So-net無料ブログ作成
第23章 プレロケハン篇 ブログトップ

ロケハン終了Ⅳ いろんなプラス/2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 まだ、見つかっていなかったロケ地。

 ラスト、夏美が3人と再会するのシャボン玉の草原も、3年がかりで探していたが、やったと見つけた。

 もの凄い広い敷地に草が延々と生えていて、まさにイメージ通り。

 理沙が、死神に連れ去られる天神崎。岩場が多く砂浜がない。アクション部分が撮りにくい。そこだけ別の場所を考えていたが、それもいいところを見つけた。

 あと、美香が連れ去られる場所も、シナリオとは違う設定だが、いい場所を発見。

 室内シーンは交渉が必要なので、別として、これで残るは事故現場。クライマックスのマキの母の家等だけ。

 いろんな意味で、今回の田辺行きはプラスが大きかった。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン終了Ⅲ /2005年6月13日 [第23章 プレロケハン篇]

 同時に 、メインスタッフのチームワーク作り、意思疎通もできた。

 また、撮影に入る前に、作品の方向性や方法論を伝えることもできた。

 そして皆は行く先々で風景に感動! 田辺を好きになってくれたようで、各地で個人的に写真を撮り巻くっていた。

 魚も美味しくて、ロケハンはキツくてもその点を喜んでくれる。

 スタッフや監督が「出演俳優」を好きになれないと、いいものが作れない。それと同じで「ロケ地」も好きになれないと、いい映画にならない・・・。

 好きになるには、町を訪ね、人々と語らい、おいしいものを食べ、町を感じることだと思う。

 でも、通常の映画では、そんな時間を取ることも、それを実現させる費用も出ない。けど、本当に僅かな費用でできる。他の映画人はしないだけ。

 「ストロベリーフィールズ」では、それを実現したかった・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン終了Ⅱ /2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 その御陰で、カメラマンにも、照明さんにも、撮影助手君にも、ロケ地である田辺市を感じ、イメージを掴んでもらい、ロケハンもできた。

 他の監督とはかなり違う「太田式」を、感じてもらう機会にもなる。

 同じシナリオを読んで撮影プランを考えるのにも、現地を知っていると全然違う。

 また、ロケ地に親しみや思い入れが生まれると、カメラも照明もより一段と冴えるもの。

 「ストロベリーフィールズ」は低予算の映画。大作に対抗できる中身のあるものにするには、メジャーではやらないこういった努力で、内容レベルを上げるしかないと思っている・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン終了/2005年6月13日 [第23章 プレロケハン篇]

 2泊3日の田辺市のロケハンから帰って来た。中身の濃い3日間。

 初日は、朝6時半に東京を出発。現地に3時45分着。日が暮れるまでロケハン。

 翌朝から毎日5時起きで町を歩く。田辺市を感じ、映画「ストロベリーフィールズ」の世界を体験してもらう。お世話になっているところへも、挨拶に行った・・。

 風景撮り、メイキング撮りもしながらて、熊野古道も行き、日が暮れた午後7時からそのまま、夜中、車を走らせ、朝6時に帰京。

 交代で、ほとんど寝ずに運転。皆、かなりキツかったと思う。

 しかし、正式なロケハン前に撮影部と、照明技師を連れて現地を訪れ、ロケ地を歩き、地元の人々と触れ合ってもらったことは、もの凄く大きなプラスだった・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

熊野古道Ⅱ  /2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 熊野古道には有名な寺や神社等もあるが、今ひとつ感じるものがなかった。

 キャンペーンのポスターになった緑の階段も、雰囲気はある。が、上がり切ったところが鉄筋コンクリートのホテルの裏。

 情緒に欠けることが多い。あの有名な那智の滝も、駐車場からすぐのところにあり、階段を降りるともう瀧。何だかディズニーランド。

 お年寄りが訪ねるには車で来れて便利でいいが、まわりはホテルと土産物屋ばかり。熊野古道という神秘的なイメージがまるでなく、まさに観光温泉地。

 田辺の町を歩く方が、遥かに情緒があり、懐かしい気持ちになったり、心ときめいたりする。

 古道の一部は古くからの観光地の発想で管理。安易に観光できる環境が景観を台無しにしているように感じる。

 やはり、世界遺産は東陽中学の木造校舎と、天神崎の夕陽にするべきだ!と個人的には思える

 残念な思いを胸に、東京へ向う・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

草原を発見! /2005年6月10日 [第23章 プレロケハン篇]

 こんなところに、こんな広い草原があるなんて!!!

 近所まで来たことは何度もあり、あの高台には何があるんだろうなあ・・とSさんとよく言っていた場所。

 でも、広い草原があるはずのない町に、広い場所があるには理由があった。

 それを説明してしまうと、映画を見たときに、先入観を持ってしまうので、しばらく秘密。

 けど、イメージ通りの草原。写真は撮影助手が撮ったもの。かなり問題があり、草原というより密林という感じだが、本物はとてもいい。

 ここをいちご4人娘が、シャボン玉を作りながら歩いて行く・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

あと探すべきロケ地は? /2005年6月10日 [第23章 プレロケハン篇]

 あと見つかってないロケ地は、前回書いたラストシーンの草原。そして・・・。

 2、主人公・夏美の家。

 3、マキの家。

 4、4人が交通事故に遭うの現場。これは山に囲まれた断崖にある道路がイメージ。

 5、クライマックス。マキの母親の家。イメージは海の見える高台。

 この5つがまだ見つかっていない。最初の2つは個人の家になるので、なかなか難しい。が、残りは何とか早く見つけたい。

 ただ、ロケ地というのは、単にイメージ通りであればいいというものではない。

 もし、その場所が最高に素晴らしい場所でも、スタッフ&キャストが泊まるホテルから、何時間もかかるところだとするとダメ。行き帰りに時間がかかり、現場での撮影時間が短くなるからだ。

 或いは側に高速道路が通っていて、うるさくて録音できないとか、撮影するのに膨大な使用料を撮られるとか、許可がでないとか、いろいろと問題がある。

 今回、見に行く草原は果たしてどうか? 現場に向った・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

まだ、見つからないロケ場所/2005年6月10日 [第23章 プレロケハン篇]

 今回のロケハンでは、毎日のように地元支援者の方々にも、スタッフと共に挨拶まわりをした。

 彼らの応援の御陰でここまで来れた。それを伝えるためにも、ベテランの職人たちが田辺まで来る段階になったことを伝えたい・・・。

 その先々で、まだ見つからぬロケ地情報ももらえた。未だに見つからない場所が2〜3ある。

 そのひとつ。「ストロベリーフィールズ」のラストシーンに使う広い草原。見渡す限りに草原で、そこを少女たちが駆け回るという場面に使えるところを探していた。

 ところが、田辺市は海と山に挟まれた町で、広い場所というのがあまりない。山は多いが、平面でないと撮影はできない。

 3年ほど前に見つけた場所があったが、今は畑になっている。それ以来、田辺に来るたびに毎回探しているが、なかなか見つからない。

 というより、その種の場所は田辺にはないことが分かって来た。場面によっては、別の場所に話を移すことも可能だが、このシーンだけは、どうしても見渡す限りの草原で撮りたい。

 仕入れた情報を元に、ロケハン3日目の最終日。スタッフと共にその場所を探しに向った・・・。

<つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

平の家さんの朝食/2005年6月10日 [第23章 プレロケハン篇]

 いよいよ、ロケハンの最終日。


 以下の写真が、今回も泊めて頂いた旅館・平の家さんの朝食。

 おばちゃん。今回もいろいろとありがとう! また、本ロケハンのときに来るからね?

 いつも、応援してくれて本当にありがとう! 絶対に「ストロベリーフィールズ」映画にするからね・・。



<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

和歌山ラーメン/2005年6月9日 [第23章 プレロケハン篇]

 ノーギャラで、はるばる田辺まで来てくれたスタッフ。せめてものお礼。地元の美味しいものを御馳走した。

 捕れたての魚ばかりでなく、クジラ!料理も味わってもらった。

 駅前の銀ちろも絶品!

 ほんと田辺は海のもの以外にも、おいしいものが多い。お好み焼きとかもあるのだけど、必ず、田辺に来ると食べに行くのが和歌山ラーメン!

 見た目は地味だが、これが本当にうまい。マニアックに上手い。せめて、写真を見てほしい。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

天神崎の夕陽 /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 もちろん。天神崎の夕陽も見てもらった。

 映画「ストロベリーフィールズ」の主人公の1人、理沙が大好きな夕陽。悲しいとき、淋しいときに見た夕陽・・・。

 これが、その本物の夕陽。

 そう説明すると、スタッフは何も言わずに見つめていた。皆、圧倒的な感動を理解してくれたようだった。

 写真は今回の夕陽です・・・。



<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺を歩く/2005年6月9日 [第23章 プレロケハン篇]

 今回はみんなにいっぱい歩いてもらった。車を降りて、歩いてもらった。こんなロケハン。初めてだったと思う。

 でも、田辺と言う街を感じてほしくて、歩いてもらった。みんな「懐かしい。味わいのあるいい町だ・・」と何度も言ってくれた・・。

 お世辞じゃないかなあ・・・と、思っていたが、皆プライベートで持ってきたコンパクトカメラで写真を撮りまくっていた。


 本当に気に入ってくれたようだ。映画人はアーティステック。そんな彼らも田辺を好きになってくれたということは、やはりセンスある素敵な町だと思える。

 僕も嬉しい・・・。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

路地が魅力の田辺/2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 田辺市の魅力のひとつは、細い路地。人がすれ違えないほどのものから、車が何とか通れるものまで。それぞれに惹かれる・・・。

 そこに人の生活と歴史を感じながら、ひたすら歩く。車でバーーーと通り過ぎては、その良さは分からない。平の家の駐車場にロケ車を残して、スタッフ4人で歩く。

 皆、かなりばバテていたが、汗をかき、喉が渇きながら歩くことで、思い出ができる。町を見近に感じることも、できるはずだ・・。


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン2日目・屋敷町/2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 屋敷町も田辺市を代表するエリアの1つ。武家屋敷が並び、昭和40年代を越えて、江戸時代を感じる。

 単に映像の写り具合や光の問題だけでなく、この町をのんびりと歩き、この町の空気や風を感じてほしい。

 懐かしさや暖かさを感じてほしい。そこから、人の心に伝わる映画作りが始まるのだと思う。

 ご存知の主人公の4人娘の1人・理沙の実家です。




<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺の朝食 /2005年6月9日 [第23章 プレロケハン篇]


 上の写真が本日の朝食。平の家さんの朝ご飯はいつも、ボリューム満点! ロケハン、撮影。とハードな毎日を送るときに、エネルギーとなる。

 昨夜の内に、時間を伝えておけば、その時間に朝食を用意してくれる。

 近所で今朝捕れたばかりの魚を焼いたもの。卵焼き。海苔。田辺名物の梅干!となんば焼き(かまぼこ、みたいなもの)そしてごはんとみそ汁。

 プラス、いろいろ。ごはんはお代わりし放題。ここから田辺の1日が始まる!

 カメラマン、撮影助手、照明技師、そして僕は、これを食べて、今日1日を頑張る!

 <つづく>

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺の夕食 /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 平の家さんで夕食。


 近所の港で捕れたばかりの魚の刺身。焼き肉。豆腐。その他もろもろ。写真以外にもいろいろある。

 東京のスタッフには、田辺のおいしいものを食べてもらうのも仕事の内。そこから町を感じてもらえればと思う。

 こんな積み重ねが、「観光絵ハガキのような映像しか出て来ない映画」にならないために大切。

 皆、「うまい! 東京の居酒屋で食べる刺身とは、数段違う!」と好評。

 ごちそうさま。本当に、おいしかったです。

 明日からのロケハン。がんばります!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

旅館・平の家さん/2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 宿泊はいつもの旅館・平の家さん。

 宿代が安いだけでなく、とても素敵な旅館。

 昨年、春のロケハンからずっとここ!

 平の家のみなさん一家総出で、「ストロベリーフィールズ」を応援してくれている。

 女将のおばちゃんがめちゃめちゃいい人で、いつも心が休まる。まさに田辺人を絵に書いたような方。

 このおばちゃんにスタッフを会わせたくて、平の家さんに宿泊しているくらい。

 旅の良さというのは、美しい風景ばかりではない。そこで触れ合う地元の人の気質や人柄も大きい。

 そんな意味でも、平の家さんに泊めてもらうのはいつも楽しみ。

<つづく>





nice!(0) 
共通テーマ:映画

懐かしさ溢れる会津川の排水口 /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 前回のロケハンでもご紹介したが、僕がもっとも田辺で好きな場所の1つ。会津川の途中にある排水口。

 今回はいろんな角度から、お見せする。

 この場所で、どのように映画を撮影するか? 考える・・・。

 カメラマンのSさんも、「魅力的な場所だけど、撮影の難しいポイント」とのこと。


<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン・奇絶峡/2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 僕とカメラマンは何度も行っているが、すでに決まったロケ地を、照明技師さんと撮影助手に紹介する。

 場所を把握してもらうことで、そこでどう光を使うか?を考え、機材を選ぶ。昼間でも、ライトが必要な場合もある。現場に行かねば分からないので、やはりロケハンは大切。

 この日、まず訪れたのは奇絶峡。大きな岩がゴロゴロとしている川。とても現代の川とは思えない不思議な光景が魅力。

 巨大な岩の上で、幽霊になったマキ(谷村美月が第1候補! いや、彼女しかいない!と僕は思っている)が「生きていた頃を思い出す」シーンに使う場所である。

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺の梅作り村 /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 何度も訪れているが、紹介は初めて。田辺の梅林。まわりの木々は全て梅。ここで田辺名産の梅干の実が育つ。この辺りは皆、梅農家。

 マキの家はここにある設定。小高い丘があり、そこから町を見下ろすシーンを撮ろうと思っている。

 その場所から町を撮影。以下の写真。


 
 ここで作られた梅は、梅干として東京でも売られています。



<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

田辺到着! /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 カメラマンのSさん。田辺行きはもう何度目か? 高速道路の道順にも慣れて、早い早い。おまけに今回は、照明部のAさんも運転。

 休憩時間も短縮されて、田辺に午後3時45分着。約8時間で到着。最初のときは10時間を越えたのに、凄い。


 外はまだ明るいので、そのまま日が暮れるまでロケハンだ! 

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハンに出発 /2005年6月8日 [第23章 プレロケハン篇]

 だが、照明部技師さんだけに、行ってもらっても意味はない。撮影と照明はコンビ。

 カメラマンのSさんにも同行をお願い。すでに決まっている撮影助手も、連れて行くことにする。

 交通費、食費、宿泊費は全てこちら持ち。おまけに今回は倍の人数の4人。かなり厳しいが、こういうことが映画製作に大切!

 そして全員、ノーギャラで了解。「少しでもいい作品を撮れるのなら、お金のことはいい!」と言ってくれる。
 さらに、照明部技師さんが車を出してくれた。4人乗っても余裕の大きな車。ありがたい!

 朝6時半。新宿スバルビル前集合。全員、時間通りに集まる。和歌山県田辺市に向って出発した。!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケハン経費問題 /2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 照明技師さんに「ストロベリーフィールズ」のロケ地である、田辺市を見てほしい。が、問題がある。

 製作費が全額集まったとはいえ、制作会社に聞くと「まだ経費は出せない」という。

 でも、少しでも早く、スタッフが現地を知ることは大切。シナリオを読んでイメージするにも、ロケ場所を知って読むのと、読まないでは大違いだ。

 また、僕としてはロケ地田辺市の良さをより深く、知ってほしい。事前の正式なロケハンでバタバタっと見ても、町の魅力は分かりにくい。
 田辺のよさは、派手な京都や奈良とは違い、しみじみと感じるもの。

 だが、田辺まで行くには多額の出費も必要。製作費からは出ない。そこで今回も、全額自腹で出発する。
 少し前にワークショップの講師業で稼いだギャラがある。借金返済に当てようかと思っていたが、それを全額ロケハンに注ぎ込む!

<つづく>


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地への愛情 /2005年6月 [第23章 プレロケハン篇]

 カメラマンのSさんには、「ストロベリーフィールズ」のロケ地・和歌山県田辺市の美しさ、懐かしさを理解してほしくて何度も現地を訪れてもらっている。

 最初は春。そして夏。秋。冬にも行ってもらったが、紀南の冬は暖かく、そのときは特に暖冬だったので、暑くて全然冬らしくなかった。

 でも、これで四季を全て見てもらった。春夏秋冬を知った上で、夏に撮影してもらえば必ず違いが出る!

 仕事でポッと、現地に行き、撮影するよりも、「愛情」や「思い」がこもるはずだ。照明部のAさんと話をしていると、同じ事を言われた。

 「最近は、撮影直前になって、ようやくロケ地に行く。ドタバタと現場を見て終わり。下手するとロケハンがないこともある。

 制作会社側にすれば、目に見えない部分に金をかけたくないんだろうが、それじゃロケ地への「愛」が持てない。いいものを作るには町への愛情が大切なんだ・・」

 すかさず、聞いた。じゃあ、和歌山。行きますか? Aさんは笑顔で頷いた・・。

<つづく> 


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第23章 プレロケハン篇 ブログトップ