So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影6日目(十五)死神の意味 ブログトップ

死神・初登場シーン撮影(4)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神と夏美たちの出会い階段


今夜のシーンを撮影する高山寺の階段。

 あることに気づいた。

 すぐそばにある階段の方が、よりよくはないか?

 あちらの方がいい絵が撮れるのではないか?

 散々ロケハンをしていたのに、今さらながら迷いが生じた・・。

 確かに散々ロケハンはした。

 が、高山寺を決めたのは、かなり最後の時期。

 他の場所に比べて、かけた時間が少なかったこと。

 思い出した・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(1) 
共通テーマ:映画

死神・初登場シーン撮影(2)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

2486648


 高山寺は広い。(写真上、昼の風景)

 すでに何度かロケさせて頂いた。

 いろんな絵になる場所があり、映画屋にとってはロケ地の宝庫。

 今夜は三重の塔手前の階段である。

 まず、監督である僕と、カメラマンがそこへ行き。

 死神初登場のシーンのカメラ位置。死神の立ち位置を確認。

 そこで、あることに気づいた・・・。

 (つづく)

 9938366.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神・初登場シーン撮影(1)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神の階段.JPG

 高山寺は会津川のそばにある。

 田辺市で最も大きなお寺のひとつ。

 学者の南方熊楠、合気道の創始者・植草盛平らの墓もある。

 (高山寺の写真と解説=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2009-01-16-2

 駐車場にロケバスや機材車を止めて、ロケ現場に機材を運ぶ。

 ナイター(夜間撮影)なので、多量の照明機材が必要。

 照明部は3人。重いライトを降ろし、運ぶだけでも大変。時間がかかる。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(9-終)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

2971942

 
 それを実践する上で大切なのは、演じてくれる俳優。

 探すのが大変だった。

 その話は以下のチャプターに詳しく書いている。

死神さんを探せ!編=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-02-08-4

 こうして、僕が毎回欠かさずに見ている劇団・唐組。

 その前進である状況劇場出身の俳優・奈佐健臣さんが決まる。

 先の美香(東亜優)が連れ去れるシーンでは、人間とは思えない存在感を発揮してくれた。

 その死神の初登場シーン。今夜の撮影だ。

 (つづく)

 


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(8)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]


2828964

 結果、先の美香の別れシーン。とてもうまく行った。

 佐津川愛美や谷村美月。そして芳賀優里亜、東亜優たちが、とてもいい芝居をしてくれた。

 しかし、CGを使って、死神がいることを想像しながらの芝居だったら、

 あそこまで緊迫感のある芝居をするのは、大変だったと考える。

 無理難題を与え、そこで芝居をさせるのが演出ではない。

 俳優たちの実力を最大限に発揮する環境を作ることこそ、監督の仕事だと感じている。

 さて、その死神役の俳優だが・・。

 (つづく)



_m_T-OTA-f299e-008cd.png








 






nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(7)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神B.jpg

 どの作品もCGどころか、VFXは一切使わず、生の人間が演じている。

 「幕末純情伝」に至っては、セットさえ使っていない。

 そこから感じたのは、今の時代に一番感動するのは、

 人と人との熱い芝居ではないか?

 それなら今回の映画ストロベリーフィールズ」でも、人に芝居をさせよう。

 CGを使わず、死神は俳優に演じてもらう。

 そういう発想だった。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(6)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]


11664730.jpg

 もうひとつ。ここ数年感じていることだが、

 デジタルよりアナログの方が心に伝わるということ。

 デジタル技術のCGで、物凄い怪物を描くハリウッド映画

 見た目は本当にすごい!!

 ただ、それら映画より、舞台演劇の方が感動することが多いのだ。

 劇団・新感線の「阿修羅城の瞳」「アテルイ」本当に凄かった。

 キャラメルボックスの「ブリザードミュージック」「流れ星はいつも一人」等。泣きながら見た。

 つかこうへいの「幕末純情伝」(広末涼子、筧利夫)理由が分からない感動がこみ上げた。

 そして毎公演必ず見ている唐組。この撮影が始まる直前の「紙芝居の絵の町で」も心が震えた。

 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(5)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神2.jpg


 また、それを見送る夏美やマキたちも、1人芝居する相手役を見れば

 「悲しい・・・」というより、いない相手と格闘する姿が、「こっけい」に見えるのではないか?

 ホラー映画映画館で見ると怖いシーンも、現場では大爆笑ということがある。

 多感な10代。現場で笑わせてしまうと、集中力を失い、芝居レベルも下がることが多い。

 それなら、俳優に死神を演じてもらい、実際に少女たちを連れ去る。

 そのことで悲しみをリアルに、俳優たちに感じてもらう。

 それによって芝居に集中してもらおうと考えたのだ。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(4)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神3.jpg


 単にいるはずのないCGキャラと、会話するだけの芝居ならいい。

 が、今回の死神は少女たちを連れ去る。

 その「悲しさ」が映画としての見せ場。

 そんな大切な場面。10代の女優が死神がいると想像して、腕をつかまれた演技をして

 「行きたくない!」と叫ぶのは、無理があると考えた。

 演劇経験の少ない子たちが、実際にないものと対応しながら、覚えた台詞をいい、芝居をするのは  厳しい。

 (つづく)



 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(3)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]



死神4.jpg


 同じように、その物語を描く上で最良の方法論を選ぶ必要がある。

 だとしたら、今回の死神はどう表現するべきか? 考えた。

 CG使用も考えた。実際にありえないもの(怪物、怪獣等)をリアルに描くには効果を発揮する。

 だが、撮影現場で問題があるのだ・・・。

 CGで描くキャラクターは、撮影のあとにコンピューターによって作られ、映像に書き込まれる。
 
 つまり、撮影現場で俳優は実際にいない怪物と、芝居をせねばならない。

 そこに誰かがいると想定して、一人で会話したり、戦ったりするのだ・・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(2)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神1A.jpg

 「予算がないから、死神をCGにできないんだろう?」

 という映画人も何人かいた。

 でも、その指摘はおかしい。なぜ、CGありきで発想するのか?

 確かに最近の映画、怪物をCGで描くことが多い。

 だからといって、猫も杓子もCG。そんなのは変!

 その怪物を描くに一番ふさわしい手法は何か?を考えた上でCGを選ぶのならいい。

 が、最近の映画は「CG以外は駄目」という感覚に陥っている。思い出してほしい。
 
 CGで怪獣を描いたアメリカ版「ゴジラ」より、

 ぬいぐるみ撮影した日本版「ゴジラ」の方が、圧倒的に素晴らしかったではないか?


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神はアナログで!(1)2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神1.jpg

 死神のことで思い出すこと。

多くの映画人。こう言った。

 「死神はCGで描くんだろ?」

 CG、コンピューターグラフィックスである。
 
 ロード・オブ・ザ・リング」「ハリーポッター」等、CGを使ってリアルなクリーチャー(怪物)を表現していた。

 ハリウッド映画ではなく、日本映画でもCGを使った作品。増えてきている。

 高額な予算がなくても、技術の進歩で可能になったのだ。

 しかし、今回の「ストロベリーフィールズ」では、CGは使わない。

 シナリオ段階から、そう宣言していた。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シーン14の解説(5) 死神テスト 2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]


死神1A.jpg

 死神の撮影テストも何度も行った。

 「死神は田辺市の風景とマッチするか?」

 「死神は存在感がもてるか?」

 「死神はどんなふうに写るか?」

 「死神の動きは、どうあるべきか?」

 さまざまな角度からテスト。それを撮影。検討した。

 その結果。死神はカメラ位置。角度。さらに光が大きく影響することがわかる。

 しかし、照明のテストまではできなかった。

 それを今夜、実践するのである・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

シーン14の解説(4)ホラードラマ 2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]


死神ー後ろ姿1.jpg

 実は今回の「ストロベリー」の前に、別の作品でも死神には挑戦している。

 「ストロベリー」の準備をしているときに、手がけた作品。

 原作の中から好きなエピソードを選び、ドラマ化できるというホラー番組の仕事だった。

 その中に、ちょうど「死神」というのがあった。

 それも西洋風の死神。僕のイメージ通りだ。

 それを選び、シナリオにし、監督した。

 実際にやってみると、いろいろと問題があることが分かる。

 その経験を生かし、よりリアルな死神を表現するため。

 テストを始めた・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(1) 
共通テーマ:映画

シーン14の解説(3)リアリティ 2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

死神6ーsjpg.jpg

 そんな意味で、大切なのは「ストロベリー」は「ファンタジー」であり

 「ホラー」や「コメディ」ではないということ。

 その観点で死神を表現せねばならない。

 これが、シーン14の最も大切な部分である。

 死神のリアリティを失っては、コメディになってしまうし、

 「仮面ライダー」の怪人に見えては、子供向きの作品だと思われる。

 そのため、衣装部、メイク部とは早い段階から打ち合わせ。

 死神の衣装は、

 在りものを借りてきたのではない。

 素材から選び作ってもらった。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

シーン14の解説(2)ファンタジー 2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

DSC_2140.jpg

 今回の映画ストロベリーフィールズ」は青春ファンタジー

 ファンタジーといっても、妖精や恐竜が出てくるヒロイック・ファンタジーではない。

 日本ではSFやファンタジーというのが、非常に根付きにくかったので

 理解されにくいが、ここが大切なところである。

 シナリオを書いた段階では、35歳以上の男性はほどんど理解できなかった。

 女性は漫画家・大島弓子の作品を読んでいた人たちが多く、35歳以上でも

 理解してくれた。

 そして若い人になるほど、理解者は多くなった。

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(1) 
共通テーマ:映画

シーン14の解説(1)死神登場 2005・9・22 [撮影6日目(十五)死神の意味]

2678793


 さて、シナリオを読んでもらって、展開は分かってもらえたと思う。

 そのシーンを映像化していくのが、今夜の撮影である。

 重要なのは、死神が初めて全貌を現すというシーンであること。

 これまでも、手だけ。肩だけ。というのはあった。が、全身を見せるのは初めて。

 その際に注意せねばならないこと。

 何より、「仮面ライダー」の怪人に見えてはいけない。

 ドリフターズのコントに見えてはいけない。ということだ。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 





nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影6日目(十五)死神の意味 ブログトップ