So-net無料ブログ作成
プロローグ 自ら映画を製作! ブログトップ

「ストロベリーフィールズ」への道 [プロローグ 自ら映画を製作!]

    チラシA4s.jpg

 2006年、劇場公開された青春ファンタジー映画「ストロベリーフィールズ」。

 東京、大阪、名古屋、和歌山、福井、その他の劇場でも、上映中に3度、4度と涙が溢れる感動作品!として話題になった。
千葉.jpg映画祭写真.jpgIMG_3931.jpg記事2s.jpg死神宣伝.jpgスコーレ3.jpg列.jpg和歌山看板.jpg田辺観客.jpgジスト和歌山.jpgkiji 3.jpg記事6.jpgジスト田辺.jpgアジア海洋.jpgフォーラム2.jpgフォーラムs.jpg

 噂が噂を呼び、今やある種のカルトムービー(?)化。

 出演者も今旬の10代の女優が勢揃い。佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優。

 今では全員が、主演映画をこなす人気者だ!

 その彼女たちがブレイク直前に出演したのが、この作品である。


いちご娘.jpg

 それを見守る面々が、20代の俳優が波岡一喜、三船美佳ら。演技派が集結。ドラマを盛り上げた。

 監督はこれが劇場映画デビューとなる太田隆文。

 「スターウォーズ」のジョージルーカス監督も勉強したアメリカ、南カルフォルニア大学・映画科で学んだ新鋭。

 「怪談・新耳袋」や大林宣彦監督の映画「理由」のメイキングを監督だ。

            監督 イン 会津川s.jpg

 「スロベリーフィールズ」では太田隆文監督、自らがプロデュサーとなり、5年かけて製作費を集めた。

 そして故郷・和歌山県田辺市で撮影。ついに、夢を果たす!


記事s.jpg記事4.jpg  そこまでには本当に長い長い道のりがあり、撮影現場では俳優たちの汗と涙の物語があった。

 若き俳優たち。佐津川愛美、谷村美月はいかなる思いで、芳賀優里亜、東亜優は、どんな役を演じたのか? 

 そしてスタッフはいかにして撮影の臨んだのか? また、そんな彼らを率いる監督は、どのようにして感動ドラマを作り上げたのか? 

 和歌山県の新聞社HPで、2年に渡って連載された太田監督のブログ。(写真下。連載開始を告げる記事)

日記記事ss.jpg

 それを「もう一度、読みたい!」という声に応え、加筆、再録。未公開パートも含め、新たに掲載。

 「ストロベリーフィールズ」に感動した人ばかりでなく、映画ファン、監督を志す人、映画スタッフ&俳優を目指す人、出演者たちのファンの方々にもぜひ、読んで頂きたい。

序章=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2007-10-25-1  

出演・・・・・佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優

        波岡一喜、三船美佳

監督&脚本・・・太田隆文

序章=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/2007-10-25-1


nice!(3)  コメント(2) 
プロローグ 自ら映画を製作! ブログトップ