So-net無料ブログ作成
検索選択
第24章 最終決戦!篇 ブログトップ

タイムリミットは秋/2005年8月 [第24章 最終決戦!篇]

 何とか地元からは、理解を得た。

 が、東京側の関係者からはと弱音を吐く者も現れる。

 「もう、僕には無理です。辞めたい・・」

 ここまで5年かけて来た。命がけできた。ここで諦める訳にはいかない。

 いや、僕の思いだけではなく、今日まで応援してくれた友人、先輩、地元の方々。様々な人の支援と応援でここまで来た。絶対に潰す訳にはいかない!

 ここで中断しては、もう再開はありえない。今の勢いを止めたら全てが終わるだろう。

 タイムリミットは秋だと思える。それまでに、いくらかでも制作費を集める。

 そして1か月遅れで撮影。それしかない・・・。

<つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

絶対に諦めない!/2005年8月 [第24章 最終決戦!篇]

 地元に連絡。5日後に予定していた全体会議を中止してもらい、今後を相談する。

 製作サイドは延期か中止を希望していると伝えると、「監督はどう考えてますか?」と聞かれた。

 「僕に、やるか?やらないか?という迷いはありません。どうやってやるか?というだけです。5年間、命がけでやって来ましたから、絶対にやります。中止なんてあり得ません!
 
  そもそも、今ある製作費の3分の2は、僕が地元で協力を求め、会社をまわったことで集まったもの。
 もう一度営業して、残り3分の1も集めればいいんです。それでも足りない分は友人から5万、10万ずつでも借ります。

 それでも足りない分はサラ金から借りて、内蔵を売ってでも集めます・・・」

 <つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最悪の展開・Ⅱ/2005年8月6日 [第24章 最終決戦!篇]

 制作会社側としては、無茶をせずに、製作中止にするか? 時間をかけて金を集めて来年再開するか?を選びたいようだ。

 でも、来年に延期と言う話を、地元は受け入れてはくれないだろう。

 支援者の方々は10年前の事件で「映画人は信用できない」という人たちを説得。もの凄い苦労をしてここまでがんばってくれた。

 すでに新聞発表もしている。それが延期になれば「それ見たことか!」と批判され、厳しい立場に立たされる。
 
 昨年、末の事件でも寛大な態度で受け止めてくれた。これまでの多大な好意と支援に応えるには、「ストロベリーフィールズ」を作り上げることしかない・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最悪の展開 /2005年8月6日 [第24章 最終決戦!篇]

 こんなことを書くと、「冗談だろ?」と言われそうなことが起きてしまった・・・。

 今夜、制作会社側から電話。至急会いたいという。0時近くに指定された喫茶店に駆けつける。

 撮影を2週間後に控えた今になって、最後に参加した投資会社が金を出せない状況に陥ったという。つまり、製作費の3分の1がなくなるということ。

 今からだと、クランクインを延ばしても、もう同じ額は集められない。来年に延期するか? 制作中止にしたいという。

 中止なんて絶対にできない! 延期するだけでも、崩壊するだろう。別の選択が必要だ。

 でも、どうすればいい・・・・何か別の方法・・・どうすればいい・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影まであと数週間!/2005年8月 [第24章 最終決戦!篇]

 「ストロベリーフィールズ」シナリオの改訂稿は、まだ不完全。が、撮影も間近なので、印刷にまわす。

 本格的なスタートをするためにも、それを関係者に配り、キャスティングを続ける。正式な出演依頼をするには、コピーされた原稿ではなく、やはり印刷されたものがいる。

 こうして、この5年で初めて、僕の手製でないシナリオが印刷された。

 内容的に問題はあるが、印刷所で作られたものは、まさにシナリオ。僕個人がプリントアウトして製本したものとは違う。

 5年かかったが、ようやくここまで来た・・・・という思いがある。

 もちろん、撮影決定稿をもう一度印刷するので、それまでに問題点をクリアーせねばならない。

 が、撮影は今月中旬から。数日後には田辺へ行き、地元支援者の方々と大きな会議がある。

 いよいよ、大詰めだ! 

<つづく>



nice!(0) 
共通テーマ:映画

新スタッフ登場 /2005年7月29日 [第24章 最終決戦!篇]

 先日からラインプロデュサーが1人。新たにチームに参加した。

 ラインPというのは、主に撮影現場を仕切るのがメインの仕事。ロケ場所交渉、宿の手配食事の準備、移動手段の確保、車両の準備等、撮影をする上で必要な環境作りをし、製作費を管理、現場をまとめる責任者となる。

 最初、強面で難しい人かと思ったが、僕が監督した過去の作品を見て、非常に深く方向性やスタイルを理解してくれた。かなり鋭い方!

 春美は「帰って来たウルトラマン」の岸田森、「レインボーマン」のヤマトタケシの妹がダブるなあ・・とか、僕も考えていなかったことを言う。

 でも、当たりだろう。特撮ドラマが大好きだった子供の頃に見た作品。どこかで影響がある。そんなことまで見抜くなんて! 凄い。出来る人と仕事ができるのは、嬉しい。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

出演希望、続々の理由/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 「ストロベリーフィールズ」のキャスティングが始まると、さまざまなタレント事務所から連絡。

 「ウチの****をぜひ、夏美役に!」「****にマキをやらせてみたい!」と、もの凄いアプローチがあった。
 
 企画営業時とは正反対。何が理由か? 製作費の決定権を持つのは、40代以上の男性であることがある。

 その層は「ファンタジー」というジャンルが苦手、というか若い頃にあまり接することがないので理解しにくい。

 「刑事もの」や「金融もの」とか男の子が好きなジャンルが、守備範囲になりがち。幽霊というと、ホラーだと思い込んでしまう。
 
 それに対してタレント事務所の場合は、シナリオをマネージャーが読む。女性が多いし、若い人が多い。

 特に少女漫画にはファンタジーものが多いので、それを読んできた女性は男性より理解度がある。
 
 感動的な作品なことも理解してくれた。自社の俳優を出せば知名度が上がり、ブレイクするきっかけになると考える。

 それでイマ旬の10代女優を抱える数多くの事務所が、出演を希望してきたのだと思える。

 何にして嬉しい話。慎重に主演女優選びを続ける・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

主演女優・希望者続々!/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 「ストロベリーフィールズ」の製作費を集めるために、スポンサーを探したとき。本当に物語を理解されず、拒否され続けた。

 それが今、主演女優を決める段になった。有名女優の所属事務所に打診すると、驚くほど好意的。

 例外なく「いい話です。感動的です。うちの子を出してほしい!」と言われる。どこも「ぜひ! うちのA子で!」「我が社のB子で!」という話になる。

 もし、先方が新人女優を売り込みたいのなら分かる。作品はともかく、出演することが女優として大切だからだ。

 でも、アプローチしたのは、かなり名前が知れた若手女優たち。映画テレビ、CMでも活躍している。名前を上げれば、えーーーーあの子が!というだろう。

 そんな子たちの所属事務所が皆、手を上げてくれる。これまでのスポンサー探しとは、売って変わった対応に戸惑う。

 ある有名若手女優の事務所はスケジュールは一杯だが、何とか「ストロベリー」に出したい。調整するから待ってほしい、と言って来ている。

 そんな背景を考えてみた・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

芸能プロと癒着するプロデュサー・Ⅱ/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 なるほど、そういうことか・・・。

 友人のいうことはよく分かった。役に合わない俳優を入れるのは、本当に作品レベルを落とす。許されないことだ・・・。

 結局、僕は、そのプロデュサーの上げる候補俳優を全て却下。もちろん本当に正解な俳優がいれば、受け入れた。が、1人もいなかった。

  何でもいいからネジ込もう!という意図が見え見え。作品に対する「理解」とか「愛」は、まるで感じられない。全てを拒否。

 すると、そのプロデュサーは逆恨み。その後、僕の意見には全て反対するようになる。何かにつけ邪魔をし、隠れて工作さえするようになった。

 その後、彼とは仕事をしてない。今後もないだろう。彼の方は、自分の指示をよく聞く監督のみと仕事をしているようだ・・。が、ヒット作は当然ながら1本も作れていない。
 
 今回はそんなPはいないと思う。が、スタッフとはいえ、作品を良くしようとする者ばかりでない。私利私欲で動き、結果として作品レベルを下げることをする奴も多い。

 悲しい話。が、素晴らしい映画を作るためには、その種のスタッフとは戦わねばならない・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

芸能プロと癒着するプロデュサー/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 答えは、業界の友人が教えてくれた。

 「芸能事務所の競争は激しく、1人でも多くの自社タレント映画に出したがっている。低予算作品でも、俳優には勉強になるし、そこからブレイクすることだってある。

 でも、オーディションは厳しく、なかなか合格することができない。そこでプロデュサーを抱き込み、監督に推薦させる。監督もPから言われると、従うことが多いだろ?

 そうやって自社俳優が役に決まると、事務所側はPに謝礼を払う。1人入れたら、*万円。或いは、別の仕事で有名俳優をキャスティングするときに、便宜を図るとかね? 

 そいつも、癒着Pの1人だろう。事務所にいい顔したいだけで、作品のことなんて考えない。明らかにズレているキャスティングをしても平気。

 それを知るとスタッフもやる気をなくす。当然、真剣に仕事をせず、映画のクオリティは下がる。作品はダメになり、ヒットしない。でも、そんなPは多くなって来てるよ・・・」

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

役に合わない俳優を推薦するP・Ⅱ/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 何かおかしい・・・。そのプロデュサーはシナリオを理解して、俳優を推薦しているとは思えない。

 そんなとき、気付いたことがある。彼が持って来る俳優の所属事務所は、全て同じところ・・・。

 「この役にピッタリ!」と思った俳優が、たまたま全て同じ事務所に所属していたのだろうか? 大きな事務所で、いろんな人材を取り揃えている会社もある。

 が、候補に上げる俳優の全て、十人以上が同じ事務所なんてあり得ない。むしろ、Pはその事務所から、候補者を選んでいると考える方が正解だろう。

 では、なぜ、彼は同じ事務所から俳優を選ぶのか? もし、彼がそこの社員とかマネージャーなら分かるが、別の会社の社員プロデュサーである。

 答えは業界の友人が、教えてくれた・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

役に合わない俳優を推薦するP/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 これは以前の話だが、ある仕事でこんなことがあった。

 プロデュサーが次々に、俳優のプロフィール(経歴書)を持ってくる。
 
 「この子はA子役にピッタリです」「僕はこの俳優がB男役に相応しいと思います」

 そう言うが、どれも役のイメージとはズレている。残念ながら採用できない。「もしかしたら、いいかも・・」という予感さえ感じない。

 でも、彼は次々にプロフィールを持って来て、「演技力があっていいんですよ」「この俳優はこれからブレイクしますよ!」とか、薦める。

 その内に、ズレているどころか、明らかに役とは違う俳優を候補に上げ出す。

 「1度、会ってほしい!」と粘るので会うと、俳優の卵以前の素人。挨拶さえまともにできない子だったりした。

 何かおかしい。シナリオを理解して、俳優を推薦しているとは思えない。そんなとき、あることに気付いた・・・・。

 <つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

キャスティング問題/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 本来、キャスティングとはいうのは、役に合った俳優を選び。ルックスや演技力を考えて決定するもの。

 知名度というのも大切。だが、あきらかに合ってない俳優を人気があるからと、キャスティングしてしまうことも少なくない。

 「この人はお父さんというキャラじゃないだろう?」と、いう俳優を選んだり。「この2人は恋人にはならないだろう?」というカップルだったりするのは、そんな背景がある。

 人気俳優が出た方が、映画は話題になりやすいが、肝心の映画を見たとき、しっくりこないようでは意味がない・・・。

<つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

有名女優さんの事務所より返事!/2005年7月12日 [第24章 最終決戦!篇]

 依頼した有名女優さんの事務所より、連絡。

 「太田さん! いい話しですねーーー!」

 社長(女性)は「ストロベリーフィールズ」のシナリオを読み、大感動。泣けたとのこと。

 「送ってもらったビデオで田辺の風景を見て、ここでこの物語が展開すると思うと余計に感動しますね。事務所的にはぜひ、ぜひ! 春美役をやらせてほしいです」
 
 とのことです。あと、本人が読んで気持ちを聞き、結論を出したいとのこと。

 それと、いくつかの役で、事務所的に推薦したい役者がいるので、プロフィールを送らせてほしいとのこと。

 かなり、気に入ってもらったようだ! よっしゃー!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ある有名女優に出演依頼! /2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 ようやく、キャスティングがスタートしたことで、僕が一番出演してほしかった俳優さんにまず、アプローチした。

 2年前のドラマでご一緒した女優さん。撮影中に「ストロベリーフィールズ」の春美は、この子しかいない!と感じた。

 通常、出演依頼は制作会社を通して、所属事務所に連絡する。

 が、先方の社長もよく知った方。僕の思いを伝えるためにも、自身で電話した。

 そして、その女優さんへの手紙と共に、シナリオ、町の写真、田辺ビデオをお送りする。

 彼女は今やドラマだけでなく、バラエティ番組でも大活躍。誰もが知っている女優。

 果たして、僕の映画に出演してくれるだろうか?

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」あらすじ紹介Ⅱ/2007年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 高校生の夏美。父の形見である8ミリカメラで、風景を撮るのが趣味の淋しい17歳の少女。

 いつも姉・春美にいじめられている。その夏美の協力で、幽霊の3人は最後の思い出を作ろうとする。

 学級委員の美香。憧れていた上級生に恋の告白をしようとする。
 
 成績はいいが影番の理沙。寂しいとき独りで見ていた夕陽を見たいという。

 そして、けんかっ早い柔道部のマキ。離ればなれの母親に会いたいという。

 だが、タイムリミットがあった。死んでから48時間が経つと、死神が彼女たちを連れに来る。

 死んだ時間はそれぞれに違い、最初は美香。次が理沙。そしてマキの順番であることが分かる・・。

 果たして、マキたちは最後に思い出を作ることができるのだろうか?

 昭和40年代を舞台に繰り広げられる、感動と涙の青春ファンタジー・・というのが「ストロベリーフィールズ」の物語である。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」あらすじ紹介 /2007年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 キャスティングの話を書く上で、「ストロベリー」の登場人物が分からないと、説明しにくくなって来た。

 そこでストーリーを紹介する。

 昔、懐かしい町並みと、夕陽が美しい田舎町。そんな街で事故死した3人の女子高生が幽霊になって48時間だけ、この世に戻って来る。

 でも、誰にも見えないし、話すこともできない。おまけに仲が悪く、生きているときは、いつもいがみ合ってばかりいた。

 そんな彼女たちの姿を唯一、見ることができたは友達のいない同級生・夏美である・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

伊丹十三式キャスティング/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 でも、うるさ型の母親。おとなしい神経質な息子というのも、実際にはいる。その場合は父親がおとなしい人で、息子は父に似ていることが多い。

 そうすると父親が物語に登場しなくても、息子の性格で存在を感じさせることもできる。

 キャスティングだけで、いろんな表現が可能。伊丹十三監督も、メイキング・ビデオの中で言っている。
 
 「マルサの女」では脱税王の権藤という役を表現するのに、愛人役のキャスティングにこだわった。

 妻、愛人1号、愛人2号。その3人を、バラバラなタイプで選んではいけない。男の趣味というのは基本的に同じで、どこか似たところがある女性を好きになる。

 そこから権藤の趣味や指向性が見えて来る。というのだ。なかなか深い意図がある。

 夏美の両親。先生等を選ぶ時も、その辺を気をつけて進めたい。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

キャスティングの極意/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 ただ、主役が決まらなくても、決められる役もたくさんある。

 「ストロベリーフィールズ」の主人公・夏美は高校生。その子を14歳が演じようが、19歳が演じようが、先生役とか、両親役はそんなに影響がない。

 その辺のキャスティングは進めて行ける。

 が、別の意味で、気をつけなければならないことはある。「この子の親が、こんな感じであろうはずがない!」という俳優を持って来てはいけない。

 子供が強気の場合は、親も強気なことが多い。この子にして、この母あり。みたいな。

 或いは、凄く顔立ちがハッキリしている娘なのに、母が薄い顔をしているのも不自然。

 アメリカでも「like father like san」ということわざがある。あまりにかけ離れていると、違和感がある。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ふぞろいのイチゴたち/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 今回の「ストロベリーフィールズ」は女子高生の話。「ふぞろいのイチゴたち」とでもいうべき物語。

 ただ、女子高生のドラマは往々にして、20才くらいの女優が演じることが多い。

 僕としては現役・女子高生にこだわりたい思いがあるが、演技力等を考えると18歳、19歳という子でないとむずかしい・・ということもある。

 そんなとき、主役が18歳に決まれば、他の子が同級生に見えるように同じくらいの年齢で揃える必要がある。

 もし、主役が14歳なら、それに合わせる。そこに20歳代の子たちが入ると「ふぞろい」を越えて、これは中学?高校? 先輩と後輩?と戸惑ってしまう。

 そのためにも、まず、主役を決めることが大切。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

例えば「ふぞろいの林檎たち」/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 もうひとつ。主役を最初に決める意味は、キャストのバランス。

 やはり、主役が中心となり、一番輝いてないといけない。なのに、まわりに似たようなタイプの俳優をキャスティングすると、主役が目立たなくなってしまう。

 昔の青春ドラマ「ふぞろいの林檎たち」で言えば、主役が中井貴一。真面目そうな青年。同じタイプを入れると、彼の魅力が薄れる。

 だから、あとは硬派な時任三郎。3枚目の柳沢慎吾。と全然違うタイプをキャスティング。基本形は中井貴一にある。

 タイトルが「ふぞろい」だからといって、バラバラに選んでいる訳ではない。きっちりと考えて、キャスティングされている。

 違うタイプを集めれば、主役以外の俳優も輝くのである。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最初の決めるのは主役。/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 キャスティングで、一番先に決めるのは主役。

 映画を代表する俳優であり、看板スター。それなりに有名な人を選ぶのが基本。

 昔の角川映画の薬師丸ひろ子、原田知世のようにオーディションで選ばれて、いきなり主役デビューということもある。

 が、その際は、俳優を売り出す事が目的の作品。通常は知名度のある人が選らばれる。

 先に主役を決める理由は、製作を進めて行く上で「**が主役の映画」ということで、作品の傾向や方向を分かり易くすること。

 **が主役なら投資しようとか、協賛に入ろう。という展開にもなる。

 さらに新作映画のタイトルはなかなか覚えてもらえないが、主役の**の新作という形で印象が強く残るなど、いろんなメリットがある。

 その主役を中心に、まわりの役を決めて行く。
 
<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

キャスティングという名の戦い/2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 役に合わせて、俳優を選ぶことを「キャスティング」という。

 有名俳優の場合は、まず監督がお願いしたい俳優を決める。それを制作会社を通して所属事務所に連絡。考慮した上で、返事が来る。

 新人俳優の場合は、制作会社がキャスティング中であることを公表したのを聞いて、事務所マネージャーがやってきてシナリオを読む。

 その中で、自社の俳優ができそうな役を見つけて、プロフィールを送って来る。

そこでオーディション。多くの中から、監督はより役に相応しい俳優を選ぶ。

 ネームバリューのある俳優でも、「この役はやりたい!」という場合などはプロフィールを送ることがある。

 俳優にとって役をもらうというのは非常に大きなこと。待っていて、依頼がどんどん来るのはごく一部の人だけ。

 こうして、俳優たちの戦いが始まる・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撮影スケジュール決定! /2005年7月 [第24章 最終決戦!篇]

 製作会社のプロデュサーと、「ストロベリーフィールズ」の撮影予定を立てる。

 8月中旬のお盆は、お寺の掻き入れとき。街の人たちも忙しく映画ところではなくなる。

 なので、それが終わってから撮影をスタート。夏休みを利用して学校を借り、エキストラにも来てもらおうと考える。

 撮影は3週間。通常、映画の撮影は1か月が基本だが、最近は予算を節約するために3週間というのもある。

 が、今回の予算からすると、3週間は豪華かもしれない。

 十分な余裕はないが、厳しくても丁寧に1シーン1シーンを撮り、素晴らしい作品にしたい。

 そんな形で撮影を進めて、9月中旬。クランクアップを目指すことにする。

 いよいよ、撮影まで1か月少々! それまでにキャスティングをせねばならない!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第24章 最終決戦!篇 ブログトップ