So-net無料ブログ作成

映画企業の計算 /2003年8月・Ⅴ [第7章 東京・死闘篇]

 企業というのはリスクを恐れる。自社で100%出して失敗したら、100%の損害だが、50%の出資なら損害も50%。

 地元の応援があることで、より経済的な作品作りができる。多くの市民にもアピールするので、宣伝にもなる。地元公開で大量の観客動員が望めるということ。

 そして企業は営利を追求するのもので、地元の町おこしのためとか、地元をアピールするためとか言う気はさらさらない。
 が、目的が利潤追求だとしても、映画を撮ることで地元が得るものは大きい。

 先日、話したご老人のいうように、この町が素敵な町であること。若い人たちに知ってもらうことも出来るはずである!(つづく)





nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0