So-net無料ブログ作成
第十二章 美香を探せ!篇 ブログトップ

大阪ターミナルホテル・運命の再会? 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 どこかで見たことがある。誰だろう? 芸能人のはずだ・・。コンマ1秒でそう思ったが、すぐに気付く。

 「ああ、東亜優だ!」

 さっき会ったばかりの! 間抜けな話だ。が、こうして人ごみにいても目を惹く東の存在感は、やはり本物と再確認。先ほど聞き忘れた質問をひとつする。

 東は落ち込んでいた。 自分だけ台詞を2度読まされるし、委員の経験はないし。絶対に不合格と感じているのだろう。
 
 「美香役は君だよ!」

 と言いたかったが、事務所を通して連絡するのが筋。残念だが言えない。

 聞くとお母さんが橋本から迎えに来るらしい、待ち合わせがホテルのロビー。笑顔でおじぎしたが、元気のない後ろ姿で去って行った。
 
 しかし、広い大阪でこんなすぐに再会できたのも、やはり運命かも。撮影を共にするのが楽しみだ。

 さて、いよいよ、天才少女・谷村美月である!

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


タグ:東亜優
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

昔、名画座に通った道を女優に会うために急ぐ! 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 映画「ストロベリーフィールズ」マキ役に決定した谷村美月。 彼女も中学生で大阪在住。この機会に打ち合わせをする。
 
 オーディション会場から急いで、大阪駅へ。遅れないように、急ぎ足で大阪キタの地下街を行く。

 入り組んでいて迷路のよう。知らない人は大いに迷うだろう。

 が、この道は大毎地下劇場から大阪駅に向うルート。高校の3年間、毎週のように通った道。スタッフの先頭に立って進む。

 しかし、約30年前。映画ファンとして、名画座に通った道を、映画監督として、初映画の出演者に会うために急ぐことになるとは、想像もしなかった。

 何だか不思議な気持ちだ。
 
 大阪駅のターミナル・ホテルに到着。谷村とマネージャーさんはまだ来ていない。ホッと一安心! 

 スタッフと共にロビーでたむろしている。と、多くの人の行き交う中でもひと際目立つ美少女が歩いてくる。
 
 谷村も本当に可愛いが、別の子。どこかで見たことがある。誰だろう? 芸能人のはずだ・・。と1秒あるかないか? の時間で脳を情報が駆け巡る。

 と、その子が会釈する。

 「えー? オレを知っているの?」

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

大毎地下劇場 28年前に通った名画座 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 映画「ストロベリーフィールズ」の美香役オーディション会場は、大阪北区にある毎日ホールのすぐ近所。建物の窓から見えるくらいの距離だった。

 そこには大毎地下劇場という名画座があり、安い料金で、ロードショー公開が終わった洋画を2本立て上映していた。

 天王寺区にある高校に通っていた僕は週末になると、その劇場に寄り道。数々の映画を見た。

 今から28年前の話。僕が15才だったとき。そう、さっき会った14才の東亜優と変わらぬ歳の頃。

 「家族の肖像」「ミッドナイト・エキスプレス」「名探偵登場」「天国から来たチャンピオン」「サイレントムービー」「冒険者たち」「おもいでの夏」「ジェレミー」「ゴッドファーザー」

 その大毎地下劇場の少し手前。ある建物では、姉妹館とも言える大毎名画鑑賞会が行われた。パイプ椅子の会場だが、過去の名作映画が2本立てで見られる。

 「アラビアのロレンス」「長い灰色の線」「デルスウザーラ」「白き氷河の果てに」「俺たちに明日はない」「シャーロットの贈り物」「ペーパームーン」・・・等を見た。

 それらの映画が今の僕を作り、監督業を続けるのを支えてくれているのだと思える・・・。

 が、思い出に浸っている余裕はない。東亜優のオーディションを終わったあと、すぐに会わなければならない子がいた。

 すでにマキ役に決定していた、谷村美月である・・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

映画「ストロベリーフィールズ」主要登場人物2 2005/9/4  [第十二章 美香を探せ!篇]

 「ストロベリーフィールズ」のいちご四人娘らメインキャラ、以外の登場人物を紹介しておく。この面々をクランクインまでに探し、決定せねばならない。


夏美の母・・・夫に死なれたショックを今も引きずる。

夏美の父・・・病気で数年前に死去。

マキの父・・・アル中で町の嫌われ者。でも、腕のいい梅栽培者。

マキの母・・・・夫に愛想をつかし家出。行方不明。

裕子先生・・・生徒に理解はあるが、長塚先生に逆らえない若手教師。

長塚先生・・・・厳格な教師。学年主任。

死神・・・・・マキたちをあの世に連れて行く、時間の使者。


*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ストロベリーフィールズ」キャスト現状 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 これで主人公のいちご四人娘は、全て決定!

夏美・・・・佐津川愛美 (がんばっていきまっしょい!)

マキ・・・・谷村美月  (カナリア)

理沙・・芳賀優里亜(仮面ライダー555、どこまでも行こう、害虫)

美香・・・・東亜優!!!!!  

鉄男・・・・波岡一喜   (パッチギ!)

春美・・・・・三船美佳  (あの三船美佳さんです)

 さて、次はいちご娘を取り巻く人々を、決めて行かねばならない!

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(6)決定の理由  2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

  浜崎あゆみの大ヒット曲・・・「A song for XXX」

 映画「ストロベリーフィールズ」美香役は、その歌詞のイメージで書いた。

 その歌のことを話すときのA子。生き生きしていた。

 ーーあの歌詞のどこが好き?

 「*****の部分が好きなんです! 最後、歌詞でなくてララララララというところありますよね? あそこがまた、いいんです!」

 「この子は美香だっ!」と確信した。A子は美香と同じ思いを抱いて、人生を生きている。


 
 あとでスタッフに聞かれた。

 「なぜ、A子にだけ2回台詞を読ませたんですか? それに台詞は2回とも良くなかったでしょ?」

 その通り。 A子はもっともっと表現力があるはずと感じた。それを見たくて2度読んでもらった。
 
 結果的に、もう一息だったが、磨けば光るということを確信。美香役に相応しいというだけでなく、限りない可能性を秘めていることを感じた。

 オーディションを見ているだけだと、一番分が悪いように見えたそうだ。が、実は全てが彼女向きに進んでいたのである。
 
 こうして「ストロベリーフィールズ」美香役はA子に決定。まだ、新人だが限りない可能性を感じる。

 A子の名前は・・・・東亜優。

 和歌山県橋本市出身の14才だ!


*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(5)A song for XXX  2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 A子は14才の中学生。

 東京でプロフィールを見たときから、「いいな!」と思っていた。会場で一目見たときにも、「やっぱりいい!」と感じる。
 
 俳優はまず、人間としての魅力が大きい。次に「表現力」や「経験」が来る。

 その経験。A子は学級委員をしたことはない。本人は凄く落ち込んだようだが、実は逆だった。
 

 美香と言う役は、そもそも学級委員をするようなタイプではない。みんなのために何かをすることで、自分のことを分かってほしいという子。

 通常の学級委員タイプではない。むしろ、経験がないA子が相応しい。
 
 さらに話を聞くと、美香と共通する部分がたくさんあった。とどめは、浜崎あゆみの歌。

 『A song for XXX』

 それは、美香のテーマソングである・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(4)セリフに挑戦! 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 美香役の台詞を順に読んでもらう。皆、自分なりの美香を、声に出し、読んだ。

 最後は委員経験者の問いに、1度も手を上げなかったA子。

 ドラマの経験がなく、「どう読めばいいのか?」分からない感じで何とか読む。その子だけに、もう一度台詞を読んでもらった。

 「私だけヘタだから、もう一度やらされるんだ・・がんばろう・・」

 A子はそんなリアクション。 心細そうだが、今度こそ!という小さなファイトを感じる。しかし、1度目とほぼ同じ感じだった。

 質問に戻り、今の学生時代をどう過ごしているか? 聞いてみる。

 「友達と、おしゃべりしているのが楽しい!」

 10代らしい意見が出た。 次に好きな歌を聞く。いろんなアーティストが上がったが、A子はこう言った。

 「浜崎あゆみさんの歌が・・好きです」  
 
 おお!と思った。さらに質問。

 ーー浜崎あゆみのどの歌が一番好き?

 「『A song for XXX』・・・です・・・」
 
 おーーーなるほど!!!!!そうだよなあ・・・・。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(3)A子登場! 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 何番目かのグループ。東京でプロフィールを見て、強く惹かれた子が入っていた。写真を見ても魅力的だったが、実物もいい。仮にA子にしておく。

 そんな思いは見せないようにして、他のグループと同じように質問。「ストロベリーフィールズ」の美香役は学級委員。同じ経験があるか? 全員に聞いてみる。

 グループ3人中、A子以外の2人が手を上げた。「じゃあ、図書委員は?」と聞くと、1人が手を上げる。「保健委員は?」別の1人が手を挙げる。

 でも、A子だけは、1度も手を上げることはなかった・・・。
 
 参加者にシナリオは、読んでもらっていない。でも、学級委員の役というのは説明してあったので、A子は少々落ち込んだようだ。

 経験がある方が有利というのは、10代の子にも理解できる。
 
 次にシナリオのあるページのコピーを渡し、美香の台詞を読んでもらう。が、A子はまたしても苦戦する・・。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(2)質問内容 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 どちらかというと、僕はそちらのオーディション・スタイルが好き。

 俳優さんを緊張させないし、リラックスしてもらえる(といっても先方はナーバスになってしまうけど、そうならないようあえてオーディション的な聞き方をしなかったりする)。

 気楽にいろんなことを聞く方が、その俳優の本質が見える。

 事前に見たプロフィールでは、どの子もドラマ等の仕事はあまりしていない。

 和歌山在住では当然のことだが、雑誌グアラビアやローカル局のレポーター等は経験している。

 ビデオ・カメラを向けてのオーディションだが、3人ずつ、小さなテーブルを囲み喫茶店で話すような形で行った・・・。

 それが正解で、皆、元気に話をしてくれる。質問はまず・・。
 
 これまでの芸歴。

 なぜ、俳優をしているのか?

 あるいは、なぜ、俳優を目指しているのか?

 という定型パターンの質問から始めた。

 そして、今回の映画「ストロベリーフィールズ」の美香役。学級委員なので「そんな経験があるか?」も聞いてみた・・・・。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(1) 
共通テーマ:映画

美香役・オーディション(1)形式? 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 映画「ストロベリーフィールズ」美香役のオーディションは、2005年の9月4日。午後から。大阪北区。地下鉄の西梅田駅のそばにある、会場で行われた。

 対象は和歌山県に住む10代。
 
 僕が子供の頃には考えられない、可愛い子たちが集まった。和歌山県にもこれだけ可愛い子たちいると驚いた。

 その子たちを3人ずつのグループにして、話を聞いていく。

 通常、一般オーディションだとこんな形。

 会議室のようなところに、横長のテーブルを出し、そこに監督、プロデュサー、原作者とかが座り、その前に五人ずつくらいの応募者が立って、質問を受けて行く。

 映画やドラマでよく見るパターン。ミュージカルの「コーラスライン」は、そのスタイルで物語が進む舞台劇であることも思い出す・・・・。

 業界内だけのオーディションの場合は、事務所の応接室などで御茶を飲みながら話をすることも多い・・・・。

(つづく)

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

学級委員役・美香・ネーミングの理由 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 映画「ストロベリーフィールズ」の主人公の一人・美香。その名前は、ある子からもらった。

 以前、演劇学校で教えていた。生徒たちは皆「プロの俳優」を目指しているのに、学生気分のまま。台詞も覚えない。質問しない。積極性はゼロ。

  宿題でホラービデオを見て来るように言っても、「怖いから見ませんでした・・」なんて平気でいう。
 
 皆、よく遅刻する。休み時間の方が元気。完全に学生気分。授業は映画や舞台で仕事をする現役の講師から、何を学び取るかの戦い。

 なのに、気分は高校時代の延長戦。卒業したからといって俳優になれる訳ではないのに、疑問を持たない。


 
 そんな中、彼女だけは違った。クラスで一番ホラーが苦手なのに、宿題ビデオをちゃんと見て来る。絶対に遅刻しない。台詞もしっかり覚えて来る。優等生なだけではない。

 彼女のモットーはこれだ。

 「いいことがあれば、人の御陰。悪い事があれば自分のせい」

 そんな子が今時いるか?と言われそうだが、本当に実践していた。
 
 ただ、健気なばかりに、いつも損をしていた。その子の責任ではないことを責められる。努力を認めてもらえない。

 気遣いをしても、優しさを見せても、気付かれないことが多い。本当に人の痛みを自分のものとして、何時間も友人の悩みを聞く。なのに、自分の悲しみを打ち明けられずにいる。
 
 努力家で、みんなのことを考えるのに、いつも辛い思いをしている。応援せずにはいられない子だった。
 学級委員の美香役は、その子から「優しさ」「責任感」と共に「名前」をもらった・・・。

 そんな美香を本日、選ぶ・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最後のいちご娘を探せ!(4)和歌山出身? 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 「ストロベリーフィールズ」美香役候補のプロフィール。送られて来たものを見ていると、感じるものがある子が2名。その内の1人は特にいい!

  僕の場合。プロフィールで「いいな」と思ったときは、かなりな確率で本人も魅力的であることが多い。

  もちろん、プロフィールに貼られた写真が超可愛くても、実際に会ってみると「えーー別人じゃないの?」ということもある。

 なので写真を見て「可愛いかどうか?」を判断するのではなく、「感じることがあるかどうか?」を基準にしている。そして、必ず会って確認。

 候補者たちは皆、中学&高校生で和歌山在住。東京まで呼ぶ訳には行かない。

 そこで田辺ロケハンの帰りに、オーディションをセッティングした。

 会場は大阪北区。西梅田駅近辺のビルである!

<つづく>

映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!*


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最後のいちご娘を探せ!(3)田辺出身者? 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 毎日スーツを着て仕事をしていると、スーツが似合って来る。

 が、僕なんて十年に一度着るかどうか?  仕方なしに葬儀などで着ると、必ず「似合いませんね?」と言われる。

 同じ町に長く住んでいると、やはり町にフィットしてくる。

 テレビ・ドラマで有名俳優が漁師を演じると、観光客が地元に人に交じって漁をしているようにさえ見える。

 東京に住んでいる俳優が、地方の人と混ざると浮いてしまうのである。その町に馴染んでないのだ・・・。

 「ストロベリーフィールズ」の美香役は、ロケ地である田辺出身の若手女優を探した。

 演歌歌手は何人もいるが、10代の女の子は1人もいない。枠を広げて和歌山県出身者にしてみると、数が増えた。

 この中から探そう。ただ、いい子がいないときは、和歌山にはこだわらない。役に相応しい子を選ぶことが一番大切・・・。

 そう思いながら、送られて来たプロフィール(履歴書)を見ていると・・・。

<つづく>

映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!*


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最後のいちご娘を探せ!(2)/美香の条件 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 今回の「ストロベリーフィールズ」のいちご4人娘で、最初に決定したのはマキ役の谷村美月。映画「カナリア」を見て、「この子だ!」と思った。
 
 「カナリア」の役と「ストロベリーフィールズ」のマキは、不良少女という点では共通するが、根本的に全く違う。だが、谷村なら、絶対にマキを演じられる!と思えアプローチ。
 
 次に決まったが、夏美役の佐津川愛美。実際に会って感じるものがあった。繊細だが芯が強く、感性も鋭い。より彼女の魅力を引き出すために、夏美のキャラを書き直したほど。

 理沙役の芳賀優里亜。テーブルの上でプロフィールの写真が光を発していた。手に取ると、そこに理沙がいた。
 芳賀が面接でドアを開けて入って来た瞬間、「この子だ!」と思えた。

 さて、主人公となる4人娘の最後の1人が、美香役である・・・・。学級委員で、成績がよくて、まじめで、リーダーシップがあって・・。

 でも、まじめ過ぎて友達が少なく、嫌がられることが多い。そんなキャラクター。

 他の3人ほど型破りではないので、簡単にキャスティングができると思ったのだが、意外に難航した・・・。 
 
 いろいろと考えて、和歌山県出身の俳優にできないか?という話になる。できれば田辺出身者がベスト。それによって地元感が出せるはず・・・。

(つづく)

*クランクインまで、あと13日!*


nice!(0) 
共通テーマ:映画

最後のいちご娘を探せ!(1)/キャスティング 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 キャスティングは、いろんな意味で重要。人気俳優であることも大切なことだが、演技力がなければドラマを盛り上げることはできない。

 「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」の名匠・伊丹十三監督は云う。

 「キャスティングで、映画が成功するかどうか?の半分は決まる」
 
 アカデミー作品賞を撮った「フレンチコネクション」の大監督ウイリアム・フリードキンは「エクソシスト」の神父役を探す際にこう云った・・。

 「神父を演じられる俳優を探すのではなく、演技ができる神父を探せ!」
 
 つまり、どんな名演技も本物には勝てないということ。ドキュメンタリー出身の監督だけあって、本物の凄さをよく知っているのだろう。

 僕もその意見には賛成。「ストロベリーフィールズ」の美香役も、そんな観点を大切にしたい・・・。

(つづく)

 *クランクインまで、あと13日!*


nice!(0) 
共通テーマ:映画

メインスタッフ大阪へ! 2005/9/4 [第十二章 美香を探せ!篇]

 映画「ストロベリーフィールズ」メインロケハン終了。僕とスタッフは、田辺をあとにする。

 車数台に分乗して、高速道路を北へ! 大阪に向う。

 まず、学級委員の美香役のオーディション。

 それを終えてから、マキ役の天才少女・谷村美月と会う。

 その後、東京へ移動。いちご四人娘以外の役を、決めて行かねばならない。

 クランクインは9月17日に決定している。

 あと、13日しかない。

 それまでにキャスティングのみならず、他、様々なことを決め、準備し、撮影に備えなければならない。

 さらなる過酷な日々が始まる!

 まずは、大阪での美香役オーディション。場所は西梅田である。

<つづく>

          *クランクインまで、あと13日!*


nice!(0) 
共通テーマ:映画
第十二章 美香を探せ!篇 ブログトップ