So-net無料ブログ作成
撮影6日目((十六)撮影場所 ブログトップ

死神の階段(9)やる! 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

鉄男&死神2

 「それでなくても、訳の分からない撮影が続いている。こんな監督で最後まで撮影できるのか?」

 「まともな映画に、なるのか?」

 そう思えたという。

 言われなくても、感じていた。

 言葉にして言うものはいないが、スタッフの間で大きな不安が膨れていること。

 身を持って感じている・・・。

 不安にさせないためには、本来の階段で撮るべきだったのかもしれない。
 
 でも、大切なのは、よりよい作品を撮ること。

 別の階段で、この場面は撮影する!

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(8)新人監督は不安 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

新人監督.JPG
  
 でも、お願いして、別の階段に変更してもらった。

 が、場所を変更することだけが、問題なのではなかったようだ。

 ある人があとで、こんな話をしてくれた。

 監督がベテランのときと違い・・・新人だと。スタッフは不安になる。

 ロケ場所を突然変更するのは、「よりよい場所で撮影するため」というより

 「しっかりと考えていないから、安易に場所を変更する・・・」

 「気分屋で、いい加減だから、急に場所を変更する・・・・」

 そんなふうに解釈される。という・・・。

(つづく) 

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(7)変更だ! 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

死神登場&鉄男の掃除

 思い切って、製作部に告げる。

 「悪いんだけど、あっち側の階段に変更してもいいかな?」

 製作部のSさんは、まじめな人だ。

 「わかりました。監督がいいと思う場所で撮るのが一番です・・」

 場所の変更。ほとんどのスタッフ、影響なかった。

が、ある部の技師は不機嫌になる。

最初の階段をロケ現場と考えて、機材を発注。準備したものがある。

 それが別の階段では機能しない。無駄になるという。

 「今さら何だよ!」

 そう言われた・・。

 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(6)名プロデュサーの言葉 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

言葉.JPG

 大林監督の映画。「時をかける少女」を始め、数々の名作・・。

 そのほとんどをプロデュースしてきた、夫人・恭子さんの言葉。

 クランクイン前、ご挨拶に伺ったとき。こんな話をしてくれた。

 「太田君。撮影中は本当に自分がやりたいこと、やらないとダメよ。

 スタッフに気をつかって、このくらいにしておこうとか? 

 皆、疲れているから、今日は早めに終わろうとかしてはダメ。

 監督は何よりも、作品のことを考えるべき。

 どんなに辛い撮影でも、映画が完成したとき、その出来が良ければ、スタッフは必ず認めるの。

 でも、どんに楽しい撮影でも、出来が悪ければスタッフは認めない。

 楽な撮影する監督より、いい作品を作る監督を認めるよ・・

 その言葉を思い出し、決めた。ロケ場所は変更しよう。別の階段でやる!

 (つづく)


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(5)迷い・・・ 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

 高山寺


 最初に決めた階段で撮影することで、滞りなく作業を進めるべきか?

 スタッフにも余計な不安を感じさせない方が、いいかもしれない。

 しかし、もうひとつの階段の方が明らかにいい。

 そのシーンを表現する上で、ふさわしいのだ。

 だが、もっともっと入念なロケハンをしておけば、早くにその階段を見つけられたのだ。

 でも、あの時期。さまざまなトラブルが起こり、監督業以前で忙殺・・余裕がなかった・・。

 悔しい・・・。

 でも、どうする! 

 そんなとき、思い出した言葉がある・・・。

 (つづく)

  _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(4)こみ上げる不安 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]


高山寺

 「何だか、よく分からない撮影だな・・・何をしたいんだ。監督は?」

 そう思っているスタッフもいるようだ。

 おまけに撮影は、そろそろ1週間。疲れが出て来る頃。

 イライラが溜まっている人もいるだろう。

 ここで、突然、撮影場所変更!というと、さらに戸惑うスタッフも出るはず。

 それぞれの技術パートが考えたプラン、台無しになる可能性が高い。

 すでに本日は撮影スケジュールが遅れている。

 「なのに、撮影場所変更? 大丈夫かよ?」

 「クランクアップの日に間に合うのかよ?」

 スタッフの不安は、増して行くだろう・・・。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(3)戸惑い 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

IMG_2522

 しかし、幸運かもしれない。そのベターな階段は30メーター向こう。

 遠い場所ではない。

 ただ、気になるのは、今夜のスタッフの雰囲気。

 朝からトラブル続き、用意したものが駄目になったり、何度も移動したり。

 撮影中に日が落ちて、撮り残しまで出た。

 また、僕が実践するハリウッド式撮影にまだ戸惑うスタッフもいる。

 日本映画の撮影法とはかなり違う方法論での撮影。不安があるようだ。

 「監督新人だし、大丈夫かよ? こんなで最後まで撮影できるのか?」

 と感じている人もいるようだ。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(2)間抜け 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

CA240126


 ふと気づくと、よりよい階段がすぐ先にあった。

 だが、メインロケハンでは、別の階段で撮影すると説明。

 スタッフは皆、そこで撮ることを前提に準備を進めている。

 もちろん、カメラだけなら、あちらに持って行くだけで済む。

 が、場所が変わると、段取りが変わる部署もある。周到な用意が無駄になる。

 スタッフも混乱する。

 徹底したつもりだったが、ロケハンに穴があった。

 それもすぐそばに、より良い場所があるなんて間抜けだ・・・。


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の階段(1)ロケハンが不十分 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

IMG_2183

 話が逸れてしまった。

 そう。徹底してロケハンをした。5年もロケハンしたのに、手薄なところがあった。

 この高山寺の場面である。

 初期のロケハンでは、同じ場所を何度も訪れているが、ここは今年に入ったから決めた場所。

 徹底できていなかった。

 あるルートで集まった製作費が、撮影直前に駄目になった。

 クランクインを延期して、製作費集めに戻る。

 撮影準備の忙しい時期に「シナリオを直せ!」と言って来る人がいたり。

 トラブルが続出。足を引っ張る奴までいて、本当に時間がなかった。

 監督業より、脚本家業やプロデュサー業が忙しかったりした。

 そんなことで、今夜の場所。何度も訪れてはいなかった・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(13)刑事と同じ 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

10719797.jpg


刑事も鑑識が撮った写真を見るのではなく、実際に殺人現場に立つことが大事。

 犯行が夜なら、現場にも夜行く。

 映画でも、撮影が昼であれば、その場所に昼行くのが大事。

 時間がないからと、夜撮影する場所に朝行くのは違う。

 また、同じ場所を朝、昼、夕方、夜と別の時間に訪れることで、新たな魅力を発見することがある。

 そして、夜撮影するとしても、その場所の昼の顔を知った上で撮ることも大事なのだ。

 さらに、雨の日、晴れの日、曇りの日に同じ場所を訪ねる。

 「そんなの関係なくない?」 

 と思う人もいるだろう。でも、そうやってロケ場所を知り、把握し、その場所を好きになることで

 必ずロケ場所も、笑顔で微笑んでくれるようになる。

 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(12)将棋と同じ 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

 2840720

 もちろん、無数のチョイスがある。

 その中で最も良いものを選ぶ。

 将棋の次の手を考えるのと同じ、

 「飛車をこう動かすと、こうなり・・桂馬を取って・・角を押し出し・・・」

 とか、打つ手を先の先まで考ているのに近い。

 しかし、頭の中で考えるので、実際に撮影してみると、その通りいかないことがある。

 よくロケハンにスチールカメラやビデオカメラを持って行く監督がいる。

 ロケハン時間が短いからだ。自宅で再検討する。

 僕もカメラ持参で行くことは多いが、やはり現場に立つことが大切。

 これも刑事と同じだ・・。

 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(11)佇む 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]


1901804

 ロケ場所で、何時間も佇むこともある。

 見ている人がいれば、不思議に思うはず。

 「何時間も同じ場所に立ったまま。何をしているのだろう?」 

 「この場所で死んだ恋人のことを考えているのか?」

 そのくらいに、立ったまま、ただひたすら考える。

 座ったり、立ったり、位置を変えてロケ場所を見つめる。

 カメラをどこに置き、どこからどこまでのカットを撮影するか?

 どのショットを2カメにして、俳優たちをどこに立たせて、

 どのように動いてもらうか?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(10)ここで撮る 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

グランド撮影.jpg

 そんなことをやったので、製作費が集まる前に、

 撮影場所のほとんどが決まっていた。

 通常は製作部が「監督、ここどうですか?」とロケ地候補を訪ね歩くのだが、

 今回は僕が製作部を連れて、「ここで撮るからね!」と説明して歩いた。

 ロケハンというのは、単に撮影するための「美しい場所」を見つけるだけではない。

 その場所で、どのシーンをどのように撮影するのか?

 バタバタで決めることなく、時間をかけて、あらゆる角度から検討する。

 それが太田組式ロケハンである。

 (つづく)

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(9)殺されてもやる! 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

殺されてもやる.JPG

 なのに多くの監督は製作部が車で迎えに来ないと、ロケハンには行かない。 

 ただ、地方ロケの場合は個人負担では大変。交通費も、宿泊費も、食費も自腹となる。

 しかし、今回の「ストロベリーフィールズ」。

 僕は仕事とは思っていない。殺されても撮りたい映画だ。

 これが完成し、無事にお客さんに見てもらえれば、死んでもいいと思っている。

 自腹で5年間。ロケハンを続けた。

 交渉や協力をお願いに、毎月のように田辺を訪れたとき。

 必ず、ロケハン。

 製作部が見つけた来た候補地に行くのではなく、自分でゼロから探した。

 (つづく)


 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(8)現場百回 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

現場百回.JPG

 刑事ドラマでよく聞く台詞だが、「現場百回」というのがある。

 「事件現場に百回行け!」ということ。 そこに全ての答えがあるからだ。

 同じ意味で映画は「ロケハン100回!」だと考える。

 さすがに100回は行けなかったが、テレビドラマの演出をしたときも都内のロケ場所。

 事前に5回は行った。

 日を変えて行くと、最初は気づかなかったことに気づいたりする。

 また、撮影をする場所以外。その周辺も把握しておくと違った発想が出てくる。


 (つづく)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(7)太田組式 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]



11031480.jpg

 だから、太田組では、ロケハンに時間をかける。
 
 が、先にもあげたように製作会社は節約第一!

 「長期間ロケハンに行く余裕なんて、ないんだよあな~」

 製作部ならこう言う。

 「気持ちは分かるんですけど、車を借りる経費がもうないんですよね」

 必ずそういわれる。でも、都内のロケ場所なら、電車で行ける。

 製作部が車で迎えに来てくれなくても、監督一人で行けばいいのだ!

 そんなことをすると嫌がる製作部もいるので、僕はときどき隠れてロケハンに行く。

 そしてスタッフと一緒だとすぐに

 「監督、時間がないので、そろそろ次へ・・」

 と急き立てられるが、一人なら気が済むまで、現場にいられる。

 そして、別の日にまた、その場所に行くこともできる。

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(6)場所の魅力 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

1882204

 刑事でいえば、さまざまな方面、様々な角度から考えてこそ。事件の真相が見えてくる。

 映画撮影でいうと、多角的に考えてこそ。

 俳優の動かし方と、その撮影法を決めるだけなら、短い時間でもできる。

 だが、一番、魅力的な物語の見せ方が見つけるのなら、数分では駄目。

 俳優を撮るだけではない。その「場所」の魅力を引き出すことも大切。

 また、撮影のしやすさだけではない。カメラや立ち位置に意味を持たすことで

 奥行きが出てくるのである!

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か(5)刑事でいえば 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

 天神崎 夕方前3.jpg

 パターンというのは、表面的な物語を見せるのに便利な手法。

 だが、それは観客の立場を考えるというより、撮影する側にとって便利という意味合いが強い。

 新しい表現を模索するとか、その場面に最もふさわしい撮影法を考えるではなく、

 パターンに押し込めて、それで安易に済まそうとしていることが多い。

 だから、パターンで撮られた作品。安易であり、力を感じない。魅力がない。

 ロケ地のよさを引き出すとか、物語の奥行きを伝えるのもむずかしい。

 変な例だが、こういうとわかり易い。

 殺人事件に来た刑事が、死体を見て、「ああ、これは自殺だ」と決め付けるのがパターンの撮影。

 でも、「本当に自殺か?」「殺人ではないか?」「事故ではないか?」「原因はなんだ?」と

 いろんな方面から考えていくのが、本来撮影にも必要な思考である。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(4)パターン 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

2836213

 「ロケハンや段取りにダラダラ時間をかける奴は、頭が悪いんだよ!」

 先輩監督はそういう。

 確かにその先輩。とても頭の回転が速く、段取りもスピーディー。

 でも、誰もがそんなふうにはいかない。

 どんなに頭がよくても、時間のない中で、ものごとを考えるとパターンに陥ってしまわないか?

 映画の撮影。基本的な撮り方というのがある。

 引き絵で入って、俳優登場。相手役が振り返る。それを横から撮って会話を見せる・・。

 2時間ドラマでパターンというのは、出演者全員がカメラの方を向いて会話すること・・。

 そんなふうにドラマにも、パターンの撮影法がある。

 つまり、そのパターンを使えば、頭がよくても悪くても、

 時間をかけずに撮影の段取りを、決められるのだ。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か(3)作品レベルの低下 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

2486673

 ロケハンというのは、撮影にふさわしい場所を選ぶだけの作業ではない。 

 どこにカメラを置き、どこに俳優を立たせ、どのように動いてもらい、

 物語を進行させるか? を考えるのもロケハンでの仕事。

 でも、あまりにも短い時間で移動すると、その場所がいいか?どうか?

 判断するだけで終わってしまう。それが作品レベルを低下させていると、僕は考える。

 が、先輩監督の中には、こういう人もいる。

 「俺は例えロケハンに行かなくても、撮影現場に行けば1分で撮影の段取りを決められる」

 つまり、ロケハンで時間をかけて現場で撮影プランを考えなくても、どこにカメラを置き

 俳優をどこに立たせて、どのように撮影するか?を瞬時に考えつくというのだ・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(2)経費節減 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

  教室ー窓側.jpg

 時間が限られているので、監督たちはスチールカメラやビデオカメラを持参。

 自宅に帰ってから、それを見て、そのシーンが撮るにふさわしいかどうか?検討する。

 バタバタでロケハンするのは、経費節減のため。

 交通費、滞在費、食費等を極力、使わないために短時間で済ませようというのだ。

 しかし、そんなロケハンが日本映画のレベルを低下させた理由のひとつではないか?

 長らくそう考えてきた。

 ロケハンというのは、撮影するための美しい場所を探すだけではない。

 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロケハンとは何か?(1)バタバタ 2005・9・22 [撮影6日目((十六)撮影場所]

  

 
IMG_1437.jpg

 以前にも書いたが、ロケハンというのは撮影場所を探す作業だ。

 製作部スタッフがシナリオを片手に、それにふさわしい場所を探す。

 いくつか候補が見つかると、監督も現地に行き、その場所を見る。

 都内なら製作部が車に監督を乗せ、連れて行く。

 地方なら、電車や飛行機で移動。現地で車を借りてまわる。

 が、1箇所に5~10分くらいしかおれず、次の場所に移動することが多い。

 朝撮影する場所を昼に見たり、夜撮影する場所を朝見たりすることもある。

 バタバタと移動しながら、撮影場所を決めなければならない・・・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(1) 
共通テーマ:映画
撮影6日目((十六)撮影場所 ブログトップ