So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影7日目・台風の襲撃 ブログトップ

最大の不安は台風!(9) ラピュタの場面 2005/9/28 [撮影7日目・台風の襲撃]

台風3.JPG

夏美(佐津川愛美)とマキ(谷村美月)の別れのシーンも同じだ、

 広い倉庫を借りて撮影しては全てが台無しだ。

 高尾山の頂上にあるあの場所。

 眼下に田辺の町が広がる高台。

 そこで撮影するから盛り上がり、感動するのだ。

 あの「天空の城ラピュタ」のような、

 まるで空に浮く大きな台地のような場所。

 そこで佐津川愛美と谷村美月に、全身全霊で芝居をしてほしい!

 5年探して見つけた場所だ。あそこで撮影せねばダメなのだ。

 それを工場や倉庫に変更しては、全く意味がなくなる!

 
(つづく)


 
_m_T-OTA[1].png

 
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(8)あの場所に理沙を立たせたい! 2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]

DSC_2178


 そして、理沙役の芳賀優里亜。

 シナリオを読み、理沙が悲しいときに見つめた夕陽。イメージしてくれているだろう。

 ここ数日の撮影、芳賀は「理沙そのもの」と言っていいくらい。

 いや、それどころか理沙という役、シナリオを越えて成長させてくれた。

DSC_2320


 芳賀優里亜。物凄い思いで、理沙を演じてくれている! 

 そんな芳賀に台風が来て、外に出られないからと、

 「ロケ場所は変更。体育館の中で撮影します」

 なんて言えない! いや、言ってはならない!

 夕陽の場面は、理沙にとって最大の見せ場。

 女優・芳賀優里亜が全身全霊を賭けて、演じる場面なのだ。

 台風だろうが、竜巻だろうが、別の場所で撮るなんて許されない。

 あの天神崎こそが、理沙の思い出の場所なのだ!

天神崎の夕陽

 だから、芳賀を、理沙を、絶対に、あの天神崎に立たせたい。

 悲しみの場面を、演じてもらいたいのだ!

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
タグ:芳賀優里亜
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(7)ロケ場所は変更できない! 2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]


P1010499

 今回の「ストロベリーフィールズ」の撮影では、場面を室内に変更することができない。

 理沙(芳賀優里亜)の別れのシーン。

 夕陽が出なくては意味がないのだ。

 撮影場所が海岸でなくては、成りたたない。

 台風だからと舞台を移して、雨や風の来ない体育館で撮影してはダメだ。

 何より、それでは田辺市で撮る意味がない。

 田辺の懐かしい風景の中で、撮影することが大切なのだ。

 そして、夕陽が美しい、あの天神崎で撮ることに意味があるのだ!

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(6)場所を変更する手・・・ 2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]

台風5.JPG

 こう考えると、台風が来て数日撮影できないだけで、大変なことになる!

 映画が崩壊する。

 なので通常、雨と風で外で撮影できない場合は、場所を室内に変更して撮影したりする。

 刑事ドラマなどは、よく使う手だ。

 空き地で犯人を追いつめて逮捕する場面。それがクライマックスなら、

 台風のために屋外で撮影できななら、廃墟とかに場所を変えて撮影する。

 が、今回の「ストロベリーフィールズ」は、その手を使えない。

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(5)作品クオリティも下がる 2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]

台風4.JPG


 撮影を中断、時間が経つとスタッフもキャストも、テンションが下がる。

 撮影時の勢いを取り戻すのがむずかしい。いや、まず不可能だ。

 これも作品クオリティを下げる。

 また、クランクアップ後に撮影をすると、何百万という追加費用がかかる。 

 スタッフにも、追加ギャラを払わねばならない。

 製作費に、そんな余裕はない。では、どうするか?

 再び営業して、僕自身が製作費を集めるか?

 それにまた、何週間も何カ月もかかる。

 その間に「夏」が「秋」になり「冬」になる・・・。

 「ストロベリーフィールズ」は夏の物語。撮影ができなくなる。

(つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(4)クランクアップも延ばせない 2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]

台風2.JPG

 撮影終了日を延ばせばいい」という意見もあるだろう。

 でも、クランクアップの翌日には、別の仕事に行かねばならない俳優がいる。

 それを待っていると、何日も何週間も待たねばならない。

 その間。スタッフはどうするのか? 何もせずに、田辺市にいるのか?

 そうもいかないので、一度、東京に戻る。交通費がかかる。

 別日に来てもらうにはまた、交通費。そして、割増のギャラを払わねばならない。

 さらに、スタッフだって次の仕事がある。

 こうして、俳優、スタッフのスケジュールが合う日も、どんどん先になる。

 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(3) でも、休めない!2005・9・23  [撮影7日目・台風の襲撃]

台風1.JPG

 台風が来たからといって、撮影を何日も休むわけにはいかない。

 いや、1日、休むだけでも、大打撃なのだ。

 まず、撮影をしなくても宿泊費、食費は出て行く。

 休んだ日の分は、別の日に撮らなければならない。

 そうなるとスケジュールがきつくなる。
 
 深夜まで、夜明けまでの撮影になる。

 時間をかけた丁寧な撮影ができなくなる。

 作品レベルが下がる。

 さらに・・。

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(2)2005・9・23 最悪の事態? [撮影7日目・台風の襲撃]

台風近付く2.JPG

 幸い、撮影の第1週は、台風がロケ地である田辺を襲うことはなかった。

 でも、まだ撮影7日目を終えたばかり。

 まだまだ撮影は続く。

 その間に台風が来たらどうなるのか?

 最悪の事態となる。

 ここまで5年間かけて・・。血を流し、身を削り、命がけでたどり着いた撮影。

 それをズタズタにしてしまう、事態となる・・・。

 (つづく)

_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

最大の不安は台風(1)台風銀座 2005・9・23 [撮影7日目・台風の襲撃]

夕陽が隠れた海.jpg

 ロケ地の和歌山県田辺市。

 紀伊半島の南に位置しており、夏の終わりになると台風銀座となる。

 台風が必ず通る! 町なのだ。

 昨年は8つの台風が来た。

 強い風と、強い雨、波も荒れる。

 何日も、そんな天気が続くこともある。

 そうなると撮影どころではなくなる。

 今回の撮影で、最も恐れていることである・・。

 (つづく)

 _m_T-OTA[1].png



nice!(0) 
共通テーマ:映画
撮影7日目・台風の襲撃 ブログトップ