So-net無料ブログ作成
撮影6日目(十七)高山寺ナイター ブログトップ
前の30件 | -

最大の不安は台風!(10-終)2005/9/28 不安が現実に・・・ [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

台風1.JPG

 間もなく10月だが・・・。

 まだ、台風が群れなしてくるシーズン。

 1日でも台風の影響を受けると、大変なことになる。

 そんな台風が日本に近づいている!というニュースが入って来た・・・。

 紀伊半島に向かっている。

 ロケ地である田辺市が直撃される恐れがあった・・。
 
 不安は・・・とうとう・・・現実となった・・・。

 (つづく)



_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(10-終)。6日目終了 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]


 最後のカットはとてもうまく行った。

 しかし、いろんなことがあった1日だ・・。

 そして、さまざまな問題が残った・・・。

 急な撮影場所変更。撮り残しで、機嫌が悪いスタッフもいる。

 僕の演出法を快く思っていない人もいるだろう。

 何より、撮り残しは、大きな問題。重くのしかかってくる。

 さまざまな課題を抱え、いよいよ明日は、撮影7日目を迎える・・・。


(つづく)

 _m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(9)谷村美月の笑顔。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]


3212886

 僕は大きな声で「OK」といってから、谷村に近づいた。

 「マキ。どうだった? 怖くなかった?」

 谷村は笑顔で答える。

 「遊園地みたいで、楽しかったです!」

 あれほど不安がっていたのに、笑顔でそう答えた。

 と、谷村。振り返ると、仲間たち。

 佐津川愛美、芳賀優里亜、東亜優たち、笑顔で迎える・・。

 駆け寄る谷村。

 「怖くなかった?」

 とか話しているようだ。

 スタッフはすでに片づけにかかっている。

 本日の撮影はこれで終了だ。

 しかし・・。

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(8)心がひとつになった時。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]



 「カーーーーーート!」 

 僕が声をかけると、スタッフがマットの中央に落ちた谷村美月を覗き込む。

 「大丈夫か?」

 谷村の元気な声。

 「はい!」

 マットを広げるスタッフ全員から、ざわめきが起こる。

 「おーーーーーーーー」

 「うまくいったなあ・・」

 皆、口ぐちにそういうと、谷村を乗せたマットを地面に下ろす。

 スタッフの心が・・・・ひとつになった瞬間だった。

 谷村もほっとした顔になる。

 「ありがとうございました!」

 谷村はスタッフたちに、お礼を言ってまわる。

 僕は大きな声で「OK」といってから、谷村に近づいた。

(つづく)

 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(7)監督の仕事。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

書 映画.jpg

 映画の撮影をしていて、胸が熱くなる瞬間だ。

 僕もその輪に加わりたいと思った。

 でも、監督はそれを客観的に見つめる仕事だ。

 さびしいが、みんなに任せよう・・。

 「よーい、スタート!」

 カメラがまわり、死神はマキ(谷村美月)を投げる。

 同時に、谷村美月の足をささえていたスタッフが、マットの方に向かい谷村を押し出す。

 そして、見事。マキはみんなが広げるマットの上に、落ちて行った。

 ドサッ! と音がして、谷村がマットに沈みこむ。

 (つづく)


_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(6)心をひとつに。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

P1020198.jpg

 みんなが心をひとつにして、かかる!

 1人の若き女優・谷村美月のために、その子の安全と、よりよい芝居のために係や担当を越えて協力する。

 会社でも、学校でも、なかなか皆が心をひとつにして、がんばるということはない。

 すぐにいがみ合い、ぶつかり、批判しあい、集団で何かをするのは難しい。

 まして、心をひとつにしてかかることは少ない。

 でも、映画の撮影現場では、それがときどき起こる。

 今回がそれだ。

 谷村美月という15歳の女優の安全を考え、怪我をしないことを案じ、

 何より、安心して芝居をしてもらうために、心をひとつにして、

 スタッフが全員でマットを広げている。

 (つづく)

 

 太田監督の新作「書道♡ガールズ」製作日記はこちら=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/



 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(5)映画作りの素晴らしさ。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

P1020200.jpg


 そのスタッフの顔。見ていて、感じるものがあった・・。

 全員で、マットを広げて、落ちてくる谷村美月を受け止めようとしている。

 その姿見て・・・胸が熱くなる・・。

 誰もが、谷村美月の安全を考え、谷村が不安を覚えることなく演技ができるように

 しっかりとマットの一端を握り、谷村を見つめている。

 演出部も、撮影部も、メイクも、衣裳部も、みんながひとつになりマットを広げる。

 自分たちの仕事を置いて、俳優・谷村美月を受け止めるために真剣になっている。

 心をひとつにして、谷村を受け止めようとしている。

 これが・・・・映画作りだ・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(4)マットを広げる。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

3212886

 「よし、本番!」

 死神役(奈佐健臣)が、マキ(谷村美月)を軽々と持ち上げる。

死神とマキ

 もちろん、カメラに映らないとこでスタッフ数人が、谷村を下から持ち上げる。

 その背後。階段ではスタッフが総出でマットを広げる。

 敷いてしまうと、弾力性がなくなり、そこに落ちた谷村が痛い目をみるので、宙に広げる。

 火事のときに、高いビルから飛び落ちる人を消防士がマットを広げて受け止める要領だ。

 カメラマンと僕以外、約30人の全員がマットを持っている。

 そのスタッフの顔。見ていて、感じるものがあった・・。


(つづく)

 _m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(3)励まし?2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

筆文字/谷村.jpg


 不安そうなマキ役の谷村美月。

 夏美役の佐津川愛美、笑顔で声をかける。

 「大丈夫。私が美月の最後を見届けてあげる!」

 谷村。余計に不安な顔。

 全然、励ましになっていない!

 こんなときは、監督である僕が安心させねばならない。

 「マキ。大丈夫だよ。スタッフがみんなでマットを広げるから、絶対に転げ落ちたりしないよ」

 でも、谷村。まだ、不安そうだ・・。

 すると、メイクや衣裳さんまでが・・。

 「美月ちゃん。大丈夫! 私たち絶対にマットを離さないから!」

 さて、撮影開始だ・・・。


 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png

 
 




nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(2) 蒲田行進曲ではない? 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

階段の解説1.JPG

 谷村美月。本当に不安そうだ・・。

 でも、その気持ちは分かる。階段、かなりの高さがある。

 マットを開いて受け止めるといっても、もし、そこから落ちたら・・。

 石の階段に落ち、さらに下までころがり落ちることになる。

 「蒲田行進曲」ではないが、階段落ち。

 いや、大林監督の「転校生」の冒頭の展開か?

 けど、転がり落ちるのは1人。男の子にもなれない・・・?

 話がそれた。とにかく、大変なことになる!


 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

マキ、死神に投げられる(1)ジャッキーチェンではない。2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

シナリオ新2.jpg

 マキ(谷村美月)が階段を駆け上り、死神にとびかかる。 

 が、簡単に跳ね返されて、階段下に落ちる。

 そんなシーンがある。

 ジャッキー・チェンではないので、実際にはできない。

 で、まず、谷村をスタッフが持ち上げる。

 それを死神が両手で持ち上げる振りをする。

 そこで手を離すと同時に、スタッフも手を離す。

 その下で他のスタッフ全員が体育用のマットを広げて待っている。

 谷村はそこにドスンと落ちる。

 そういう段取り。

 でも、谷村美月。物凄く不安な顔・・・。

 (つづく)

 「ストロベリーフィールズ」太田監督の次回作は?=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/


_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(8-終) 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

A1zZ0fN8QY52Hrc7S1TJu-mdKsPnSZD2bkNGr_bNDv-pqTdTyhL-qb8b0X9UfIKmhj5QHctSjDVq6fIONGJjBg__[1].jpg

 次にカメラを移動して、死神のより絵を撮る。

 そして、最後は、死神に投げられるマキ(谷村美月)のシーンだ。

 投身大の人形を投げたりはしない。

 谷村本人が宙を舞うのである!

 そう伝えると、谷村は・・

 「え~~~~~~、本当に投げるんですか?」

 と、かなり驚いていた。

 さて・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png

 




nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(7) 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

 その部分のセリフ。演出部のセカンド君に、読んでもらおうと考えた。

 が、彼は別の役割があって、芝居が見えない位置に立つという。

 とすると、僕(監督ですが・・)しかいない・・・。

 芝居を見ながら、死神のセリフを声を出して読む。

 2678789

 それに合わせて死神役の奈佐さんはうなずいたり、手を動かしたりする。

 A1zZ0fN8QY52Hrc7S1TJu-mdKsPnSZD2bkNGr_bNDv-pqTdTyhL-qb8b0X9UfIKmhj5QHctSjDVq6fIONGJjBg__[1].jpg

 それに合わせて、夏美(佐津川愛美)たちもセリフとリアクション。

jvzwc7PLygkmloIObeA6mDm7KS5CgwkWCEVIsjYi846ElsBOQM-yLMaxYT9-46Cl7mgN4l-7jbG_9S541j511A__[1].jpg

 ファンタジー映画の場合。このような芝居もあるのでむずかしい。

 でも、皆、それを問題なくこなした。

(つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(6) 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神の階段.JPG


「カッーーーーーーーと!」

 僕が声をかけて、カメラを止める。うまくいった。

 「OK!」

 難しかったのは、死神のセリフと夏美たちのセリフの間の取り方。

 死神役の奈佐さんは、口を開けて言葉を発しない。

 死神はテレパシーのようなもので、夏美たちに語りかけている。

 なので、佐津川愛美たちは、死神のセリフが終わってからしゃべりだすタイミングが掴みにくい。


(つづく)



 _m_T-OTA[1].png
nice!(1) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(5) 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

DSC_2349

美香(東亜優)「(死神に飛びかかろうとするマキを止める)」

死神「ρξκηΨΠΔΣжΣцю」

死神

マキ「オレはあと三〇時間と三〇分・・・明後日の朝まで・・・」

理沙「二〇時間と・・三五分・・明日の日暮れ頃」

美香「・・・・・私はあと十四時間と・・三〇分。明日の午後・・」

夏美「・・・・・・・」

死神「(闇の中に溶けるように消えて行く)」  
     
夏美(佐津川愛美)「・・・・・・・・・・」

 「カットぉーーーーー!」

(つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(4) 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

3212854

美香(東亜優)「でも、強い未練を持って死んだ人間は・・・・幽霊になっ
  てこの世をさ迷う・・・」

マキ(谷村美月)「リミットは死んでから・・四八時間・・・ポケットを見ろ・・・?」

       マキ、ポケットを探ると小さな砂時計が出て来る。

理沙とマキ

       美香、理沙同じ物を見つける。

死神「(それだ・・と言う顔で頷く)ρξκηΨΠΔΣжΣцю」

死神アップ.jpg

理沙(芳賀優里亜)「・・お前たちが死んだ時間は、それぞれに違う・・・・・」

マキ(谷村美月)「時間が来たら迎えに来る・・勝手なこといいやがって!」


(つづく)


「ストロベリーフィールズ」の太田隆文監督の次回作・ついに発表!こちらのページを!=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/
 


_m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

いちご娘VS死神(3)マキの攻撃 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]


死神とマキ


マキ(谷村美月)「うーーー(持ち上げられたマキ、足が宙に浮いてバタバタ
している)く、苦しい・・・・放せ・・・」

死神(奈佐健臣)「(マキを夏美たちの前に放り出す)」

夏美(佐津川愛美)「マキ!」

階段下の夏美たち


マキ「・・・・・・」

理沙(芳賀優里亜)「私たちが・・死んだのは・・事故・・」

死神「・・・・(頷く)・・・」


(つづく)

 _m_T-OTA[1].png




「ストロベリーフィールズ」の太田隆文監督の次回作・ついに発表!こちらのページを!=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/






nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(2)撮影スタート 2005・9.22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

夏美たち

夏美「・・・・・」


死神「ХЦЧЩЪφ(威圧的な声だが、意味は分からない)」

死神アップ.jpg

美香(東亜優)「・・私は・・・死神・・?」

夏美「・・魂をあの世に導くのが・・・・私の仕事・・・」

マキ(谷村美月)「てめぇが幽霊にしたんだな! 元に戻せ!(と、前へ出
て殴りかかる)」

死神「(が、マキの襟首を片手で掴み、持ち上げる)」

(つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神VSいちご娘の場面(1)撮影スタート 2005・9.22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

 死神の夜

 さて、撮影だ! 進行を説明する。

 「よーーーい、スタート!」

 いちご娘たちが走って来て、階段下に立つ。

 階段上にいる死神を見つける。

死神と四人との距離

 階段の上に黒づくめの大男が立っている。

 死神

そして、俳優たちのセリフ。

 夏美(佐津川愛美)「・・・・・あのときの・・・・・?」

 マキ(谷村美月)「・・・・・なんだよ。コイツは?」  
 
 死神「(四人を見下ろしている)・・・・・・」


 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(8ー終)2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神と四人との距離

 そして第2の理由が絵作りだ。

 死神と夏美たちの距離があると、死神の肩を舐めて下にいる夏美たちを撮影したとき、

 夏美たちが小さく見える。

 それに対して、高さはあるが距離が短い階段だと、

 夏美たちの表情も、何とか見せることができる。

 絵として、俳優の顔がしっかり見えること。大切。

 この観点からも、「今夜見つけた階段」の方がよりよい描写ができる。

 そんな細かな表現の積み重ねで、映画は感動や恐怖。

 スリルや笑いを作りだして行くのだ。 

 よし、それでは撮影開始だ!

 (つづく)

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(7)「高い」と「遠い」 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

階段の解説1.JPG

 「ロケハンで見つけた階段」だと・・・・、

 夏美たちが「高いところを見ている」というより、「遠くを見ている」という感じも出てしまう。

 それに対して「今夜見つけた階段」だと・・・

 階段の解説2.JPG

 明らかに「夏美たちは上を見ている」という感じが出せるということ。

 表現意図は「遠くを見る」ではなく、「上を見る」だ。

 天の声は遠くからではなく、天から聞こえる。なら、上の方がいい。

 これが第1の理由だ。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(6)図で説明 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]


 これも図で説明する。以下の図は今夜の撮影で使う階段。

 階段の解説2.JPG

 次の図。これはロケハンで見つけたもの。

 階段の解説1.JPG

 比べると、何が違うか? 一目了然だろう。

 そう。「撮影を予定していた階段」より、「今夜見つけた階段」の方が急なのである。

 そして、高さはあるのに、死神と夏美たちの距離が近いのだ。

 このことが、どういう意味を持つか?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(5)絶対的存在 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神

 死神の「言葉」というより、天の神様からの「命令」のような感じで見せられる。

 刑事ドラマで犯人が「爆弾は8時間後に爆発する」と告げるのとは、意味が違う。

 死神は犯人や怪物ではなく、神様。絶対的な存在。

 その辺を考えて、階段上と階段下での芝居にしたのだ。

 さて、もうひとつの階段。結果、こちらを使ったのだが、

 何が違うのか?

 スタッフの戸惑いを顧みず、変更した理由は?

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(4)天の声 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神と夏美たちの出会い階段


 おまけに初登場シーンだ。死神の「立場」や「存在」を強調しておきたかったのだ。

 でも、それだけではない。

 絵として、階段の上に立つと、背景に3重の塔が映る。

 これがなかなかカッコいい。塔を背負って立つ死神。

 絵のなるし、神がかりな感じもさらに増幅できる。

 階段下には、マキたち。

 まさに天の声を聞くという位置関係。

 この世にいられる時間を告げられる。
 
 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(3)高い場所 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

IMG_1685

 昔の学校。教壇は少し高くなっている。

 教師はそこに立ち、生徒を見下ろすという形。

 これは後ろの生徒まで目が届き、生徒も先生がよく見えるようにという工夫。

 講演会をする先生。舞台の上に立って話すことが多い。

 偉い人というのは、高いところに立ち、人々に語りかけるという形が多い。

 自然、人は高いところにいる人は偉い人という無意識を持ってしまう。

 その心理を利用して、死神も高い場所に置いたのだ。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(2)死神の立場 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

CA240128

 ロケ場所というのは、美しいだけではいけない。

 単なる背景となってはいけない。

 そこに意味があることで、物語を盛り上げる。

 今回のシーン。階段にしたのは、死神の「立場」を表現するためだ。

 死神は神様であり、超能力を持ち、命を扱う仕事をする。

 単なる怪物ではない。

 そんな「凄さ」「気高さ」を表現するには、高い場所に立たすのがいいと考えた。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

2つの階段の意味(1)2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]


 階段を変更した理由。

 先にロケハンをした階段は下の図。

階段の解説1.JPG

 階段の上に死神。階段下に夏美たち。

 死神は夏美たちを見下ろす。

 そして、夏美たちは死神を見上げる。

僕がイメージした通りの位置関係が取れる。

 死神との対面場所。「道」という手もある。

 でも、階段にした。

 なぜ、階段にしたか?に意味がある。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の撮影(8ー終) 霧 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神の夜


 あと、美術部さん。

 シーン頭でスモークを撒いてもらう。

 死神が夜霧の向こうに立っているという設定。

 より神秘的に見える。

 ホラーでの定番だが、今回の作品でもそれは有効。 

 全ての段取りが整ったので、いよいよ、撮影に入る。
 
 おっと、その前に階段問題を解説しておく・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の撮影(7)状況劇場 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

死神アップ.jpg


 さて、死神さんの方にも、説明をする。

 撮影ではすでに何度か登場してもらっているが、映画の中では死神の初登場シーンだ。

 演じるはかつて状況劇場(現・唐組)で活躍していた奈佐健臣さん。

 小林薫が在団していたころに、一緒に活動していた俳優さん。

 いつも、難しい役を演じていたという。だが・・・

 今回の役も、大変。セリフもなく、顔も映らず、とても難しい。

 それでいながら、この場面では威厳と、恐怖と、威圧感を出してほしいと注文した。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神の撮影(6)ポケット 2005・9・22 [撮影6日目(十七)高山寺ナイター]

砂時計.jpg


 ・・・と説明していると、芳賀さん。

 「ポケット。ありますよ!」

 と、砂時計をポケットに入れてみせる。

 あら!? 

 衣裳部さん。あれから別のスカートを調達!

 芝居がしやすいものを用意してくれたのだ。

 そんな小さなところにも、スタッフの努力があった。。

 衣裳部さん。ありがとう・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の30件 | - 撮影6日目(十七)高山寺ナイター ブログトップ