」

マキ「少しだけ待ってくれ・・」

死神「(首を振る)」

 そのシーンを一気に撮影。いよいよマキVS死神の対決だ!

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神再登場! 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

死神とスタッフ

 路地の奥へと走るマキ(谷村美月)たち。

 しかし、そこには死神が待ち受けていた。

 瞬間移動の力を持つので、簡単に場所を移動することができる。

 その死神さん。演じるは奈佐健臣さん!

 衣裳部さんに、衣装を直してもらいスタンバイ中。

 それにしても、立っているだけで不気味!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

昭和40年代へのこだわり(下) 2005/9/21 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

CA241018

今回の映画ストロベリーフィールズ」は昭和40年代が舞台。

 懐かしい風景を選んでロケ地とした。

 40年代といっても、40年代に作らられたというより、それ以前の建物を使う。

 そこにカラフルなビルが映ると、時代観が崩れるからである。

(前回の写真。反対側から撮れば写真上の風景になる)

 2968436

 しかし、そんな懐かしい風景が、次々に失われているのも現実である・・・・。

(つづく)

 昭和の風景が残るロケ地写真集=>http://pht.so-net.ne.jp/photo/strawberry-photo/albums/116173

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

昭和40年代へのこだわり(上) 2005/9/21 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

IMG_1898

 この路地の撮影。なぜ、駐車場横をスタート地点にしたか?

 終着点である八百屋側でもいいのでは、と思うかもしれない。

 が、写真上を見てほしい。

 八百屋側からスタートすると、写真上部にあるカラフルなビルが背景に写ってしまうのだ。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png






nice!(1) 
共通テーマ:映画

移動撮影開始 2005/9/21 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

2971520

 「よーい、スタート!」

 僕が大声でそう言うと、谷村美月たちが一斉に走り出す。

 俳優たちの前には、カメラマンの三本木さん。

 カメラを持ったまま、後ろ向きながら走る。

 最初は上反身。次のテイクでは足下。

 何度か撮影する。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影再開! 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

2971519

 撮影を再開する!

 マキ役の谷村美月が先頭。

 夏美役の佐津川愛美。美香役の東亜優が後ろに並ぶ。

 駐車場のある角から、よーいドン!

 ではなく、「よーい、スタート」で走り出す。

 ちなみに谷村を先頭にしたのは、柔道部で常にジョギングしているので

 走るのも得意。という設定があるから。

 それではスタート!

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(15)スニーカー 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

090716_151550_1_1.jpg

 カメラマン・三本木さんの話は続く。

 「移動撮影で一番効果的なのは、クツなんです。エアやクッションの入ったスニーカー

 それを履けば、かなりガクンとくるのを押さえられます。

 それも少し高級なスニーカーが有効。なので、いつもは買わないそんなスニーカーを今回は奮発して購入。

 履いているんです!」

 今回の映画ストロベリーフィールズ」のためにわざわざ、それを買ってくれたのだ・・。

 申し訳ない。でも、その効果。このシーンで十二分に発揮してもらうことになる!

 
(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(1) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(14)手持ち対策 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

sannbongipohtoーs .jpg

 もともと、三本木さんは手持ちカメラがうまい!

 が、今回は、より有効な対策。していた。

 クランクイン前日。三本木さん。こう言っていた。

 「実は数日前に買いました。というのは、手持ち撮影をするとき、カメラのブレはどこから来るか? 研究して見たんです。

 すると、歩くとき、足を上げて、前に下ろすときにガクンとなり、カメラが揺れる。
  
 それがブレに繋がることに気づいたんです。それをどうすれば解消できるか?

 和らげることができるか? 考えてみました・・」


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(13)理由は何か? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

カメラマン

 三本木さん。走りながら撮った手持ちの移動撮影

 ブレブレになるかと思ったら、かなり安定していた。

 自転車バイクを使った移動撮影より、ずっといい。

 これなら問題なしだ!

 僕も自主映画時代。8ミリカメラをまわした。

 業界で仕事を始めてからも、VX1000とかよく使った。

 また、大林監督の映画「理由」では、B班撮影を担当させて頂いた。

 手持ちの走り。もの凄く難しいことは分かる。

 なぜ、三本木さんは、それを可能にしたのだろう?

 
 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(12)構図が崩れない 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

監督とカメラマン.jpg

 日本のある映画会社。手持ち撮影が多かった。

 カメラを振り舞わす撮影。よくやっていた。

 でも、写っているだけで絵が美しくない。

 それをリアルなアクション映画だという。

 自主映画時代。真似する奴が多かった。が、あまりにもセンスがない・・。

 同じ手持ち撮影でも三本木さんの凄いところは、移動しながら撮影しても構図が崩れないことだ。

 絵になる画面が続くという点である。これは日本映画のカメラマンの中でも、希有の存在。

 とは言え、いくら手持ちがうまいと言っても、

 走りながら撮るのは、可能だろうか? 

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(11)意外に行ける? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

カメラマン2.jpg

 そう。忘れていたが、三本木さん。

 手持ちカメラの名人。

 これまでも僕の作品でも、見事なカメラワークを見せてくれている。

 手持ちの難しさ。

 単にブレないように撮るだけではない。

 手持ち撮影。三脚を使った撮影と違い、動いて撮影する。

 それによって、最初の構図が崩れる。

 写ってはいるが、美しくない絵になってしまう。


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(10)意外に行ける? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]


CA240098_2.jpg

 カメラマンの三本木さん。

 カメラを逆手に持って、走る。その後ろを俳優の代わりにスタッフが走る。

 撮った映像をプレイバック。

 確認した。

 意外にブレは少なく、自転車バイクのものより安定した画面だった。

 通常は逆。乗り物を使って撮影した方が安定した画面になる。

 なのに、手持ちなのにとても安定した画面?

 そうだ。忘れていたことがある!

 三本木さん。手持ち撮影の名人だった!

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(9)手持ちでテスト 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]


 次の撮影、走るシーンだ。

 歩くシーンを「手持ち撮影」するのも、なかなかむずかしい。

 ステディカム。という特殊な装置があるくらい。

 おまけに佐津川愛美や谷村美月は、「陸上部か?」というほどのスピードで走る。

 手持ちでは難しいのではないか?

 でも、他に方法はない。

 カメラマンの提案を受け入れ、テストしてみることにした!

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(8)手持ち撮影? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

カメラマン.jpg

 しかし、移動撮影の方法。まだ、見つかっていない。

 移動車はない。クレーンもない。車は道が狭くてダメ。

 バイクもアウト。自転車も不可。

 どうすればいいのだ?

 と、そのとき、カメラマンの三本木さんがこう提案した。

 「手持ちで、やってみます!」

 
 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(7)撮り残しはできない! 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]


2851295

 砂浜、排水口。両方のシーンで予定以上の時間を費やす。

 なのに、また、移動撮影のテストのために30分以上がかかっている。

 その上、まだ、解決法が見つかっていないのだ・・。

 このままでは取り残しが出ることも。

 しかし、今回の撮影。ギリギリの製作費。

 撮影スケジュールを延ばすことはできない・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(6)時間が・・ 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]


2836417

 「いかにして、移動撮影をするべきか?」

 それと同時に、心配になってきたのが時間。

 今朝一番。海が満潮のせいで、排水口の撮影が出来なかった。

 それで海へ移動。別のシーンを撮影しようとしたが、当然、海も満潮。

 砂浜がほとんどなくて、予定した撮影ができない。

 で、考えて、別パターンで撮影。

 それから、もう一度排水口に戻って撮影した。

 そんなことで、予定がかなり遅れている。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(5)凸凹道? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]


 凸凹路地.jpg

 問題はバイク自転車が走るときの「揺れ」ではなかった。

 路地の路面。

 見た目よりも、デコボコ。

 道の途中にいくつも切れ目がある。

 空気の入ったタイヤだと、跳ねてしまう。

 そのためにカメラが揺れて、撮影できないようだ。

 どうすればいいのか?


(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(4)自転車は? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

自転車.jpg

 次は自転車。スタッフが運転。

 また、後部席にカメラマンが乗る。

 走ってみる。

 自転車はすぐに止まった・・。

 カメラマンの三本木さん。言う。

 「やはり、揺れが激しくてダメです・・」


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(3)バイクはダメ? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

スクーター.jpg

 バイクでの移動撮影。テストをやってみた。

 バイクの後部席にカメラマンが乗り、カメラを構える。

 ドライバーが運転。路地をゆっくり走る。

 マフラーから出る煙が後方に流れる。まずいな・・。

 バイクが止まった・・。

 カメラマンの三本木さん。言う。

 「揺れが酷過ぎて、撮影できない・・」

 煙以前にダメのようだ。バイクは却下。

 次は、自転車を試す!

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(2)バイクで試す! 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

2776979

 いろいろと考えた。

 結果、カメラマンドライバーを背中合わせにして縛る!

 これで一応は安定するはず。

 でも、下手したらカメラマンがバイクから落ちると、ドライバーも巻き込まれる?

 或いは、カメラマンがバイクに引きずられる可能性も?

 インディジョーンズになるかも?

 とにかく、テスト。

 俳優はお休みにして、制作部スタッフがバイクの後ろを走った・・。
 
(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・移動撮影(1)バイク? 2005/9/22 [撮影6日目(八)美香との別れ2]

2776980

 さて、路地の撮影
 
 制作部がバイクを持って来る。

 スタッフが運転。後部座席にカメラマンが背中合わせに座る。

 バイクを走らせて、その後ろを俳優が走る。

 カメラマン。撮影に集中する。

 バイクが揺れたときに、落ちることもある。

 制作部。知恵を絞った・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

タグ:撮影部
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(八)美香との別れ2 ブログトップ