So-net無料ブログ作成
検索選択
第十五章 死神を探せ!篇 ブログトップ

映画「ストロベリーフィールズ」決定キャスト紹介続報 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 映画ストロベリーフィールズ」のいちご四人娘らメインキャラ、以外の登場人物を紹介。

この面々をクランクインまでに探し、決定せねばならない。


夏美の母・・・夫に死なれたショックを今も引きずる。


夏美の父・・・病気で数年前に死去。


マキの父・・・アル中で町の嫌われ者。でも、腕のいい梅栽培者。


マキの母・・・・夫に愛想をつかし家出。行方不明。


裕子先生・・・生徒に理解はあるが、長塚先生に逆らえない若手教師


長塚先生・・・・厳格な教師。学年主任。


死神・・・・・奈佐健臣!11131986.jpg


<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと13日!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

死神役オーディション(終)大決定! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 その素晴らしい俳優さん名前は、奈佐健臣!

 しかし、あの天下の唐十郎の状況劇場で地獄の稽古してこられた方なら、そのくらいの演技。御茶の子さいさいだったかもしれない。

 が、僕としては、この人なくして死神はあり得ないと感じた。

死神B.jpg

 通常は、オーディション終了後。再検討。他の俳優さんとも会ってから、1人を選び、事務所を通してお願いする。
 このときも、他に数人の候補がいて、順に会う予定だった。

 が、もし、そうやって数日を過ごしている間に、奈佐さんが別の作品に決まってしまったら・・・。
 そう思ったら、いてもたってもいられない。小川Pに小声で言う。

 太田「今、決めちゃって・・いいですかね?」
 小川P「へ?」

 太田「まずいですか?」
 小川P「いや、監督がそう思うならいいですけど?」

 太田「では、奈佐さん。死神役。お願いします!」
 奈佐「・・・・・・・・・?」

 奈佐さん。「は?」という顔をしている。あとで、いろんな仕事をしたけど、こんなことは初めてと言われた。僕も初めて。

 こうして、一番難しいと思われた死神役。長い長いドラマを経て、決定したのである。!

 
<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役オーディション(10)本物の俳優! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 その演技は、完全ではなかった。

 が、それは理解できた。それも100%でないのに、伝わった。だから、迷う事なく「違う」と思った。

 「あのシーンかな? それならいいけど、このシーンなら少し違う」

 という印象ではない。間違いなくあのシーンだ! と全く疑うことなく伝わっていた。

死神A.jpg

 その上、彼自身もその演技が完全でないことを察知して、自身で再チャレンジ。

 そして、次には文句の付け用のない表現を見せたのである。

 この世界。本当に凄い人がいる!

 どれだけ説明して、コミニュケーションをして、何度も仕事をしても、本当に意図を理解できない人も多い。が、ものの数分で、全てを理解する人もいる。

 三船美佳さんもそうだった。

 長年の親友にでも伝わらないことが多いのに、自分が求めるものを数分で理解し、表現してくれる。

 そんな、ずば抜けた本物の人々がいてこそ、本当に素晴らしい作品ができるのである。

 その死神候補の俳優さんにも、そんな資質を感じた・・。

<つづく>

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役・最終オーディション(9)間違いなくあの場面! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 何が凄いのか? 死神の登場場面は、たくさんある。

11648429.jpg

 夜の階段で初登場するところから、美香、理沙、マキと連れ去る場面。

 それぞれの中にいろんな動きがある。その中のひとつだけを、彼は選んで演じてくれた。

 その瞬間。僕は「少し違う・・」と思う。

 そのときは「違う」ということが意識の大半を占めていて、彼の本当の凄さを感じていない。本当の凄さは何か?

 数々ある死神のシーンの中、振り向いただけで、どこのシーンかを伝えていたのである。

 振り向く演技は、何度かある。

 が、その表現は間違いなく「美香が連れ去られるとき、マキに引き止められて振り返った場面」であった・・・・。

<つづく>

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役オーディション(8)状況劇場の実力! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 まずは、状況説明だけを書く。

死神1A.jpg

 その俳優さんは、いきなり振り返り、背後を睨みつけた。僕は声には出さないが、

 「少し違う・・」

 と思う。 直後、彼は僕のリアクションを見る事なく、

 「違います・・もう1度・・」

 と言って、また前を向いて、振り返った。

 「これだ! 凄い!」

 圧倒的な迫力。気品。力強さ。死神の条件の全てがそこにあった。 さすが、唐十郎主催の状況劇場の元・劇団員!

 が、これでは意味が分からないかもしれない。以上の文をもう一度、読み返してほしい。

 僕もその瞬間は気付かなかったが、もの凄い事実がそこにある・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役オーディション(7)5分後 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 スタッフルームで打ち合わせをしていると、小川プロデュサーが顔を出す。

 「監督。準備できましたけど?」

 再び、応接室へ。先の俳優さんはすでに立っていた。

 先に話していたときは違い、すでに悪の空気を発し、彼のいる空間がすでに魔の世界となっているかのようだ・・。

死神3.jpg

 これから死神が登場する「ある一場面」を演じる。

 が、それがどのシーンなのか?

 の説明はない。当然、台詞はなく。表情も評価には関係ない。「全ては動きだけで、表現できるかどうか?」にかかっている。

 「では、お願いします・・」

 僕の言葉を聞くと、彼は呟く。

 「行きます・・」

 と言って、後ろ向きに立つ。

 これ以下の記述。注意深く読んでもらいたい・・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神オーディション(6)テストと準備の繰り返し 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 撮影中は、机の上では分からないトラブルが続出。演出、撮影、照明のむずかしさも分かる。

 ストロベリーフィールズ』では和歌山県の田辺という町が舞台。

 そこに死神が似合うか? 映えるか? の問題もある。そこでまだ製作費が集まる前。撮影の1年前にテストした。
 
 今回のカメラマン・三本木さんに田辺まで行くお願い・・。

 ギャラも出せないのに、また快く応じてくれた。
 
 そして、いつも泊めて頂く、平の家さんの若旦那に(僕が)黒のシーツで作った衣裳を着てもらって、町のあちこちで撮影した。

死神2.jpg


 ここしばらく書いている『死神』シリーズのエピソード。

 添えてある白黒写真は全て、その若旦那が演じてくれた死神である。(今回のものも!)
 
 海、山、坂道、畑、住宅街、河原で、どんなふうに見えるかテスト撮影したときのものだ。

10735148.jpg

 若旦那は背も高く、体格もいい。

 が、顔が見えなくても、動きで「優しさ」が感じられる。影のように見える死神も、演じる人の人柄がにじみ出る事が分かる。

 そうやって、何度もテスト!

 あとは死神を演じる俳優さんを見つけるだけ、となったのである・・。

<つづく>

*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神役・オーディション(5)会議室で映画は作れない 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 死神は単なる悪役ではない。そのことは散々書いてきた。

 今回の映画ストロベリーフィールズ』の世界を、成り立たす重要な存在。

 死神がダメだと、全てが壊れてしまい、感動も伝えることもできない。

死神1.jpg

 黒澤組のスタッフの話。

 テレビドラマの時代劇でこう言われた。

 「黒澤映画のような、迫力ある馬の走りを撮りたい!」

 そのスタッフさん。激怒したそうだ。

 「馬ひとつに黒澤さんが、どれだけの年月をかけ勉強し、どう撮れば迫力ある走りが撮れるか? 

 助監督時代から研究してきたんだ。それを安易にテレビで、真似できる訳がないだろう!」

 その通り。何事もいきなりはできない。

              1838909

 死神も同じ。『ストロベリーフィールズ』のシナリオを書いたあと。ホラードラマを監督するチャンスがあった。

 その原作の1本に『死神』という話があり、それを選ぶ。前哨戦である。

 ところが、あの西洋風の死神を成立させることは、本当に大変。衣裳を見つけるだけで難航。

 いろいろと探してもらって、最も近い中世ヨーロッパの宗教関係の衣裳を発見。

 「あとは簡単だ!」

1838906


 と思えたが、実際にそれを着て俳優さんに動いてもらうと、いろんな問題が見つかる・・・。

 机の上で考えた通りにはいかない。

 「会議室で考えていては、映画は作れない」

 と痛感した!

<つづく>
 
*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!


_m_T-OTA-f299e-008cd.png


タグ:黒澤明
nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神役オーディション(4)判断基準 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 通常、オーディションというのは、シナリオを渡し、その人が候補となっている役の台詞を読んでもらう。

 その読み方によって「演技力があり、役が合っているかどうか?」を確かめる。

 台詞を読む顔つきや、表情。ちょっとしたリアクションも演技力を確認する材料となる。

 「日頃は2枚目だが、怒ると怖い顔になるな・・」

 「人を突き離すような、冷たいまなざしがいいな・・・」

 とか、そういった点を総合的に判断して、出演依頼をするか? やめるか? 決定する。
 
11440582.jpg

 では、今回の場合はどうか? 

 死神さんは顔が写らない。

 「怖い顔かどうか?」「目が鋭いか?」「表情がどうか?」

 それは判断材料にはならない。

 また、台詞もないので、読み方で決めることもできない。

 つまり、表情でなく、台詞でもなく、目つきでもなく、衣裳もメイクもなしに、死神らしさを表現し、どのシーンを演じたか? を伝えねばならないのだ。

 これはレスラーが手錠、足錠をしてリングに上がり、戦うのと同じである・・。

<つづく>
 
*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png




nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役・オーディション(3)ザ・役者! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 その俳優さんは、沈黙し、考え始めた。急に顔付きが変わる。

 それまでは初対面で、他のスタッフにも気を使いながら話していた。

10739712.jpg

 それが日常の仮面を突如、脱ぎ捨てて、いつものザ・役者の顔を見せたように思えた。

 その気迫。その集中力。この人は出来る・・・。

 空手の達人は日頃、さして強そうに見なくても、空手着を着ると全く雰囲気が変わる。

 剣の達人は竹刀を握ると殺気が渦巻く。

 ギターリスだってドラマーだって同じ、まだ演奏していないのに、この人は凄いと分かる。 俳優さんは言う。

 「5分ほど、時間もらえませんか?」

 僕は席を外し、スタッフルームに行って、中断していた打ち合わせを再開する。

 クランクインが近づいて来ると監督は、いくつもの仕事を同時にこなさねばならず、回線がショートしそうになる。
 
 ここで先ほどの条件を、もう一度確認しておく。


  <つづく>
 
*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(1) 
共通テーマ:演劇

死神役オーディション(2)顔なし、台詞なし、 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]


 そして、確かめておかねばならないのは、あの2つのこと。

 「台詞がない」「顔が写らない」

 この2つは俳優にとって、本当に辛いこと。それでも本当にOKか?

 事前にはそう聞いていても、実際に俳優さんに会って聞くと「聞いてないよ!」ということがある。が、その方は大きく頷く。

 「はい。全然こだわりません。顔が出なくても、台詞がなくても平気です。むしろ、その中で、表現することは挑戦であり、自分が追求するテーマです!」

 ザ・役者だ!! 嬉しくなり、超大変なお願いした。

 「シナリオの中のどのシーンでもいいので、死神の場面を演じてもらえませんか?」

11537070.jpg


 でも、台詞がないし、表情を作ることもできない。さらに・・・。

 「どのシーンを演じたか?は、言わないで下さい!」

 と付け加えた・・・。(つづく)

<つづく>
 
映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png



nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神役・オーディション(1)「毛利元就」の忍者 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 死神の候補が何人か上がった。順にオーディションに来て頂く。まず、最初は元・状況劇場の俳優さん。

10740049.jpg

 見るからの背が高く、存在感がある。プロフィール写真より、ずっと力強く、迫力もある。

 「普通の人じゃない。何か邪悪なエネルギーを放出している・・」

 という感じ。 でも、まさに僕が望んでいた条件である。衣裳を着なければ怪しい感じがでないのでは弱いのだ。早速、お話を伺う。

 状況劇場時代の話。ちょうど、根津甚八さんが辞めたあとで、小林薫さんが活躍するころに在籍されたとのこと。佐野史郎さん。六平直政さんとも同じ頃。

 そして退団後は、1人芝居を続けながら、NHK大河ドラマ「毛利元就」に出演。ほとんど台詞のない忍者の役を演じたと聞く・・・・。

<つづく>
 
*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神さんを探せ!(6)劇団・唐組!!! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 ワクワクしていた・・・・。

 そんな素敵な俳優さんがいるなんて! さらに、小川Pは言う。

 「電話で先方と話していると、太田監督が要望していたことと同じことを、何も言わないのに、バンバン話してくれるんですよ! 

 ただ、やはり、元・劇団の人だし、顔を出さないというのはダメかな?

 そう思って聞いてみると、全然問題ない!て言うんですよ。1度、来てもらいましょうか?」

 ぜひ、ぜひ、ぜひ!今すぐ会いたい! 

 こちらから会いに行きたい!

 と思いながら、プロフィールを見る。

 写真を見る限りでは、まじめそうな方。

 40代。背も高い。何より状況劇場(現・唐組)出身というのがいい!


 その後、何人か背の高い俳優さんも候補に上がる。

 が、先の方がどうも気になる。話を聞いただけでもう最高。何より志しが素晴らしい!!!!

 そして数日後、死神候補の俳優さんが、事務所にやって来た!

(つづきは、またすぐ!)

映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神さんを探せ!(5)状況劇場! 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 ラインP(プロデュサー)の小川さん。笑顔でこう言う。

 「監督! 死神役候補のいい俳優。見つかりましたよ! 元・状況劇場の役者さんです!」

 なにーーーーーーーー!状況劇場ーーー! 僕の大好きな劇団だ!

 天井桟敷は考えていたのに、なぜそちらを思い出さなかったのか! 

 数ヶ月前にも、公演を見たばかりである。小川さんの説明が続く。

 「その人。今は退団して1人芝居とかをしているそうなんですが、背が高く、奇妙な役にチャンンジするの、好きなんだそうです。

 NHK大河ドラマも『毛利元就』とかに出演しているんですが、忍者の役で台詞なし。普通なら嫌がるんです。

 が、そういう役に挑戦するのが、ライフワークなんだそうです・・・」

<つづく>
 
映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神さんを探せ!(4)前衛芝居? 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 ところが、その手の方々はさまざまなスケジュールが入っていて、3週間近くの撮影に参加できる人がいない。

 仕事がなくても、ヨーロッパ公演のためにアルバイトして、お金をためているという。

 休めないので、「とても興味はあるんだけど・・」と断る人もいた。

 どうすればいいのか?

 考えて考えて、前衛芝居をする劇団を思いつく。昔でいえば寺山修司が主催した天井桟敷のような。

 そんな劇団員であれば、怪しい芝居ができるのではないか?

 ライン・プロデュサーも小川さんも、同じ考えだった。

 彼はスタッフ内で、最も「ストロベリーフィールズ」の世界観やテーマを理解してくれている人。死神さん探しでは、特に助けられている。

 その彼が1枚のプロフィールを差し出し、ニヤリと笑った・・・。

<つづく>
 
映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

死神さんを探せ!(3)舞踏家? 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 次に考えたのが、舞踏家。

 前衛の舞踏をやっているような人たち。実は死神のイメージの元となったのは、前衛舞踏家の田中泯さんである。

 もう、20年以上前になるが、京都・延暦寺の僧侶によるお経をバックに、田中さんが踊るというイベントがあった。

 その撮影を担当させてもらったのだが、素晴らしかった。

 まるで悪魔と神の戦い。

 30分に渡って、打ち合わせなしに踊る田中泯。数十人の僧侶たちによるお経の独唱。

 歌舞伎でもない、狂言でもない、観客を圧倒する神がかりな力が溢れる。

 和洋の違いがあるが、ベルイマンの『第7の封印』がダブる。

 その田中さんのイメージが死神のベースとなった。(その後、田中泯さんは山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』に出演)

 そんな感じを持つ舞踏家にお願いしたいと考える。演じるよりも、「舞う」に近い動きがほしい・・・。

<つづく>
 
映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!

_m_T-OTA-f299e-008cd.png


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神さんを探せ!(2)巨体の俳優? 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 

 そこで体が大きい俳優さんを探す。これなら、演技の方もOKだ。ところが、また別の問題が出て来た。

 「死神の顔は見せない」という設定。台詞もない。それにより不気味さを演出する。が、その2つは俳優にとって、凄く淋しいものなのだ。

 台詞があるからこそ演じがいがある。顔が見えるからこそ、自分が演じていることが観客に分かる。台詞が1行削られるだけでも、俳優はショックを受ける。とても大切なもの。

 顔が映るのも同じ。俳優の「やりがい」を2つとも奪われるのが死神役。

 何人かの俳優からノーと言われる。中には「顔が見えるならやってもいい」という人もいたが、もし、死神の顔が見えるとしたら、高貴さと力強さが必要。

 その体の大きな俳優さんは、かなりイメージが違うので断る。どんどんと候補者が消えて行く・・・。

<つづく>
 
映画ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!


nice!(0) 
共通テーマ:映画

死神さんを探せ!(1)プロレスラー? 2005/9/5 [第十五章 死神を探せ!篇]

 いよいよ、キャスティング大詰め。だが、難しいのが死神役。

 映画ストロベリーフィールズ」は、事故で死んだ高校生マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)、美香(東亜優)の3人が幽霊になって、この世に戻ってくる物語。

 だが、タイムリミットを過ぎると死神が迎えにきて、あの世の連れて行かれる。その死神を演じる俳優を探している。

 単に怖いということだけではなく、実在しないキャラを実在させるための「リアリティ」も必要。そのための条件を考えた・・。

 まず、背が高いこと。大きさによる圧倒観を出したい。そこで元・プロレスラーを考えた。

 が、問題に突き当たる。レスラーは確かに大きいし、強そうに見える。肉体的な圧倒感はあるが、やはりレスラーを感じさせてしまう・・・・。

 そこに立っているだけで格闘家。神秘性や神がかりを感じさせることは難しい・・。

 また、彼らはアクションは得意だが、演技が苦手。死神は台詞がないので、ちょっとした「動き」や「リアクション」で意思を表示する。

 その種の経験がないレスラーに、高度な意思表現を求めるのは厳しいものがあった・・・。

 <つづく>
 
*映画「ストロベリーフィールズ」クランクインまで、あと12日!


タグ:死神
nice!(0) 
共通テーマ:映画
第十五章 死神を探せ!篇 ブログトップ