So-net無料ブログ作成
撮影6日目(十二)美香との別れ6 ブログトップ

悪魔の選択(9)妥協 2005・9・22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070729727_1.jpg

 しかし、そんな手を使わなければ、撮影を予定通り終了させることはできない。

 となると、監督である僕がある程度の妥協をして、

 映画のレベルが下がっても

 いくつかのシーンを早く撮るという選択。
 せねばならない・・・・。

 或いは、今撮影しているシーンを急いで撮影。

 完全に暗く前までに撮影を終了するか? 

 どちらかなのだ・・・。


(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

時間よ止まれ!(6)路地で・・ 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2968485

 次の現場。路地での移動撮影。

 カメラマンが乗る移動車。バイクや自転車を試す。

 が、いずれも揺れが酷くて撮影できない。

 それを試すのに時間がかかった。いろいろとテスト。

 20分ほど費やす。

 結局、どれも機能せず。カメラマンは足で走ることになった。

 ここまでで全て合わせると2時間以上、本来なら必要のないことに時間を費やしてしまった・・。

 映画撮影というのは、1分1秒を無駄にはできない。

 なのに、それらを合わせると、2時間以上になる・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(15ー終)OK! 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

IMG_5687_1.jpg

 もちろん、第二、第三のクライマックス。

 このシーンより盛り上がらないと大変だ。

 それでも、この物語の中で、この撮影の中で、佐津川愛美も、谷村美月も、役として、本人として成長。

 かならず、違った展開を見せてくれるはずだ。

 よし! このシーンは号泣で行く!

 「カッーーーーーーーート! 今のところ。OK!」
 
(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(2) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(14)十代の涙を大切にしたい! 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

3105075
 
 では、今回の佐津川愛美と谷村美月の「号泣」演技はどうすべきか?

 映画的に見れば、演出的に考えれば、押さえた方がいい。

 しかし、佐津川や谷村が、

 「ここでは、号泣せずにいられない!」

 と感じて泣いたのなら、それを大切にするべきではないか?!

 僕自身の「理屈」や「演出」を優先することは、時代錯誤のおじさんPたちと

 同じ行為ではないか?

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(13)十代を信じること 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

P1040051.jpg

 だから、先にも書いたが、10代の俳優たち、

 佐津川愛美にも、谷村美月にも、芳賀優里亜にも、東亜優にも、

2963950298037328512942851298

 細かい指示は、していない。

 「****ふうに演じてほしい」とか、出来る限り言わない。

 あの子たちが感じたまま。芝居をさせるようにしている。

 40代の汚れたフィルターで、

 10代を見て、指示してはいけない!

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(12)自分はどうだ? 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

CA240143.jpg

 しかし、僕もすでに40代。

 「気が若い」とはよく言われるが、

 実際は時代錯誤のおじさんたちと、同じ世代。

 おじさんPらと同じように

 古いフィルターで、10代を見ているかもしれない。

 事実を誇張して伝えるマスコミ報道に毒されて、

 感性のフィルターが曇っているかもしれない・・・。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(11)40代の否定=10代の支持? 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070725711.jpg

 でも、おじさんPは自身が青春時代に感動した作品。今の若い人も感動すると考えたのだ。

 悲しいかな。それは勘違い。

 「今の若者はこんなもんでは、感動できない!」

 そう僕には言いながら、30年前の青春ものを作ってしまう。悲しいことだ。

 僕が十代のときに見た時代錯誤の青春映画も、

 こういう構図で作られていたのだろう。

 としたら、40代のおじさん、ほぼ全てが否定した「ストロベリーフィールズ」は逆に若い人に支持されるかも?

 実際に10代、20代の女の子にはシナリオの評版がよかった。

 しかし、考えねばならない・・・と、ここで話を戻す。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(10)時代錯誤 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070601608.jpg

 その後、僕のシナリオを酷評したP。青春映画を作った。

「これが今の若者が感動する。青春映画だ!」

 そう言っていたが、中身は今から30年以上も前に放送されていた「青春もの」そのままだった。

 つまり、そのおじさんPが若い頃に見ていたドラマを、もう一度作り直したのである。

 おじさんにとっては「懐かしさ」がある「感動的な話」だ。

 が、当時のドラマで、今の子は感動できない。

 劇場はガラガラ。話題にもならなかった・・。

 「時代錯誤、はななだしい・・何考えてるんだ?」

 見た人は皆、首を捻った・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(9)マスコミ報道を鵜呑み 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070528579.jpg

 おじさんPの言う「ワイドショー」や「週刊誌」。

 事実を脚色し、誇張するのが得意技。

 センセーショナルに書き立てることで、興味を煽り、売り上げを伸ばしている。

 映画の宣伝でも、同じ手を使う。

 詰まらない映画を「感動の名作」といってPR。

 なのに、おじさんP。そんなマスコミ手法に乗せられている。

 女子高校生のほとんどが、ワイドショーや週刊誌で報道されるような過激な子と思っている。

 経験も知恵もあるおじさんたち。

 マスコミ報道を鵜呑みにしていた・・。

 (詳しい話は以前にも=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2009-03-22-1

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(8)おじさんの発想 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

 
CA240025(3).jpg

 おじさんPは、答える

 「今どきの十代がどんなかなんて、分かるよ!

 ワイドショーでも援助交際とか言っているし、雑誌でも今どきの若者は物質主義だと書いてある。

 電車に乗っても、髪を茶色に染めて、ピアスをはめ、化粧の濃い頭の悪そうな子をよく見るよ

 今の十代はそんなもんだよ。交流がなくても分かるさ!」

 なるほど。分かって来た・・・。


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(7)おじさんPへの質問 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

 
090629_145609.jpg

 おじさんPに、質問を続けた。

 ーー最近、十代の女性との付き合いってありますか? 

 援助交際しているとかではなく、娘が十代とか? 学校で十代に教えているとか?

 「そんなものはないよ! うちの息子はまだ小学生だし、俺は仕事で忙しい。十代と接する機会なんて、ある訳ないだろう?」

 だとしたら、変だ・・。十代と交流がないおじさんが、なぜ・・・

「このシナリオでは、今どきの若者は感動しない!」

 そう言い切れるのか?

 十代の「考え方」や「志向」を知るチャンスがない訳だから、

 そんな意見が言えるはずがない。突っ込んでみた・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(6)おじさんの定義 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070302190_1.jpg

 考えてみた。

 ある人がシナリオを読んだ場合、

「感動的な物語なのに感動できない=>中身を把握できてない」

 この定義、成り立つ。でも・・。

 「ダメな物語。理解できない=>だから、感動した」

 この定義は成り立たないだろう。おじさんPにそう説明したら・・。

 「そんなことは知らない。とにかく、こんなシナリオではダメだ」

 おじさんたちは、絶対的に自分が正しいと思い込んでいるようだ・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(5)矛盾する感想 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070528577.jpg

 おじさんたち。言う。

 「俺は長年P(プロデュサー)をやっている。シナリオを何百冊も読んで来た。

 読み方も分かっている。その経験に基づいて、言ってるんだ。

 若い奴は読む力がないんだ。中身を把握してないだけだよ。だから、安易に感動したなんて言うんだ。

 そんな言葉で喜んじゃダメだ!」

 しかし、そのPの指摘おかしい。

 もし、若い子たちがシナリオの中身を把握できていなければ、

 感動したり、泣いたりはできないだろう・・。
 
 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(4)おじさんの感想 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

20070529584.jpg

 映画会社でP(プロデュサー)をするおじさんたち。僕のシナリオを読んでこう言う。

 「今どきの、十代はこんなじゃない!」
 
 「こんな物語に今どきの若者は、絶対に感動しない!」

 はあ?

 そんなP(プロデュサー)たちに聞いた。

 ーー十代、二十代の女の子には「泣けた!」と、好評だったんですけど?

 「若い奴らはシナリオを読む力がないんだ! ちゃんと中身を把握してないんだよ!」


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(3)十代の感想 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

10169360.jpg

  書き上がったシナリオを10代、20代の女の子に読ませた。

 「感動しました。私も夏美です・・」

 「泣きました・・・何で、監督は女の子の気持ちが分かるんですか?」

 そういう感想が多かった。

 いや、もしかしたら僕が書いたということで、気を使っている可能性がある。

 「友人のライターが書いたシナリオだけど・・」

 と言って読ませる。でも、感想は同じだった。

 やはり、10代20代の女の子たちから、長期間取材して書いたのが正解だった。

 「これは行ける!」と思って、映画会社や製作会社に持ち込む。

 しかし、40代以上のおじさんたちの感想。こうだった・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(2)十代を取材 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

9927721.jpg

 以前にも書いたが、

 今回「ストロベリーフィールズ」のシナリオを書くに当たって十代、二十代に取材した。

 というのも、僕もすでに30代。

 若いと思っても、今どきの子たちとはギャップがある。

 自分が思うままの十代を書くと、自身の十代をベースに書いてしまう。

 それでは80年代に僕が見た、ダメな日本映画と同じになるかもしれない・・。

 幸いなことに、身のまわりに十代、二十代の女の子がたくさんいた。

 演劇学校で教えていたこともあり、

 劇団や俳優の卵との付き合いもあって、いろんな形で話を聞いた・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・監督の決断(1)僕が十代の頃 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

 そう考えると、単に「撮り直し」すればいいという問題ではないだろう。

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」は、十代の少女たちの物語だ。

 2828934

 十代の感性が描かれなければならない。

 十代が見たときに、共感せねばダメだ。

 僕が十代のときに見た日本映画。1970〜80年代の映画。

 9933073.jpg

 ほとんどが大人の目から見た「今どきの十代」だった。

 或いは、加山雄三や石原裕次郎が演じていた、古い古い映画のキャラを、

 当時の人気アイドルが演じていただけだった。

 全く感動できない。まるで共感できない。

 自分が映画監督になったら、あんな映画だけは撮るまい・・と誓ったものだ。

 しかし・・。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

監督の決断(10)十代の解釈  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2033305

 そのとき開いた「心」。それが、美香(東亜優)との別れで、

 全開になったようにも思える。

 日頃から自分のことを心配してくれていた美香。

2033358

 でも、マキ(谷村美月)は、その感謝を伝えていなかった。

 その「後悔」と「感謝」を込めて、叫んだように思える。

 「美香! お前の分も思い出作る。そしたら、すぐにあとを追うからな!」

 あの台詞を尋常ではない迫力で、叫んだ谷村美月。

 役になり切る、いや、役そのものになってしまう天才少女ならではの表現。

 それが十代の女優たちの「解釈」だったのではないか?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(9)選択ではない  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]


2840689

 美香(東亜優)がいなくなってしまう・・。

 そう考えたとき、佐津川愛美も谷村美月も、

 演技の上で「涙ぐむ」か? 「号泣する」か?

 を選択するということより、

 友達がいなくなると思い、演技をしたら号泣してしまったというのが、

 2人の芝居ではなかったか?

 それと、谷村に関して、先の撮影で、僕はこう言った。

 「この辺から、もっとマキは心を開いてほしい」

 最初は「これが私のマキです!」と言って反発したが、

 そのあと、見事に「心を開いたマキ」を演じてくれた。

 2589827

 本人は「え? さっきと同じですけど?」と戸惑っていたが、

 まさに僕の意図した演技だった。これも関係しているだろう。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(8)マキの解釈  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

 谷村美月は、こう考えただろう。

2033305

 美香(東亜優)は子供の頃からの友達。

2840689


 夏休みには、一緒に花火をした。(回想シーンとして撮影済み)

2429355

 今はクラスメートだ。

22007782854034

 誰かとケンカすると、すぐに止めに来る。(初日撮影)

18980261961843

 優等生で学級委員で、少し鼻につくけど、俺(マキは自分のことを俺という)のことを心配してくれた。

2200791


 その美香が死神に連れられて、あの世に行ってしまう。

2828964

 もう、二度と、この世には戻って来れない・・・。

 

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(7)夏美の解釈  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2963948

 
 佐津川愛美。こう解釈したのではないか?

 初めての友達。

 2840689

 クラスメートだったけど、話すことはなかった・・。

2854034

 数時間の付き合い。でも、初めての友達・・・。

296396721851082429357

 別れの場面で、涙ぐむだけではいられない。

 2866122

 涙ぐむだけでなく、ボロボロと涙が出るほど悲しい。

 2776970

 そう考えたのだろう。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(6)十代の感性 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2678793

 僕はシナリオを書きながら、こう考えた。

 夏美(佐津川愛美)は美香(東亜優)とは、さほど仲はよくない設定

 「マキの応援」を通じて、友達になったばかり。

 それに人間。とんでもないことを目にすると、悲しいと思うより唖然とする。

 だから、号泣することはない。

 さらに映画論法的にも、第1のクライマックスで、こんなに盛り上がってはいけない。

 最後のクライマックスで、感動できない可能性もある。

 だが、佐津川愛美も、谷村美月も、シナリオを読み、自分たちの役を自分なりに解釈したはず。

 十代の感性で、考え、「自分ならどうする?」と考えたはずだ・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(5)撮り直し 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]


P1070277.jpg

 「そこまで泣かなくていいから。涙ぐむだけでいいんだよ」

 と2人に言って、撮影し直すか?

 それが本来の形である。

 監督がイメージしたものを、忠実に撮るのが映画というもの。

 しかし、それでいいのか・・?

 理屈の上ではそうだが、「違う」という自分がいる。

 大人の論理で計っていないか? 

 映画界の古い理屈に縛られていないか?自問自答した・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(4)観客の気持ち 2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2840726

 完成した「ストロベリーフィールズ」を見た観客。

 どう思うだろう?

 「1度目の別れのシーン。泣けた。でも、2度目も同じだった。感動が薄れた。3度目も同じだった・・盛り上がらずに終わったなあ〜」

 そう。全打席がホームランだと、観客は感動が薄れる。

 1打席目がホームランなら、2打席目はそれ以上を期待するのである。

 そう考えると「ここで号泣してしまうこと」がいいこととは言えない。

 芝居を止めて、もう1度、このシーンを撮り直す方べきか?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(3)野球の試合  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2685882

 できれば、こんな形が試合全体を通じて盛り上がる。

 一打席目で、ヒット。一塁打。

 二打席目で、ヒット。三塁打。

 三打席目で、ホームラン!

 次第に試合が盛り上がって行く。

 それを今回は1打席目でホームランを打ってしまった・・。

 監督としては、うれしいことでもあるが、考えねばならない。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(2)ホームラン  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

2776977

 佐津川愛美も、谷村美月も素晴らしい。

 ベテラン俳優顔負けの演技。

 でも、問題がある・・・ここまで盛り上がると、あとが大変。

 監督として、客観的に考える・・・。

 最大級の「悲しみ」を表現した2人。

 このあと、これ以上の「悲しみ」を表現できるだろうか?

 野球で言えばホームラン。それを超えるものはない・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

監督の決断(1)全体を考える  2005/9/22 [撮影6日目(十二)美香との別れ6]

凸凹路地.jpg

 佐津川愛美と谷村美月の演技。

 もう、これが最後のクライマックスかのようだ。

 全身全霊で泣いていた。

 しかし、全体を見渡して演出するべきが監督。
 
 その監督である僕は感動しながらも、考えるべきことがある・・。

 クライマックスの二回目。三回目はどうすべきか?

 1回目の「悲しみの表現」が凄いだけに、それを超える「悲しみ」を表現できるのだろうか?

(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(十二)美香との別れ6 ブログトップ