So-net無料ブログ作成
検索選択
第11章 メイキング編集篇 ブログトップ

大晦日ー3年目の終わり /2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 今までウインドウズを使っていたので、Macも簡単に使えると思った。ら、似て非なる物。
 映像編集ソフトインストールして、起動させるまでに何と3日もかかってしまった!

 自分でも機械音痴かと思えてくる。(いや、その通りでしょう!)なので、メールは前のウインドウズ。編集準備はMac。

 そのたびに配線をし直して使う。これがまた面倒!さらに、映像編集ソフトをようやくインストールしたけど、どうやって映像を取り込み、編集していいかも分かない!

 あーでもない。こーでもない。と試行錯誤。とうとう、今日は大晦日。2003年も終わってしまう。こんなことでいいのか・・・。

 でも、来年こそは「ストロベリーフィールズ」を形にする。もう、スタートしてから4年目。時間はかかっているが少しずつ前へ進んでいるはず。必ず、来年こそは撮影する!(つづく)


 
次回より、新しい章がスタート。


nice!(0)  コメント(0) 

新兵器G4!  /2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 新しいパソコンを買えば・・・。正月から編集を始められる!

 ただ、一昨年から返済していない、もの凄い借金がある・・・・。それを少しでも返したい。が、新しいパソコンがあれば、よりいい作品に仕上げられる。

 大抜擢でメイキングを依頼してもらったのだ。「太田君に頼んでよかった!」と言われるものを作りたい・・・。

 で、ギャラのほとんどをつぎ込み、MacのG4を購入しまった。

 編集をするほとんどの人は、このシリーズを使っている。プロも使用する高級機。ハードディスクの増設も簡単にできる。

 これに比べると以前使っていた機種は、趣味の世界か? これこそが本格派。で、買ったのだけど、これが大変だった!!!! (つづく)


nice!(0) 

パソコンの弱点/2003年11月 [第11章 メイキング編集篇]

 が、僕のパソコンは春から調子が悪く、何度メーカーに問い合わせても原因が分からず、トラブルが増えるばかり。

 多分、これまで編集に使用した時間が膨大、酷使し過ぎたので通常の何倍も早く寿命が来たのではないか?と思える。

 同じパソコンを使っている人の中で、一番編集時間が長いのは僕だと思えるほど。買った年に半年間。毎日16〜8時間編集していたから。カウント機能があればダントツだろう。

 あと、その機種は使っていると、どんどんと問題が出て来る。そのために余計な労力と時間を食う。いつかのメイキング編集時も、それで何週間も無駄にした。

 おまけにハードディスクは30Gしかなく、長尺ものの編集は不向き。増設することが素人にはできないタイプなので、多額の費用もかかる。

 どうするべきか? 考えた・・・。(つづく)


nice!(0) 

自宅で編集!/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 これが自宅で編集できれば、こうなる!

 朝起きてすぐにパソコンに向い、寝るまで作業。飯も作業しながら、着替えなくても誰にも注意されない。

 特殊効果もその場で使える。スローモーションを120%にするか?130%にするか? 時間を気にせず何度でも試せる。

 ディゾルブも渦巻きか星形開きか?1度やってから、全部直してもいいのだ! もちろん締め切りはあるが、それまでの時間。徹底して編集ができる。

 自分の時間を使って編集するのに、プロデュサーも文句は言えない。この数年はそんな形で編集の仕事をしていた。

 ところが・・・。(つづく)


nice!(0) 

編集作業の無駄/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 家庭用のパソコンで編集できるようになり、仮編集が要らなくなる。本編集は少しするにしても大幅に時間が短縮できる。

 これで編集費というのがかなり削減。ただ、制作会社は個人のパソコンで編集するのを当てにして、機材費を節約できても人件費を上げることはしない。あまり個人には還元されてないのは問題。

 ただ、僕にとっては大きなメリットがある。編集室で仮編集をする場合。通勤に1時間かかるとすると、往復で2時間。朝起きて、顔を洗い、飯を食ってでかける。
深夜まで作業。自宅に戻り、寝る。また、起きて・・・。

 という無駄な時間が多かった・・・・。(つづく)


nice!(0) 

パソコン編集/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 家庭用パソコンで、高度な映像編集ができるようになったこと。デジタルテープダビングしてもほとんど画質が落ちないこと等、技術の大きな進歩があった。


 
 それにより、これまでは編集室での仮編集ー>本編集ー>MAという流れが、極端なことをいうと、パソコン編集ー>MAというシンプルな流れでできるようになった。

 民生用のパソコンでも、スローモーションやスチールはもちろん、ページ開き、回転、フェードアウト、インと、編集室で業務用のコンピュターを使わねばできなかったことがほとんど出来る。

 今までタイムシートを記録するためだけの「仮編集」が無用になり、自宅で本編集ができるようになったのだ!(つづく)


nice!(0) 

デジタルの波/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 また、仮編集の段階では特殊効果も使えない。

 本編集ではさまざまな効果が使えるが、1時間*万円のレンタル料がかかる。いろんな特殊効果を試した上で、「これ!」という選択をする時間がない。
 編集室ではプロデュサーが「もう1時間経った。ああ、また、*万円飛んでく!」とか、ぶーぶー言う。

 いいものを作るというより、早く終わらせる事を優先する。そんな環境がこれまでの編集作業だった。ところが、1995年頃から民生機のデジタルカメラ登場でメイキングの作り方が大きく変わる。

 軽量の小型カメラ。暗さに強い明るいレンズ。編集が家庭用のパソコンでできる。
そのパソコン編集というのが特に大きかった!(つづく)


nice!(0) 

原始的な編集/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 そこでスローモーションをかけたり、画面を白黒にしたり、さまざまな効果をかけるのである。

 このあとにMAという音と音楽の作業があるが、ここまでが編集。僕も以上の作業を何度もやったが、何とも原始的! 

 この機械化文明の社会でなぜ、1度の編集で完成とならず、同じことを2度もせねばならないのか?

  あまりにも不合理であり、不経済である!(つづく)


nice!(0) 

Aー>B編集法/2003年12月 [第11章 メイキング編集篇]

 その編集機はAのテープを、Bのテープにダビングするためのもの。

 が、ストーリー通りに映像を繋いで行くだけで、オーバーラップもストップモーションもできない。
 カット変わりで、ページ捲りも、フェードインも、アウトも、モザイクも、何もできない!!!

 そして繋いだ映像は、完成品ではない。次に、映像の右下に入っているタイムコード。それを各カットごとに用紙に書き出す。このために仮編は存在する。

 それから機械がいっぱいの編集室で、それを見ながらオペレーターが元のテープ(ベーカムとかD2とか)を、記録された用紙のタイムコードを見て繋ぐのだ・・・。(つづく)


nice!(0) 

過去の編集法/2003年12月下旬 [第11章 メイキング編集篇]

 年末は結局、18日間連続。忘年会&イベント。いろんなところから声がかかった。それも1日も重なっていない!なので、断った会はひとつもない。

 さて、先日、終了した「理由」。メイキングの編集は、僕が担当することになった。これは嬉しい。
 自分が撮ったものは、やはり自分で編集したい。何より「どのテープのどこに、何が収録されているか?」は僕が一番分かっている。

 ここで編集について説明したい。映画フィルムで撮影した場合は今も、編集機を使い、切ったり貼ったりして作業する。
 が、ビデオ撮影の場合は映像編集機を使って編集。

 まず、仮編(集)といって原盤からVHSテープにダビングした映像を使って、仮の編集をする。
 誰でも使える簡易編集機があり、ほとんどの場合は監督やディレクターが作業する。(つづく)


nice!(0) 
第11章 メイキング編集篇 ブログトップ