So-net無料ブログ作成
検索選択
第三章 春美を探せ!編 ブログトップ

僕のシナリオ執筆法(Ⅸ)2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 よく、「太田作品は少女が、生き生きと描かれている」といっもらえる。でも、実は演出というより、シナリオ段階で本人に近づけておくことでの効果。
 
 つまり、「いかに俳優が魅力的か?」ということ。演じるより、本人の素が一番魅力的だからだ。

 あの名作「理由なき反抗」でジェームズディーンは10代の孤独感をもの凄く見事に演じていた。もちろん、ジミーが名優だからということがある。

 でも、撮影前に彼は結婚しようと思っていた彼女と別れたばかり。その淋しさが映画にも出てしまったのである。

 「男はつらいよ」の渥美清が演じるテキ屋の寅さん。実際に渥美清はその種の仕事をしていたし、「金八先生」の武田鉄矢は教師になろうとして、実習までしている。

 その辺が強いリアリティを感じさせるのだ。本人が持っているものは、やはり強い。それを生かさない手はない。

 今回も俳優たちに会ってから、本人に合わせて若干シナリオを直すつもり。僕の場合はドラマでも、半分はドキュメンタリー

 それが出演者をさらに輝かすことになるはず・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法?(Ⅷ)2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 さて、ハリウッド映画でも、以上でシナリオは完成である。

 あとは、俳優にはシナリオ通りに演技をさせ、台詞をいってもらうのが基本。役者を役に近づけるというのが映画。

 だが、僕は役を俳優側に近づけるという手法を取る。これは舞台演劇の発想。

 劇団の団員をイメージして当て書きするのと同じ。映画やテレビでも主役級はその手法が使われることが多い。
 「木村拓哉を主役で、何か1本」とかいう感じで企画がスタートしたりする。
 
 が、脇役まで俳優優先というのは少ない。それをやってしまうのが太田組流。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法?(Ⅶ) 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 シナリオ直し段階で、「どう変えようか?」あれこれ考える。

 それを何か月も続けていると、ワインと同じでアイディアが頭の中で発酵して、より深みのあるものになってくる。

 よく、作家志望の人は「素晴らしいアイディアを思いつくことが才能」と思いがちだが、そうではない。時間をかけて考え続けることで「素晴らしいアイディア」に生まれて変わるのである。

 たった一行のセリフでも、「主人公にどういわせよう?」と何日も何週間も考え続けて初めて、感動的なものとなる。

 だが、この作業も通常の仕事ではできない。1本のシナリオに何か月もかけていると、脚本料だけでは生活できない。

 とにかく、一度は入れ込み、時間を置いて冷静に見つめる。そして考え続けることがシナリオを書く上で大切。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法(Ⅵ) 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 黒澤明監督の「赤ひげ」「椿三十郎」の原作者、山本周五郎は、原稿が書き上がると箱に入れて、半年ほど読み直さなかったという。

 そして、半年後に箱を開けて原稿を取り出して、読み。書き直した。

 この意味を説明。書くときには、物語に入り込んで感情的に書かねばならない。

 が、それでは入り込み過ぎて見えなくなる部分もあるので、一度物語から離れて冷静になり、今度は客観的に見つめて書き直すという作業。

 これは非常に大切なこと。入り込んで書かないと人ごとになる。観客を感動させるセリフや物語を書けない。
 同時に、客観的な視点もないと、独りよがりになることがあるのだ。

 ただ、映画のシナリオの場合。夢中になって書き上がった段階で、提出ということがほとんど。半年も箱に入れておく猶予がある仕事などまずない。

 でも、物語に入り込んで書くこと。そして客観的に直す事。とても大切。もうひとつ。やっと説明できる。時間を置くことでできる「発酵」がある・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法(Ⅴ)2005/08 [第三章 春美を探せ!編]

 まず、執筆のときは外部との連絡を一切断って、物語の世界に入り込む。

 実際には存在しない人に恋をさせ、涙を流させ、あたかも実在するかのような存在感を与えるのだ。

 ある意味で妄想!

 現実の世界と触れると壊れしまうので、誰とも話もしないし、電話もしない。関係者に連絡しないように頼み、缶詰になる。

 その後。時間をかけて物語がうまく発酵すると、本当にあった話のように感動的なものとなって行く。
  しかし、通常シナリオは依頼があってから、1カ月くらいで上げることが多い。それでは十分な発酵せず、深みのない味になってしまう。

 本来はそこで時間をかけて、いかなる形で発酵させるか?が作家の個性となり、ドラマの面白みになってくる。

 幸い「ストロベリーフィールズ」は時間をかけることができた。(5年ほど!)では、その「発酵」とはどういうことをするのか?
 
<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法?(Ⅳ) 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 そんなライター経験が生きたのがVシネマの「女子高生コンクリート詰め殺人事件」だった。実際に起きた犯罪を扱った、社会派ドラマ
 

 裁判の記録から当時の雑誌、新聞の記事、テレビニュースまで徹底して調べ、実際に事件に関係した人々からも取材。現場にも行ってからシナリオを書いた。
 
 それに対して「ストロベリーフィールズ」はファンタジーなので実際の事件を調べるのとは違うが、大切なのはリアリティ

 この作品はファンタジーの形を借りた、超現実的な物語。アニメ的な世界観とは違う。
 
 10代に向けた作品なので、若い人が共感できないと感動してもらえない。そのためにさまざまなタイプの10代から話を聞いた。

 それをシナリオに反映できたので、若い人が読むと支持してくれたのだと思う。
 
 ただ、難しいのは取材したものを物語に取り込み、ドラマティックにして行くところ。ここからがノンフィクションとは違う。

 ある程度の技術が必要。だが、ここで頭だけを使って考えると、ドラマとしては面白いけど、何かものたりないものになりがち。

 事実を樽詰めにし、発酵させてドラマティックなものにする・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法・Ⅲ 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 そこで頭をひねって考えるライターと、取材に行く人とに分かれる。

 僕は後者。30代の男性が「10代の少女が何をしたいか?」を考えても、リアリティがない。本当の10代に聞いて回った。
 
 その結果を参考にドラマチックにしたのが、美香のケーキのシーンであり、理沙の夕陽のシーンであり、マキが母親に会うシーンである。

 物語を作るというより、「あの子だったらどうするかな?」と取材し、想像していくのである。
 
 アイデアが浮かぶとまず、取材。器用なライターさんはちょこっと調べれば、あとは手持ちのカードでうまく技術でまとめるので、上がりが早い。

 が、僕はかなり時間をかける。この辺は雑誌ライターをしていた経験から来ているのだろう。(脚本家デビューする前に、アメリカ時代の生活のエッセイ。韓国ヤクザのルポも書いていた・・)
 

 ライター時代にルポを書いていたとき。事実の正確さが要求された。西暦の記述ひとつ間違っただけでも、全ての記述の信頼が失われる。

 たった一行を書く為に、何週間も取材することもあった・・・。

(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法Ⅱ 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 物語の一般的な作り方はこうだ。アイディアが決まると、箱書きといって大きく起承転結の4つに話を分けてみる。

 例えばすれ違いのラブストーリーで、会社を舞台にしたものという企画なら、こうだ。
 
1、主人公がヒロインと出会、恋に落ちる

2、すれ違いを越えて、仲良くなる。

3、恋のライバル邪魔がをする。

4、困難を乗り越えて、結ばれる。

 というふうに分けて、それぞれを具体的にして行く。「4で結ばれるのなら、そのきっかけを2のあたりで伏線にしておこう!」「恋の邪魔をするのは上司にしよう!」とか考えて、物語が出来て行く。
 
 「ストロベリーフィールズ」の場合はこうだ。僕が22才のとき自主映画で作った「バイバイミルキーウェイ」(1984)を土台にしている。

 そちらは高校生の男の子が幽霊になって、この世に帰ってくる話だった。 が、今の時代は女の子を主人公にした方が、より時代感が出るのではないか?と、設定を変えた。
 
 さらに1人だった幽霊を3人にしてみる。自主映画の方はヒロインと幽霊の男の子のラブストーリー的な趣きがあるが、それを全員女の子にすることで友情の話に持って行った。

 そこにタイムリミットを設定。48時間という枠組みを作る。さて、問題は「残された時間の中で、彼女たちが何をするか?」を考えることである。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕のシナリオ執筆法・Ⅰ 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

  映画作りというと、どうしても俳優の方に目が行ってしまう。が、一番大切なのは実はシナリオ。

 そう言いながら、この日誌を見直してみると、意外にそのことが書かれていない。キャスティングやロケハンの大切さは書いているが、シナリオのことがない!

 間もなく撮影が始まるが、そのことを書いておきたい。
 
 僕は、もともとは脚本家としてスタートしている。デビュー作は95年のユーモア・アクションミステリー「アルティメット・クライシス」。水野美紀・主演。丹波哲郎も特別出演しているVシネマ。 

 が、それまで高名な先生について勉強したとか、シナリオ学校で学んだとかはない。高校時代に「キネマ旬報」に掲載されたシナリオをお手本に、見よう見まねで書き始める。

 その後、アルバイトをしながら、自分なりに書き続けて、5年後にデビューした。

 自分なりに勉強していて、分かって来たことがある。物語作りにはいくつかの方法論があるのだ・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

キャスティング。現在の状況。2005/8 [第三章 春美を探せ!編]


夏美・・・・女子高生。17才。クラスでイジメを受ける。友達がいない。

マキ・・・・谷村美月

理沙・・・・成績優秀。スポーツ万能のお嬢様。でも、クラスの影番。

美香・・・・学級委員。面倒見がいい。でも、友達がいない。

鉄男・・・・元不良。今はお寺で修行中。マキ、夏美の兄貴分。

春美・・・・・三船美佳!

 天才少女と、天才女優。2人の天才をゲット! 凄い映画になりそうだ。


nice!(0) 
共通テーマ:映画

出演はOK?それとも?(2005/8) [第三章 春美を探せ!編]

 ここまでの話は、以前にも書いた。

 事務所的にはOKという連絡を頂く、あとは三船美佳さんご本人の返事を待つだけである。

 果たして僕のような無名で新人の監督の作品に、超売れっ子でブレイク中の彼女が出演してくれるのだろうか?

 数日後、社長さんから電話。

 「太田さんの気持ち、よく分かりました。それに感動的な作品です。ぜひ、やらせて下さい。本人もやりたいと言っています」

 ありがとうございます! 感激・・・・。

 シナリオが気に入ったから、熱意を感じたからと、出演を快諾してくれたのである。

 こうして何年も思い続けた春美役は、あの三船美佳さんが演じてくれることになった!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

出演依頼! 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 「ストロベリーフィールズ」は企業のみならず、地元支援者の方々も出資してくれて汗と涙で作る作品。だが、映画界から見ればやはり小品。

 「踊る!大捜査線 THE MOVIE」などのように、大手テレビ局が製作する何十億もかけた豪華な大作とは違う。

 俳優さんたちにも、いろいろと無理を頼むこともあるだろう。不安が募る…。

 そこで通常は制作会社から出演依頼をするところを、僕個人からまずお願いをしてみようと思った。

 彼女が所属する事務所社長さんとは、何度かお目にかかっている。まず、手紙を送った。

 故郷・田辺で映画が 作りたくて5年間、走り回ったこと。美しい街で、懐かしい風景があること。
 
 どうして田辺で映画を撮りたいということ。そして「ストロベリーフィールズ」 のシナリオ、町を撮影したビデオ、風景写真等を同封した。

 「やる気」と「思い」を伝えたかった・・。

 春美の第2候補は、立てていない。三船さん以外に演じられる人はいない。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

やはり三船さんだ!2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 無事に「ストロベリーフィールズ」製作続行が決まってからも、春美役には多くの 希望者が殺到した。しかし、あの役は本当に難しい。

 「挑戦したい!」と言ってくれるのは嬉しいが、確実に春美を演じ切ってもらえなければドラマ自体が崩壊する。それを可能にするのは、ただ一人だけと思えていた。

 キャスティング開始。ついに三船美佳さんにアプローチする。が、彼女は売れっ子俳優でスケジュールはタイト。

 おまけに、女優業のみならず、バラエティ番組でも活躍。お笑いの帝王・明石家さんまにさえ切り返して、笑いを取るくらいの才女。
 ドラマ、映画、舞台、トーク番組と万能。常に依頼が殺到している。

 が、僕は名もない新人監督。「あの有名監督の作品なら、何があっても出たい!」ということもあるが、今回は当てはまらない・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

役者魂に火がつく役 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 そんな三船美佳さんに、春美を演じてもらいたいと思いついたのは 2年前。2003年の初夏だった。

 が、その後。「ストロベリーフィールズ」への出資を考えたいた企業が、突然に投げ出す。
 製作費が集まってはなくなり 、何度も中止の危機に見舞われた。出演依頼以前に、映画製作がなかなか進まなかった。

 ただ、深刻な自体とは別に、興味深い反応もあった。シナリオを読んでくれた知り合いの 女優さん、あるいは芸能事務所の方々から、アプローチが相次ぐようになったのである。

「ぜひ、春美役をやらせてほしい!」  

 が、この役、誰もが羨むようなトレンディドラマの恋するヒロインで はなく、むしろ汚れ役と言ってもいい影のあるキャラクター。なのに大人気!

 聞いてみると、ただ可愛いだけの役ではなく、深みがあり、複雑な心情を抱 える難しい役なので、ぜひぜひ、挑戦したいということらしい。

 役者魂に火がつくような役、だというのだ・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

三船美佳しかいない! 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 三船美佳さんは、演技派というより超能力者!

 そう思えてしまうほどの理解力。そして表現力。これを天才と言わずに何と言おうか? 

 バラエティ番組でボケて、笑いを取っていることもあるが、演技しているときは全然違う。あれは全て演技ではないか?と思えるほど、理屈や計算を越えた表現をする。

 その御陰で撮影はガンガン進み、残るシーンは陽が暮れてからしか撮れないものだけ。なのにまだ、陽は高く外は明るい。仕方ないので食事休憩が3時間。 驚きの連続で撮影は終了。

 後日「ストロベリーフィールズ」のシナリオを直していて閃いた!

 「そうだ…現代の日本人では無理かと思えた春美役も、あの天才女優・三船美佳なら演じ切れるのではないだろうか、いや、彼女以外にないのではないか・・」

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天才女優・三船美佳Ⅲ 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 ただ、撮影を進めるうちに、ある演技がほんのわずかだが、数%ほどニアンスが違うものがあった。彼女の演技でも十分OKなのだが、こだわりたい部分。

 でも、微妙な感覚的表現なので説明するには、かなりの時間が必要。撮影というのは1分1秒を惜しんで進めねばならない。

 余程でない限り、俳優とディスカッションする余裕はない。で、なるべく短めに話そうと説明を始めると、三船さんはすぐに頷く。

 「分かりました」

 マジ?と思えたが本番に行く。と、僕が意図した方向に演技を修正した上に、前回以上の表現を見せてくれたのである!

 <つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天才女優・三船美佳Ⅱ /2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 4本分のドラマに出演する俳優、全ての衣装合わせをせねばならない。1人当たりは、30分程度になる・・。十分な話合いもできなかった。

 次に彼女に会ったのはもう撮影当日。が、驚きの展開が待っていた。通常、カメラを回す前にリハ-サルを行う。

 その演技を見て監督が「もう少し優しさを出して」とか「もっと押さえて!」とか指示を出す。

 それを何度か繰り返して本番に入る。僕の演出は特にうるさく、細かな表現を要求する。なのに、三船さんは一度目のリハから、ほぼ完璧な演技を見せた。

 期待したニアンスや微妙な感覚も、全てクリアーされている。打ち合わせは、先の衣装合わせでの一度だけ。

 その30分で僕が作品で描こうとしたものを、ほとんど理解したということなのか? こんなことは初めてだ…。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天才女優・三船美佳 /2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 コミニュケーションというのは、本当に難しい。

 俳優にキャラの背景説明をしていても、さまざまな解釈ができるので、監督が意図するものとは違ったものになることがある。

 まして演技指導で「顔を上げながら、目を細めて…」とか動き方を説明しても、「感覚」や「心の動き」は伝わらない。

 読者にも、こんな経験はないだろうか? 息の合った長年の友人と旅行にしたとき、思ったほど意思疎通ができてなくて揉めたり・・・。

 十数年も暮して来た夫婦なのに、「そんなことも分かってなかったの?」と思ったことはないだろうか?
 親しい人にでも、思いや気持ちを人に伝えるのは本当に難しいもの。

 映画では気持ちを理解してもらうだけではなく、感情や感覚を相手に表現してもらうのだからさらに大変。
 人によって理解の仕方が違うし、簡単に真意は理解してもらえない。

 おまけに昨今は人件費が上がり、製作費が高騰。時間に追われた撮影がほとんど。意思疎通のための時間を、十分に取ってくれる作品は稀。

 先のホラードラマも主演の三船美佳さんと話せたのは、衣装合わせのとき30分だけだった・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

春美を探せ!Ⅱ 2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 その昔の日本映画でいえば、「赤ひげ」で狂女を演じた香川京子さんとかにやってほしい役。だが、現代の女優さんで、それも20代で出来る人はいないと思えた。

 それをもし、演技力の無い綺麗なだけの女優さんが演じると、作品が根本的に崩れてしまう重要な役。候補者すら上げることができなかった。

 そんなときに監督したホラードラマがある。その主演に1人の女優の名前が上がる。それが三船美佳さん。 誰もがご存知、あの「世界のミフネ」のお嬢さんである。

 えーー!そんな凄い人が僕なんかの作品に出てくれるの!!!!!

 と思えたが、本当に出てくれた。そして、その撮影現場で天才女優・三船美佳の凄さを知ることになる。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

春美を探せ! /2005/8 [第三章 春美を探せ!編]

 主人公・夏美の姉・春美。この役もまた、かなり難しい。


 高校時代は優等生で成績も優秀。 スポーツでも評価されていた。が、東京大学時代に交通事故に遭い、歩けなくなる。実家に帰った今は松葉杖で生活。

 夢も未来もなくした彼女は元気な妹・夏美を妬み憎むことで生きて行くようになる。でも、実は…というかなり複雑でナイーブ。兼ミステリアスな役柄。

 最もキャスティングが苦労しそうな役である。いや、苦労というより、演じられる人が日本にいるだろうか?というレベルだ。

 実は数年前にシナリオの改稿をしているときから、春美役のキャスティングを考えていたが、なかなか思いつかなかった・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第三章 春美を探せ!編 ブログトップ