So-net無料ブログ作成
第9章 和歌山死闘篇Ⅰ ブログトップ

もう一度、見直しⅢ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 映画の企画を通す3つの条件。

 1つ目「ベストセラー原作」(これはいきなりダメ。「ストロベリー」は僕のオリジナル脚本)

 2つ目「有名監督」(これもダメ。僕ほど無名な監督は日本にいないだろう。実績もなし。ネームバリューなし)

 3つ目「有名俳優」(これはD社関係で散々当たったが、皆ダメだった。超有名どころは他の作品が目白押し。
 依頼したのに返事さえ来ない。そこそこ有名程度では、D社の企画会議は通らないという)

 全てダメか・・・。何度も考えたが、この危機を突破できるアイディアも、方法論も、何も、見つからずにいる・・・。

(つづく) 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

もう一度、見直しⅡ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 他の映画関係会社に行くと、まずシナリオが問題となる。幽霊が出て来る感動ファンタジーを理解できる人がほとんどいない。

 次に和歌山ロケというと、またアウト。地方ロケは金がかかるからダメ。マイナーな町で撮影してもアピールできないと言われる。

 客観的に考えて、ロケ地を変えるということはある。でも、僕は故郷・田辺で撮りたい。今回もそれを再確認した。それだけは譲れない。

 ここでノーウエェイアウトとなる。何かないか? そうだ。もう一度、企画が通る重要な3大条件を考えてみよう・・・。(つづく)

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

もう一度、見直しⅠ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 もう一度、確認してみた。決めた目標に向い長期間走り続けていると、別の方向に走っていたり、目標を見誤っていることがある。

 走ることで精一杯で見落としていること、忘れていることもある。それを確認しよう。

 まず、今回は僕が書いたシナリオ「ストロベリーフィールズ」を、自分自身で監督しようというのがコンセプト。ロケ地は故郷である田辺市。

 そのシナリオをD社のPは気に入ってくれている。が、企画会議を通し、会社から製作費を引き出すには、地元からその半額を投資することが条件。

 だが、地元は10年前に映画撮影で酷い目に遭っていて、「映画だけはアカン」という状況。

 ここでストップしてしまう。他の会社の状況も見直した・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

D社への報告 /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 D社のPに、和歌山の状況を報告した。落胆して、こう言うのではないか?と思えた。

 「もう、無理ですね。地元で製作費の半分が集まれば、何とかなると思ったんですけど・・・」

 ところが、意外に彼は冷静だった。

 「ま、お金は簡単に集まらないですから、仕方ないですよ。来年、ゆっくりとどうするか? 考えましょう・・・」

 その言葉から、彼自身の立場も伺えた。当初は製作費全額をD社でという話だったが、その後、F社も出資と言う話が出て来た。
 今は地元半額という。会社から製作費を引き出すのも、かなり難しいということ・・。

 彼も、戦ってくれているのだと思う・・・。では、僕はどうすればいいのか? 何か。何か。何か。ないか? 
 D社も来年までは動かない。何か、展開できるものはないか・・・。(つづく)

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東京へ戻る 2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

(復活篇の連載開始)

 東京へ戻る。故郷の出来事が全くなかったかのように、東京の町は相変わらずだった。どうすればいい? 何かいい方法はないか? そう思いながら日々を送る。

 だが、「ストロベリー」活動だけしていると、完全に生活が成り立たなくなる。少し前に頼まれた小さな仕事を始めた。

 といっても、ほとんどの日々を「ストロベリー」に注いでいる。僅かな仕事をしても、借金の山はどんどんと大きくなっていくばかり。
 
 これが夢を追うということか・・。本当に自分が好きな仕事を、するということか・・・。

 ドラマで見るような美しく、感動的なものではない。自分の思いを形にするというのは、こういうことなのだと思える。

 故郷での結果を、D社に報告せねば・・・。プロデュサーは期待してくれていたので落胆させたくはないが、正直に言うしかないだろう・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

暗闇の中のストロベリー号 /2003年10月17日 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 他の会社を訪ねても、またこうなるはずだ・・。

 「和歌山? 何でそんなところで? もっと、有名な町で撮影れば!」
 
 必ずそうなる。どうすればいいのか? あと、僕にできることは何か? 何があるのか? 希望が見えない。可能性はもうないのか? どうすればいい・・。

 問題が解決しないまま、JR和歌山駅前から新宿行きの深夜バスに乗る・・・。

 先の見えない暗闇の中をバスは走り続ける。まるで、それは「ストロベリー」号に乗った僕自身のようであった・・(つづく)

「和歌山死闘篇」了


次回からは「復活篇」スタート。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

希望が見えない /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 こうして、今回の地元訪問は終わる。

 *千万円の投資はなくなり、政治力ある大物の支持は得られなかった。一時は応援してくれたMさんも諦めた形。希望は全く残っていない。

 D社のPにはどう報告すべきか? 正直に伝えるしかないのだが、彼の答えは「もう、やめましょう」かもしれない。

 「うちで全額出せるようにがんばります」といってくれる可能性はないか? いや、それは厳しい・・。

 製作費の半分であっても、東京では誰も知らない小さな町で撮影することを理解してくれている。それだけでも感謝せねば。

 では、他の企業に話を持って行って投資してもらう? しかし、それだとまたロケ地変更の話が出てくるだろう・・・。どうすれば・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

不況だからこそのチャンスなのに /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 今でも、どの会社に行っても地方ロケというと、敬遠される。その中で、ようやく出会えたD社。

 不況で厳しいからこそ「町で半額出資できるなら、やろう!」という発想が出てきたのである。

 バブル時なら小さな町が全額出資しても、映画会社は受けてくれない。金は余っているので、海外でもOKなのだ。

 今、この不況だから、地方映画がどんどん作られている時代だから、和歌山件の小さな町でも撮影が可能となる。

 そんな状況で初めて「映画による町のアピール」が成立するのだ。が、Mさんはこう言う。

 「いいチャンスなのは分かります。観光にプラスであることも分かります。町を宣伝できるのは、ほんまにええことです。
 でも、私には、これ以上、どうすることもできません・・・」

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

バブル時代なら・・ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 東京での仕事があり、帰らねばならない日。もう一度、観光関係のMさん宅を訪ねた。あれから何か別の方法を、考えてくれたかもしれない。だが、こう言われた。

 「どうにもなりませんな・・・映画はええ方法やと思います。いろいろ考えてみました。でも、やっぱりお金を集めるのがむずかしい。
 バブルのときなら・・・何とかなったかもしれんけど、今は不況で厳しいんです・・・」

 考えてくれたのは感謝している。でも、その意見は違う。不況なので、映画会社も厳しい。映像関係の会社も製作費調達が難しい。

 だからこそ、D社は製作費の半分を地元で集められれば、残りを出資すると言い出した。今なら町で製作費を全額出さなくても、地元をアピールする映画が作れるのである。

 その大きな機会であることを分かってほしい。バブル時ではあり得ないチャンスなのだ!(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

支援できないという意味 /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 大きな政治力のあるJさんの言葉を、あとで知人が解説してくれた。

 「それは政治家がよく使う、政治用語と同じや。国会の答弁であるやろう?
『前向きに検討します』とかよう言うやんか? 本来の意味は『何とか考えて行きます』ということ。でも、政治用語では『何もしません』という意味や。

 Jさんが言ったのも同じ。市民の盛り上がりがあれば・・・というのは、まずあり得ない事。そんなことでもない限りはやりません。応援もできません!という意味。彼らが断るときに使う言葉や。

 もし、仮に市民が映画作りを賛同するとしても、そこまでにどれだけの努力と、何年の月日がかかるか? その間に、出資すると言うてくれている東京のD社。降りてしまうやろなあ・・」

 その意味をMさんも理解したようだった。
 「仕事があるので、ここで・・・何か他の方法も考えてみます・・」
 彼は力なくそう言い、帰って行った・・。

(つづく)

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

政治力のあるJさんⅡ /2003年10月  [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 大きな政治力を持つJさんは、こう言った。

 「そうですね。町のためには何かやらんといかん。映画作りもひとつの方法としてええ話です。何とかしたいです。

 でも、市民あっての我々です。映画作りにはお金がかかります。市民の賛同も必要でしょう。

 もし、市民から映画作りに賛同する声が上がり、それが市全体に広がったら、我々も動かざるを得ないでしょうね? まあ、がんばってください・・」

 どう、解釈していいのか?戸惑った。Jさんは「映画作りはええ話」と言った。その話し方も明るかった。誤摩化すような素振りもない。が、何か感情が伝わって来ない。

 結論も、市民が盛り上がれば「やる」ということなのか? 市民が盛り上がらない限りは「やらない」ということなのか? 解釈し辛い。
 あとで知人が解説してくれる。こういう意味だと言われた・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

政治力のあるJさんⅠ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 翌々日、大きな政治力を持つJさんの仕事先を訪ねる。海に面した大きな建物の正面玄関で観光関係のお仕事をされるMさんと合流。中に入る。

 階上にある部屋に入ると、60才前後の老紳士Jさんが、笑顔で迎えてくれた。

 僕はまた、映画作りがいかに地元にプラスになるか? そして、この素晴らしい故郷で映画を撮り、多くの人に見てもらいたいこと。子供たちが故郷に誇りを持てるようになってほしいことを伝えた。

 Jさんは何度も頷きながら、真面目に話を聞いてくれた。Mさんも援護射撃。 「この町に活気を取り戻す方法としての映画。私もええと思います」その言葉を聞いてJさんは、大いに頷いた。
 
 が、次に彼が言った言葉をどう解釈していいか? 僕は戸惑った・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

Mさんの答えは? Ⅱ/2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 観光関係のお仕事をするMさんは、こう言った。

 「今、この町はいろんな意味で辛い。可能性は観光しかない。多くの観光客が来てくれて、お金を落としてくれるのを期待してる。でも、皆、この町を飛び越えて、となりの温泉町に行ってしまう。何とかせんといかん。

 でも、何をしてええか?分からん。ずっと考えてたことです。映画の話聞いて、ええ話であることは分かりました。何とかしたいです。ちょっと待ってくださいね」

 Mさんはそういうと、手帳を取り出し電話番号を調べ出した。

 「この町で大きな政治力を持つ人がいます。行政に関わる人です。いつも観光のことで話合いをしています。その人に電話してみます。一緒に会いに行きませんか?」
 
 本当ですか!!!! ぜひ、ご一緒したいです! (つづく)

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

Mさんの答えは?/2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]


 さらに説明する。今、東京のD社がこの作品を支持し「やりたい!」と言ってくれている。
 
 地元で製作費の半額を負担すれば、残り半分を出資すると言う。一時は「有名な尾道で!」という話になったが、今はこの町で了解してくれている。
 あと地元さえ盛り上がり、製作費集めを応援してくれれば、この町で映画が撮れます。全国に発信できるんです!

 何とかできないでしょうか? とMさんにお願いした。同じ話はすでに何十人にもしている。
 が、ほとんどの人は「映画はなあ・・」と言う。「10年前の件があるからなあ・・」という。Mさんはどうだろうか?

 彼は御茶を一口飲むと、こう言った・・・。(つづく)

  


nice!(0) 
共通テーマ:映画

観光関係にアピール /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 観光関係のお仕事をされているMさん宅を訪ねた。東京でたくさん買って来たお菓子をお土産に、ご挨拶。

 まず、地方映画の効果をお話する。地元をアピールすること。映画を見てたくさんの観光客が来てくれること。映画は映画館での公開で終わりではなく、テレビ、ビデオ、ケーブル、衛星放送と、30年以上に渡って多くの人が見てくれること。

 どれも多くの地方で実践されていることである。フィルムコミッションが次々と立ち上げられ、自治体自身が出資、映画を作る県もある。
 雑誌広告やテレビCMより映画ロケ地になることが有効であることは、すでに全国で浸透しているのだが、この町ではなかなかそれが理解されなかった。 

 そして、前回、あるお年寄りから聞いた話。若い人たちは自分故郷に誇りが持てないということ。
 でも、僕は素晴らしい町だと思う。世界に誇れる美しい町だと思うこと。何より、この町で映画を撮りたいことを伝える。Mさんは、僕の話を黙って聞いていた・・。 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

観光関係 /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 応援してくれている会長に、報告した・・・。

 「そうかあ。アカンかったか・・・。これで大口投資してくれる人は、おらんようになったなあ・・・」

 会長は目を閉じて、考え込んだ。でも、何とか、何とか、他に応援してくれる人はいませんか? 誰かいないですか? と懇願した。会長は天井を見てこう言う。

 「金を出す人を口説ける人に、話してみよか? 映画作って一番助かるのは、観光関係や。その関係者なら、協力してくれるはずや。その人とおうてみるか?」

 観光関係のお仕事をされているMさん。話だけでも聞いてほしと電話。翌日、お宅を訪ねた・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

絶対絶命Ⅱ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 10年前にいい加減なことをして、東京に帰ってしまった映画人たちが憎い! なぜ、彼らは撮影中止の理由も説明せずに、引き上げたのか!!

 そんなことをしたから、映画の、映画界の、映画人の信頼がなくなったのだ! 僕はこの町で映画を撮りたいだけ、全国の人に見てもらいたいだけなんだ・・。

 なのになぜ、彼らの付けを払わねばならない? なぜ、この町がチャンスを失わねばならないのか!

 ・・・・いや、批判しても何も変わらない。何とか前に進める方法を考えよう。この結果を東京に持ち帰ったら、本当に全てが・・・終わってしまう・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

絶対絶命 /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 これで当てにしていた*千万円が、ダメになってしまった・・・。その話で元気になったD社のプロデュサーは、またやる気をなくすかも・・・。
 あるいは、今度こそ、撤退するかもしれない・・・・。

 そうなると本当にゼロになってしまう。ロケハンも進め、スタッフも少しずつ集まり、安く映画を撮る方法も勉強しているのに、全てが無になってしまう。

 やっと尾道から話が戻り、この町で映画が撮れそうになっていたのに・・・。

 この町の素晴らしさを改めて感じ、『ストロベリー」はこの町で撮るべきことを再確認したというのに・・・。
 なぜ、10年も前に他の映画人のしたことが、こんなふうに祟るのか・・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

映画だけはアカンⅡ /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 だが、言葉にはしないものの、社長の表情には「やっぱり無理やった。すまん!」という思いが滲んでいた。
 たぶん、会合で映画を推進することを告げたことで、批判が相次いだのだろう。

 「また、10年前と同じことになったら、どうすんの? あんた責任取るんか?」

 あちこちから言われたのではないか? 確かに、あの映画スタッフの対応はあまりにも酷かった。

 しかし、そのせいで他の映画人全てが、同じに見られてしまっているのか? 映画というだけで、「アカン!」という認識が根付いてしまっているのか?

 社長は多くを語らずに去ってしまった・・・。僕は・・・・どうすれば・・いいのか・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

映画だけはアカン /2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]


 社長室に入ったとたんに、気付いた。前回とは違う社長の表情。刺々しい部屋の空気。強い違和感が漂っていた。そして感じた通りの言葉が、社長から伝えられる。

 「やっぱり映画だけはアカンわ! 10年前のあの映画のことがあるし、賛同得るのは大変や。まあ、寄附集めるんやったら、ワシも1口くらいは応援させてもらうわ。ほんなら、忙しいんでこれで!」

 そういうと社長は逃げるように、部屋を出て行った。「町のアピールになる。ええことや!」と言っていた彼に何があったのか? 「*千万円出す」と言っていた話はどうなったのか?

 確かな筋を通して聞いていたことなのに、社長はそれに触れもしなかった・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

再び、社長を訪問/2003年10月 [第9章 和歌山死闘篇Ⅰ]

 本日、県内にある大手会社の社長を再び御訪ねする。「映画に*千万円出してもええ!」と言ってくれた方だ。

 あちこちの会合でも、映画推進を呼びかけてくれている。強い味方。東京のD社・プロデュサーも一時はやる気をなくし「来年考えましょう」と言っていたが、その社長の発言で元気になってくれた。

 「地元で*千万円集まれば、我が社があと半分出しますよ!」

 そう言ってくれている。社長から投資の確約が取れれば、「ストロベリー」は再び動き出す。尾道の一件でもうダメかもしれないとも思えたが、これで復活できるはずだ。

 昨日のロケハンでも、町には素敵な風景がいっぱいあった。15年来の夢まであと1歩。そんな思いを胸に、社長を訪ねた・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第9章 和歌山死闘篇Ⅰ ブログトップ