So-net無料ブログ作成

尾道ロケハンの旅・木造校舎  /2003年3月22日 [第4章 尾道ロケハン篇]

 向島で見つけた木造の学校。今は使ってないという。でも、なかなか、おしゃれ。ロケ予定していた田辺の東陽中学の代わりに使えるかも?

 ただ、やはり現役で使われていない建物は、何か生命力が感じられない。その意味では、現在も授業が行われている東陽中学の校舎は魅力だ・・。

 とはいえ、この向島の校舎は大林映画に登場したことはない。そこが狙い目。もちろん、あえて同じロケ地で撮るという方法論もある。が、それだとパロディに見えてしまうかもしれない・・・。

 また、日本人監督にはよくジョン・ウーやブライアン・デ・パルマの映画の真似をしたカットを撮る人がいるが、それはもう学生映画と同じ。
 憧れだけでは、絶対に勝てない。その意識でもう監督として負けている。

 別の新しさを出さねば意味がない。巨匠・大林宣彦とはいえ、こちらも監督する以上はライバル。
 「これは大林さんは撮らない絵だなあ!」という映像を作らねばダメだ。

 しかし、それを尾道でやるのは過酷。たぶん、大林監督が撮影したことのない場所でロケするしかないと思える・・・。(つづく)


nice!(0) 

nice! 0