So-net無料ブログ作成

2003年3月末日・Ⅱ 心を捨てないこと [第4章 尾道ロケハン篇]

 といって、大林監督を恨むのは筋が違う。あのとき、監督は本当に真剣に話してくれた。ほぼ初対面でもある僕に、巨匠が映画作りとは何か?を熱く語ってくれた。

 「何でもいいから映画を撮りたい!」という新人監督は多い。「金さえ出れば何でもします」という人もいる。

 ロケ地だけではない。物語も、出演者も、キャラクターも、スポンサーが言えばホイホイ変えてしまう監督がいる。でも、そんな人の作品には感動できない。

 大林監督が言おうとしているのは、そういうことではないか? 「転校生」のときの大変なお話も聞かせてもらった。

 巨匠も戦っている。自分の思いを曲げてはいけないというのは、そういう意味なのだろう。でも、僕はどうすればいいのか・・・。(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0