So-net無料ブログ作成
田辺のデ・ニーロ体験記 ブログトップ

田辺のデ二―ロ アフレコに挑む!(4-終)2005年9月24日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

  E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg


 
 ところが、さすがデニーロ。

 そんな不安を一切見せず、先ほどの芝居を思い出しながら、マイクに向って、

 「おーー、マキかあ?」

 (サキではない。今回は間違えない!)

 と、セリフを言いはじめる。

  2度ほど録音して、OK!。

 これで本当に垣内さんの仕事は全部終了である。
 
 こうして、用務員・古本さんとはお別れ。

 いつもの、会社員に戻る。

 数日後。

 「あの暑い夏の撮影って何だったんだろなあ・・・」

 そう思えた。

 まさに真夏の世の夢。本当に自分は映画に出たのだろうか?

 来年、春の「ストロベリーフィールズ」公開が楽しみだ!


 _m_T-OTA[1].png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ アフレコに挑む!(3)2005年9月24日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

  E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

      
 垣内さんの体験したのは、正確にいうと、アフレコではなく、

 「オンリー録り」というもの。

 そういっても分かりにくいので、「アフレコ」と伝えたのだろう。
 
 撮影現場で、演技もよし、台詞もよし、全てOK。

 でも、遠くをバイクが走る音が入っていた。

 垣内さんはテレビの番組で見かけるような画面を見て、ヘッドフォンを被っての、アフレコだと思った。

 来てみたら、いきなり8畳の和室でマイクを向けられ、

 戸惑ったのである・・・。

(つづく)

 _m_T-OTA[1].png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ アフレコに挑む!(2)2005年9月24日 [田辺のデ・ニーロ体験記]



 天国への階段シーン。

 スタッフから、そこの台詞を録音したいといわれた。

 「おーマキか?(サキではない)」「ワシら死んだみたいやな〜」「世の中そんなもんやー」

 その3つの台詞。

 
 深夜のロケ現場は虫が鳴いていたり、

 遠くを車が走っている音が入ったりして、

 リアルなノイズが入り天国感が損なわれる。

 そこで静かな場所で台詞だけ録音し直し、

 現場の音はなくして、天国の効果音を入れ、そこに台詞を嵌めるのである。


  E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

(つづく)

 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ アフレコに挑む!(1)2005年9月24日 [田辺のデ・ニーロ体験記]


 この手の仕事には、「アフレコ」と「アテレコ」の2種類がある。

 アテレコはアニメなど、すでに出来ている映像のキャラクターの口に合わせて、

 声優さんが台詞を読み、録音すること。

 つまり、絵に声をアテる。だから、アテレコ。

 それに対してアフレコは、和製英語。アフターレコーディング。

 映画などの撮影で現場では声を録音しなかった。

 或いは騒音が凄くて、クリアーな音で撮り直したい。

 というときにするのがアフレコ。

 田辺市の市民俳優(?)デニーロ垣内さんは、そのアフレコだと言われて、

 仕事が終わったその足でネクタイをしたまま、指定されたホテル(?)へ向かった。


  E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg



 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ、天国の階段に挑む!(8ー終)2005年9月24日  [田辺のデ・ニーロ体験記]

 E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg



 そんなことで、一番の難関であり、

 最後の出演シーンである「天国への階段」の撮影を終えた。

 「これで出演は全部、終了や・・・」

 ほっと一息。有休をとって、会社を休んでまで参加した映画初出演だった。

 ところが、自宅に帰った垣内さんに、助監督チーフから電話。

 「えー、これからアフレコをするので***ホテルまで来てもらえませんか?」

 えーーーアフレコ!!

 垣内さんの仕事は、まだ終わってなかったのである!


 (つづく)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデニーロ、天国の階段に挑む(7) 2005年9月24日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

古本on天国 


 「谷村美月さん。本当に凄いんですよ。真剣に役に入っていて、

 10代やのに、ほんまにプロやなと思いました。

 その気迫。怖いくらいでした。ホンマに凄い子です」

 デニーロ垣内さんも、そのシーンでは台詞があり、かなり緊張していた

 が、谷村の一言でプロの厳しいさを痛感。さらに緊張したという。

 が、これは後日談がある。どうも、谷村も垣内さんをプロの俳優だと思っていたらしい。

 「あの人。田辺の方だったんですね? 全然、知らなかった・・・」

 とか言っていたようだ。

 だとすると、やはり、垣内さんも凄い。

 天才少女・谷村美月にプロと間違われるのは、かなりなものである!

 (つづく)

  E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg



 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ、天国の階段に挑む!(6)2005年9月24日  [田辺のデ・ニーロ体験記]

魂3s」.jpg


 暗闇の中、待機する30人を越えるエキストラ。

 白いスモークが撒かれて、照明機材が点灯される。緊張感が走る。

 「よーい。スタート!」

 天国への階段シーンのリハーサルが始まった。

 マキを演じる谷村美月が目を開けると、死者たちが天を目指して階段を上がって行く。

 その中に用務員の古本もいる。

古本on天国 

「あっ。古本さん」マキの声で、彼は足を止めて振り返る。

 「おー、サキか・・・?」

 「マキです!!!」

 谷村の真剣で厳しい声に、古本役の垣内さんは思わず

 「すみません・・」と謝る。あとで聞くと、こういっていた。

 E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg


(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデ二―ロ、天国の階段に挑む!(5)2005年9月24日  [田辺のデ・ニーロ体験記]

 E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

 階段の両端には、小さなろうそくが並べられて火を灯す。

 が、それだけでは弱いので、

 照明部が火の色に近いオレンジ色のライトを後に設置している。

 かなりの数があるので時間がかかりそうだ。 

階段準備.jpg

 また、階段のそばにある街灯なども、止めないといけないので、

 準備は垣内さんの到着する何時間も前、明るい時間から始まっているようだった。

 あの世の感じを出すために、スモークも準備。風の具合とかを調べて、何度もテスト。

 これまでNGを一度も出していない垣内さんだったが、

 今回は台詞もある。そして大掛かりな準備を見ると、さすがに緊張。

 とうとう、小さなのミスをしてしまう!


 (つづく)


_m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデニーロ/「天国への階段」撮影に挑む!(4)2005年9月14日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

 そこに現れるのが、田辺代表俳優の垣内さん。

 彼が演じるところの用務員・古本さんもまた、車の事故で死に天国へ行こうとしているのだ。

 頭から包帯ぐるぐる巻きで、首からタオルをかけたまま階段をゆっくりと上がって来る。

 そこでマキ(谷村美月)に呼び止められる。

 「あっ、古本さん! ここは?」

 「おー、マキか? ワシら死んだみたいやなあ・・」

 という場面が展開する。

 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデニーロ/「天国への階段」撮影に挑む!(3)2005年9月14日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

 魂4s.jpg

 場所は高山寺の正面の大階段。

 そこに30名ほどのエキストラが参加、死者の役を演じる。

 病院で死んだ人もいるはずなので、パジャマ姿の人。

 事故で死んだ人もいるので血まみれとか、

 いろんなバリエーションの衣裳やメイクで出演する。

 そんな死者たち。ぞろぞろと階段を上がって行く中、

マキ(谷村美月)が意識を取り戻し、

 美香(東亜優)や理沙(芳賀優里亜)と再会するというシーンである。

 そこに登場するのが田辺のデニーロこと。地元・俳優の垣内さんである。

E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg


 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデニーロ/「天国への階段」撮影に挑む!(2)2005年9月14日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

IMG_1685

 ここ数日、何度も撮影には参加している垣内さんにとっても、

 夜間撮影は初体験。

 昼間と違い大掛かりな照明機材が用意されるので、

 より映画撮影らしい感じがする。

 この夜は、マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)、美香(東亜優)の3人が死んだあと、

 あの世に行く途中である「天国への階段」シーンの撮影。

 場所は高山寺の正面の大階段。(写真上。この場所で夜に撮影する)

E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

(つづく)


 _m_T-OTA[1].png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺のデニーロ/「天国への階段」撮影に挑む!(1)2005年9月14日 [田辺のデ・ニーロ体験記]

E58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpgE58FA4E69CACE9A194E58699E79C9FE382A2E38383E38397.jpg

 この「ストロベリーフィールズ」日記。

 いつもは監督である僕の目から見た、撮影現場をご紹介している。

 でも、別の視点で見れば、違った風に見えるだろう。

 なので、ときどき、地元オーディションで選ばれた、田辺在住の垣内さんの視点で描く

 「田辺のデニーロ日記」というのを、紹介している。

 これが結構人気! その垣内さんが出演したのが、本日の「天国への階段」シーン。

 事故で死んだ用務員・古本さん(演じるは垣内サン)が天国に昇天してくる場面。

 そこで垣内さんは何を見て、何を感じたのか?

 その辺を次回から、ご紹介して行く。
 
 (つづく)


 _m_T-OTA[1].png

 



nice!(0) 
共通テーマ:映画
田辺のデ・ニーロ体験記 ブログトップ