So-net無料ブログ作成
検索選択
第20章 裏切り地獄篇! ブログトップ

製作中止か? /2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 急遽、地元に行く。「もう、やめましょう! 話が違います」と言われても仕方ない状況。

 詳しく事情を話し、何とか理解を得て、来年の春まで待ってもらえることになる。
御陰で、全てが終わりなることはなかった・・。

 こんなときではあったが、カメラマンのSさんにも同行してもらっている。

 というのも、彼には田辺の春、夏、秋は見てもらったが、冬だけまで体験してもらってなかった。冬の町もぜひ見てもらいたかった。

 幸い。製作中止ということにならなかったが、もし潰れていたら彼にとって最後の田辺訪問となっただろう。

 続行は決まったが、問題は解決しないまま。本当に最後の訪問になる可能性もまだある。帰京次第にスポンサー探しも、続けなければならない・・。 

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

このままでは終わる/2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 そんなとき、さらに酷い事件が起こる。

 いまさら、それはないでしょう?

 でも、もう、これは書けない。あまりにも情けない話。

 信じられないことに**が、約束していた*****も、****の連絡も何もやってなかったのである!ここまで来ると激怒するより、唖然とする・・

 業界の友人は言う。

 「そんなことじゃ信頼ゼロ。誰も参加しないし、皆に迷惑をかけますよ! もう、99.9%潰れますね!」

 地元にも不信感が走る。このままでは、本当に・・全て終わってしまう・・・。

<つづく>


nice!(1) 
共通テーマ:映画

再営業開始 /2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 
 D社Pが投げ出したことで、甚大な被害が出る。ヘタすると全てが終わるかもしれない・・・。

 でも、そうはさせない! この怒りと悲しみを胸に必ず、潰さずに最後までやる! 僕は投げ出さない! 

 代わりになるスポンサーがいればいいんだ。大丈夫。必ず見つかる! 急遽、別のスポンサーを探すべき動き始まる。

 D社が出すと言った金額を、投資してくれる会社を見つければいいのだ。そうすれば全てが上手く行く。

 とにかく、新たなスポンサー探しに奔走。先輩、友人、知人。以前に仕事をした人。片っ端から電話して、情報を集める。或いは会ってもらう。

 「シナリオを読まないと、何とも言えないねえ?」

 そう言われると、また自宅で印刷。製本屋に行って、仕上げ、宅配便で送る。今年中が勝負だ。年が明けると本格的なスタート。

 今年中にスポンサーを見つけないと、来年のスタートはできない・・・。いや、全てが・・・終わるかもしれない・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

折れた翼 /2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 でも、そんなことをしたら終わり。もう、友人として酒を酌み交わすこともできない・・・。

 しかし、この5年間。僕も辛くて、辛くて、もう、ダメか・・・と思うことがあった。どうしていいか? 分からなくなることが、何度もあった・・。

 なぜ、ここまでして映画を作るのか? と自分に問いかけた。投げ出してしまえれば、楽なのかもしれないと考えたこともある・・。
 だから、彼を批判できない。ただ、本当のことを言ってほしかった・・。

 「どうしても金が集まらなければ、またウチを頼って来てください。そのときは何か考えて上げますよ」なんて強がりを言わずに、本当のことを言ってほしかった・・。

 残念な結末・・・。でも、ようやく映画は正式にスタートしたばかり。なのに片翼が折れた状態・・・。
 「地元で製作費の半額を集めれば、D社が残りを出す」そういう約束でここまで来た・・。
 
 それを彼は反古にし、投げ出してしまった・・・。どうすればいいんだ・・・。やっと、ここまで来れたのに・・・やっと、ここまで、来たのに・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

真相/2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 D社に詳しい友人が語る。

 「多分、3つの条件を上げた頃は、彼も企画会議を通す自信があった。でも、それから立場がどんどん悪くなった・・。
 もう、ロイヤルストレートフラッシュともいうべきカードを使っても、会社から製作費を引き出せなくなった・・・。

 けど、何年もの間、あれが欲しい。これが欲しいと言って来た。それを何と! 太田は全部、揃えた。誰もが不可能という最強カードまで集めた。それなのに、彼は企画を通せない。

 『ダメでした・・』というのは自分が無能だと言うのと同じ。そう考えたんだろう。だから、高飛車に出た。
 『俺がダメなんじゃない。時間がかかるだけ。待てないなら、ウチ抜きでやってもらってもいい・・・』

 でも、それはこういう意味。『自分は3年後くらいでないと、企画を通すのは無理。ウチの会社を参加せることはできません』それが正直な気持ち・・。

 『俺はやればできる。でも、今できないだけなんだ』と弁明。プライドを守っているだけ。それが、あのセリフだよ・・悲しいヤツだね・・・」

 一時は僕も怒り狂って「絶対に許さん!」と思った。が、彼も苦しんでいたのだ。でも、それなら本当のことを言ってほしかった。

 「すみません。いろいろと言いましたが、今の俺には無理です。本当にすみません・・」

 そう言ってくれれば理解した。海のものとも、山のものとも知れない、僕のような新人の企画を支持してくれたのだ。それを通すのは並大抵なことではない。

 本当に嬉しかった。本当に感謝していた。本当に厳しい中、戦ってくれていたと思う。でも、自分の弱さを隠し、投げ出してしまった・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

撤退の理由/2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 血が沸騰して、暴れそうになる・・・。

 そう言えば、彼をよく知る助監督からも注意されていた・・。

 「プロデュサーがいくらがんばっても、あの会社は固くて時間がかかるところ。製作費が絶対に出る保証はないから、覚悟は必要・・・」

 なのに、信じた。そんな僕が馬鹿だったのか・・。

 しかし、シナリオ営業をスタートした頃。どの会社でも「訳が分からない」「ベストセラー原作でないとね?」と誰も認めてくれなかったとき。

 彼だけはシナリオを読み感動してくれた。涙が零れたと言った。何度も一緒に酒を飲んだ。

 「この作品を映画にしたい・・泣けるいい話だ。絶対に映画にしたい・・」

 そう繰り返し、言ってくれた。大監督の前でも共に誓った・・。

 「必ず、形にしてご覧にいれます!」

 それがなぜ・・・。D社に詳しい友人に聞いた・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

裏切り /2004年12月某日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 D社のプロデュサーに電話する。と、彼はこんなことを言い出した。

 「ウチでやりたければ、あと5年ほど待ってもらわないとねぇ・・・。

  今すぐは無理ですよ。まあ、どうしてもやりたければ、ウチ抜きでやってもらってもいいですけど?

 それでも金が集まらなければ、またウチを頼って来てください。そのときはまた面倒を見て上げますよ!」

 何だとぉー!!! 血が逆流して吹き出しそうだった。1か月前には 「もう、ウチも動かざるを得ません。大丈夫です。待ってて下さい!」と言っただろう!

 それが何で・・・「あと何年か、待ってもらわないとねぇ?」と高いところからものを言うのか・・・。

 あんたが「ストロベリーフィールズ」を映画にしたい!と言ったから、その言葉を信じて僕は3年も待ったんだ!

 その間も、あれが欲しい。これが欲しい!というものを全部揃えただろ!

 「絶対に動く。動かざるを得ない!」という3つの条件まで揃えたのに、何だその言い方は!

 だが、・・・勤めて冷静に考える。彼は高飛車で極めて腹立たしい言い方をするが、これは事実上の撤退宣言である。いや、投げ出したのだ・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

1か月経過 /2004年12月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 D社に「地元が製作費集めに動く」との連絡をしてから、1か月近くが経つ。主役の夏美役探しも始まり、第1候補者にオファーした。

 4年もかかったが、ようやく映画ストロベリーフィールズ」の製作がスタート。諦めなければ夢は叶うものである。

 が、あれからD社Pからの連絡がない。いつもは用がなくても、「どーですか?」とときどき電話をくれるのに、この1か月は連絡なし。

 月1回の企画会議を控えて、準備に忙殺されているのだろうか? いや、すでに会議はあったはず・・・。不安になり連絡してみる。

 電話に出たときから、彼の声はいつもと違った。そして、とんでもないことを言い出したのである・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

大詰めⅡ /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]


 最後の一手。制作会社も決定する。決め手は社長がシナリオをとても気に入ってくれたこと。「この『ストロベリーフィールズ』は感動できるいい話です。うちでやりませんか?」と、向こうから言ってくれたこと。

 そして、「これはレイトショーではなく、デイタイム上映します!」と言い切ってくれたことも大きい。さらに、こんな提案。

 今の製作費でも映画は作れる。でも、宣伝費等の経費も必要。もう少し集めてみませんか? 地元とD社で1:1という今の比率に、もう1社入れて1:1:1にしましょう。その方が余裕ある製作ができます。

 その会社も探してくれるという。テレビ局関係を当たってみるとのこと。それらの提案が決め手となり、お願いする。

 その件を地元支援者にも連絡。了承を受けた。東京側が製作体制を確立し、主役が決定し次第。地元も本格的に動き始め、資金集めを始めるという段取り。撮影は来年春に決定。

 いよいよ、本当の本当にスタート! ただ、気になることがひとるある・・。 

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

大詰め! /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 地元支援者から連絡。東京側の体制が整えば、いつでも「ストロベリーフィールズ」の製作費集めも開始できますとのこと。市と県の後援もOK。

 さらに「理由」以来、大監督も応援してくれている。これでD社が出した「3つの条件」を全部クリアーしたことになる!
 

 多くの関係者から「そんな都合いい条件が3つも揃う訳がない!」と言われたが、さまざまな人の支援と協力で、奇跡的に全てを揃えられた。

 そのことをD社に連絡。プロデュサーの声は明るかった。

 「もう、これでウチも動かざるを得ません!大丈夫です。待ってて下さい!」

 だが、その後、とんでもない展開が待ち受けていた・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

レイトショーではダメだ! /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 制作会社探しは時間がかかるかと思えたが、短い時間でいくつかの候補が上がる。複数からオファー。皆、友人たちの紹介。

 紹介された制作会社は皆「うちでやりましょう!」と言ってくれている。

 「ある新人女優を使ってくれたら、#千万円出す会社がある」という会社。また、別ところはテレビ局との繋がりがあり、投資の話を持って行けるらしい。

 とてもいい話だが、映画作りで大切なのはお金だけではない。作品に対する愛情。シナリオを理解し、惚れ込んで「これをやりたい!」と思ってくれるかどうか?
の方が大事。

 また、観客層についての認識も重要。「ストロベリー」は10代の若い人たちに見てもらいたい。ということは、映画館ではデイタイム上映が必要。

 レイトショーでは夜の8時、9時の1回限りの上映なので、その世代には見てもらえない。が、「アイドル好きの30代男性が、ターゲットだ」という会社もある。

 その世代に見てもらえるのも嬉しいが、やはり若い人たちが見易いデイタイム上映にこだわりたい・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

協力できない/2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 先日、友人から紹介すると言われてプロデュサー。今週中に会うことになっていたが、先方から「会うまでもなく、協力できそうにない」との連絡。

 ひとつには、シナリオが理解できなかったことがあるそうだ。今回の作品。35歳以上の男性には驚くほど理解されない。(だからこそ、10代20代の支持があるのだとは思う)

 次に、その方はフリーのPなので、会社を持っていないのもマイナス点。

 また、資金集めが得意ということではなく、集まったお金を運用するタイプのPだそうで、そんな意味で「協力できそうにない」という言葉になったとのこと。

 なかなか、むずかしいもの。でも、何よりシナリオを理解してくれる人と、仕事をすることが大切だと思える・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

2004年映画ベスト3 /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 まだ、早いが今年のベスト映画を考えると、「追憶の殺人」「シルミド」「ラブストーリー」。そして「オールドボーイ」。

 全て韓国映画であることに気づく。どの作品も見終わって、打ちのめされた。リングの上で、ぼこぼこに殴られたという感じだった。

 特に「オールドボーイ」は物語と同じように、金槌で何度も殴られたような衝撃だった。個人的に趣味な作品ではないのに、あのエネルギー、あの表現。凄いとしか言えない。日本映画は完敗と言う感じだ・・。

 特に「追憶の殺人」は、作品だけでなく驚いたことがある。カメラマンアメリカ留学時代の友人だった。ソウルの家にも遊びに行ったことがある。

 学生時代に撮った僕の自主映画「バイバイ・ミルキーウェイ」(今回の「ストロベリーフィールズ」のベースとなった作品)も見てもらう。
 彼は「凄い! 韓国の学生映画とレベルが違う!」と絶賛してくれた。

 そんな彼が韓国に帰ってプロになり、大活躍。日本映画を越える作品を作っている。それを知っただけでも、元気が出る。励まされる。負けてられないと思える。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

オールドボーイ /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 3年かかっても「ストロベリー」を撮れない自分がいて、生活にも困り、その上、精神的にもボロボロで,何もできない日が続いている・・。

 1週間ほど寝たきり状態だったが、ようやく起きられるようになる・・。

 久々に映画を見た・・・。韓国映画の「オールドボーイ」。

 凄かった!! あの「追憶の殺人」を超えるショッキングなパワー溢れる作品! アメリカ映画を完全に超えている。タランティーノが絶賛したのがよく分かる。

 彼の作品をも遥かに超えている。もう、ハリウッドは逆立ちしても韓国映画には勝てないだろう。いや、日本映画さえ、遥かに引き離されている。

 しかし、原作は日本のコミックなのだ!なぜ、それを映画化しようと日本人は気づかなかったのか?!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

過労でダウンⅡ /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 サラリーマンをしている友人には、過労で倒れたという同僚はいないという。経験的にも想像できないようだ・・。
 
 「倒れるまで働くてなんて、あり得ない! あり得ない!」

  そう言われた・・。

 そんなことで、また寝たきり。何もできない日々が続いた。でも、今のうちに別の仕事で稼いでおかないと、年も超せない・・。

 1日1回ベッドから起きて、這いずるようにして飯を食いに行き、部屋に帰って寝るだけの生活。テレビを見ても、すぐ疲れてしまう・・・。

 早く、回復して「ストロベリー」の準備に戻りたいのに・・・気持ちだけが焦る・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

過労でダウン /2004年11月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 ミュージックビデオ製作。「ストロベリー」の準備。さまざまなトラブル・・。

 この数ヶ月、休みなく働き続けた。睡眠時間を減らし、食費を節約。7人分ほど仕事をすると、やはり体も心もボロボロになる・・。

 また、寝たきりとなり、何もできなくなった。病院へ行くと、やはり過労だと言われる・・・。

 「あなた1年に2度も倒れるなんて、何の仕事してるの? 40歳過ぎて無茶していると、ある日ぽっくりと死ぬよ! 冗談ではなく・・」

 後日、カタギの友人に話すと、「ホントに倒れるほど、働いていたのかぁ〜? 単なる風邪とかじゃないのぉ?」と笑われた・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

プロモ完成 /2004年10月11日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 9月上旬。ミュージックビデオのロケ。

 

 その後、編集。

 さまざまな問題があり、完成後も時間がかかった。が、ようやく納品。地元・田辺市の応援団の方々にも作品を見てもらえた。

 「凄いなあ! 役者もみんないいし、力作!」

 「こんなきれいな田辺の風景は初めて見た。今までになかった映像!」

 「ドラマ仕立てで、役者も、カメラも、風景も素晴らしい」

 ・・と絶賛してもらえた。時間もお金もない厳しい現場だったが、地元からの応援、支援に助けられた。

 スタッフは本当によくやってくれた。俳優たちもがんばってくれた。その成果が出た作品となる。
 
 これで、いよいよ映画ストロベリーフィールズ」の準備に戻る!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

プロモ撮影直前/2004年8月28日 [第20章 裏切り地獄篇!]

  明日はプロモの役者数人の衣装合わせ。スタッフも集まれるので、夜に会議をしようと考えている。

 なのに、トラブル続出で、その収拾に時間を取られ・・・本当はそんなことより、プロモの内容充実に時間を使わねばならないのに・・。

 今日もトラブル発生!時間がない・・・・。 

  以前からお世話になっているプロデュサーと会う。近況を話すと、「ウチで映画の製作を引き受けてもいいよ!」と言ってくれる。作品に出資したいってる会社もあるという。

 その後、先日会った友人からも、知り合いのプロデューサーを紹介したいとの電話。がんばっていると、いろんな人が応援してくれる。ありがたい!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

今後の予定/2004年8月 [第20章 裏切り地獄篇!]

 今後の予定。

*「ストロベリー」の件で、D社のPと打ち合わせ。

*製作プロダクション社長を再び訪ねる。

*プロモのシナリオを完成させる。

*出演者の衣装合わせ&打ち合わせ。

*残り一人の役者探しとギャラ&スケジュール交渉。

*予算の組直し。

*機材調達。

*撮影スケジュールを立てる。

*現場での段取りを確認。

 プロデュサー、製作担当、助監督等の仕事もこなしながら、これらを全て8月中に固める。

 体力的、時間的、スケジュール的に7人分くらいの仕事が続き、それでいて相変わらず収入はなく、日々だけが飛ぶように過ぎて行く・・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンから帰京 /2004年8月18日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 そして昨夜、田辺を出て車で東京に向う。途中、もの凄い渋滞に遭って、何と13時間の旅。

 それもずっと、カメラマンのSが運転(車の保険関係で彼が運転しないとならない。それに僕が運転すると、アメリカ式に右を走ってしまいそうなので・・・)。

 彼に運転させて僕だけ寝る訳にはいかない。ずっと起きていたが、このところの疲れと睡眠不足で睡魔との戦い。

 今回の仕事はプロデュサーも僕。製作費の管理からスタッフ集め、機材のレンタルまで全て仕切りをやる。もちろん監督としてプランを立て、演出準備もする。

 1人。7役くらいをこなすので、疲労がどんどん溜まっている。

 おまけに車の外は台風の影響で強い雨。でも、Sさんは文句ひとつ言わずに、運転してくれた・・。ひたすら感謝。

そんなこんなで、事故も起こさず無事に帰京した・・・。が、東京ではさまざまな問題が待ってい・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン /2004年8月18日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 ミュージックビデオ。田辺ロケが決定。カメラマンをSさんにお願いする。

 田辺市でのロケハンを開始。「ストロベリー」のためのロケ地探しをしているからと言って、あの辺で撮ればいいだろう?的な発想で、ロケハンを省略すると大変。

 作品が違えば、視点が変わる。よりよきものを作るには、確認が大切。

 また、これまではチェックしていない製作的な部分も押さえる。移動時間。食事の場所。撮影する順番。雨のときの避難場所。なども調べた。

あと、風景撮り。撮影のとき、毎日が雨!ということもあり得る。万が一に、そうなっても対応できるように、先に晴れた風景を撮っておいて、その映像もビデオに使えるようにするためだ。 

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新たな不安 /2004年8月12日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 早速に会って話す。友人の歳は僕と変わらないが、数々の映画を経験。プロデュサー業が分かる助監督。できる人だ。そんな彼が言う。

 制作会社が見つかったら、次は主演女優。その方向でさらに製作費を集めて、スタートするのが順序。

 そしてD社の話。彼はそこで仕事をしたことがあり、詳しい。プロデュサーがいくらがんばっても、あの会社は固くて時間がかかるところ。
 製作費が絶対に出る保証はないから、覚悟は必要という。何千万出すと約束しても、800万とか500万とかの可能性もあるという。

 また、「3つの条件が揃えばウチは動かざるを得ない」とPはいうが、保証が或る訳ではない。そう、ベテラン助監督はいう。

 あのPはよくいる悪徳業界人とは違う。信頼しているが、会社はどうか分からない。地元は製作費集めの準備をしてくれている。

 ここでD社から予定していた額がでないと、とんでもないことになる。不安の種が増えた・・・。<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

チーフ助監督の助言 /2004年8月12日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 ミュージックビデオ監督の依頼。ある新人歌手のプロモーションのためのビデオ。それを撮ってほしいとのこと。

 それを何とか田辺でロケできないか? 考える。予算が少ないのでかなり厳しいが、映画の前哨戦にもなるし、プラスは大きい。

 昨日は業界の友人が制作会社を紹介してくれた。これまでの経緯を社長に話す。シナリオを読んでみたいと言ってくれる。

 これも昨日、「ストロベリー」のチーフ助監督を頼みたいと思っていた友人から、突然に連絡がある。

 ホラードラマでご一緒した方から僕の話を聞き、「太田はがんばってるな!」と思って電話をくれたとのこと。

 「何か手伝えることがあったら言ってください。あとシナリオとかできたら読みたいなあ・・・」

 飛んで火にいる夏の演出部! 近々、アプローチしようと思っていたところ。

 早速に会って話す。と、こう言われた・・・。

<つづく> 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

新企画書を印刷/2004年7月17日 [第20章 裏切り地獄篇!]

 現在、印刷屋状態で作り続けているのが、映画ストロベリーフィールズ」の新企画書。今回は横書きにしてみた。以下の写真はその表紙部分。


 最初のページは企画意図。

  そしてストーリー紹介。

 あとは僕の紹介とかも書かれている。

 この企画書を大量に印刷。地元に送る。それを応援団や支援者の方々が持ちまわり、協力や資金調達の話をしてくれることになっている。本当にありがたい!

 その間にこちらは、次なる問題解決に取りかかる・・・<つづく>

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
第20章 裏切り地獄篇! ブログトップ