So-net無料ブログ作成
撮影6日目(十四)ロケバスの中 ブログトップ

優秀な監督とは?(9ー終)妥協しない 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

 
1832651

 「ストロベリーフィールズ」は・・。

 今後も監督業を続けたくて、映画会社や製作プロダクションに対して

 「予算」と「スケジュール」を守る優秀な監督であること

 アピールするために作る映画ではない。

 どうしても、古里・田辺市で撮りたくて始めた作品。

 「親と子に伝えるべき大切なこと」をテーマとして描く映画なのだ。

 そして、この映画を企画し、スタートさせたのは僕自身だ。

 製作会社の評価や、テレビ局の目は関係ない。だから・・。

 妥協してはいけない

 「予算」や「予定」は守る。でも、それを守るために妥協してはいけないのだ。

 そんなことをしても、誰も喜ばない。

 僕自身の映画なのだ。そう自分に言い聞かせる。

 次のロケ場所は久々の高山寺。ナイター撮影。

 日が暮れた田辺の町をロケバスは高山寺に向かって走り続けた・・・。

 (つづく)



_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(8)自分の作品 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

シナリオ3.jpg


 しかし、今回の映画「ストロベリーフィールズ」。

 以前のドラマのように、テレビ局や製作会社から依頼されて監督している訳ではない。

 僕自身が企画し、プロデュサーとして製作費も集めた。5年もかけた作品。

 与えられ、頼まれた仕事ではない。どうしても作りたい映画だ。

 そんな現場で

 「時間がないので、長まわしで撮影しました。でも、期日内で撮り終えました」

 といって、何の意味があるのか?

 僕がやるべきは、観客が

「いい映画でした。感動しました!」

という作品を作ることのはずだ!


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(7)立場と環境 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]


10939361.jpg

 それが分かっているのに、多くの監督。「予算」と「予定」ばかり気にする。

 理由がある。
 
 通常、映画は会社から依頼があり、監督は雇われて映画を撮る。

 次の依頼もほしい。生活がある。だから、こう考える。

 「予算をオーバーして、いいものを作っても評価されない・・・」

 「予算内でいいものを作るのは、至難の業だ。ギャラだって安いし、そこまでできない」

 「期日内に、予算内に、そこそこの作品を作った方が評価される・・」

 だから、新しい挑戦はしない。いいものを作ろうという思いもない。

 そこそこのレベルのものを期日内に作って、終わりにしようと考える。

 それが日本映画レベルを下げてきた背景。

 そして、多くの監督が陥りやすいことなのである・・・。 


 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(6)予算とスケジュール 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

11234207.jpg
 
 「優秀な監督」というのは、会社から見れば、

 製作費をオーバーせず。期間内で撮影を終える監督。

 作品レベルが高いより、予定や予算をオーバーしない方が評価される。

 しかし、観客から見れば、予算やスケジュールは関係ない。

 2年がかりで撮影された映画も、2週間で撮られた映画も同じ。

 2億円の映画も、2千万円の映画も、大人は1800円の入場料を払う。

 大切なのは面白いかどうか? 感動できるかどうか? 笑えるかどうか?

 観客を楽しませてくれる映画を作る監督が、「優秀な監督」なのである・・。


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(5)カメラマン 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080086.JPG

 カメラマンの三本木さん。

 「引き絵」で撮っていたのを、芝居の途中から急にズーム。

 「寄り絵」にしてしまう等のアクロバットな撮影までしてくれた。

 こうして、12時間かかる撮影をたった4時間で終える。

 数ヵ月後。その最終回がテレビ放送されたとき。思った。

 「あのとき、悪魔の選択をしなくてよかった。

 助監督が心配して提案してくれたことだが、受け入れていたら後悔しただろう」

 次のロケ現場に行く、バスの中。

 その話を思い出した・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(4)撮り切る 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

E692AEE5BDB1E9A2A8E699AFEFBC8FE9A2A8E5A898[2].jpg


 「日暮れまで、あと1時間。それまでに最後まで撮影するのは無理だ」

 そう言われていたが、結局、全部、撮ってしまった。

 でも、僕の実力というわけではない。

 ひとつは俳優たちが一度も台詞を間違わず、長い芝居を見事に演じたこと。

 彼ら彼女らの多くは、ドラマ初出演の子が多かった。

 演技経験ありは、「太陽娘」から続投のみさっちゃん(建みさと)のみ。

 なのに、全員が素晴らしい演技を見せてくれた。

 そして、カメラマン。

 その後も、何度も僕の作品を担当してくれた三本木さん(今回のストロベリーも彼です)

 彼の見事な手腕によるところ。大きかった・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(3)拒否 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

運命の木.jpg

 僕が初監督したドラマ「風の娘たち」。12話のシリーズ。

 毎週、見てくれる人がいるはず。最終話まできて「何だこれは!」と思わせたくない。

 「深夜ドラマだったが、感動した・・・」

 と言わせたい。それが監督の仕事ではないか?

 助監督からの「悪魔の選択」提案を拒否した。

 助監督さん。呆れ顔で・・

 「まあ、好きにしてください」

 俺は責任取れませんよという表情で去る。

 よし!撮影を続ける。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(2)失格 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080084.JPG

 それができないようなら、監督失格ということになる。

 なので、友人は初監督のVシネマで「悪魔の選択」をした。

 大切なクライマックスシーンを長まわしで撮り、盛り下げてしまったが、

 何とか完成させた。 
 
 しかし、それが正しい選択とは思えない。

 監督業を放棄することではないか?

 製作会社やテレビ局から、クレームがつけて来なければいいというものではない。

 期日内、予算内に撮り上げたから、合格というものではない。

 監督が一番に考えるべきは、観客のこと。テレビなら視聴者のはずだ!

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

優秀な監督とは?(1) 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

大作と川.jpg

 素晴らしい作品を撮ることより、期日内で撮影することが「優秀な監督」とされる。

 そこで黒澤明監督を意識して完全主義で、予算も期日もオーバーしたら、

 どんなに、いいものを作っても、

 「あいつは無能な監督だ・・・」

 と烙印を押されてしまう。だから、監督たち。最後の最後は「悪魔の選択」をして

 撮影時間を短縮して、とりあえず完成させようとするのだ。

 演出力よりも、時間を上手に使い。撮影を順調に進めることが、

 残念ながら・・・監督にとって第1の使命なのだ・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(終)演出意図 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

牛.jpg

 多くの監督は、その助監督と同じ発想をする。

 今回のようなケースで、悪魔の選択をした。長まわしで撮ってしまった。

 「何だこの撮影は? 全くカットを割ってないだろう!」

 作品を見た製作会社から、そういわれても・・。

 「演出意図です」

 といえる。時間がなかったから、ああしたではなく、あれを狙って撮ったと。

 そして責任を追及されずに済む。

なぜ、そんな言い訳で済んでしまうのか?

 つまり、深夜ドラマの場合。いや、映画も含めて、製作者たちは

 作品クオリティよりも、期日内に撮影を終えること。

 予算内に収めることを、重要視するからだ・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(13)最後まで撮った! 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080083.JPG


 そのときに、とりあえず長まわしであっても撮影しておけば

 「最後まで撮りました!」

 といえる。

 責任は果たしたことになる。

 製作会社は責任追及できない。

 問題はあるが、放送もできる。

 というのが、助監督の考えなのだ・・。


 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(12)悪魔・・の理由 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

牧場内撮影.jpg

が、視聴者が見たときは、違和感がある。

 「何じゃこれは!」と言われる。

 といって、よりよき映像を撮ろうとして、撮りきれないと・・

製作会社が大混乱に陥る。

 テレビ局に謝罪せねばならない。賠償問題にもなるかも。

 また、製作会社から監督への責任追求もされる・・・・。

 新人監督なら、二度と監督をすることはできなくなる。



 
(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(11)完結しない 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080075.JPG

 しかし、カット割り、「アップ」や「引き」があり、それぞれの俳優の表情が見えてこそ

 クライマックスは盛り上がる。

 それをワンカットワンシーンで撮ると、盛り上がらない。

 でも、時間がない。

 とりあえず、ながまわしで、俳優の表情が見えなくても撮っておけば

 物語は繋がり、完結できる。助監督が言う通りである・・・・。


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(10)とりあえず 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

牧場のHとD.jpg

 さまざまな手法を使っても、

 12時間は、4時間にはならない。

 残り時間・・・・。

 あと1時間・・・。

 助監督がもう一度、言った・・・。

 「監督。とりあえずワンカットで、全部撮っときましょう・・・・・」


(つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(9)延長はなし 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080078.JPG


 このまま撮影して、途中で日が暮れた場合。お話が完結しない

 といって、翌日、撮影はできない。東京行きの飛行機は翌日の朝。

 では、夜に撮影するか? それもできない。

 すでに予定の半分以上を撮影済み。途中で夜になるのは変だ。

 といって、「全部は撮影できませんでした・・・・」と製作会社に言うわけにもいかない。

 いくら撮影期間が短くても、雨やトラブルで撮影が遅れても、期日内に撮り上げるのが仕事。

 ましてテレビドラマの場合。撮影延長はありえない。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(8)あと1時間・・ 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

大作と馬.jpg

 それでも撮影に必要な12時間が、4時間にはならない。

 撮影は順調に進んだが、残り時間。あと1時間となった・・。

 助監督がそばに来て言う。

 「監督。とりあえず、ワンカットで全部撮っときましょう・・・」

 「悪魔の選択」を提案された・・・。助監督がいう。

「このままカットを割って撮影すれば、1時間では終わらないですよ・・」

(つづく)



 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(7)4時間で撮る! 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080081.JPG


 そのために最終日の撮影。数時間で撮らなければならなくなった。

 このときは1話12分のドラマ。撮り上げるのに、最低12時間はかかる。

 それを4時間で撮らねばならない!

 おまけにシナリオに問題があり、12分では収まらない量だった。

 それを前日にリライト。内容を変えずに、短くする。同時に、撮影に時間がかからない設定に直す。

 俳優たちにはリハーサルをさせて、流れを理解させた。

 しかし・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(6)トラブル続き 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

E9A2A8E5A898E38080E9818BE591BDE381AEE69CA8E383BCE5B08F[2].jpg

 先に紹介した友人。ベテランの助監督だった。

 助監督チーフというのは、スケジュールを立て、時間配分を考え、スタッフの特性を見抜き、

 監督が仕事をしやすいように計らう仕事。

 そのベテランだった友人も、監督をすると、時間がなくなる。

 それほどプレッシャーと緊張がのしかかる。

 新人監督ならなお更だ。

 そんなことで、僕の初監督のとき。

 撮影時間がどんどんオーバーして、昼のシーンを夜撮ったりした。

 おまけに6月の北海道。梅雨は関係ないと聞いていたのに、毎日・・・・雨!

 主演女優が捻挫して病院に行ったり。結局、歩けなくなり、シナリオを変更したり。

 トラブルが続出した・・・。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(5)風の娘たち 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

シナリオ.JPG

僕が初監督のテレビ・ドラマ「風の娘たち」。

 北海道を舞台にした青春物語。

 いろいろと大変だった。

 監督というと、演技指導をして、偉そうにスタッフに命令するのが仕事?と思われがちだが、そうではない。

 内容面だけでなく、撮影を予定通りにスムーズに進める役割も大きい。

 だが、新人監督というのは、経験がなく撮影時間の配分が分からない。

 どんな撮影をすると、どのくらい時間がかかるか?

P1080079.JPG

 あるいは、このカメラマンだと、準備にどのくらいかかるか?

 あの俳優は、何度テストをするとよくなるのか?

 その辺を把握した上で、時間配分を考えたりする。

 新人監督だと、それが分からない。

 また、今回、ご一緒するのは、ほとんどが初めての人たち。

 俳優はドラマ初出演の子がほとんど・・。

 時間配分どころか、演出するだけで精一杯になった・・。



 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
タグ:風の娘たち
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(4)ワンカット 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1070995.JPG


 「いけないとは思ったんですよ。けど、すでに終了予定の時間も越えているし、

その日の朝には、スタッフを帰さなければならなかったんです・・・」

 事情は分かる。が、見せてもらった映像はあまりにも厳しい。

 他のショット。少しでもないのか?聞いたが、首を振る。
 
 少しでもカットを割っていたら、編集で多少は盛り上げができる。

 でも、ワンカットワンシーンで撮っているので、編集のしようがない。

 結果、そのまま作品はビデオ化された。

 その後、何年も経つが、彼は再び監督することはなかった。

 人事ではない。僕も似たような経験があった。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(3)初監督の悲劇 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1070994.JPG


 初監督した友人。こう言う。

 「時間がなかったので、仕方なく長まわしで撮ったんですよ・・・」

 聞くと、極端に低予算なので撮影期間も異常に短かい。

 でも、彼はもともと助監督。チーフを長くやっている。

 スケジュールや時間の配分は得意のはず。

 でも、初監督なので力が入り、最初の撮影でかなり時間を使った。

 気づくと撮影していないシーンが山積み。おまけにクライマックスが一番最後にあった。

 結果、一番大切なシーンを数時間で撮り上げねばならなくなった・・・・。


(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(2)初監督した友人 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1070993.JPG

 友人は長らく、助監督をやっている。

 40才目前でようやく、監督をするチャンスを得た。

 低予算のVシネマだったが、彼は全力でかかる。

 シナリオ段階から相談を受けていたこともあり、応援! 

 撮影後に会社を訪ねると、ほぼ編集ができた映像を見せてくれる。

 予算がない中、かなり力が入った展開。いよいよクライマックス。

 なのに、一番大事なアクションシーンをワンシーンワンカットで撮影。

 舞台中継を見るようだ。まったく盛り上がらない!

 何を考えているのか?

 
(つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

続・悪魔の選択(1)バスの中 2005・9・22 [撮影6日目(十四)ロケバスの中]

P1080013.JPG

 次のロケ地に移動中。ロケバスの中で考えた。

 まず、今回の問題。発端は朝の撮影。引き潮のはずが、満ち潮で排水口の撮影ができなかった。

 次に行った浜辺も、満ち潮。撮影プランを急遽変更せねばならなかった。

 その次の路地。移動撮影のバイクと自転車。テストに時間がかかった。


 でも、いろんなことが起こるのが撮影。

 けど、その決着。監督がせねばならない。

 と、いって「悪魔の選択」だけはしたくない・・・。

 思い出すのは、友人の助監督が初めて監督した作品だ・・・・。

(つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(十四)ロケバスの中 ブログトップ