So-net無料ブログ作成

2003年3月22日 尾道ロケハンの旅・XV /さらば尾道 [第4章 尾道ロケハン篇]

 再び、自分らしい場所を探す。一番、重要なのは夕陽だ。主人公の1人理沙が悲しいとき、淋しいとき見つめる夕陽。
 これにはこだわりがある。山やビルではなく、海に沈む夕陽を撮りたい。

 だが、尾道でそれを見つけるのはむずかしい。理沙の夕日はどこにあるのか? 悲しいときに行く場所はどこなのか? 尾道正面にある向島にも渡って、夕日を探し歩いた。でも、見つからない。

 ただ、向島ではいろんなものを見つけた。大林映画ではない太田映画の要素。それをどう組立て育てて行くかだ。まだまだ、素敵な風景があるはずだ。
 一度は田辺でイメージした物語だが、それを何とか尾道で構築しよう。

 大都会を舞台にするのではない。田辺と同じ懐かしくも美しい町・尾道で撮影するのだから、絶対にできるはずだ。
 町が一望できる大きな岩の上に、東京から持ってきた砂時計を並べる。

 「ストロベリーフィールズ」で最も重要な小道具の1つ。マキ、理沙、美香の3人がこの世にいられる時間を知るための砂時計。
 それを尾道の町が見える岩の上の置く。ここから新しい「ストロベリー」が始まるのだ。

 今夜のバスで東京へ戻る!12時間の長旅。また、ロケ場所を探しに来る。それまで、さらば尾道の町・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0