So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(十)美香との別れ4 ブログトップ

盛り上がりの定義(下)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2971494

 ということは、この美香(東亜優)との別れシーン。

 盛り上がらなければならないが、後日に撮影する

 (2)理沙篇

 (3)マキ篇

 を超えてはならない。いや、いい方がよくない。

 (2)(3)は本日撮影のエピソードを超えなくてはいけない。

 しかし、本日も全力で撮影。あえて手を抜いて撮るのは許されない。

 そうなると、大切なのは他のクライマックスとの違いを出すこと。

 そのことは以前に書いた通り。

 「場所」によって個性を出すようにしてある。

 そして、もうひとつ。

 夏美(佐津川愛美)のリアクションである・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

盛り上がりの定義(中)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]


2971499

  クライマックス(「見せ場」といういい方の方が、分かりやすいかも)の(1)よりも(2)、

 (2)よりも(3)が盛り上がらなければならない。

 (3)よりも(2)が盛り上がるのはまずい。

 観客というのは、映画を見ているとき、あとに行くほど「より刺激が強いもの」。

 「より泣けるもの」を求める。

 あとに行くほど、高くならないと満足してくれない。

 或いは、違った手法で見せないとダメだ。

 (つづく)
_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

盛り上がりの定義(上)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]


2971501

 映画用語でいう「切り返し」

 路地の撮影。死神に連れて行かれる美香(東亜優)。

 その芝居は撮影した。次は、それを見送る夏美(佐津川愛美)マキ(谷村美月)側を撮影する。

 このシーン。今回の映画「ストロベリーフィールズ」のクライマックスのひとつ。

 盛り上げなくてはならない。感動が大切。

 が、同時に、3回あるクライマックス。定義がある。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(9ー終)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

天神崎 夕方前3.jpg

 その「悲しみ」を描く為には、悲しみの当事者だけではなく、

 見送る人々の「悲しさ」も、描かなければ

 本当の「悲しさ」を伝えることはできない。

 悲しみの当事者・美香(東亜優)は、見事に「哀れさ」と「悲しみ」を表現した。

 そして、美香を助けようとした理沙の行動。芳賀優里亜により、「切なさ」と「友情」が溢れ、胸を打つ芝居となった。

 次は、夏美(佐津川愛美)とマキ(谷村美月)の番だ。


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(8)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

夕陽が隠れた海.jpg

 よくある映画のように、ラストに神様が現れて、

 死んだ子に新しい命をくれることなんて、現実にはない。

 タイムマシーンで事故の前に戻って、みんな助かった・・

 なんてことも、実際にはあり得ない。

 「死」を止めることも、人々の「悲しみ」を止めることもできない。

 だから、この「ストロベリーフィールズ」の中では、現実を見つめた。

 死んだ者は全員、天国へ行かねばならない。家族や友人との辛い別れを迎える・・。

 「死」は美しく描かない。ただ、多くの人を「悲しみ」で打ちのめすのみである・・。

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(7)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]


 「私はひとりぼっちだ・・」

 「親も友達も、誰も分かってくれない・・」

 そう思えても、

 本当は、そうでもないかもしれない。

親父1sBW.jpg

 頑固なマキのオヤジ(飯島大介)が娘(谷村美月)が死んだこと。

 嘆き悲しんだように、思いが伝えるのが下手だっただけかもしれない。

 人の「死」。思わぬ人をも、悲しみませること。

 今回の「ストロベリーフィールズ」では、描きたい。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(6)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

P1040045.jpg

 日本映画では往々にして、「死」を美化して描くことが多い。

 「死は美しい」と描く作品がよくある。

 それを見た子供たち、どう思うのか?

 大学受験に落ちだだけで、自殺する子。

 いじめを苦にして、死んでしまう子。

 そんなことで死ぬなよ・・・と思えたり・・。

 死ぬことがどれほど、多くの人を悲しませるか?

 限りない可能性を無にしてしまうか?

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」では、そんなことも描きたかった。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(5)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

コスモス.jpg

 だとすると、十代で死んでしまい、天国へ行かねばならない少女。

 その悲しみを描くには、本人だけでなく

 そばにいる人々の「悲しむ」を、しっかり描かなければならない。

 それが描けてこそ、

 今回の映画の「テーマ」が浮き彫りに、されるのである。

 ということで、

 見送る側の夏美(佐津川愛美)たちにカメラが向けられる。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(4)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

 ニュースはさらに、犠牲者の家族の様子を伝える。

 涙を流しながら、話す。辛そうに思いを伝える。声にもならない人もいる。

 そこで初めて視聴者は「悲しい」と感じ、涙が溢れてしまう。

 そう。人は悲惨な現場や被害者から、「悲しみ」を感じるのは難しい。

 悲しみを感じるのは、

 その悲劇に直面した家族や友人たちの「感情」からなのである。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(3)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

 「悲しみ」を表現するには、悲しい側を見せるだけではダメ。

 例えば、飛行機墜落事故のニュースを見る。

 墜落して無惨な姿になった機体、ブラウン管に映し出される。

 「わーーー、酷いなあ」と感じる。

 テレビ・ニュースでは映し出されないが、

 機体の中には,、多くの犠牲者が残されている・・。

 それなのに視聴者は「酷いなあー」という思いが先行。

 そこで涙が溢れたりする人は少ない。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(2)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2678793

理沙(芳賀優里亜)「・・・・・・・・・・・」

夏美(佐津川愛美)「(涙が止まらない)美香ぁーー!(走り出す)」

        死神と美香(東亜優)の姿、消えて行く。

マキ(谷村美月)「(涙が込み上げてくる)美香! お前の分も思い出作る。そしたら、すぐにあとを追うからな!」

夏美「美香ぁ・・(足下に美香の砂時計見つけるが、手を伸ばすと
  すっと消えてしまう)・・・・」
      
(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

悲しみを描くということ(1)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2971945

 美香(東亜優)側の撮影が終わったので、

 今度は同じ場面。夏美(佐津川愛美)たち側から撮影する。

 死神(奈佐健臣)に連れて行かれる美香を

 見送る夏美、マキ(谷村美月)の芝居だ。

 まず、その部分のシナリオ紹介しよう。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

名演技が続く!2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2971500

 颯爽と登場し、客席から「待ってました!」の声がかかるような

 芳賀優里亜の演技。

 見る者の胸を締め付ける、悲しみの名演。

 東亜優が見せた。

 その両者の演技に「負けていられない!」

 と思ったのか、

 今度は佐津川愛美と谷村美月。渾身の演技を見せる!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(11ー終)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

死神x美香

 「もっと、みんなと一緒に撮影したいよ!」

 「私だけ帰りたくないよ!」

 東はそう、感じていたのではないか?

 それが感動の演技に、繋がったように思う。

 見る者の胸を詰まらす、台詞に籠ったのだろう。

 その気持ちを演技として、表現した東亜優、

 「素晴らしい素質」を持っているということ。

 その力がこの日、見事に発揮されたのである。


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(10)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2836389

 他の子たちは、あと2週間近くも撮影

 でも、東は終了。帰らなければならない。淋しい・・。

 そんな東亜優の気持ち・・、

 美香が「友達と別れて、天国へ行く気持ち」と

 ダブったのではないか?

 「もっと、みんなと一緒にいたい」

 「行きたくないよ」

 その台詞に、籠ったのではないか?

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(9)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2685864

 9月とはいえ、真夏のような和歌山県田辺市の暑さ。

 東亜優は同じ、和歌山県の橋本市出身。

 初めての映画。初めての芝居。

 同じ十代。佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜との撮影

 撮影中に15歳の誕生日。スタッフ&キャストがみんなで祝ってくれた。

 詳しくは=> http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2009-03-12

 クランクインから1週間。

 ようやく撮影に慣れ、共演者とも仲良くなってきたのに

 お別れなのである・・・。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(8)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2980372

 完全な「順撮り」にはできなかったが、

 本日の撮影のあと。

 美香役の東亜優、数日で出番を全て終える。

 それは東の仕事が終わること、意味する。

 通常の撮影なら、「お別れ」の場面を撮っても

 さらに出番は続くことがあるが、今回は、物語の展開通りの撮影。

 撮影現場からも、東亜優はいなくなるのだ・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(7)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2963967

 でも、今回の映画ストロベリーフィールズ

 十代の少女たちの気持ちが、少しずつ成長していく様を捉えたくて、

 順撮りを選択。

 撮影が進むに連れて、役柄として成長するだけでなく

 少女たち自身も成長してほしい・・・と思ったのだ。

(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(6)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2971493

 僕が監督してやったこと。

 それは、ただひとつ。前にも書いた通り。

 出来る限り「順撮り」をすること。

 「順撮り」というのは、物語の進行と同じ順番で撮影すること。

 通常の映画は、ラストシーンを初日に撮り、

 ファーストシーンを最終日に、撮るといういこともある。



(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(5)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2963974

 それにしても、東亜優。

 なぜ、こんな凄い芝居ができるのか?

 映画初出演。演技初挑戦とは思えない。

 演技がうまいではなく、演技を超えているのだ。

 本当に哀れな少女が、連れ去られるとしか思えない。

 もちろん、僕が特別な演技指導をした訳ではない。

 先にも書いたが、僕は「***な風に演じてほしい」とは言わない。

 俳優たちには、そのシーンの状況説明をするだけである。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(4)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

P1040040.jpg

 「行きたくないよ。もっと、みんなと一緒にいたいよ!」

 東亜優の言葉は、もう台詞を超えていた。

 十代の少女の悲しみを、そのまま表現。

 見る者の胸を締め付ける。

 僕も自分が監督であることを忘れ、死神に駆け寄り、

「美香を、連れて行かないでくれ!」

 といいたくなるほど、東が哀れに思えた。

 それほどに15歳の東亜優の演技。感動的なのだ。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(3)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

死神に連れ去られる美香

映画ストロベリーフィールズ」シナリオ

夏美(佐津川愛美)「(恐怖で何も出来ず、見つめるだけ)」

美香(東亜優)「(引きずられて行く)マキーーー。行きたくない!」

夏美「美香——————!」

美香「みんなと一緒にいたい!」

理沙(芳賀優里亜)「・・・・」

美香「(涙が止まらない)・・行きたくない・・・」

マキ(谷村美月)「美香ーーー!(涙ぐむ)・・・」

美香「(号泣)マキ! 理沙! 夏美!」

夏美「(泣きながら)美香ぁーーー!」  
     
美香「(泣きわめく)もっと、みんなといたいよーー」


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(2)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

P1040035.jpg

 物語的には、以上のような展開。

 そして芝居的にはこんな展開をする。

 芳賀がドラマティックな演技を見せたのに、対抗するかのように、

 次の瞬間。東亜優が名演を見せ始める。

 先の芝居に続いて、涙なしには見られない演技を始めた!

 十代の少女の悲しみ。哀れ・・としかいいようのない淋しさ。

 まずはシナリオを見てほしい。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、美香・・(1)2005/9/22 [撮影6日目(十)美香との別れ4]

2776963

 芳賀優里亜が颯爽と登場。

 美香(東亜優)を助けようとする。

 が、死神に敵うはずもなく一撃で倒される。

 そして、死神は再び、美香の腕を掴み歩き始める。

 ただ1人。立ちすくむ夏美(佐津川愛美)。

 死神は美香を連れて、あの世に向かおうとする。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(十)美香との別れ4 ブログトップ