So-net無料ブログ作成
検索選択
第22章 最後の希望篇 ブログトップ

東京での夕食 /2005年6月8日 [第22章 最後の希望篇]

 田辺ロケハンでは、スタッフにおいしいものを食べてもらおうと奮発。

 僕自身の食生活もグンとよくなったが、帰京すると日常に戻る・・。

 まだまだ、ギャラも経費請求も出ない状態。少しでも安く生活。でも、資料作り等でどうしても、出費がかさむ。

 家賃も節約できない。できるのは食費だけ・・・。本日も夕食は牛丼。300円以内で食べられるのは助かる・・。

 <つづく>


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

製作費予定額達成!/2005年6月 [第22章 最後の希望篇]

 また、大きな危機要因が出て来て、製作が危うくなっている。

 この世界はハイエナやコンドルのような人種がたくさんいて、個人の努力を平気で持って行こうとする。

 そんなとき、いい話があった。

 前々から応援してくれていた人の紹介で、ある会社が映画投資したいとの連絡。正式に合意した。

 額は全体の3分の1。これで目標の額が達成! 完全に8月クランクイン決定である。

 ただ、全額揃ったとはいえ、それでも最低限の作品を作るだけの予算。余裕ができるとか、大作になるということではない。

 でも、これで行ける! 今後は夏に向って、撮影の準備を始める。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

酷い話/2005年5月 [第22章 最後の希望篇]

 大きな危機が去り、希望が見えて来るといつも、新たな危機が訪れる。

 今回も同じ。が、これもあまりにも酷い話で書けない。よく、そんなことができるな・・・ということを大手企業はする。

 遠回しに圧力を掛け、邪魔しようとしたり、甘い罠をぶら下げて引きずり降ろそうとしたり・・・。

 でも、そんなことで諦めはしない。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

正式依頼 2005年5月 [第22章 最後の希望篇]

 8月撮影が決定したので、スタッフィングもスタート。

 まず、4年前からお願いしていたカメラマンのSさんに、5年目にして正式依頼。撮影部技師を担当してもらう。

 そして、10年間からの付き合いである照明部Aさんにも依頼。

 あと、ここしばらく相談に乗ってもらっている助監督さんにも、近々、アプローチする。

 あとは、録音部。美術部。衣裳&メイク部と順に決めて行く・・・。いよいよ、本当にスタートしたと感じる!

 <つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新型ハイビジョン・カメラの威力Ⅱ/2005年5月23日 [第22章 最後の希望篇]

 つまり、業務用のハイビジョンに限りなく近い画質で撮れた上、編集作業の費用も抑えられるというメリットがある。

 その上、フィルムにも変換しやすく、映画をさまざまな街で上映する展開も考えられる! (ビデオを美しく上映できるDLPシステムが設置された劇場は、まだまだ少ないのでフィルムにする必要性が大)

 そして先方がいうにはかなりな高画質、微妙な色合いを再現するので、それを最大限に使用する作品はなかなか難しい。

 でも、「ストロベリーフィーズル」の田辺ロケで使えば、赤い夕陽、青い空、白い雲、山の緑と、新型カメラを最大限に活用。
 最大の目標のひとつである「美しい風景」を撮ることができる。

 ただ、問題は発売が秋。10月以後になること。何とかそれまでに、試作機でもいいから、レンタルしてもらえないか? これからの交渉。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新型ハイビジョン・カメラの威力 /2005年5月23日 [第22章 最後の希望篇]

 先日、紹介した24Pのデジタルカメラ。その先を行く新型が間もなく完成するという噂を聞いた。民生用初の小型ハイビジョン・カメラ。今年後半に発売される。

 友人の紹介で、その大手電気メーカーの技術部を訪ねる。カメラマンのSさんも同行。

 担当者の方は非常に好意的で、単にカメラの性能説明だけには終わらず、映画への協力という話まで展開。その詳細を報告する。

  テープではなくメモリーカードに非圧縮で録画できるもので、簡単に言うと小型のハイビジョンカメラ。

 そのメーカーの従来のタイプに比べ、キネコ(ビデオをフィルムにすること、通常の映画館でかけられるようになる)したときに画質で大きな差が着く。

 また、カラー再現も高いレベルで、他社の同じタイプの機種を超える。なのに、カメラ自体は以前のシリーズとほぼ同じ大きさ。狭い部屋や車内での撮影にも向く。

 録画したメモリーカードは直接ハードディスクにダビングできて、編集ソフトのファイナルカットで編集できる優れものだ!

<つづく>

 
 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「理由」DVD発売/2005年4月下旬 [第22章 最後の希望篇]

 映画「理由」のDVDが発売された。さっそく店頭で手に取ってみる。そのパッケージに貼られた丸形の赤いシール。こう印刷されていた。

 「映像特典 大林宣彦作品 太田隆文構成 メイキング(50分)」

 全部、同じサイズの文字。あの巨匠と並んで僕の名前が記されている!

 10代から憧れた大監督。その人と共にパッケージに名前が載るなんて・・・。感激を通り越して、呆然・・・。

 僕の名前を載せたからと、売り上げが伸びる訳ではない。では、なぜ・・・? あとで聞くと、大林監督自ら「太田君の名前も入れるように!」と指示を出してくれたという。

 これはもの凄く大きいこと! 誰も太田なんて新人監督も知らない。だが、こうやってパッケージに名前を入れてもらうと、「大林監督の『理由』メイキングを担当した監督かあ。じゃあ、いい加減な人ではないだろう』と思ってもらえる。

 初劇場映画「ストロベリーフィールズ」を作る上で、もの凄くプラス!

 大林監督からの大いなる応援なのだ。と、その日の大手新聞の広告を見ると、同じように、僕の名前! 本当にありがとうございます・・。

 必ず、素晴らしい作品を作ります!

 <つづく>
 
 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

アナログ人が映画界をダメにする? /2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 でも、彼は長年やってきた「アナログのリニア編集」こそが、編集だと言いはる。

 武士にとっての刀と同じ。長年使い続けてきたものに固執してしまい、新しいものを認めることができない。

 戦国時代から何百年経っても、人は同じことを繰り返すのだろう。そんな人々の発想が日本映画を遅らせている。

 無意味な作業に経費と時間を注ぎ込み、貧しい作品を作り続ける温床になっているのではないか?

 今回の映画「ストロベリーフィールズ」は監督業のみならず、製作費集めのプロデュサー業もやっている。

 それゆえに単に作品の中身だけでなく、製作方式、機材から考えることで、経済的に、それでいて高いクオリティで映画を作りたいと考えている。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

時代遅れの編集者 /2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 先に紹介したPもそうだが、同じような人は業界に多い。少し前に友人から聞いた話。

 ある中年の編集者。今も、VHSを使ったテープ・トウ・テープのリニア編集をしている。(AとBの2本のテープを使って、Aー>Bにダビングすることで作業するやり方)

 これはベーカム時代の産物。ビデオデジタル化されてから、どんどんとなくなっている。なのに彼は、こう言う。

 「これが本当の編集というものだよ。デジタルなんてダメなんだね。あんなものを編集とは言えない。早ければいい、というもんじゃないんだよ? ほら、テープがキュルキュルとまわっているだろ? その間に次の編集を考えるんだよ・・」

 バカじゃないの?と思えた。こんな恐竜のような編集者が、まだ存在するとは驚きだった。アナログのVHS編集でのメリットなんてゼロ。

 遅い。画質悪い。性能悪い。経費かかる。特殊効果が使えない。時間かかる。パソコンでノンリニア編集(コンピューターを使った編集。画面上で特殊効果も、色、音、ディゾルブと、ほとんどの作業が出来る)すれば、時間も経費も何分の1かになる。

 それを「これが本当の編集」なんていう神経を疑う。でも、この手の恐竜人間が、まだまだ業界には多いのだ・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

時代遅れのPたち/2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 本来、その手の新技術導入は監督ではなく、プロデュサーの仕事。が、勉強不足の人が多く、未だに経費と時間がかかる方法を続けていることが多い。

 先日も友人の撮影で、困ったちゃんがいた。Pが時代遅れの旧式ビデオカメラを使うことを主張するのだ。もう、生産されていないタイプ。骨董品ともいえる。なのに、こう言う。

 「なーに、型は少し古いけど、新しいものとそんな違いはないよ!」

 いや、大有りなのである。監督は頭を抱え、カメラマンは呆れ返った。戦争に行くのに「竹槍を持って行け!」というのと同じ。時間も経費も大いに無駄になる。
 

 思い出すのは織田信長の話。戦国時代、信長は新兵器である鉄砲で世を制した。今の時代、それはデジタル技術だと思う。それを使いこなしたものが、信長と同様に、時代を勝ち進むのだ。

 が、昔から不思議だった。刀と鉄砲なら、どちらが有効か?すぐ分かりそうなもの。なのに戦国の武将たちはなぜ、信長を見習い鉄砲を使わなかったのか?

 いろんな理由があるが、当時の侍は「武士は刀で戦うもの。鉄砲なんて邪道!」という意識があったらしい。そのために古い発想の武将は刀にこだわり、惨敗して行った・・。

 これは昔の話ではない。同じ構図が今もある・・・。

<つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新兵器24Pで映画撮影 /2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 ビデオは1秒間に30フレーム撮影する。フィルムは24コマ。

 変換したときに、その違いが大きくキネコがうまく行かない。30ー>24なのだから、6フレーム余ってしまう。

 それが24Pのカメラを使うと、24フレームで撮れる。24ー>24。スムーズにフィルムに変換できるのである。

 画質もシャープで鮮明なだけでなく、フィルムに近い奥行きがある。これまでのベターとしたビデオ映像ではない。

 それも家庭用ビデオとして売られているDVミニテープを使っても、かなりなレベルで撮影できる。これは驚愕的なことだ。実際、テレビの深夜ドラマなどは、そのカメラで撮影されている。

 それを使って映画を撮れないか? この数年、考えて来たこと。それが可能ならフィルムを使うより、安く作れるのではないか?

 フィルムに負けない映像が、撮れるのではないか?

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

24Pとは何か? /2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 それからビデオカメラ勉強を始めた。大手電機メーカーの展示会等に毎年通い、関係者に会って説明を聞く。

 勉強家のカメラマンSさんから、いろいろと教えてもらう。
 
 ただ、その当時のカメラで撮影したものをキネコし、フィルムにしても、クリアーな画質にはならないといわれることが多かった。また、キネコ自体に高額な費用がかかる。16㎜で撮った方が安い。

 しかし、技術の進歩は早かった。小型デジタル・カメラの登場。年を追うごとに優秀なカメラが開発される。

 さらにハイビジョンを使って映画を撮る企業が、数年前からドンドン増えていた。が、ハイビジョンはまだ高価。

 そんな中で、革命的だったのは24Pという機種が発売されたことだ!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に学ぶ/2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 1999年のデンマーク映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。全編、ビデオカメラで撮られた作品だ。キネコ(ビデオを変換)で、フィルムにして劇場公開された。

 それ以前にも、ビデオで撮ってフィルムにした作品はあったが、技術的に問題多く、赤ぽい、色あせたような映像になり、見るに耐えないものだった。

 が、「ダンサー・・・」は映画館で見ても、遜色がなく、ビデオもここまで来たか!と感動したものだ。

 当時、日本映画の最低製作費は3千万円と言われていた。フィルムの諸経費が大きい。フィルム代、現像代、プリント代がかかる。編集も編集室を借りねばならない。

 撮影現場ではフィルム節約のために、ハリウッド映画のように何度も繰り返し同じシーンを撮影できない。さまざまな制約があった。

 でも、ビデオで映画が撮れると、問題が全て解決するのではないか?

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ビデオとフィルムの差Ⅱ /2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 ビデオフィルムの違い。

 フィルムは撮影後に現像しないと見られない。それも一度きりの撮影。現像費とプリント代が必要。

 それに対してビデオは、その場でも再生して見る事ができる。失敗すれば消してまた録画できる。現像費はいらない。非常に近代的。

 そのビデオの場合。Vシネマやテレビドラマはベーカムという業務用テープで撮影。それをVHSにダビングして監督が仮編集。最終的にはスタジオで、ベーカムの本編集をする。

 そこに最近ではデジタル・ビデオが登場。それで撮った映像は、そのままパソコンに取り込み、本編集に限りなく近い段階まで編集することができる。

 仮編集がほとんど必要なく、時間も経費も節約できる。フィルムよりも、ビデオよりも、スピーディ。仮編集のための部屋や機材を借りることもない。

 なのに、そのパソコン編集ができない若手監督が多い。「やっぱ、フィルムでないと!」とか巨匠のようなこだわりを見せる。
 どこか間違っている。最新の技術を使うことで、安く、早く、作品作りができるのである。

 そんな現状を見ていて、さらに1歩進めることはできないか?考えた。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

フィルムとビデオの差/2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 とはいえ、1日は24時間。どんなに寝ずにがんばっても、24時間を越えての撮影はできない。
 現場費も与えられた額はどんなに大切に使っても、増えてたりはしない。

 そうではなく、大元を見直すのである。昔、映画は35㎜フィルムを使うか? 16㎜フィルムか?の選択があった。通常、映画は35㎜。テレビドラマが16㎜だった。

 品質の向上とスーパー16㎜が登場してからは、16㎜で撮影して出来てから35㎜にするという方式が取れるようになった。

 その分、フィルム代が安くなる。その後、テレビドラマはビデオで撮影されるようになった。
 が、ビデオはフィルムにすることができず、映画館では上映できない。

 それが最近登場して来たデジタルビデオ。これが映画の世界に革命を起こす。ここに予算削減の鍵があった・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

低予算映画の戦い方/2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 映画製作は本当にお金がかかる。ハリウッド映画のような莫大な費用で、日本映画は撮れない。

 それどころか、今はテレビドラマの方が多額な製作費がかかっていたりする。

 さらに巨匠監督ならとにかく、僕らのような新人監督は本当に厳しい予算で撮らなければならない。

 が、よく、仲間内では「もう少し製作費があれば、****が撮れたのに!」と不満を言う監督たちがいる。

 もう少し、金があればまともなセットを作れたとか、粘っていい絵が撮れたのにと、いう。が、製作費がないのを理由にして、努力を怠っていないだろうか?

 スピルバーグでも予算削減に勤めながら、いいものを作ろうとしている。ジョージルーカスでも、いかに特撮を安く上げるか?を考えて、ILMを創設した。

 監督は単に「作品作りを考えていればいい」時代ではないと思える。予算が少なくてもできる、クオリティの高い作品作りは出来ないだろうか?

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「理由」DVD特典映像/2005年4月 [第22章 最後の希望篇]

 大林監督の最新作「理由」。昨年のテレビ放送に続き、本年の正月映画として公開。そして、いよいよDVDも発売される。

 その特典映像として、撮影現場のドキュメンタリーが収録されることになる。テレビ放送時、劇場公開時に続き、3たび僕が担当させてもらうことなった。

 監督からのご指名とのこと。感謝!

 これまでに編集したものに加えて、新たなものを編集。全部をひとまとめにして収録される。

 今回、考えたのが現場の女性スタッフ4人の活躍を追ったもの。それを「ストロベリーフィールズ」(こちらは4人の女子高生の物語だが)風にまとめる。

 またまた、70時間近い素材を見直し、編集に入った・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天才少女発見Ⅲ /2005年4月1日 [第22章 最後の希望篇]


 ところが、返事はこうだった。

 「まだ、主役も決まっていない段階で、依頼は早急過ぎる。もう少し待ってほしい・・」

 確かにそうだが、マキは彼女だ。谷村美月しかいない!

 あれだけの演技力がある10代は、まずいないだろう。早く、依頼しないのと、他の作品に取られてしまう・・。

 見る目がある人が見れば、谷村を放っておかないはず。すぐに依頼が殺到して、どんどんと出演作が決まるだろう。

 「ストロベリーフィールズ」の撮影は8月。こちらが連絡した頃に、「他からの依頼で、もう夏はいっぱいです」と言われたら悔し過ぎる!!

 が、依頼はまだできないとのこと。何とか、他からの依頼がないことを祈るばかりだ・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天才少女発見Ⅱ /2005年4月1日 [第22章 最後の希望篇]

 圧倒的だった・・・。映画も素晴らしかったが、その少女が素晴らしかった・・。

 とても21世紀の子とは思えない、そのバイタリティ。力強さ。生命力。まるで戦後の子供のようだった。

 そう、それこそが、この夏に僕が監督する映画「ストロベリーフィールズ」の肝心要である、あのキャラクターに必要なもの。

 その子のキャスティングが一番、難しいと思っていたのに、ついに見つけた!

 帰り際にパンフレットを買った。その子の名前を知りたかったからだ。ページを捲る。名前は初めて目にするものだった。それを記憶する。

 映画館を出て、すぐに制作会社に電話!

 「見つけました! マキ役を見つけました! この子しかいません。すぐに出演依頼をしてください。今日見た映画に出てました。

 タイトルは『カナリア』。その子の名前は・・・・谷村・・美月・・・・谷村美月といいます!」

<つづく>


nice!(1) 
共通テーマ:映画

天才少女発見!/2005年4月1日 [第22章 最後の希望篇]

 ようやく、余裕が出来る。久々に映画を見た。日本映画。少々、マイナー。有名俳優は出ていない。渋谷の劇場。客もまばらだった。

 が、その映画はもの凄いパワーがあった。特に、その少女が出て来てからは、作品が力を持ち始めた。

 主人公はもう一人の男の子なのに、目が少女に行ってしまう!関西弁が炸裂! 小さな体なのに、全てをさらって行く・・・。

 クライマックス。アイスピックのように削ったドライバーを持ち、雨の中を歩く少女のシーン。そこにかかる古い歌・・・。

 涙が溢れた・・・。体が震えた。

 映画に感動すると同時に、僕はあることを感じた。そう。ついに見つけた! この子しかいない・・・。

 「ストロベリーフィールズ」の、あの役で出演してほしい!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第22章 最後の希望篇 ブログトップ